調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 製造業/エレクトロニクス > 日本のものづくりを担う技術管理者の課題認識調査

製造業管理職の意識調査です。

日本のものづくりを担う技術管理者の課題認識調査

日本のものづくりを担う技術管理者の課題認識調査 学校法人産業能率大学(東京都世田谷区)は、従業員数1000人以上の企業に勤める研究開発、製造、生産技術など技術系部門の管理職(課長および部長)に対して、課題認識を尋ねる調査を実施しました。調査は2012年12月19日から25日まで、インターネット調査会社を通じてインターネットリサーチで実施しました。 結果概要市場競争の激しさ 認識強く市場環境の認識について、「市場競争の激しさ」「顧客ニーズの変化」「業界でみた新製品・サービスの変革度(10年前との

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

この調査データの評判(Twitter)

Blue_marble_s_normal

ものづくりの技術管理者が誤った認識を持っていると技術力があってもいいものは出来ない。 http://t.co/onRsBz8WlA HOME 日本のものづくりを担う技術管理者の課題認識調査

Default_profile_6_normal

顧客が要求する品質面の技術力のレベルは50.6%が「高い」、顧客が要求する納期の状況も42.8%が「早い」|日本のものづくりを担う技術管理者の課題認識調査 http://t.co/ZpbPpGizU3

Images_normal

RT @mark_brownblog: “日本のものづくりを担う技術管理者の課題認識調査|調査報告書|学校法人産業能率大学” http://t.co/7xLB86qKUs

Resize_normal

日本のものづくりを担う技術管理者の課題認識調査|調査報告書|学校法人産業能率大学 http://t.co/YWX0ajVCBy

Image03_normal

“日本のものづくりを担う技術管理者の課題認識調査|調査報告書|学校法人産業能率大学” http://t.co/LWEvjAptuf

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ