調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 製造業/エレクトロニクス > バーセル法に基づく有害廃棄物等の輸出入の状況

バーセル法に基づく有害廃棄物等の輸出入の状況

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 バーゼル法に基づく有害廃棄物等の輸出入の状況 有害な廃棄物等が国境を越えて移動し、人の健康被害や環境汚染を招くことを防止するため、1989年にバーゼル条約が採択され、1992年に発効した。日本においても、リサイクル可能な廃棄物を資源として輸出入していることから、1993年にバーゼル条約に加入し、条約を順守するため「特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律(バーゼル法)」の制定など、必要な法的措置が

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ