調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 製造業/エレクトロニクス > 平成24年度発電所環境モニタリング手法検討調査報告書

平成24年度発電所環境モニタリング手法検討調査報告書

経済産業省委託平成 24 年度発電所環境モニタリング手法検討調査報告書平成 25 年3月公益財団法人 海洋生物環境研究所はじめに環境影響評価の際に、事業者は海域調査(現地調査)を行うこととなるが、通常1年以上かけて網羅的な調査を行っており、これにより環境影響評価に一定の時間・コストがかかっている。このため、予測に必要な調査レベルは確保しつつ、海域特性に応じて、より合理的な環境影響評価の手法を検討することが求められている。一方、改正環境影響評価法において、環境保全措置のうち予測の不確実性の程度が大

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ