調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 製造業/エレクトロニクス > 転落の一途、光ディスク媒体事業が縮小する訳

転落の一途、光ディスク媒体事業が縮小する訳

台湾は、DVDやCDといった光ディスク媒体を世界で最も多く生産している。しかし、その需要が今後減り続ける一方なのは疑いようがない。光ディスクメーカーなどが集まる日本記録メディア工業会(JRIA)自身が、光ディスクの世界需要はどんどん減っていくという見通しを発表している(図1)。台湾メーカーは収益力の急低下が始まり、新規事業に活路を求めている。なぜこのような事態に陥ったのか。各種の統計や技術の変遷から探っていこう。世界シェアは63% 台湾の光ディスク生産量は2009年で121億枚。世界における生産

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

この調査データの評判(Twitter)

Bokahyo__360x360_normal

"デジタルコンテンツ協会(DCIJ)の調査は、日本においてインターネットと携帯電話網を通じた配信が着実に増えたことを示している"。 http://t.co/DuvDRt70 http://t.co/9Ij64fq1

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ