調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 製造業/エレクトロニクス > 3.11後のデマンド・レスポンスの研究~日本は電力の需給ひっ迫をいかにして克服したか?~

震災後の電力不足への対応についてのレポートです。

3.11後のデマンド・レスポンスの研究~日本は電力の需給ひっ迫をいかにして克服したか?~

3.11後のデマンド・レスポンスの研究~日本は電力の需給ひっ迫をいかにして克服したか?~主任研究員 高橋 洋2013年7月要旨2011年3月11日の東日本大震災以降、原子力発電所の停止などにより、電力の需給ひっ迫が深刻な問題となっている。震災の直後には、東京電力管内で計画停電が実施され、夏には電力使用制限令が発動された。2012年の夏には、原発比率の高い関西電力管内を始めとして各地で節電目標が設定され、需給ひっ迫は全国的な問題となった。しかしながら3.11直後を除けば、大規模な停電は回避され、無

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ