調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 製造業/エレクトロニクス > オマーンの現状と課題 ~脱石油ガス依存に向けた課題~

国際通貨研究所のレポートです。

オマーンの現状と課題 ~脱石油ガス依存に向けた課題~

2014.01.24 (No.6, 2014)オマーンの現状と課題~脱石油ガス依存に向けた課題~公益財団法人 国際通貨研究所経済調査部上席研究員森川 央morikawa@iima.or.jp(要約)2000 年代初頭のオマーンは、原油の枯渇リスクに直面していた。そのため、脱石油ガス依存を図り、工業化、海運産業の育成などを急いでいた。だが、その後の掘削技術の発達により、原油・天然ガスの産出量は回復してきている。特に天然ガスについては、非在来型ガス(タイトガス)の開発が始まっており、今後相当な増産

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ