調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 製造業/エレクトロニクス > 再生可能エネルギー発電の大量導入時の発電費用の評価

コストの分析です。

再生可能エネルギー発電の大量導入時の発電費用の評価

再生可能エネルギー発電の大量導入時の発電費用の評価要約 2015年4月現在、総合資源エネルギー調査会 基本政策分科会 長期エネルギー需給見通し小委員会でエネルギーミックスが検討されており、CO2を排出しない再生可能エネルギー発電(再エネ発電)と原子力発電の比率が論点の一つになっている。本報告では、再エネ発電と原子力発電の比率を変化させ、2030年の発電費用への影響を評価する。評価には、太陽光発電等の大量導入時のLFC(負荷周波数調整)確保や火力電源・蓄電の運転モードを考慮して、全国大で2030年

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ