調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 製造業/エレクトロニクス > 建設業界における3Dデータ活用の実態調査

建設業界における3Dデータ活用の実態調査

PR 日本の建設業界で生産性向上やクライアントへの提案力の強化手段として、3Dデータの活用が進みつつある。設計領域では3D CADを活用した3Dモデリングや各種の解析、施工領域では3Dデータによる情報管理や工程管理など、さまざまな場面おいて3Dデータを活用する場が広がってきた。さらに近年は、対象物の3Dモデルと設計情報データベースを組み合わせ、コンピュータ上で仮想の建設作業を行う「BIM(Building Information Modeling)」や「CIM(Construction Info

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ