調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 製造業/エレクトロニクス

製造業/エレクトロニクス | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2017年1月30日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

産業用電子機器受注統計(2016年11月分)

うち、放送装置35億62百万円(同33.3%増)、固定通信装置248億50百万円(同159.3%増)、基地局通信装置149億69百万円(同3.1%減)、移動局通信装置367億89百万円(同5.1%減)、無線応用装置105億3百万円(同35%増)となった。(1)放送装置では、中継器の内需が前年同月比で、63.6%伸び、また、放送カメラの外需が65.1%伸び、全体で同33.3%増となった。(2)固定通信装置では、衛星系通信装置の内需が前年同月比314.2%伸び、全体で同159.3%増となった。※品目

2017年1月30日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の電子工業の生産(2016年11月分)

電子応用装置(電子計算機及び関連装置を除く) その他の搬送装置・付属装置(変復調装置含む)パーソナルコンピュータ(パソコンサーバを含む)デスクトップ型(タワー型及び一体型を含む)電子応用装置(電子計算機及び関連装置を除く)その他のプロセスオートメーション用計測制御機器環境計測機器(自動車用公害測定機器含む)金銭登録機(システム式:端末機として機能)謄写機(謄写版を除く)・事務用印刷機(B3版未満のオフセット印刷機) その他の固定抵抗器(金属皮膜、巻線固定抵抗器含む)

2017年1月28日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設総合統計(平成28年11月分)

平成29年1月19日建設総合統計は、国内の建設活動を出来高ベースで把握することを目的とした加工統計です。建築着工統計調査及び建設工事受注動態統計調査から得られる工事費額を、着工ベースの金額として捉え、これらを工事の進捗に合わせた月次の出来高に展開し、月毎の建設工事出来高として推計しています。建設総合統計の平成28年11月分を、別添資料にてお知らせします。【お知らせ】平成28年12月21日付け[「建築着工統計調査報告」の修正について]により過去の数値が修正されることになりました。建設総合統計におい

2017年1月20日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

スポーツアパレル市場に関する調査を実施(2016年)

2017年01月16日 スポーツアパレル市場に関する調査を実施(2016年) 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内スポーツアパレル市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年8月~11月2.調査対象:スポーツ関連企業(メーカー・卸売業・小売業)3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに郵送アンケートによる調査を併用<スポーツアパレル市場とは>本調査におけるスポーツアパレル市場とは、トレーニングウエア、ゴルフウエア、アウトドアウエア、ラ

2017年1月18日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

造船統計速報(平成28年11月分)

平成29年1月13日「造船統計速報」は、我が国における船舶の生産実態の早期把握に資するため、「造船造機統計調査」の調査結果のうち、造船主要54工場の生産実績について先に取りまとめたものである。【交通関係統計等資料ホームページ】 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課交通経済統計調査室  TEL:(03)5253-8111 (内線28742) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左のアイコンをクリックしてAdobe Acro

47都道府県の再生可能エネルギー設備導入状況

市場調査とコンサルティングのシード・プランニング47都道府県の再生可能エネルギー設備導入状況 − 調査結果 [調査結果のポイント]• 地域特性に合わせたエネルギー源利用が鮮明に。47都道府県のエネルギー源別設備導入容量トップ3は、太陽光発電………… ①茨城県 ②愛知県 ③千葉県風力発電…………… ①青森県 ②北海道 ③秋田県中小水力発電……… ①長野県 ②北海道 ③新潟県地熱発電…………… ①大分県 ②熊本県 ③鹿児島県バイオマス発電…… ①東京都 ②静岡県 ③大阪府• エネルギー源別設備導入容

2017年1月17日KPMGフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2017年KPMGグローバル自動車業界調査

2017年KPMGグローバル自動車業界調査結果について 2017年KPMGグローバル自動車業界調査結果について 監査、税務、アドバイザリーサービスを提供するプロフェッショナルファームのグローバルネットワークであるKPMGインターナショナル(チェアマン:ジョン・ビーマイヤー)は、この度「KPMGグローバル自動車業界調査」の結果をまとめましたので、お知らせします。 本調査は、世界の自動車業界の現状と将来の展望を分析することを目的に、KPMGインターナショナルが毎年行っている調査です。18回目とな

2017年1月17日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年11月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年11月分・確報) 平成29年1月12日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に 詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としています。本統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約1万2千 業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成28年11月分の調査結果をまとめたものとなります。今月分につきまし

2017年1月17日GfKフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

コネクテッドカーに関する調査

「コネクテッドカーに関する調査」 - 完全自動運転の必要性は運転の好き嫌いで変化  GfKジャパン(東京:中野区)は、全国のドライバー12,745名に対し、コネクテッドカー(近未来の自動車)に関するインターネット調査を実施した。調査結果より、自動運転の必要性や未来の車に必要なテクノロジーについて発表した。 【概要】・自動運転レベル3(システムが要請した時のみドライバーが対応する)の必要性を感じているドライバーは6割。・自動運転レベル4(人間が運転操作しない完全自動走行)を必要としたのは4割

Top 100 グローバル・イノベーター 2016

2017年 プレスリリース世界で最も革新的な企業・研究機関100社を選出する「Top 100 グローバル・イノベーター 2016」発表世界で最も革新的な企業・研究機関100社を選出する「Top 100 グローバル・イノベーター 2016」発表 ~ 34社の日本企業が受賞。世界シェア率第2位 ~ ~ 既存の自社業界に留まらず、積極的に新たな他業界分野を開拓する「イノベーションのボーダーレス化」が顕著に ~ 2017年1月11日(日本時間) 米国フィラデルフィア発 *米国時間2017年1月10日に発

2017年1月14日矢野経済研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

文具・事務用品市場に関する調査を実施(2016年)

2017年01月06日 文具・事務用品市場に関する調査を実施(2016年) 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の文具・事務用品市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年10月~12月2.調査対象:文具・事務用品関連事業者等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<文具・事務用品とは>本調査における文具・事務用品とは、筆記具(鉛筆、万年筆、油性ボールペン、水性ボールペン、シャープペンシル、油性マーカー、水性マーカー)、

2017年1月13日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建築着工統計調査報告(平成28年11月分)

平成28年12月27日11月の新設住宅着工は,分譲住宅は減少したが,持家及び貸家が増加したため,全体で前年同月比6.7%の増加となった。また,季節調整済年率換算値では前月比4.2%の減少となった。(参考)(PDF 平成28年11月の住宅着工の動向について ファイル 181KB)(民間非居住建築物)前年同月と比較すると,事務所は減少したが,店舗,工場及び倉庫が増加したため,全体で増加となった。 結果表を政府統計の総合窓口(e-stat)に掲載しています。詳しくは、下記リンクよりご確認下さい。 また

2017年1月13日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成28年度下請取引等実態調査

平成28年12月27日平成28年度下請取引等実態調査の結果~是正指導対象項目の約8割において適正回答率が昨年度より増加~国土交通省及び中小企業庁では、建設業法(昭和24年法律第100号)第31条第1項及び第42条の2第1項の規定に基づき、建設工事における下請取引の適正化を図るため、下請取引等実態調査を毎年実施しています。今般、平成28年度調査の結果をとりまとめました。 1.調査の概要・調査対象業者:14,098者(うち回収業者数:12,184者、回収率86.4%)・調査方法:郵送による書面調

2017年1月13日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子材料生産実績(2016年10月分)

ソフトフェライト、永久磁石・・・国内生産の合計金額誘電体セラミックス原料、電極材料・・・世界生産量の合計数値(重量指数)誘電体セラミックス原料は、酸化チタン、炭酸バリウム、チタバリ原料の合計重量の数値であり、2002年の月平均値を100とした指数である。誘電体セラミックス電極材料は、銀、パラジウム、銀パラ、ニッケルの合計重量の数値であり、2002年の月平均値を100とした指数である。本統計は、JEITA電子部品部会 電子材料事業委員会で実施している生産統計を基に作成。本調査は、統計参加企業27社

2017年1月13日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子部品グローバル出荷統計(2016年10月分)

本統計は、電子部品部会で実施している「電子部品企業のグローバル動向調査」を基に作成しております。本調査は、参加70数社から提出された、連結ベース(グループ間取引調整後)の出荷額データをとりまとめており、地域に関するデータは、原則として該当部品が消費される地域への出荷になります。なお、合計値につきましては、 単位未満切り捨てのため、一致しない場合がありますので、ご了承ください。品目分類表 電子部品グローバル出荷統計データExcel FileのDownload 生産動態統計(経済産業省)のデ

2017年1月13日プラネットフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

資源とゴミの分別に関する意識調査

プラネットの提供するサービスをご紹介します。 プラネットからのニュースとお知らせ。お知らせサービス、セミナー、調査研究などのお知らせです。メディア掲載情報各種メディアで紹介された情報の一覧です。 2016.12.26株式会社プラネット暮らしVol.52 資源とゴミの分別に関する意識調査資源とゴミの分別…最も面倒なのは“プラスチック容器の汚れ落とし” ~捨てられない時代だから…分別やリサイクルを楽しむのもゴミを減らすコツ~国内1,200社超が利用する日用品流通の情報基盤を運営する株式会社プラネ

2017年1月13日滋賀県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

木質バイオマスの利活用に関するアンケート調査

ここから本文です。木質バイオマスの利活用に関するアンケート調査の結果について 滋賀県では、薪などの木質バイオマスを有効に利用し、エネルギーの地産地消を進めるため、昨年度から県内に居住される方などを対象として、薪ストーブやペレットストーブを設置される場合に、その経費の一部を助成する事業に取り組んでいます。今回、昨年度に本事業に取り組まれた方を対象にアンケート調査を実施し、その結果をとりまとめましたのでお知らせします。調査対象者:60名(60台) 回 答 者:54名 回 答 率:90%PDF形式のフ

2017年1月13日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建築物リフォーム・リニューアル調査(平成28年度上半期受注分)

建築物リフォーム・リニューアル調査(平成28年度上半期受注分) 平成28年12月27日 国土交通省では、リフォーム・リニューアル工事の市場規模及び動向の把握を目的として、平成20年度より、建築物リフォーム・リニューアル調査を実施しています。このたび、平成28年度上半期に受注された建築物リフォーム・リニューアル工事について、建設業許可業者5000者に対し調査を実施しましたので、結果を公表します。なお、近年のストック重視型社会・環境配慮型社会の実現に向けた社会経済状況の変化による統計需要への対応か

2017年1月13日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

主要建設資材需給・価格動向調査結果 <建設資材モニター調査:平成28年12月1~5日現在>

主要建設資材需給・価格動向調査結果 <建設資材モニター調査:平成28年12月1~5日現在> 平成28年12月27日○ 本調査結果は、平成28年12月1~5日に調査を行ったものです。○ 本調査では、生コン、鋼材、木材など7資材13品目について、価格、需給、在庫等の動向を調査しています。○ 全国における建設資材の動向【価格動向】 異形棒鋼、H形鋼、石油は、“やや上昇”。その他の資材は、“横ばい”。【需給動向】 全ての資材が、“均衡”。【在庫状況】 全ての資材が、“普通”。○ 被災3県における建設資

2017年1月12日帝国データバンクフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2016年度第2四半期 主要上場建設会社59社の受注・業績動向調査

2016/12/272016年度第2四半期 主要上場建設会社59社の受注・業績動向調査受注高9.1%増、2年ぶりにプラスへ〜 公共工事、再び増加に転じる 〜はじめに上場建設会社の2016年度第2四半期(中間)決算が出揃った。年に2回、6月と12月に行っている上場ゼネコンの“定点観測”だが、業界のトレンドは目まぐるしく変わっている。国内建設投資が92年度のピーク比半減となった2010年度が近年の受注高のボトム。その後、東日本大震災の復興需要、安倍政権下の補正予算、国土強靭化計画に基づくインフラ工事

2017年1月12日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

民生用電子機器国内出荷統計(2016年11月分)

1.2016年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の11月国内出荷金額は1,200億円(前年比103.1%)となった。分野別に見ると、映像機器は624億円(前年比100.1%)となった。オーディオ関連機器は85億円(前年比109.3%)となった。カーAVC機器は491億円(前年比106.1%)となった。 薄型テレビ計は427千台(前年比87.3%)となった。サイズ別は、29型以下が88千台(同68.7%)、30〜36型が111千台(同74.2%)、37〜49型が149千台(

2017年1月12日東京都フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2015年農林業センサス ―東京都分調査確報―

ここから本文です。2015年農林業センサス ―東京都分調査確報―2015年農林業センサス(平成27年2月1日現在)の東京都分調査結果について、確報を取りまとめましたので、お知らせします。(速報は平成27年12月22日公表)調査結果の概要農林業経営体数は6,212経営体で、前回調査と比べ20.5%減東京都の農林業経営体数は6,212経営体で、前回調査(2010年世界農林業センサス)に比べて1,603経営体(-20.5%)減少した。このうち、農業経営体数は6,023経営体、林業経営体数は302経営体

2017年1月11日トヨタ自動車フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

駐車場での安全支援技術「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)」の事故低減効果

2016年12月26日トヨタ自動車、駐車場での安全支援技術 「インテリジェントクリアランスソナー(ICS)」の事故低減効果を発表-駐車場での踏み間違い事故が約7割、  トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、駐車場内での衝突事故被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー(ICS*1)」を搭載している3車種(アルファード、ヴェルファイア、プリウス)について、2015年1月から2016年6月までの18カ月の間に駐車場で発生した事故を調査した。当該車種約6万台分を契約している保険会社による約

2017年1月11日C4フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設技術者アンケート調査

リニアより「新国立競技場」の工事が人気。働きたいゼネコン1位は清水建設。「i-Construction」より「週休2日」に期待。 建設技術者アンケート調査 by『現場の神様』 C4株式会社(本社:神奈川県横浜市、 代表取締役社長:上村隆雅、以下C4)が運営するコミュニティサイト『現場の神様』(https://www.genba-kamisama.jp/)は、施工管理技士を中心とした建設技術者を対象に、アンケート調査を実施しました。 アンケート結果のサマリー「リニア中央新幹線」より「新国立競技場」

2017年1月10日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

産業用電子機器受注統計(2016年10月分)

うち、放送装置38億93百万円(同27.6%増)、固定通信装置108億78百万円(同71.9%増)、基地局通信装置156億33百万円(同71.9%増)、移動局通信装置301億(同4.1%増)、線応用装置104億58百万円(同46.2%増)となった。(1)放送装置では、スタジオ装置の内需が前年同月比で、57.1%伸び全体で同27.6%増となった。(2)固定通信装置では、衛星系通信装置の内需が前年同月比539.9%伸び全体で同71.9%増となった。※品目別の過去2年間分データをグラフで掲載いたします

2017年1月10日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2016年11月分)

2016年11月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 11月の概況○出荷台数は43万6千台(前年比100.1%)となった。 うちデスクトップ:12万台(同101.1%)、ノート型:31万6千台(同99.8%)であった。 ノート型比率は72.5%であった。○出荷金額は394億円(前年比97.6%)となった。 うちデスクトップ:103億円(同95.3%)、ノート型:291億円(同98.4%)であった。11月は、金

2017年1月10日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子情報産業の世界生産見通し2016

電子情報産業の世界生産見通し2016の発表について本日、当協会では、東原敏昭会長会見により、電子情報産業の世界生産見通し2016を発表いたしました。その概要を無償公開いたしますので、広くご活用いただければ幸いです。電子情報産業の世界生産見通し【ドルベース】電子情報産業における世界生産額(ドルベース)は、経済減速やスマートフォン成長鈍化の影響を受けつつも、IoTによる世界的な産業構造変革の波から、イノベーション創出に向けたIT投資の増加を背景に拡大したITソリューション・サービス、スマートフォンの

2017年1月10日all engineer.jpフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2016年、「技術的にすごい」と製造業エンジニアがうなったヒット製品

2016年、「技術的にすごい」と製造業エンジニアがうなったヒット製品は――1位「PlayStation VR」、2位「NSX」、3位「プリウス」~「自分も開発に携わりたい」のは「NSX」「iPhone 7」「PlayStation VR」~ポイント「技術的にすごい」製品は「PlayStation VR」「NSX」「プリウス」「買いたい」製品は「iPhone 7」「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」「Raspberry Pi 3」「アイデアがすごい」製品は「ポケモンGO/GO P

2016年12月28日アイティメディアフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2016年上半期、半導体商社の業績まとめ

[お知らせ]2017年3月期通期業績まとめ記事はこちら2016年上半期の業績まとめ画像はイメージです 2016年になっても収まらない、半導体業界に吹き荒れるM&Aの嵐――。 ソフトバンクによるARM買収を始め、Analog DevicesによるLinear Technology買収、QualcommによるNXP Semiconductorsの買収など、業界を揺るがす話題が相次いでいる。この業界再編は、半導体商社にとっても変革期を迎えたことを意味するだろう。 2016年で大きな話題といえば、豊通エ

2016年12月27日農林水産省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成27年 個別経営の営農類型別経営統計-水田作経営-

更新日:平成28年12月6日 担当:農林水産省 農業経営統計調査 平成27年 個別経営の営農類型別経営統計-水田作経営-調査結果の概要水田作経営(全国)の1経営体当たり農業粗収益は253万円で、前年に比べてした。これは平成27年産米の価格が上昇したことから稲作収入が増加したこと、平成26年産米の大幅な価格低下による収入減少影響緩和交付金等の支払いが平成27年に行われたことによる。 一方、で、農機具費等の増加によりした。 この結果、となりした(北海道は601万円で46.3%増加、都府県は43万円

2016年12月26日国土交通省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設総合統計(平成28年10月分)

平成28年12月16日建設総合統計は、国内の建設活動を出来高ベースで把握することを目的とした加工統計です。 建築着工統計調査及び建設工事受注動態統計調査から得られる工事費額を、着工ベースの金額として捉え、 これらを工事の進捗に合わせた月次の出来高に展開し、月毎の建設工事出来高として推計しています。 建設総合統計の平成28年10月分を、別添資料にてお知らせします。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局 情報政策課 建設経済統計調査室  TEL:(03)5253-8111 (内線28611,28612

2016年12月26日Strategy Analyticsフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

Service Robot Sales to reach 34 million by 2022

Forgotten Password?Please click here to receive your password reminderPlease enter your login name (usually your business email address) and we will send your password to your registered email address. If you do not receive the email within 1 hour, o

2016年12月19日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年10月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年10月分・確報) 平成28年12月9日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に 詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としています。本統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約1万2千 業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成28年10月分の調査結果をまとめたものとなります。今月分につきまし

2016年12月19日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

造船統計速報(平成28年10月)

平成28年12月9日「造船統計速報」は、我が国における船舶の生産実態の早期把握に資するため、「造船造機統計調査」の調査結果のうち、造船主要54工場の生産実績について先に取りまとめたものである。【交通関係統計等資料ホームページ】 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課交通経済統計調査室  TEL:(03)5253-8111 (内線28742) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左のアイコンをクリックしてAdobe Acro

2016年12月19日アクセンチュア★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エネルギー分野での新たな価値創造は、ミレニアル世代が推進役となる一方、要求の高い消費者であることが判明

Skip to main content Skip to Footerアクセンチュア最新調査――エネルギー分野での新たな価値創造は、ミレニアル世代が推進役となる一方、要求の高い消費者であることが判明日々の生活に密着したネットを介したソリューション、太陽光発電、およびデジタル関連サービスが最大の関心事項アクセンチュア(NYSE:ACN)の最新調査によると、エネルギー関連の新しい商品やサービスに対する消費者の関心は特にミレニアル世代(18〜34歳)を中心として高く、エネルギー事業者にとっての将来的な

2016年12月18日ジャストシステムフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

自動運転車への期待と意識に関する調査

4人に1人が、「高齢者の自動運転車利用に賛成」 『自動運転車への期待と意識に関する調査』4人に1人が、「高齢者の自動運転車利用に賛成」自動運転車でも、7割超が「任意保険に必ず加入する」調査結果サマリー4人に1人が、「高齢者の自動運転車利用に賛成」今後、日本では高齢化が進んでいきますが、自動運転車の実用化により、高齢者が自身で買い物や通院が行え、行動範囲が広がると言われています。20歳から59歳までの人に高齢者の自動運転車利用について聞いたところ、26.2%が「賛成」、43.6%が「身体機能や交通

2016年12月17日厚生労働省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

薬事工業生産動態統計平成28年7月分月報

薬事工業生産動態統計平成28年7月分月報について薬事工業生産動態統計調査月報公表資料概要 PDFファイルを見るためには、Adobe Readerというソフトが必要です。Adobe Readerは無料で配布されていますので、左記のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。 〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2 電話:03-5253-1111(代表)Copyright © Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right r

2016年12月15日SEMIフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2016年第3四半期の世界半導体製造装置出荷額

半導体製造装置統計発表 2016年第3四半期の世界半導体製造装置出荷額は110億ドルSEMI(本部:米国カリフォルニア州サンノゼ)は、12月15日(米国時間)、2016年第3四半期(暦年)の世界半導体製造装置出荷額が110億ドル(US$)であったことを発表しました。この金額は、前期比で5%増、前年同期比では14%増となります。これは、社団法人日本半導体製造装置協会(SEAJ)と共同で、世界95社以上の半導体製造装置メーカーから毎月提供されるデータを集計したものです。また、2016年第3四半期の世

2016年12月14日矢野経済研究所★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

3Dプリンタ世界市場に関する調査を実施(2016年)

2016年12月05日 3Dプリンタ世界市場に関する調査を実施(2016年) ~産業用ハイエンド3Dプリンタ好調 最終製品の造形が進む~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて世界の3Dプリンタ市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年9月~11月2.調査対象:3Dプリンタメーカー、販売代理店、造形サービス事業者(サービスビューロー等)、ソフトウェア関連企業等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<3Dプリンタとは>本調査

第4回全国イノベーション調査統計報告

第4回全国イノベーション調査統計報告[NISTEP REPORT No.170]の公表について科学技術・学術政策研究所 (NISTEP) では、我が国の民間企業におけるイノベーションの実現やそれに向けた活動の状況及び動向を調査するため、2002年度より民間企業を対象とした「全国イノベーション調査」を実施しています。この調査は、国際標準に準拠した我が国公式の一般統計調査です。このたび、第4回調査(参照期間:2012年度から2014年度まで)の結果がまとまりましたので、お知らせします。詳細は以下のリ

2016年12月12日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成28年10月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成28年10月分)について 平成28年11月30日民間工事は、サービス業、卸売業,小売業、不動産業等が増加したため、対前年同月比24.4%増加し、 先月の減少から再び増加した。 総計は、同15.2%増加し、3ヶ月連続で増加した。 お問い合わせ先国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室  TEL:03-5253-8111 (内線28-611、28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Reade

2016年12月10日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建築着工統計調査報告(平成28年10月分)

2016年11月30日10月の新設住宅着工は,持家,貸家及び分譲住宅が増加したため,全体で前年同月比13.7%の増加となった。また,季節調整済年率換算値では前月比0.1%の減少となった。(参考)(PDF 平成28年10月の住宅着工の動向について ファイル 171KB)(民間非居住建築物)前年同月と比較すると,店舗,工場は増加したが,事務所,倉庫が減少したため,全体で減少となった。 結果表を政府統計の総合窓口(e-stat)に掲載しています。詳しくは、下記リンクよりご確認下さい。 また、掲載内容に

2016年12月10日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子部品グローバル出荷統計(2016年9月分)

本統計は、電子部品部会で実施している「電子部品企業のグローバル動向調査」を基に作成しております。本調査は、参加70数社から提出された、連結ベース(グループ間取引調整後)の出荷額データをとりまとめており、地域に関するデータは、原則として該当部品が消費される地域への出荷になります。なお、合計値につきましては、 単位未満切り捨てのため、一致しない場合がありますので、ご了承ください。品目分類表 電子部品グローバル出荷統計データExcel FileのDownload 生産動態統計(経済産業省)のデ

2016年12月10日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

WSTS 2016年秋季半導体市場予測について

<2016年11月29日(火)15:00 プレスリリース文>1. WSTS 2016年秋季半導体市場予測について1. WSTS(WORLD SEMICONDUCTOR TRADE STATISTICS:世界半導体市場統計)の2016年   秋季半導体市場予測会議が、11月15日~17日の3日間、広島で開催された。   予測会議は年2回、5月と11月に開催されるが、今回の会議には世界の半導体メーカ   17社から約33名が参加した。なお、WSTSに加盟している半導体メーカは現在50社である。2. 

2016年12月10日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年10月分・速報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年10月分・速報) 平成28年11月30日「建設工事受注動態統計調査」は、平成12年度から開始した統計で、毎月10日前後に前々月の結果を確報として公表してきましたが、平成14年度より利用者の便宜を図るために、速報として「受注高」の概要を公表することと致しました。 速報値は、後日公表される確報値とは一致しない場合もありますので、利用にあたってはご注意ください。平成25年度4月分より新しい推計方法による値を公表しています。詳細についてはこちらをご覧下さい。

2016年12月10日矢野経済研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

臨床検査薬・機器事業に関する調査を実施(2016年)

2016年11月30日 臨床検査薬・機器事業に関する調査を実施(2016年) ~2015年度は海外向けに加え、国内向けも安定成長~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて臨床検査薬・機器事業展開企業の事業規模調査を実施した。1.調査期間:2016年8月~10月2.調査対象:国内の主要な臨床検査薬・機器事業展開企業40社(日本企業および海外企業日本法人)3.調査方法:当社専門研究員による直接面接取材、電話取材、ならびに文献調査を併用調査結果サマリー◆2015年度の臨床検査薬・機器事業規模は

2016年12月10日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

電子材料生産実績(2016年9月分)

ソフトフェライト、永久磁石・・・国内生産の合計金額誘電体セラミックス原料、電極材料・・・世界生産量の合計数値(重量指数)誘電体セラミックス原料は、酸化チタン、炭酸バリウム、チタバリ原料の合計重量の数値であり、2002年の月平均値を100とした指数である。誘電体セラミックス電極材料は、銀、パラジウム、銀パラ、ニッケルの合計重量の数値であり、2002年の月平均値を100とした指数である。本統計は、JEITA電子部品部会 電子材料事業委員会で実施している生産統計を基に作成。本調査は、統計参加企業27社

2016年12月10日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

パーソナルコンピュータ国内出荷実績(2016年10月分)

2016年10月パーソナルコンピュータ国内出荷実績[注]四捨五入のため、内訳の和と合計が一致しない場合がある。パーソナルコンピュータ国内出荷 10月の概況○出荷台数は46万8千台(前年比113.6%)となった。 うちデスクトップ:11万9千台(同104.8%)、ノート型:34万9千台(同116.9%)であった。 ノート型比率は74.5%であった。○出荷金額は411億円(前年比106.0%)となった。 うちデスクトップ:107億円(同96.1%)、ノート型:304億円(同109.9%)であった。1

2016年12月9日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

民生用電子機器国内出荷統計(2016年10月分)

1.2016年 民生用電子機器国内出荷実績(金額) 民生用電子機器の10月国内出荷金額は1,049億円(前年比97.6%)となった。分野別に見ると、映像機器は475億円(前年比94.8%)となった。オーディオ関連機器は98億円(前年比100.2%)となった。カーAVC機器は476億円(前年比100.0%)となった。 薄型テレビ計は352千台(前年比94.9%)となった。サイズ別は、29型以下が77千台(同84.1%)、30〜36型が110千台(同95.6%)、37〜49型が110千台(同1

2016年12月8日JEITAフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の電子工業の輸入(2016年8月分)

電子応用装置(電子計算機及び情報端末を除く) ビデオカメラ、デジタルカメラ(テレビカメラ含む)ラジオ付きテレコ(ヘッドホンステレオ・ステレオセット等含む)ステレオセット等(外部電源によらなければ作動しないもの) 送信、受信、変換、再生装置(有線用を含む)中央処理装置,入出力装置,同一ハウジング収納型不揮発性半導体記憶装置(USBメモリ、フラッシュメモリ)磁気式・光学式の読取機及びデータ処理機械電子応用装置(電子計算機及び関連装置を除く)電圧・電流・抵抗・電力の測定又は検査機器半導体ウ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ