調査のチカラ TOP > 分類一覧 > マーケティング

マーケティング | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月26日ラクーン★フィードバック数:0マーケティング

『ネコノミクス』に関する調査レポート

2月22日は猫の日!カフェ、観光、ハイブランド、越境ECサービス「SD export」まで広がる『ネコノミクス』に関する調査レポート 2月22日は「にゃん」「にゃん」「にゃん」で猫の日です!「あなたは犬派?猫派?」長年のペット論争、そろそろ猫が逆転する…かも。不動の1位「犬」を押さえて「猫」がトップになる日も近い!?ということで、弊社EC事業「スーパーデリバリー」でも国内部門・海外部門ともにネコグッズの売れ行きが好調なことから、世界的な「ネコブーム」とその経済効果「ネコノミクス」についてまとめ

2017年:17のトレンド予測

フロスト&サリバン 「2017年:17のトレンド予測」2017年に起こるイノベーション、企業が注目すべき投資機会とはフロスト&サリバン ジャパン株式会社 プレスリリース 2017年2月21日フロスト&サリバンは、2017年のビジネスや産業、経済に最も大きな影響をもたらすことが予測されるトレンド「2017年:17のトレンド予測」を発表しました。この17のトレンド予測では、2017年に予測されるビジネスや経済の世界的なトレンドを特定すると同時に、企業が今後投資すべき分野について示しています。世界に驚

2017年2月26日J.D. Powerフィードバック数:0マーケティング

2017年日本固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さいX 各エリアの総合満足度第1位は、auひかり(北海道)、ドコモ光(東北)、NURO光(関東)、コミュファ光(東海)、eo光ネット(関西・北陸)、メガ・エッグ 光ネット(中国)、ピカラ光ねっと(四国)、BBIQ光インターネット(九州) 報道用資料 2017年日本固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査<当資料の要約>全国8地域の総合満

2017年2月26日テスティーラボフィードバック数:0マーケティング

若年層の利用メディアの実態調査

/ / ”逃げ恥”から読み解く、視聴スタイルの変化とは…!若年層の利用メディア調査!”逃げ恥”から読み解く、視聴スタイルの変化とは…!若年層の利用メディア調査!三寒四温を繰り返す今日この頃、。ただ、日が暮れるとやはりまだ寒いですね…家でのんびりYoutubeを見ていたら、のダンス動画を見かけました。今の若年層はドラマやニュースなどを視聴する際、何を利用して見ているのでしょうか。今回はを対象に「利用メディア」についてコンテンツごとに調査しました!・若年層のがTV番組をスマホで視聴。あの「逃げ恥」

2017年2月25日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

消費者景況感調査2016年第4四半期

2016年第4四半期の世界の消費者景況感は、第1四半期から3ポイント増加し、101ポイントとなりました。日本の消費者景況感は第3四半期から2ポイント上昇し、73ポイントとなりましたが、通年では低調に横ばい状態が続いています。調査対象となった63の市場のうち44市場が、年初よりも高い消費者景況感で1年を終えました。世界最大のリサーチ会社*1ニールセンは「ニールセン 消費者景況感調査2016年第4四半期」の調査結果を発表しました。*1 ESOMAR Industry Report “Global M

2017年2月25日the harris pollフィードバック数:0マーケティング海外

2017 Reputation Quotient Ratings

The annual Reputation Quotient study always reveals interesting findings about business. We’ve put all the topline findings in the Summary Report. Download the summaries here. The Harris Poll Reputation Quotient (RQ®) measures the reputations of th

2017年2月24日インプレス★フィードバック数:0マーケティング

集客が伸びてるECサイトはどこ?[ジャパネット、アーバンリサーチの集客構造調査あり]

ピックアップ記事アフィリエイター向けのイベントの事前準備について(連載第27回) 2017年2月17日~23日にアクセス数の多かった記事のランキングを発表! 見逃している人気記事はありませんか? 「デザインコントロール」「検索機能」「カスタマイズ」「商品ページ」「ユーザー発信のコンテンツ」の5ポイントを解説 ネット通販のCRMでもっとも重要なメールマーケティングのコツをご紹介!(連載第6回) 予定していた新サイトへの移行が「当初の見込みよりも開発に時間を要している」(ドクターシーラボ) 「アマゾ

2017年2月23日スターティア★フィードバック数:0マーケティング

スタンプラリーに関する意識調査

スタンプラリーに関する意識調査

2017年2月23日電通★★フィードバック数:0マーケティング

2016年 日本の広告費

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 2016年 日本の広告費2017年2月23日●日本の広告費は、5年連続でプラス成長 ●総広告費は6兆2,880億円、前年比101.9% ●インターネット広告媒体費(制作費除く)が初の1兆円超え株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)は2月23日、わが国の総

2017年2月23日インターブランド★★フィードバック数:0マーケティング

Best Japan Brands 2017

Best Japan Brands 2017

2017年2月23日CCCマーケティング★フィードバック数:0マーケティング

ポイントカードに関する意識調査

国民一人当たりが保有するカード平均枚数は約20枚 サイフの“カードすし詰め状態”を解消したい人は85%以上!? ポイントカードに関する意識調査 国民一人当たりが保有するカード平均枚数は約20枚サイフの“カードすし詰め状態”を解消したい人は85%以上!?ポイントカードに関する意識調査 CCCマーケティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:武田宣、以下「CCCマーケティング」)は、ポイントカードやスタンプカード、クレジットカード、電子マネー、キャッシュカードなど、お財布の中にある各種カ

清涼飲料商品における交通広告の効果に関する調査

清涼飲料商品における交通広告の効果に関する調査2017年02月17日(金)Vol.12 東京メトロを利用するビジネスパーソンにおける交通広告は、商品を知ったり思いだすきっかけの情報としてネット広告以上に効果的。新商品のアテンション獲得や興味喚起の高さはTVCMと同レベルであり、清涼飲料商品の低頻度購入者でも、交通広告を見た後の飲用意向率や購入経験率は高く、飲料広告における東京メトロメディアのリーセンシー効果の高さが確認された。株式会社メトロアドエージェンシー(本社:東京都港区、代表取締役社長:肥

2017年2月22日昭文社★フィードバック数:0マーケティング

訪日客向けFB人気ランキング2016 外国人マーケターによる2017年ヒット予測

TOP最新ニュース地方や体験重視の傾向が如実に 当社独自!訪日客向けFB人気ランキング2016 外国人マーケターによる2017年ヒット予測も 地方や体験重視の傾向が如実に 当社独自!訪日客向けFB人気ランキング2016 外国人マーケターによる2017年ヒット予測も株式会社昭文社(本社:千代田区麹町、代表取締役社長 黒田茂夫、東証コード:9475)は、訪日外国人観光客向けの日本観光情報を発信するブランド「DiGJAPAN!(ディグジャパン)」が運用するFacebook投稿へのリアクションを独自分析

2017年2月21日ジーコムフィードバック数:0マーケティング

「福岡県居住者のネットショッピング利用」調査

独自調査「福岡県居住者のネットショッピング利用」調査結果レポート公開2017/02/15株式会社ジーコムネットショッピング利用者の利用頻度は、「月に1回程度」の割合が約3割で最も高い。年間利用回数は28.7回で、2015年調査の21.0回から大きく増加した。ネットショッピングの満足点は「安い価格で買える」の割合が72.1%で最も高い。一方、不満点は「イメージした商品と違うことがある」の割合が55.3%で最も高く、2015年調査(44.2%)よりも増加している。 調査方法:インターネット調査調査規

2017年2月21日矢野経済研究所★フィードバック数:0マーケティング

ライセンスブランド国内市場に関する調査を実施(2016年)

2017年02月15日 ライセンスブランド国内市場に関する調査を実施(2016年) ~2015年は「バーバリー」終了の影響も大きく、市場規模は縮小の一途~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にてライセンスブランド国内市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年9月~12月2.調査対象:ブランドマスターライセンシー企業及びブランドライセンシー企業等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<ライセンスブランド市場とは>本調査における

NPSベンチマーク調査(インターネット・サービス・プロバイダ)

インターネットリサーチなら、NTTグループの信頼と実績、NTTコム リサーチへ NPS1位はセット販売や商品のわかりやすさで満足度の高かったeo光に 2017年2月15日NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社NTTコム リサーチ結果 (No.236)NPS®ベンチマーク調査結果(インターネット・サービス・プロバイダ)を発表~NPS1位はセット販売や商品のわかりやすさで満足度の高かったeo光に~ NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション株式会社(本社:東京都

2017年2月21日インテージフィードバック数:0マーケティング

2016年好調カテゴリーランキング

2016年好調カテゴリーランキング トップ3は、「甘酒」「蜂蜜」「ドリンクヨーグルト」上位カテゴリーはユーザー数も購入額も大幅に増え、勢いは年末まで続く他にも健康関連カテゴリーが多数ランクインする中、6位はアルミホイル健康関連カテゴリーやアルミホイルの好調の背景には、インターネット上でのクチコミ現象がある模様株式会社インテージでは、国内最大規模の消費者パネル、SCI(全国消費者パネル調査)(*1)の購買データを元に、『2016年好調カテゴリーランキング』として、2016年に消費者の平均購入額が増

2017年2月21日アイディーエイ★★フィードバック数:0マーケティング

中小企業のブランディングに対する意識調査

“中小企業のブランディングのネックは「進め方」”【中小企業のブランディングに対する意識調査】 中小企業ブランド戦略室より、ブランディングに関する意識調査を発表。企業ブランディングに改善が必要と答えた人の中で、最も改善したいという意見が多かったのは「進め方」で、65.1%だった。ブランディングを実践している企業の事例をスーパーマーケットトレードショーで公開。 中小企業ブランド戦略室を運営する株式会社アイディーエイ(本社:岡山県岡山市、代表取締役:山田 祥、資本金:3000万)は中小企業を対象にブラ

調査レポート「2050年の世界」

PwC、調査レポート「2050年の世界」を発表 先進国から新興国への経済力シフトは長期にわたり継続‐インド、インドネシア、ベトナムが著しく成長 最新のPwC調査レポートの予測(購買力平価ベース)によると、2042年までに世界経済の規模は倍増中国はすでに購買力平価(PPP)ベースのGDPが米国を抜き世界最大の経済大国に。市場為替レート(MER)ベースでも2030年までに世界最大となる2050年までにインドは米国を抜き世界第2位、インドネシアは第4位の経済大国となり、日本、ドイツなどの先進国を抜く見

2017年2月20日ルーツ製作委員会フィードバック数:0マーケティング

2017年第1回珍しい名字ランキングトップ30~名字由来net1月セレクト~

■ニュースリリース(名字の注目ニュース)■Androidアプリ(無料)アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください■iPhoneアプリ(無料)アプリのアイコンをクリックしてから無料ダウンロードください2017年第2回珍しい名字トップ30珍しい名字ランキングトップ30~名字由来net2017年2月セレクト!! ※ランキングは人数の少ない順に掲載しています。※このランキングのデータは2016年9月時点の政府発表統計および全国電話帳データを元にルーツ製作委員会が独自に算出したものです。※

主要17業界 Net Promoter Score ベンチマーク調査

「主要17業界 Net Promoter Score® ベンチマーク調査」を発表、無料レポートのダウンロード提供を開始 「主要17業界 Net Promoter Score® ベンチマーク調査」無料レポートのダウンロード提供を開始しました。企業のマーケティングや経営企画担当者の方は、本調査を活用することで、今後の経営戦略や顧客ロイヤルティ向上活動の指針をえることができます。企業のロイヤルティ向上調査・コンサルティングを提供する株式会社トータル・エンゲージメント・グループ(本社:東京都千代田区、代

2017年2月19日BuzzFeed Japanフィードバック数:0マーケティング

【ランキング】Tasty Japan 1月に最も見られた動画は…

【ランキング】Tasty Japan 1月に最も見られた動画は… みんな大好き、チキンとチーズケーキ「見て幸せ、作って楽しいTasty Japan」2017年1月の再生数トップ10をご紹介します! 1位:無限に食べられちゃう!?ふるふるチーズケーキ 2位:パリパリ、とろーり!クッキー&クリームブリュレ 3位:記念日に!チキンがメインの3コースディナー 4位:ワンボウルで!簡単ラズベリーチーズケーキ 5位:やみつき!ハニーライム風味のホットチキン 6位:ワインのおともに。なすのチーズ

『Logicad ダイナミッククリエイティブ』、アパレル広告におけるクリエイティブの効果検証

INFORMATION<レポート>『Logicad ダイナミッククリエイティブ』、アパレル広告におけるクリエイティブの効果検証~同一サイズのクリエイティブ(バナー広告)におけるレイアウト、配色の視点から効果を検証~ ソネット・メディア・ネットワークス株式会社は、この度『Logicad ダイナミッククリエイティブ』において、DSP(*1)によるクリエイティブ(バナー広告)に関する効果検証を行いました。 【サマリー】■内容業種:アパレル(通販サイト)期間:2016年10月1日~12月31日対象商品:

まとめサイト休止事件でWEBでの情報収集の仕方、半数近くが「変化した」 検索表示位置よりサイト運営者の信頼性が見られるように~MonthlyくらしHOW2月号

女性・地域・生活・消費などに関する調査データを、ジャンル別に閲覧できます。 まとめサイト休止事件でWEBでの情報収集の仕方、半数近くが「変化した」 検索表示位置よりサイト運営者の信頼性が見られるように ~MonthlyくらしHOW2月号を発行! 2017/02/10「リビングくらしHOW研究所」では、当社が研究する女性に関するインサイトデータを 一層ご理解いただき、有効に活用いただくため、“オンナゴコロと消費がわかるペーパー”として「MonthlyくらしHOW」を制作しています(毎月1回発行)。

ウェアラブル活動計「ムーヴバンド」の利用者データから、男女のアクティブ事情を分析

恋愛と歩数の関係についての実態調査 恋人がいる人はゆったりとした生活を送る傾向があることが判明!〜ウェアラブル活動計「ムーヴバンド®」の利用者データから、男女のアクティブ事情を分析〜 ドコモ・ヘルスケア株式会社ドコモ・ヘルスケア株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:和泉正幸、以下ドコモ・ヘルスケア)は、ウェアラブル活動量計「ムーヴバンド®」を利用する男女の歩数に関するからだデータを分析しました。「ムーヴバンド®3」は手首に着けるだけで、歩数・睡眠(時間/状態)・消費カロリー・移動距離などが計測

2016年ベスト・オブ・赤ちゃん名づけ

2016年 ベスト・オブ・赤ちゃん名づけ「無料 赤ちゃん名づけ」の赤ちゃんメモ機能を利用し、「実際に名づけられた名前候補」を含む人気の高い「2016年赤ちゃん名づけ男女年間トレンドベスト30」の名前を対象に、ユーザー様の投票により決定!!(投票期間2016年12月1日~2017年1月15日 有効投票数184票)ランキングに入られた「名前」の皆さま、おめでとうございます!! ※当ランキングのデータを資料等でご利用される場合は、「参考資料 無料 赤ちゃん名づけ」「無料 赤ちゃん名づけより引用」などと

2017年2月17日日本政策金融公庫フィードバック数:0マーケティング

信用保証利用企業動向調査(2016年10-12月期実績、2017年1-3月期見通し)

信用保証利用企業動向調査(2016年10-12月期実績、2017年1-3月期見通し)

2017年1月度のTポイント物価指数

ニュースリリース2017年1月度のTポイント物価指数は、前年同月比で0.53% CCCマーケティング株式会社 カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社2017年02月08日 ~上昇率が最も大きいのは40~59歳・男性で0.69%、最も小さいのは20~39歳・女性で0.35%~データベース・マーケティング事業を手掛けるCCCマーケティング株式会社とカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社は、東京大学大学院 経済学研究科の渡辺努研究室との共同プロジェクトとして取り組む、Tポイントのデータを活用し

2017年2月16日イードフィードバック数:0マーケティング

RBB SPEED AWARD 2016

News 2017年2月6日 RBB SPEED AWARD 2016結果発表 ~2016年最速のキャリアやプロバイダを表彰!~ 株式会社イード(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮川 洋)は、通信速度測定サービス『RBB SPEED TEST(アールビービー スピードテスト)』の測定データを集計し、実測値が速かったサービスを表彰する『RBB SPEED AWARD 2016』を発表致します。 RBB SPEED AWARD 2016 『RBB SPEED AWARD 2016』は、通信速度測

2017年2月16日イードフィードバック数:0マーケティング

レスポンスアワード2017

News 2017年2月7日 レスポンスアワード2017結果発表について 株式会社イード(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮川 洋)は、読者投票により自動車関連のベストサービスを選ぶ『レスポンスアワード2017』の結果を発表いたします。 『レスポンスアワード』は、総合自動車ニュースサイトレスポンス」の読者投票により、「ナビアプリ」「ドライブレコーダー」「自動車保険」「自動車買い取り」の4つのカテゴリについて、利用者満足度の高い製品やサービスを選出して表彰するものです。 「ナビアプリ(無料)の

2017年2月16日BONDIC★フィードバック数:0マーケティング

「流行語大賞」トップ10に選ばれるための秘訣

BONDIC マーケティング レポートBONDICの独自の視点でのマーケティング分析した無料レポートです。 「流行語大賞」トップ10に選ばれるための秘訣~流行語は爆発だ!選ばれし言葉達の神ってる秘密~◆ 分析の目的毎年、新しい言葉が生まれては定着し、最終的には広辞苑入りするものもあります。ユーキャン新語・流行語大賞は年末の風物詩となっていますがそれにノミネートされる言葉たちにはどのような傾向があるのでしょうか?今回は、流行語大賞にノミネートされた30の言葉が、SNS上でどのくらい使われどのような

2017年2月16日電通★★フィードバック数:0マーケティング

若年層のSNSを通じたビジュアルコミュニケーション調査

グローバルネットワーク電通の国内外のネットワークをご紹介します。 ニュース株式会社電通が発信する最新のニュースリリースやトピックスなどをご覧いただけます。 採用情報株式会社電通および電通グループの採用情報のご案内です。 電通総研、「若年層のSNSを通じたビジュアルコミュニケーション調査」を実施 ― 10代女性のトレンド検索は、"サーチエンジン<SNS"へ ―2017年2月13日 株式会社電通(本社:東京都港区、社長:山本 敏博)の電通総研メディアイノベーション研究部は、2015年よ

2017年2月16日Ve Japanフィードバック数:0マーケティング

ウェブサイト離脱・コンバージョンの統計調査

[] 今回の計測対象期間におけるVeソリューション(サイトエンゲージメントとメールリマーケティング) によって創出された売上は合計で7.4億円に上ります。また、 計測対象期間における総コンバージョン数は254万となり、そのコンバージョンの内の2.3%に対して当社が貢献したことが確認できました。【調査概要】名称:ウェブサイト離脱・コンバージョン統計調査期間: 2016年10月1日~2016年12月13日調査対象: VePlatformを導入しているクライアント調査方法: 当社のデータより算出サイト

2017年2月16日アイリスオーヤマフィードバック数:0マーケティング

猫の名前ランキング大調査2017

猫の名前ランキング大調査2017 結果発表 今年も、みなさんにご協力を頂きました『猫の名前ランキング大調査2017』! 今年は『1,671頭』という多数の愛猫の名前を調査することができました! ご協力ありがとうございました!! 今年はどんな名前が流行しているのか!?昨年との違いは!?みなさんが気になる 『名前ランキング』の発表です!! 2016年の結果をおさらい♪『猫の名前ランキング大調査!2016』はこちらから≫ 有効投稿数:1,671頭お願い:今回、お名前の読み仮名(カタカナ)での投稿をお願

約7割がDMを基に行動を起こした経験あり! DMの表現方法に関して男女で反応に差も

約7割がDMを基に行動を起こした経験あり!DMの表現方法に関して男女で反応に差も2017年2月9日  デジタルハイブリッドのトッパン・フォームズ株式会社(以下、トッパンフォームズ)は、生活者の実態と意識を把握するためにさまざまな自主調査を実施しています。今回トッパンフォームズはダイレクトメール(以下、DM)の開封閲読状況や印象、開封したくなるキーワード、形状、開封後の行動など、DMを「受け取ってから」にフォーカスした調査を実施しました。今回の調査から生活者は開封しやすくお得なDMであれば開封

2017年2月16日IPAフィードバック数:0マーケティング

2016年度SEC成果物の利用状況に関するアンケート

2016年度SEC成果物の利用状況に関するアンケート 2017年2月7日公開 独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 ソフトウェア高信頼化センター本アンケートについて 平素よりIPA/SECの活動にご支援、ご協力を賜り、誠にありがとうございます。本アンケートは、IPA/SECが公開している成果物(報告書、書籍、セミナー等)について、皆さまのご意見とその利用状況を把握し、今後の活動やより良い成果物を提供するための参考とさせていただくことを目的に実施するものです。アンケートは約5~10分程度でお答え

2017年2月16日マクロミル★★フィードバック数:0マーケティング

全国8,500人に調査!ソーシャルメディアの利用状況&ブロガープロファイル分析

世の中の「Honto(本当)」を集めた「Note(記録)」ホーム全国8,500人に調査!ソーシャルメディアの利用状況&ブロガープロファイル分析 2017年2月7日|Author : ジャスミン全国8,500人に調査!ソーシャルメディアの利用状況&ブロガープロファイル分析Tag : ソーシャルメディア,SNS,ブログ,キュレ―ション,メディアブログにSNS、キュレ―ションメディアにソーシャルブックマーク・・・と、ますますサービスの幅が広がっているソーシャルメディア。数多あるサービスの中で、今、最も

2017年 日本と世界のメディア×コンテンツ市場データベース

日本と世界のメディア・コンテンツ産業と市場の今がわかる!!2015年度統計と2016年の動向を満載、メディアコンテンツ産業から、製造・サービス業や、 公共政策まで、クールジャパン戦略を企画・推進するための統計・事例のデータベースとしてご活用ください。 平成29年1月発行の、 �潟qューマンメディア刊「日本と世界のメディア×コンテンツ市場データベース」本編+資料編(海外12か国のメディア×コンテンツ産業・市場と日本コンテンツ進出)の2分冊セットでは、掲載の統計データ、市場の規模推計、国内外のメディ

2017年2月16日アイリッジフィードバック数:0マーケティング

O2Oソリューション「popinfo」のユーザー数が 2017年1月、5,500万ユーザーを突破

>>> O2Oソリューション「popinfo」のユーザー数が 2017年1月、5,500万ユーザーを突破! O2Oソリューション「popinfo」のユーザー数が 2017年1月、5,500万ユーザーを突破!2017年2月6日 株式会社アイリッジ(本社:東京都港区、代表取締役社長:小田 健太郎、以下:アイリッジ)の提供するスマートフォン向けO2Oソリューション「popinfo」の利用ユーザー数が、2017年1月に5,500万ユーザーを突破しましたので、お知らせいたします。 「popinfo」は

動画広告市場の動向に関する業界アンケート調査

◆取り扱っている・利用している動画広告媒体はYouTubeが1位、Facebook、LINE、Twitterが追随 ◆動画広告のKPI、最重視されているのは”視聴回数”と”視聴者数” ◆動画広告の効果、影響が大きいのは”動画の内容” ””配信先の質” ◆嫌われない動画広告、”短尺化”“と”スキップ可能にする”ことが最重要!? 動画広告市場の発展には、”新しい媒体の登場”が不可欠! 株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役 グローバルCEO:スコット・アーンスト、以下「マクロミル」)と、

2017年2月15日Marketo★フィードバック数:0マーケティング

優先するテクノロジーにおいて米国と米国以外のマーケターの著しい相違が判明 どの地域のマーケターも顧客との新しいタッチポイントに期待しているが 2017年に導入すべきものに関しては意見が分散

マルケトの調査で、優先するテクノロジーにおいて米国と米国以外のマーケターの著しい相違が判明 どの地域のマーケターも顧客との新しいタッチポイントに期待しているが 2017年に導入すべきものに関しては意見が分散2017.01.26【カリフォルニア州サンマテオ - 2017年1月12日(米国本社リリース抄訳)】エンゲージメントマーケティングソフトウェアと関連ソリューションのリーディングプロバイダーであるMarketo(本社、米国カリフォルニア州サンマテオ、以下マルケト、日本法人代表 福田康隆)は、本日

2017年2月14日コラミィフィードバック数:0マーケティング

2016年に話題になったと思うニュースTOP5

2017年に入り、早いもので1カ月が経とうとしています。年明け早々、ベッキーと川谷絵音(ゲスの極み乙女。)の不倫騒動でにぎわった昨年と比べると、今年の芸能ニュースの走り出しは、やや静か…。2016年に起きたニュースのほうが、まだ印象に残っていませんか? というワケで、今回は、ランキングサイト『gooランキング』で実施されたアンケート結果から、2016年に話題になったニュースを改めてみていきましょう。■5位「ピコ太郎『PPAP』が世界的大ヒット」(373票)2016年に最もブレイクしたアーティスト

2017年2月14日Comexposium Japanフィードバック数:0マーケティング

2017年のマーケティングトレンド予測

2017年のマーケティングトレンド予測1. AI活用のさらなる広がり昨年は、AIボットによる顧客との対話サービススタートなど、様々な業界において「AIの導入」がニュースとして取り上げられた。今年は、そうした先進的にAI導入に取り組んできた企業の効果・成果に関する情報が出てくることになる。そこには、新たな取り組みについていかに承認を得ていったのかという「社内承認プロセス」に関するものも含まれる。それを受けて他の企業が導入に動くことになる。またAIに何を学ばせるのか、何を導き出すためにAIを活用する

2017年2月14日ジャストシステムフィードバック数:0マーケティング

ファッション情報の収集に関する調査

20~40代女性に聞いた!「ファッション情報の収集に関する調査」 ファッション情報を得るSNSは、1位「Instagram」、2位「Twitter」20~40代女性に聞いた!「ファッション情報の収集に関する調査」約6割が、ECでの購入時に必ずチェックする情報とは?調査結果サマリー20~40代女性に聞いた!「ファッション情報の収集に関する調査」ファッション情報の収集先として最も多かった回答は「実店舗」(41.0%)、次いで「ファッション誌(電子版を含む)」(40.0%)、「テレビ番組」(31.4%

2017年2月13日イノベーション★フィードバック数:0マーケティング

ITトレンド年間ランキング2016

資料請求リストに製品が追加されていません。 2016年のITトレンド年間ランキングです。IT製品の比較・資料請求サイト「ITトレンド」 2016年、ITトレンドでユーザーから最もお問い合わせが多かった製品を発表する「ITトレンド年間ランキング」。ITトレンドユーザーに最も支持されたIT製品はどの製品か?各カテゴリー毎に紹介します。※ランキング結果は2016年1月1日~11月30日までの期間の資料請求数を基に集計しています。 規模、提供形態は2016年11月30日時点の情報です。 IT製品

2017年2月13日CRITEO★フィードバック数:0マーケティング

2017年デジタルコマース&マーケティングの展望

2017年デジタルコマース&マーケティングの展望~5つのキートレンドを発表~パフォーマンスマーケティングのテクノロジー企業であるCriteo S.A.(本社:フランス、NASDAQ:CRTO、以下Criteo)は、2月1日にCriteo日本支社で行われたメディアラウンドテーブルにて、「2017年デジタルコマース&マーケティングの展望」を発表しました。<5つのキートレンド>①消費者は高価商品の購入においてもモバイルデバイスを使用する<Key Facts>・デスクトップはかつては高価商品の購入チャネ

2017年2月13日GMOインターネット★フィードバック数:0マーケティング

ネットショッピングに関する実態調査

「ネットショッピングに関する実態調査」を日本国内で実施〜利用者の95%超が今後も利用意向あり、非利用者には「現物を確かめられる」施策が重要〜  GMOインターネットグループでインターネットリサーチ事業を展開するGMOリサーチ株式会社(代表取締役社長 細川 慎一 以下、GMOリサーチ)は、GMOリサーチが提携する日本のモニターを対象に「ネットショッピングに関する実態調査」を実施いたしました。 : 20〜69歳の男女男性:503名、女性:499名 計1,002名 【調査背景】日本のBtoC EC(

2017年2月12日Paykeフィードバック数:0マーケティング

2016年統括 日本の商品興味指数ランキング

【2016年統括 日本の商品興味指数ランキング】注目度急上昇中のトレンド!今外国人に注目されている日本の商品とは外国人へのお土産、和食や和菓子はもう古い!?日本の商品と言えば○○! 香港のiOSアプリダウンロード数1位(2017年1月26日現在)となったPaykeが、独自のデータベースから外国人が母国で何の日本商品に注目しているかを分析しました。和食でも抹茶のお菓子でもなく、外国人に注目されていたのはアノ意外な商品でした! 01 【インバウンドの新実態】日本の医薬品=神薬って知っていましたか?0

2017年2月12日東京都フィードバック数:0マーケティング

平成28年度第6回インターネット都政モニター 「東京都の公式ホームページ」アンケート

ここから本文です。平成28年度第6回インターネット都政モニター「東京都の公式ホームページ」アンケート結果今回の調査は、情報発信・情報公開の在り方について変化が求められていることから、東京都の公式ホームページについて都民の意見を聞き、今後の運営の参考とするものです。主な調査結果アンケート期間:平成28年11月16日~11月22日 回答率90.6%(452名/499名) 都庁総合ホームページ(平成28年8月リニューアル後、約3か月間)の利用(P2)3割近く(26.1%)が利用したことがあると回答して

2017年2月12日Comexposium Japan★フィードバック数:0マーケティング

マーケターアンケート 2017

マーケターアンケート 2017

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
 

お知らせ