調査のチカラ TOP > 分類一覧 > マーケティング > 統計実務におけるレンジチェックのための外れ値検出方法

統計実務におけるレンジチェックのための外れ値検出方法

ここから本文です。統計研究彙報 第72号 No.3概要タイトル 統計実務におけるレンジチェックのための外れ値検出方法著者 野呂 竜夫、和田 かず美刊行年月 2015年3月要旨 統計調査における調査データは、調査対象から得た情報が調査票等に記入される。その後、調査実施者が集計を行うが、集計前に調査票等の記入内容に誤りがないかなどの様々な審査が行われる。例えば数量項目の場合、記入内容の数値が調査単位ごとに大きすぎ(小さすぎ)ないかを確認する。政府が実施する統計調査はデータ量が多いので、確認すべきデー

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ