モバイル | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2019年5月17日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

中高生の約7割が「スマホで勉強が捗るようになった」

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 中学生の91.4%、高校生の94.5%が勉強でスマートフォンを活用、 2017年から中学生は0.4ポイント、高校生は2.4ポイント上がる 中高生の約7割が「スマホで勉強が捗るようになった」 中学生の91.4%、高校生の94.5%が勉強でスマートフォンを活用、 2017年から中学生は0.4ポイント、高校生は2.4ポイント上がる 中高生の約7

2019年5月8日NTTレゾナントフィードバック数:0モバイル

スマホ・タブレットにおける「ニュース閲覧」に関する調査

スマホ・タブレットにおける「ニュース閲覧」に関する調査 政治、国際、科学、経済のニュースは過半数以上が読むべきと考えているが読んでいないという結果に スマホ・タブレットにおける「ニュース閲覧」に関する調査 政治、国際、科学、経済のニュースは過半数以上が読むべきと考えているが読んでいないという結果に お知らせ2019年4月23日NTTレゾナント株式会社スマホ・タブレットにおける「ニュース閲覧」に関する調査政治、国際、科学、経済のニュースは過半数以上が読むべきと考えているが読んでいないという結果に

2019年4月25日メルカリ★★フィードバック数:0モバイル

2019年度「フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調査

プレスリリース2019年度「フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調査フリマアプリ利用者の約3割が「新品の商品購入単価が上がった」非利用者「中古品への抵抗感」約5割、「新品へのこだわり」は約3割と昨年より減少株式会社メルカリは、慶應義塾大学大学院経営管理研究科の山本晶准教授監修の下、全国のフリマアプリ利用者と非利用者1,000名を対象に、昨年4月に続き「2019年度フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動に関する意識調査」を実施しました。経済産業省が昨年4月に発表した「平成29年度我

2019年4月12日矢野経済研究所★フィードバック数:0モバイル

スマホゲーム市場に関する調査を実施(2018年)

2017年度のスマホゲーム国内市場規模は前年度比8.9%増の1兆290億円と拡大 ~既存タイトルのほか、複数の新規タイトルが市場を押し上げる~ 株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内スマホゲーム市場を調査し、市場における最新動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。1.市場概況2017年度のスマホゲーム国内市場規模(メーカー売上金額ベース)は、前年度比8.9%増の1兆290億円で市場拡大が続く見通しとなった。複数の有力IP(知的財産)を搭載したタイトルが常にアプリストアの

2019年4月8日京セラ★フィードバック数:0モバイル

40代~60代の男性とスマホに関する調査

京セラ株式会社のプレスリリース/広報・PR情報 40代~60代男性のスマホ事情から見る、ダンディな振る舞いを検証。20代30代女性が回答!上司にはレスの早さを求める! 40代~60代男性の約4割がスマホに不満40代~60代男性のスマホ事情から見る、ダンディな振る舞いを検証。20代30代女性が回答!上司にはレスの早さを求める! 40代~60代男性の約4割がスマホに不満京セラ株式会社は、大人のためのスマートフォン「URBANO V04」の発売に合わせて、スマートフォンを使用している全国の20代30代

2019年3月27日マクロミル★★フィードバック数:0モバイル

スマホや携帯電話の学校持ち込み、賛成?反対?小中学生の携帯電話利用を調査

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : Macromill ジャスミン冷静沈着をこころがけているはずがいつも何かしら抜けている永遠の28歳。実年齢は… トコナ

2018年10~12月の中古スマホ取引数ランキング発表

まだまだ続く!? iPhone6s リバイバル~主要4 市場より抽出された中古スマホ相場データより分析~ 2018 年10~12 月の中古スマホ取引数ランキング発表 ネット型リユース業の株式会社マーケットエンタープライズ(東京都中央区、代表取締役社長:小林 泰士、東証マザーズ・証券コード3135)は、当社が運営するウェブメディア「iPhone 格安SIM 通信」(https://www.kashi-mo.com/media/)にて提供している、フリーマーケットアプリやインターネットオークション等

2019年3月12日GfKフィードバック数:0モバイル

2018年グローバルのスマートフォン販売動向

「GfK調べ:2018年 グローバルのスマートフォン販売動向」- 販売金額は前年比5%増の5,220億ドル 2018年におけるグローバルのスマートフォン販売台数は前年比3%減の14億4,000万台となったが、販売金額は前年比5%増の5,220億ドルに拡大した。高価格帯製品の好調により平均価格が上昇し、金額規模を押し上げた。 ・高価格帯製品の成長がスマートフォン販売をけん引 2018年のスマートフォン販売における価格帯別の金額構成比をみると、ボリュームゾーンである中価格帯(150-400ド

2019年3月7日App Annie★★フィードバック数:0モバイル

アップアニー、2018年世界アプリパブリッシャーランキング トップ52 社を発表

アップアニー、2018年世界アプリパブリッシャーランキング トップ52 社を発表 世界ランキング52 社中、日本企業は15 社がランクイン モバイルデータと分析ツールの世界大手プロバイダーApp Annieは、2018年のアプリパブリッシャートップ52を発表しました。トップ52はGoogle PlayとiOS App Storeを合計した収益上位のパブリッシャーを表彰するプログラムで、App Annieが2011年より、毎年発表しているランキングです。今回はトップ52と併せて、2018年日本国

携帯電話料金に関する意識調査

携帯電話料金に関する意識調査 200人を対象に実施。携帯電話料金は下がるのか 思わない、わからないが半数。半数近くが今の料金に不満足、気になっていると回答。 株式会社日本マーケティングリサーチ機構公式サイト:https://jmro.co.jp/ 株式会社日本マーケティングリサーチ機構(本社:東京都、代表:大隅 豊仁)は、『携帯電話料金に関する意識調査』を実施しました。今回の調査は、名古屋を中心に10代から70代の男女200名に、街頭インタビュー形式で行いました。 ●今後携帯電話料金は下がるのか

2019年2月18日NTTドコモフィードバック数:0モバイル

親が知らない、子どもたちの「スマホ」の世界

~親が知らない、子どもたちの「スマホ」の世界~ 親との「スマホルール」、6割以上が守らなかった経験アリ!? 「親に内緒で課金」は5人に1人、「スマホアプリでお金稼ぎ」をする中学生も詐欺サイトへのアクセス経験者も3割以上に・・・そのうち約8割の学生が「親には相談なし」 家庭教育のプロが指南! スマホデビュー前に知っておきたい「お金」と「安全」の話 株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)では、学割やファミリー割引をはじめとした多様な料金プランや、未成年者の安全を守るさまざまなアフターサービスを提供して

2019年2月5日NTTドコモフィードバック数:0モバイル

スマホのセキュリティ・マナー向上の検討No.4

スマホのセキュリティ・マナー向上の検討No.4

2019年2月4日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

スマートフォンとフィーチャーフォンの利用割合

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > シニアのスマートフォンの利用、2012年は12.7%、2018年は61.5% 6年で48.8ポイント上がる シニアのスマートフォンの利用、2012年は12.7%、2018年は61.5% 6年で48.8ポイント上がる MMD研究所は2012年から行っているシニア調査を元に、携帯電話利用者を対象にスマートフォンとフィーチャーフォンの利用割合を

2019年2月4日エアトリフィードバック数:0モバイル

「携帯料金の値下げ」に関する調査

“携帯電話料金の値下げ”、92%が「嬉しい」と回答。一方で、... “携帯電話料金の値下げ”、92%が「嬉しい」と回答。 一方で、53.7%が「値下げされたとしても、まだ高い」と回答する結果に。 値下げで浮いたお金の使いみちは、1位「貯蓄」2位「食費」3位「旅行」 総合旅行プラットフォーム「エアトリ」(https://www.airtrip.jp/)を運営する株式会社エアトリ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉村 英毅、以下エアトリ)は、10代~70代の男女1,154名を対象に「携帯料

ポイントカードのアプリ化に関する調査

2018年12月26日 11:00「キャッシュレス化」の影で加速するポイントカードレス 紙よりスマホアプリの理由 行きつけの飲食店やアパレル店、スーパーや美容室など、お店のポイントカードが財布を厚くしていないだろうか? 電子マネーやスマホ決済が徐々に浸透し、現金を持たなくなることで財布の軽量化が進んでいるその影で、紙のポイントカードが淘汰されつつある。 そこで株式会社スマート・ソリューション・テクノロジー(東京都新宿区 代表取締役社長 山川進 / 以下、SST)が運営する快適なスマートフォンラ

2019年1月15日FULLERフィードバック数:0モバイル

AppApeスマホアプリ市場トレンドレポート2018

ホームマーケット【レポート配布】日本人が持っているアプリは平均80個 しかし、使っているのは25個。 〜App Ape、アプリ市場トレンドレポート2018を作成〜【レポート配布】日本人が持っているアプリは平均80個 しかし、使っているのは25個。 〜App Ape、アプリ市場トレンドレポート2018を作成〜 スマホアプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)」を手掛けるフラーはこのほど、日本、韓国、米国の2018年のスマホアプリの利用トレンドをとりまとめた「App Apeスマホ

世界モバイル利用動向調査2018

モバイルデバイス所有の各国比較のほか、日本国内の3キャリアユーザーと他キャリアユー ザーの比較を実施。5Gへの感度は他キャリアユーザーの方が高い結果に 2018年12月11日デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(本社:東京都千代田区 代表執行役社長:宋修永 以下、DTC)は、デロイトのテクノロジー・メディア・テレコムインダストリーが全世界35ヶ国・地域を対象に実施した「世界モバイル利用動向調査(Global Mobile Consumer Survey)」について、発表します。本年は

大学スマホ・サイト ユーザビリティ調査 2018-2019

大学スマホ・サイト調査、総合1位は東京工科、実用性では広島女...| 大学スマホ・サイト調査、 総合1位は東京工科、実用性では広島女学院ー 今やスマホだけで主要情報にアクセスできる時代に ー「大学スマホ・サイト ユーザビリティ調査 2018-2019」 10月26日発行・発売 株式会社日経BPコンサルティング(東京都港区)は、使いやすさや実用性の観点から大学のスマートフォン・サイト(以下、スマホ・サイト)を評価する「大学スマホ・サイト ユーザビリティ調査 2018-2019」の結果をまとめ

2018年12月3日テスティーラボ★フィードバック数:0モバイル

スクリーンタイムに関する調査

株式会社TesTee(テスティー)が運営する若年層(10代、20代)を調査するアンケートメディア【スクショ解析】スクリーンタイムに関する調査 2018/11/29アプリリサーチ結果を発信する「TesTee Lab」にて、全年代の男女686名(10代210名、20代169名、30代以上307名)を対象に、スクリーンタイムに関する調査を実施しました。iOS12より追加された新機能の「スクリーンタイム」は、スマートフォン利用時間やアプリ起動時間などのリアルタイム確認やコンテンツとプライバシーの制限設定

2018年11月13日GMOメディアフィードバック数:0モバイル

スマホに関する調査2018

「スマホに関する調査2018」を実施 ~YouTube、TikTok、Instagramそれぞれの人気インフルエンサーは?フェイクニュースの認知度は6割超~「スマホに関する調査2018」を実施 ~YouTube、TikTok、Instagramそれぞれの人気インフルエンサーは?フェイクニュースの認知度は6割超~ 2018.10.9回答者の属性:13歳から16歳がボリュームゾーン、スマホのOSは「iOS」「Android」がほぼ同数回答者の年齢は13歳(26.5%)が4分の1を占め、ボリュームゾー

2018年11月12日GMOメディア★フィードバック数:0モバイル

スマホに関する調査2018

「スマホに関する調査2018」を実施 ~YouTube、TikTok、Instagramそれぞれの人気インフルエンサーは?フェイクニュースの認知度は6割超~「スマホに関する調査2018」を実施 ~YouTube、TikTok、Instagramそれぞれの人気インフルエンサーは?フェイクニュースの認知度は6割超~ 2018.10.9回答者の属性:13歳から16歳がボリュームゾーン、スマホのOSは「iOS」「Android」がほぼ同数回答者の年齢は13歳(26.5%)が4分の1を占め、ボリュームゾー

2018年11月12日ハルメクフィードバック数:0モバイル

シニア女性に聞いた「スマホ」に関する実態調査

【調査リリース】シニア女性に聞いた「スマホ」に関する実態調査/シニア女性の約7割がスマホを保有、ただし使いこなせているのは12% 使いこなしシニアは「メルカリやジモティーで取引。通話録音も!」 使いこなせていないシニアは「Facebookを見て、電話でいいね!」 シニア女性誌部数No.1(※)の「ハルメク」を発行する株式会社ハルメク(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮澤孝夫)は、読者(55~74歳のシニア女性)461名を対象に、「スマホ」に関する郵送アンケート調査を実施いたしました。(※)日

2018年11月2日テスティーラボフィードバック数:0モバイル

荒野行動に関する調査

株式会社TesTee(テスティー)が運営する若年層(10代、20代)を調査するアンケートメディア荒野行動に関する調査【10代20代1,406名対象】 2018/11/02Lab男女1,406名)を対象に「荒野行動」に関する調査を実施しました。前回のの結果を元に荒野行動プレイヤーの属性を抽出したところ、10代、20代の若年層から高い支持を得ていることが判明!今回は、支持率の高い若年層プレイヤーを対象に深掘り調査を実施しました!プレイ頻度や課金状況、NPSなど荒野行動に関する調査の結果をご覧ください

2018年上半期に最も出稿のあったスマートフォン広告は「荒野行動」。次いで「Tik Tok」。

デジタルPRとプレスリリース配信03-4570-3196受付 10:00〜18:00(土日祝日を除く) 2018年上半期に最も出稿のあったスマートフォン広告は「荒野行動」。次いで「Tik Tok」。 スマートフォン広告統計サービス「SmartPhone Ads Report」をもとに、2018年上半期(4月~9月)のスマートフォン広告出稿状況を取りまとめました。 インターネット利用状況を調査している株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:遠藤 敏之(えんどう としゆき

2018年10月30日野村総合研究所★★フィードバック数:0モバイル

携帯電話料金に関して、スマートフォンユーザーの6割が高いと感じ、3割が納得してない

携帯電話料金に関して、スマートフォンユーザーの6割が高いと感じ、3割が納得してないニュースリリース携帯電話料金に関して、スマートフォンユーザーの6割が高いと感じ、3割が納得してない~シンプルかつ透明な料金プラン・アンマッチの解消・販売手法の適正化が必要~ 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:此本 臣吾、以下「NRI」)は、本年7月、日本全国でスマートフォンのユーザーを対象に、携帯電話料金に対する意識調査を実施しました。7月上旬と下旬の2回にわたってアンケートを実施し、

「スマホゲーム」についてのアンケート調査

リビング新聞グループの女性マーケティングポータルサイトTOPスペシャルコンテンツ自主調査レポートスマホゲームについてのアンケート(スマホやタブレットでゲームをする女性/2018年/全国) 自主調査レポートスマホゲームについてのアンケート(スマホやタブレットでゲームをする女性/2018年/全国)・ゲームをする頻度は「ほぼ毎日」が63.0%で最多。未就学児や小学生など小さい子どもを抱える母親でも「ほぼ毎日」が半数を超える。・ゲームをするタイミングで最も多かったのは「自宅でリラックスしている時」72.

2018年10月12日IDCフィードバック数:0モバイル

2018年第2四半期 国内タブレット端末市場実績値

2018年第2四半期 国内タブレット端末市場実績値を発表 2018年第2四半期 国内タブレット市場出荷台数は前年同期比23.0%減の176万台 家庭市場向け出荷台数は138万台(前年同期比28.5%減)、ビジネス市場向けは38万台(同6.0%増) 家庭市場では、通信事業者向け出荷が大きくマイナス成長となる一方、ビジネス市場では金融関連での買い替え向け出荷が底支え IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社

2018年10月11日ジェイコムフィードバック数:0モバイル

小中学生のスマホ利用に関する親の意識調査 2018

小中学生のスマホ利用に関する親の意識調査 2018

2018年10月11日シード★フィードバック数:0モバイル

現代人のスマートフォン利用

~現代人の「スマートフォンとの付き合い方」を調査~ スマートフォンと一体化が進んだ「スマホロイド」状態とは? 働く男女の6割超が「スマホロイド」! 診断テストも紹介 スマートフォンと上手に付き合うために…近方を見ることにも配慮した新しいコンタクトレンズが登場! 株式会社シードでは、2018年7月に、スマートフォンやパソコンなどの近方を見ることにも配慮したコンタクトレンズ「シード ワンデーピュアうるおいプラスFlex」を新発売しました。同商品の発売に伴い、このたび当社では、「現代人のスマートフォン

2018年10月9日ジャストシステムフィードバック数:0モバイル

約4割が、「スマートフォンにかける月額費用は5,000円未満」ジャストシステム

75%が「スマートフォンの定期契約自動更新時は、通知がほしい」 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2018年8月度)75%が「スマートフォンの定期契約自動更新時は、通知がほしい」約4割が、「スマートフォンにかける月額費用は5,000円未満」調査結果サマリー75%が「スマートフォンの定期契約自動更新時は、通知がほしい」スマートフォンにおける、いわゆる2年縛りといった定期契約が、利用者からの申し出がない限り、自動更新される制度について、75.0%の人が「何らかの方法で通知がほしい」と答えまし

2018年10月2日テスティーラボ★フィードバック数:0モバイル

地図アプリに関するNPS調査

地図アプリに関するNPS調査【iPhoneユーザー4,219名対象】 2018/09/27 2018/10/01地図アプリに関する調査【iPhoneユーザー4,219名対象】LabiPhoneユーザー男女4,219名)を対象に地図アプリに関する調査を実施しました。地図アプリ利用率や、メインで利用しているアプリのNPS調査など地図アプリに関する調査の結果をご覧ください!地図アプリ利用者は7割以上、iPhoneユーザーでも【Google マップ】が一番人気にまず、地図アプリの利用率を調査しました。全

AppleがiPhone Xで「売上におけるスーパーサイクル」を実現したことに関する最新市場調査

Apple、iPhone Xで 「売上におけるスーパーサイクル」を実現 iPhone Xの累計出荷台数は18年8月末で6300万台に達し、iPhone6発売後の同等期間内の出荷台数に及ばないものの、iPhone史上、売上と利益において最も成功した機種として推移している。 カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ (英文名: Counterpoint Technology Market Research 以下、カウンターポイント社)は、AppleがiPhone Xで「売上におけるスー

2018年10月2日Adjust★フィードバック数:0モバイル

アンインストールについての考察:3つのデータポイントを検証

アンインストールについての考察:3つのデータポイントを検証 アプリをインストールしたユーザーに継続して使ってもらうことは、容易ではありません。ユーザーがアプリをインストールして、わずかその数日後に大半が離脱してしまう状況において、アンインストールのタイミングとその理由を理解することは、ユーザーのライフサイクルを新たな視点で把握し、リエンゲージメント活動を改善させる上で非常に大切です。Adjustはユーザーがアプリをアンインストールするまでの時間を調査し、ユーザーがアプリの削除を考え直すための時間

2018年10月1日adjustフィードバック数:0モバイル

モバイルゲームベンチマークレポート

Adjust、 「2018年モバイルゲームベンチマークレポート」を発表 日本のゲームユーザーは世界中で最もゲームアプリを長期間利用し、潜在的価値の高いユーザーであることが明らかに adjust(アジャスト)株式会社(本社:独・ベルリン、代表取締役社長兼共同創業者:クリスチャン・ヘンシェル)は、この度、「2018年モバイルゲームベンチマークレポート」を発表いたしました。本レポートは、2018年1月1日から2018年3月31日の間に取得したデータを基に、該当データをユーザー単位に収集し、90日間追跡

2018年9月28日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2018年8月 モバイルデバイスシェア調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 MMD Labo.会員登録を行います。メールアドレスを入力して、『送信する』ボタンをクリックしてくださいIDとして登録するPCのメールアドレスをご入力ください。入力いただいたメールアドレス宛に確認のメールをお送りいたします。※ 携帯電話やPHSのアドレスはご利用いただけません。お問い合わせいただくにあたり、お名前・ご住所・Eメールアドレスなどをフォーム

2018年9月25日楽天フィードバック数:0モバイル

楽天のフリマアプリ「ラクマ」農産物の取引実態について調査

楽天のフリマアプリ「ラクマ」農産物の取引実態について調査結果を発表楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)が運営するフリマアプリ「ラクマ」は、昨今「ラクマ」で急速に拡大している米や野菜などの農産物取引について、調査結果をお知らせします。 ◆調査サマリー◆Point1:「ラクマ」農産物における取引流通額が昨年同月対比で6倍Point2:カテゴリ別で、米4.8倍、果物5.9倍、野菜は11.9倍Point3:品目別では「米」が人気、キロ単価は既存流通よりも

2018年9月7日インテージフィードバック数:0モバイル

「サクッとマルチ」があたりまえ~インテージ、“イマドキ女子”のスマホ利用実態調査

ホーム生活者を知るイマドキ女子のリアルをスマホ事情から探るーライフログデータが示す、メディアの未来#3 イマドキ女子のリアルをスマホ事情から探るーライフログデータが示す、メディアの未来#3 年々増えるスマホ利用者。2017年のスマホ利用率は74%(15~69歳)に達しました。(図表1)スマホアプリにも常に新しいトレンドが生まれ、最近流行しているショート音楽動画SNSの「Tik Tok」はテレビ番組の企画で使われているのをよく見かけるようになりました。このようなトレンドの火付け役となることが多い

2018年8月31日Global Informationフィードバック数:0モバイル

アプリ解析の世界市場 ~2023年

無料セミナー : 2018年10月23日『5G、OTTがもたらすデジタルトランスフォーメーション2025年までの展望』 IDATE DigiWorld共同開催 株式会社グローバルインフォメーション TEL: 044-952-0102 アプリ解析の世界市場 〜2023年:コンポーネント (ソフトウェア/サービス)・種類・用途 (ユーザー分析、収益分析、広告モニタリング/マーケティング分析、アプリ性能分析/運用)・産業・地域別の予測App Analytics Market by Componen

2018年8月16日テスティーラボフィードバック数:0モバイル

女子大生のカメラ&加工アプリに関する調査

【College Now】女子大生のカメラ&加工アプリに関する調査 2018/07/18 2018/08/10【女子大生対象】写真&加工アプリ関する調査TesTee Lab × マイナビ学生の窓口 コラボ調査企画第2弾!最近の若者にスポットをあてた若年層リサーチ結果を発信する『TesTee Lab!』と大学生総合情報サイト『マイナビ学生の窓口』のコラボ企画『College now』(カレッジナウ)。第2弾となる今回は、女子大学生(以下、女子大生)503名を対象に、カメラ&加工アプリについてのアン

2018年8月9日LINEフィードバック数:0モバイル

〈調査報告〉インターネットの利用環境 定点調査(2018年上期)

〈調査報告〉インターネットの利用環境 定点調査(2018年上期) 2018.07.19ALL 日常的なインターネットの利用環境で最多は「スマホのみ利用」、増加傾向が続くLINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、インターネットの利用環境に関する調査を実施いたしましたのでお知らせいたします。LINEでは、インターネットのコミュニケーションインフラの一翼を担う会社の責務として、よりよいサービス提供のためにさまざまな調査研究を行っております。その一環として、2年前より半期に一度

Apple、iPhone8で2018年5月のスマートフォン世界売上ランキングにて首位を奪還

Apple、iPhone8で2018年5月のスマートフォン世界売上ランキングにて首位を奪還 カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ (英文名: Counterpoint Technology Market Research 以下、カウンターポイント社)は、AppleがiPhone8で2018年5月のスマートフォン世界売上ランキング首位を奪還したとの最新の市場調査を発表致しました。 2018 FIFAワールドカップまで続けた強力なプロモーション「iPhoneで撮影する方法」(A

2018年7月21日FROSK★フィードバック数:0モバイル

アプリクラッシュ調査レポート2018年上半期

コンテンツへスキップアプリクラッシュ調査レポート2018年上半期FROSK株式会社(以下、FROSK)では、多くのアプリ開発者がよいスマートフォンアプリを作るため、スマートフォンアプリのクラッシュ、エラー検知・分析ツール「SmartBeat」の提供や、情報収集を行なっています。SmartBeat https://smrtbeat.com/この度、スマートフォンのアプリの利用状況やクラッシュに関するアンケート調査「アプリクラッシュ調査レポート2018年上半期」を実施しました。FROSKでの今回のア

スマホ・ネイティブの新行動 「情報引き寄せ」―「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」を実施

スマホ・ネイティブの新行動 「情報引き寄せ」―「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」を実施 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ株式会社博報堂D.A.コンソーシアムホールディングス株式会社2018年7月10日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズのメディア環境研究所、株式会社博報堂の買物研究所、およびD.A.コンソーシアムホールディングス株式会社の広告技術研究室は、近年、コミュニケーションだけでなく動画などのエンターテインメント、さらには買い物の場として、目覚ましくその役割を広げる「

2018年6月13日総務省フィードバック数:0モバイル

平成29年通信利用動向調査の結果

報道資料平成29年通信利用動向調査の結果 総務省では、この度、平成29年9月末の世帯及び企業における情報通信サービスの利用状況等について調査した、通信利用動向調査の結果を取りまとめました。今回の調査結果のポイントは別添1のとおりであり、また、概要は別添2のとおりです。なお、調査結果の詳細は、情報通信統計データベースに掲載するとともに、掲載データについては、機械判読に適したデータ形式(CSV形式)により公開する予定です。(URL: )【今回調査結果のポイント】 1 個人のインターネット利用機器にお

2018年6月12日J.D. POWERフィードバック数:0モバイル

2018 年格安スマートフォンサービス/格安SIMカードサービス顧客満足度調査

2018 年格安スマートフォンサービス/格安SIMカードサービス顧客満足度調査

2018年6月11日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2018年5月 モバイル決済利用者・未利用者比較調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 2018年5月 モバイル決済利用者・未利用者比較調査 2018年5月 モバイル決済利用者・未利用者比較調査 2018年5月 モバイル決済利用者・未利用者調査 「2018年5月 モバイル決済利用者・未利用者比較調査」の販売を開始いたしました。MMD研究所では2018年5月に、モバイル決済利用者・未利用者の男女967名を対象に 決済に対する意

2018年6月6日ジャストシステム★フィードバック数:0モバイル

スマホユーザーの約半数が、「ワイヤレス充電器」に興味

スマホユーザーの約半数が、「ワイヤレス充電器」に興味 モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2018年4月度)スマホユーザーの約半数が、「ワイヤレス充電器」に興味Facebook利用者の約4割が、新しい「顔認証機能」を認知調査結果サマリースマホ利用者の約半数が「ワイヤレス充電器」に興味ありスマートフォン利用者のうち、ケーブルで接続することなく充電が可能な「ワイヤレス充電器」を「所有している」という人は12.1%でした。また、「所有していないが興味はある」が49.8%、「所有していないし興味も

2018年5月22日ピックアップフィードバック数:0モバイル

日本人の9割が普段のテキストでのコミュニケーションを短文で行っていると回答!コミュニケーションは短文化時代に

日本人の9割が普段のテキストでのコミュニケーションを短文で行っていると回答!コミュニケーションは短文化時代に 「このミステリーがすごい!」大賞受賞作家 八木圭一氏が語る、チャット型小説の可能性とは? DMMグループであるピックアップ株式会社(代表取締役社長 宮本拓)は、同社の運営する日本発のチャット型小説アプリ「DMM TELLER(ディーエムエム テラー)」にて、「現代人のコミュニケーション傾向」に関する調査を全国の10歳〜59歳の男女1000名を対象に実施いたしました。Apple Store

2018年5月15日NTTドコモフィードバック数:0モバイル

あなたのスマホに防災アプリ入っていますか~驚きの結果!最もインストールしていたのはシニア層~

通信業界の直接の利害を離れ自由独立の立場から、モバイルICTがもたらす光と影の両面を解明し、その成果を社会に還元することを目的とする研究所です。防災・減災に向けたICT利活用の検討No.4調査・研究~モバイル社会研究所で実施している調査・研究テーマのご紹介~ あなたのスマホに防災アプリ入っていますか~驚きの結果!最もインストールしていたのはシニア層~防災に関するスマホ用アプリのインストール状況を調査。調査の結果は、以下の通り。防災アプリをインストールしている人は3人に1人「防災意識」「年代」「

2018年5月15日NTTドコモフィードバック数:0モバイル

スマホ・ケータイの使い始め理由、約半数の保護者は「緊急時の連絡のため」

通信業界の直接の利害を離れ自由独立の立場から、モバイルICTがもたらす光と影の両面を解明し、その成果を社会に還元することを目的とする研究所です。子どものICT利活用の検討No.5調査・研究~モバイル社会研究所で実施している調査・研究テーマのご紹介~ スマホ・ケータイの使い始め理由、約半数の保護者は「緊急時の連絡のため」~考えてみましょう!親子間のスマホルール~関東一都六県の小中学生をもつ保護者に、「子どもがケータイを使い始めた理由」と「子どもがスマホを使い始めた理由」を伺いました。その結果から

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ