モバイル | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2018年5月14日NTTドコモ★フィードバック数:0モバイル

スマホによる動画視聴は約8割が平均「1時間未満」、若年層ほど“じっくり”傾向

通信業界の直接の利害を離れ自由独立の立場から、モバイルICTがもたらす光と影の両面を解明し、その成果を社会に還元することを目的とする研究所です。動画視聴の実態調査No.3調査・研究~モバイル社会研究所で実施している調査・研究テーマのご紹介~ スマホによる動画視聴は約8割が平均「1時間未満」、若年層ほど“じっくり”傾向モバイル社会研究所では2018年2月に15歳から49歳の男女に対し、スマートフォンでの動画の視聴経験を伺いました。その結果、1回あたりの平均視聴時間は「1時間未満」が8割弱、ボリュ

2018年5月14日NTTドコモ★フィードバック数:0モバイル

60代でスマホ所有率が初めて5割超え、フィーチャーフォン所有率を上回る

アクセスが集中しているか、サーバメンテナンス中です。しばらく経ってから再度アクセスしてください。時間をおいてもアクセスできない場合には以下をお試しください。・URLに誤りがないか確認する・トップページから再度アクセスする・ブラウザ、または端末を再起動する

世界のスマートフォン市場は、2018年第1四半期も前期に続き前年同期比割れとなる

世界のスマートフォン市場は、2018年第1四半期も前期に続き前年同期比割れとなる 2018年第1四半期のスマホ出荷台数は前年同期比で3%減少し、前期の3%減少から減少傾向が継続中。中国市場では、XiaomiがOPPOに代わり第4位となり、iTelが初めてトップ10入りを果たした。 カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ (英文名: Counterpoint Technology Market Research 以下、Counterpoint社)は、2018年第1四半期の出荷は前年

2018年5月14日App Annieフィードバック数:0モバイル

2022年の「アプリ市場予測レポート」

2022年、日本のデバイスあたりアプリ年間支出額は世界1位の140ドルを超える予測。世界全体の支出額の約5倍。2022年の「アプリ市場予測レポート」を公開 アプリ市場データを提供するApp Annieは、2017年実績から、2022年までの『アプリ市場予測レポート』を発表します。App Annieのアプリ市場データは、世界のトップパブリッシャー100社のうち94社に採用いただいており、競合の調査から国際展開まで、アプリ市場で成功するために必要なデータとインサイトをお届けしています。 ▶レポート全

2018年5月11日ボーネルンドフィードバック数:0モバイル

親子のあそびの時間における、母親のスマートフォン利用に関する意識調査

親子のあそびの時間における、母親のスマートフォン利用に関する意識調査

2018年5月11日マイボイスコムフィードバック数:0モバイル

携帯電話・スマートフォンとライフスタイルに関するアンケート調査(第4回)

携帯電話・スマートフォンとライフスタイルに関するアンケート調査(第4回) ■スマートフォン主利用者は7割弱、携帯電話主利用者は3割弱。格安スマホ主利用者は2割弱。携帯電話・スマートフォン利用者のうち2台以上利用者は2割。■1日あたり1時間以上利用者は、スマートフォン利用者で5割強、携帯電話利用者で約5%。携帯電話利用者は、過去調査と比べ利用時間が短い人が増加傾向。1年前から利用頻度が増えた人は、スマートフォン利用者の3割、携帯電話利用者の約5%。■スマートフォン利用者がすることの上位は「メ

2021年までに世界で1億台を超える5Gスマートフォンが出荷される見込み

2021年までに世界で1億台を超える5Gスマートフォンが出荷される見込み カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ (英文名: Counterpoint Technology Market Research 以下、Counterpoint社)は、5Gスマートフォンの出荷台数は2021年までに255%成長し、ほぼ1億1千万台に達する見込みであり、商用化が間もない2019年頃は成長はゆっくりだが、各国の5Gインフラが非スタンドアローンからスタンドアローンに切り替わるにつれて、売り上げ

2021年までに世界で1億台を超える5Gスマートフォンが出荷される見込み

2021年までに世界で1億台を超える5Gスマートフォンが出荷される見込み カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ (英文名: Counterpoint Technology Market Research 以下、Counterpoint社)は、5Gスマートフォンの出荷台数は2021年までに255%成長し、ほぼ1億1千万台に達する見込みであり、商用化が間もない2019年頃は成長はゆっくりだが、各国の5Gインフラが非スタンドアローンからスタンドアローンに切り替わるにつれて、売り上げ

2018年4月16日マイボイスコムフィードバック数:0モバイル

携帯電話会社のイメージに関するアンケート調査(第17回)

携帯電話会社のイメージに関するアンケート調査(第17回) ■『最もCMの印象がよい』と思うのは「au」が約45%、2016年以降5割弱で推移。「SoftBank」が2割弱、「NTTドコモ」が約15%。■『最も信頼できる』『最も機能が充実している』と思う携帯電話会社は「NTTドコモ」が4~5割、「au」「SoftBank」が各1~2割。『最も電波・回線がつながりやすい』は「NTTドコモ」が6割弱を占め、他のイメージ項目と比べても高い。■『最も先進的だ』と思うのは「SoftBank」「NTTド

<3・4・5歳の1,200人を調査>スマホ・PC・タブレットを使っている子は35.8%、使う時間は1日1時間以上!

<3・4・5歳の1,200人を調査>スマホ・PC・タブレットを使っている子は35.8%、使う時間は1日1時間以上!~学研教育総合研究所 株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)の学研教育総合研究所は、全国の幼稚園・保育園に通っている3~5歳の各年齢・男女100人ずつとその保護者(計1,200組)を対象にアンケート調査を行い、その結果を幼児白書Web版 「幼児の日常生活・学習に関する調査」として公開しました。【調査結果の概要】■3・4・5歳児が通信機器を「使っている

2018年4月12日パーク24フィードバック数:0モバイル

クルマ利用時のスマートフォンアプリ

ページ内リンク 【パーク24】クルマ利用時にスマートフォンアプリを使う人は約3割 よく使うのは「地図情報アプリ」や「カーナビアプリ」パーク24株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西川光一)は、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」※の会員を対象に実施した、「クルマ利用時のスマートフォンアプリ」に関するアンケート結果を発表いたします。□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 調査結果トピックス ① クルマ利用時によく使うスマホアプリが「ある」人は

2018年4月11日ニフティフィードバック数:0モバイル

小中学生のスマホ事情

「小中学学生のスマホ事情」の結果を発表します! 発表!小中学生のスマホ事情「キッズなんでも相談」の『みんなのスマホ状況を教えて!』の回答を集計しました。8割の子どもたちが事前にルールを作り守っていたよ!その具体的な内容とは?! スマホの所有率は約6割!回答者の5人に3人が自分専用のスマホを持っている新年度を迎える春先になると、各携帯会社から「学割」などの学生向けプランが発表されるなど、新しい学年を迎える前が学生のスマホデビューのひとつのキッカケとなっているみたいだよ。内閣府による「平成28年度

2018年4月10日メルカリ★★フィードバック数:0モバイル

「フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調査

プレスリリース「フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調査フリマアプリ利用者の半数以上が”売ることを前提に新品を購入“新品であることを重視している人は利用者・非利用者合わせて3割以下〜若者の新品離れ 20代の半数以上が中古品に抵抗なし〜株式会社メルカリは、慶應義塾大学大学院経営管理研究科の山本晶准教授監修の元、全国のフリマアプリ利用者500名と非利用者500名の合計1,000名を対象に、消費行動に関する意識と実態を調査すべく、「フリマアプリ利用者と非利用者の消費行動」に関する意識調

2018年4月9日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2018年3月格安SIMサービスの満足度調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 格安SIM利用率上位15サービスの満足度は71.3%、総合満足度1位はmineo 格安SIM利用率上位15サービスの満足度は71.3%、総合満足度1位はmineo MMD研究所は、「2018年3月格安SIMサービスの利用動向調査※1」において格安SIMサービス利用率上位14サービスとY!mobileの利用者15歳以上の男女2,070人※2

2018年4月2日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2018年3月格安SIMサービスの利用動向調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > メイン利用のMVNOシェアは10.1%(昨年3月は7.4%)、MVNOとY!mobileを合わせると格安SIMメイン利用シェアは13.9%に メイン利用のMVNOシェアは10.1%(昨年3月は7.4%)、MVNOとY!mobileを合わせると格安SIMメイン利用シェアは13.9%に MMD研究所は、15歳~69歳の男女44,541人を対象

2018年3月30日セガゲームスフィードバック数:0モバイル

スマートフォン・スマホゲーム利用動向調査2017年12月

お知らせセガゲームス、「スマートフォン・スマホゲーム利用動向調査 2017年12月」を発表 -15~69歳男女におけるスマホゲーム利用者推計3,480万人、前回調査から横ばい-株式会社セガゲームス(本社:東京都品川区、代表取締役社長COO:松原健二、以下 セガゲームス)は、国内におけるスマートフォン、スマホゲームの利用動向の把握を目的に、15~69歳の男女4,400人を対象とした調査を2017年12月に実施しました。この結果をまとめた「スマートフォン・スマホゲーム利用動向調査2017年12月」の

2018年3月29日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

週1回以上写真撮影するデバイス「iPhone」「Android他」「タブレット」、10代女性iPhoneユーザーの91.8%が週1回以上撮影

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 週1回以上写真撮影するデバイス「iPhone」「Android他」「タブレット」、10代女性iPhoneユーザーの91. 8%が週1回以上撮影 週1回以上写真撮影するデバイス「iPhone」「Android他」「タブレット」、10代女性iPhoneユーザーの91. 8%が週1回以上撮影 モバイル専門マーケティングリサーチ機関であるMMD

2018年3月19日GfKフィードバック数:0モバイル

「GfK調べ:2017年第4四半期 スマートフォンのグローバル販売動向」

「GfK調べ:2017年第4四半期 スマートフォンのグローバル販売動向」 【概要】 ・2017年第4四半期のグローバルのスマートフォン販売台数は前年比1%増の3億9700万台。 ・平均価格は前年同期から10%上昇 ・2017年通年の販売は14億6000万台、4790億USドル 2017年第4四半期(10-12月)のグローバルにおけるスマートフォン販売台数は前年比1%増の3億9700万台となった。中東&アフリカが同8%増、中央・東ヨーロッパが同7%増と成長をけん引した。グローバルのスマートフ

2018年3月16日NTTドコモ★フィードバック数:0モバイル

スマホで変わった? 家族とのコミュニケーション

スマホで変わった?家族とのコミュニケーション コミュニケーションツールとして、とても便利なスマホですが、子どもに持たせるようになると家庭内のコミュニケーションは、どういった変化があるのでしょうか。これからスマホを持たせることを検討している親はきっと気になるはず、今回、全国の小学生から高校生の子どもを持つ30代~50代の親1,030人にアンケートを実施し、その実態を調査しました。 意外にも、最もよく聞かれたのは、「親子・家族でのコミュニケーションが増えた」という意見! スマホと聞くと家族のコミュ

2018年3月16日マイボイスコム★フィードバック数:0モバイル

モバイル決済に関するアンケート調査(第2回)

モバイル決済に関するアンケート調査(第2回) ■直近1年間にクレジットカード・電子マネーで支払った人は全体の8割弱。「スマートフォンや携帯電話のアプリ・機能」で支払った人は全体の1割強。■直近1年間にスマホのアプリ・機能等で支払った人のうち、「おサイフケータイ」利用者は6割弱。2017年調査と比べ「楽天ペイ」が増加。■直近1年間にスマホのアプリ・機能等で支払った人のうち「コンビニエンスストア」での支払い者が8割弱、「スーパー」が4割弱、「自動販売機」「ドラッグストア」「飲食店、喫茶店など」

2018年3月16日セガゲームスフィードバック数:0モバイル

スマートフォン利用動向調査 2017年 /12月調査

2018.02.28スマートフォン利用動向調査 2017年 /12月調査 ゲームスタイル研究所では、国内のスマートフォン・スマホゲームの利用動向の把握を目的とした自主調査を定期的に実施しています。 今回は2017年12月に実施した調査レポートのご紹介です。 掲載項目・スマートフォンの所有率・所有者推計人口・各種(スマホ・家庭用・PC)ゲームの利用状況・スマホゲームの利用者推計人口-以下「スマホゲームユーザー」と「スマホゲームで遊ばない人」のデータを比較-・年代別のスマートフォンとテレビの利用

2018年3月15日プラネットフィードバック数:0モバイル

スマートフォンゲームに関する意識調査

プラネットの提供するサービスをご紹介します。 プラネットからのニュースとお知らせ。お知らせサービス、セミナー、調査研究などのお知らせです。メディア掲載情報各種メディアで紹介された情報の一覧です。 2018.02.28株式会社プラネットその他Vol.80 スマートフォンゲームに関する意識調査スマホユーザーの4人に1人が毎日ゲームをしている ~女性は「頭の体操」や「達成感」を求めて、男性は日頃の“運動不足解消”にも!?〜国内1,200社超が利用する日用品流通の情報基盤を運営する株式会社プラネット

2018年3月15日ニールセン★フィードバック数:0モバイル

スマートフォンの利用者は6500万人を突破、PCのピーク時を越える

ニールセン 2017年の動向をまとめた「Digital Trends 2017」を公開「Instagram」の流行と共に、写真加工アプリの利用者も増加有料動画サービスでは、複数のサービスを利用しているのは全体の10%フリマアプリは、「メルカリ」のほかに「フリル」も順調に成長中視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳) は、PC版インターネット視聴率情報Nielsen NetView(ニールセン ネットビュー)、スマートフォン視聴率情 報Nie

2018年3月13日デジタルアーツ★★フィードバック数:0モバイル

未成年の携帯電話・スマートフォン利用実態調査

2018年03月07日デジタルアーツ株式会社≪未成年の携帯電話・スマートフォン利用実態調査≫~携帯電話・スマートフォン所有者によるアプリやネットの利活用実態を調査~女子高校生の68.9%が裏アカウントを所有し 67.6%がネット上の友達とのリアル化を希望 ~ネットでの出会いに抵抗なく、ネット上で知り合った人による事件は他人事子ども全体で家族とのコミュニケーション手段は「LINE」が一番多く、悩み事の相談相手は「母親」~情報セキュリティメーカーのデジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取

2018年3月8日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

日本とアメリカにおけるスマートフォン中古端末市場調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > スマートフォン利用率日本は77.9%、米国は93.0% スマートフォン利用率日本は77.9%、米国は93.0% MMD研究所は、情報流通支援サービスの株式会社オークネット(東京都港区、代表取締役社長:藤崎清孝)が運営するオークネット総合研究所と共同で、2017年12月15日~12月21日に「日本とアメリカにおけるスマートフォン中古端末市場

2018年3月7日オークネットフィードバック数:0モバイル

日本とアメリカにおけるスマートフォン中古端末市場調査

TOPオークネット総合研究所×MMD研究所共同調査 【第1弾】日本とアメリカにおけるスマートフォン中古端末市場調査 スマートフォン利用率日本は77.9%、米国は93.0% ニュース・トピックス 詳細オークネット総合研究所×MMD研究所共同調査 【第1弾】日本とアメリカにおけるスマートフォン中古端末市場調査 スマートフォン利用率日本は77.9%、米国は93.0%情報流通支援サービスの株式会社オークネット(東京都港区、代表取締役社長:藤崎清孝)が運営するオークネット総合研究所は、モバイル専門マーケテ

2018年3月6日IDCフィードバック数:0モバイル

2017年第4四半期および2017年 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値を発表

2017年第4四半期および2017年 国内携帯電話・スマートフォン市場実績値を発表 2017年第4四半期 携帯電話出荷台数は1,107万台、前年同期比13.6%増 2017年通年の携帯電話出荷台数は3,409万台、前年比4.6%増 iPhoneの第4四半期出荷は621.4万台。iPhone Xに加え、iPhone 8の好調が影響 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役社長:竹内正人、Tel代表:03-3

2018年2月27日MMDLabo★フィードバック数:0モバイル

親と高校生のスマートフォン利用に関する意識調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 64.9%の親が「子どもにスマートフォンを持たせる際、心配」と回答、高校生の74.7%が「スマートフォンを使う上で危険な目に合わないように気を付けている」と回答 64.9%の親が「子どもにスマートフォンを持たせる際、心配」と回答、高校生の74.7%が「スマートフォンを使う上で危険な目に合わないように気を付けている」と回答 MMD研究所は、

2018年2月21日NTTドコモフィードバック数:0モバイル

親のための子どもスマホ“必修”講座 みんな何歳から子どもにスマホを持たせてるの?

みんな何歳から子どもにスマホを持たせてるの? 子どもにスマホを持たせるきっかけは、進学が大きなきっかけ!「高校1年生から持たせている」と回答した人が最も多く26.4%、次に多かったのが「中学1年生」で23.1%。さらに、わずかではあるものの、小学1年生からスマホを持たせている家庭もありました。平均年齢は、12.8歳。持たせる時期はそれぞれの家庭の判断次第だと思いますが、一つ、検討の軸として、子どもが12歳くらいになるタイミングでスマホ購入の検討を始めても良いかもしれません。

2018年2月21日NTTドコモフィードバック数:0モバイル

親のための子どもスマホ“必修”講座 子どものスマホ、チェックする?しない?

子どもがスマホを持つようになると出てくるのが、中身をチェックしたほうが良いのか・・・という悩み。「プライバシーを尊重して見ない」「いつもチェックしている」など、人によって意見はさまざまです。実際のところ、皆さんはどうしているのでしょうか。そこで今回、子どもにスマホを持たせている親が子どものスマホをチェックしているのか調査してみました。 小学生から高校生の子どもにスマホを持たせている30~50代の親、1030人を対象にアンケート調査を行ったところ、「チェックする」と答えたのは約3割で、約7割の人が

2018年2月21日NTTドコモフィードバック数:0モバイル

親のための子どもスマホ“必修”講座 実際、勉強に使っている? 使ってない?子どもたちに聞いた、スマホと勉強の実情

実際、勉強に使っている? 使ってない? 子どもたちに聞いた、スマホと勉強の実情 以前は、教科書とノートに加えて、電卓や辞書でカバンがいっぱいだった子どもたち。今では小さなスマートフォン1台あれば、ノートさえも必要がない時代を迎えています。そんな子どもたちはコミュニケーションツールとしてだけではなく、勉強時にどれだけスマホを活用しているのでしょうか。全国の12歳~18歳の子どもたち1,204人に聞いた、スマホと勉強に関するアンケートが実態を浮き彫りにします。 80%以上が「スマホは勉強に有効!」

2018年2月21日NTTドコモフィードバック数:0モバイル

親のための子どもスマホ“必修”講座 親世代とは違う!?イマドキ子どもたちのコミュニケーション事情

親世代とは違う!? イマドキ子どもたちのコミュニケーション事情 今では当たり前となっているインターネットやスマホなどのデジタルツール。親世代のみなさまの幼少期には、ここまで発展しておらず、ましてや子どもにとっては少し遠い存在だったはずです。しかし、今の子どもたちはいわゆる“デジタルネイティブ”と呼ばれる世代です。そのデジタルの発展に、時には親の方がついていけていない・・・ということもあるのではないでしょうか。今回、スマホを持っている12~18歳の1204人の子どもを対象にスマホに関する調査を実

2018年2月21日NTTドコモフィードバック数:0モバイル

親のための子どもスマホ“必修”講座 決めておくべき!家庭のスマホルールトップ5

決めておくべき!家庭のスマホルールトップ5 スマホに関するルールを決めている家庭は7割以上更に、ルールトップ5は1位が48.7%で「勉強中、食事中の使用禁止」、2位が44.6%で「使用可能なアプリの制限」3位は42.4%で「使用時間の制限」、4位「学校への持ち込み禁止」は36.8%、5位の「個人情報の提供禁止」は30%という結果に。また、ルールを設定している家庭における平均のルール数は、3つであることが明らかになりました。ルールだらけで縛るのではなく、子どもとしっかり相談をし、お互いが納得した

2018年2月21日NTTドコモフィードバック数:0モバイル

親のための子どもスマホ“必修”講座 いつ?何をきっかけに持たせるの?

スマホを持たせるイベントとしては、きっかけとして圧倒的に多かったのが36%で「入学式」環境が変わり、行動範囲や交友関係が広がる入学をきっかけにスマホを購入する人が多いようです。2番目に多かったきっかけは、9.5%で「子ども以外の家族(配偶者、両親など)の「通信事業会社の変更/新規加入または機種変更」でした。家族一緒に加入することのメリットを活用して、スマホ購入をする例も多いようです。また、少数ではありますが「誕生日・クリスマスなどの記念日やイベント」との回答も4.6%となり、プレゼントとして子ど

2018年1月31日Hotels.comフィードバック数:0モバイル

旅行者のスマートフォン使用に関する調査「Mobile Travel Tracker」

Hotels.com、旅行者のスマートフォン使用に関する調査「Mobile Travel Tracker」の結果を発表 ~日本人旅行者の半数以上がスマートフォンを使用することで、旅行中により活発になれると回答~ 世界最大級の宿泊予約サイトHotels.com™は、スマートフォンと旅行に関する調査「Hotels.com Mobile Travel Tracker※1」の調査結果を発表しました。 ・54% の日本人旅行者は、スマートフォンのおかげでより活発に旅行ができると回答・日本人にとってスマー

2018年1月29日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2017年版:スマートフォン利用者実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 2017年版:スマートフォン利用者実態調査 MMD研究所は、株式会社コロプラが提供するスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」にて共同調査を行い、第17弾として「2017年版:スマートフォン利用者実態調査」を実施ました。 スマートフォンを所有する15歳~59歳の男女2,780人を対象に2017年12月20日~1

2018年1月26日JEITAフィードバック数:0モバイル

産業用電子機器受注統計(2017年10月分)

39億51百万円円(同1.5%増)、固定通信装置82億24百万円(同24.4%減)、基地局通信装置77億73百万円(同50.3%減)、移動局通信装置(1)放送装置では、スタジオ装置の内需が前年同月比53.2%増加し、放送装置で同1.5%増となった。(2)移動通信装置では、基地局通信装置の内需が前年同月比50%減少し、移動通信装置で同24.1%減となった。※品目別の過去2年間分データをグラフで掲載いたしますので、ご参照ください。棒グラフ=金額(単位:百万円)、折れ線グラフ=前年同月増加率(単位:%

2018年1月26日オークネットフィードバック数:0モバイル

オークネット総合研究所『携帯端末(電話)の修理に関するアンケート』結果レポート

TOPオークネット総合研究所『携帯端末(電話)の修理に関するアンケート』結果レポート ニュース・トピックス 詳細オークネット総合研究所『携帯端末(電話)の修理に関するアンケート』結果レポート 情報流通支援サービスの株式会社オークネット(本社:東京都港区/代表取締役社長:藤崎清孝/URL:https://www.aucnet.co.jp/)は、運営する『オークネット総合研究所』にて『携帯端末(電話)の修理に関するアンケート』を実施し、集計結果がまとまりましたので、お知らせいたします。本アンケートは

2018年1月25日アエタスフィードバック数:0モバイル

スマホARPPUは平均1万円/月を突破。4Gamer読者と業界の実態を探るアンケートデータ大公開

スマホARPPUは平均1万円/月を突破。4Gamer読者と業界の実態を探るアンケートデータ大公開編集部:aueki123→  4Gamer読者の,ひいては日本のゲーマーの実態はいかなるものか? 日本のゲーム業界の状況はどうなっているのか? ということで,1年ぶりに4Gamer読者アンケート集計をお届けしよう。昨年の公開記事以降では2016年冬のアンケート結果と2017年夏のアンケート結果があるわけだが,今回はこれまでとの変化を見るために,すでに公開済みではあるが,2016年冬の結果も混ぜ込

2018年1月25日FLURRYフィードバック数:0モバイル

Apple Wins 2017 Smartphone Holiday Season

By: Chris Klotzbach, Director at Flurry and Lali Kesiraju, Marketing and Analytics Manager at Flurry2017 was another marquee year for smartphone sales and innovation with the introduction and evolution of manufacturers’ flagship devices, such as Appl

2018年1月25日SBIライフリビングフィードバック数:0モバイル

2017年12月 ムスビー白ロム・中古携帯/スマートフォン ランキング

【2019年3月】中古スマホ人気ランキング|ムスビー こんにちは ゲストさん2019年4月1日更新2019年3月 ムスビー中古スマホ人気ランキング国内版SIMフリー iPhone7が3か月ぶり首位返り咲き 2019年3月の中古スマホランキングは、国内版SIMフリーのiPhone 7 が3か月ぶりに1位に返り咲いた。 国内版SIMフリー iPhone 7 は平均価格がついに4万円を切り(前月比 ▲1,392円)、販売数を伸ばしている。また、国内版SIMフリー iPhone 8 も、毎月1,00

2018年1月24日アイティメディアフィードバック数:0モバイル

スマートフォン販売ランキング(2017年12月11日~12月17日)

携帯販売ランキング(12月11日〜12月17日):総合ランキング、「iPhone X(256GB)」がまた「iPhone 8(64GB)」にトップ譲る (1/4)auの「iPhone 8(64GB)」が制した。「iPhone X」発売後に「iPhone X」がトップを明け渡すのはこれで2回目。SIMロックフリーの「HUAWEI P10 lite」は順位を上げてきた。携帯電話(ファブレット※含む)キャリア総合ランキング TOP10  総合ランキング2回続いてトップで安定していたかに思われた「iP

2018年1月23日マクロミルフィードバック数:0モバイル

格安SIM乗り換えはデータ通信利用に影響するのか、調査を実施

HoNote(ホノテ)とは、消費者のHonto(本当)やHonne(ホンネ)がわかるNote(ノート)です。 市場調査レポートや、調査ノウハウ、マーケティングに役立つポイントなどを掲載。 これから調査を始めたいと考えている方や、マーケティングリサーチの初心者をはじめ、マーケターや商品開発担当者など、消費者の声や行動をビジネスに役立てる方に向け情報をご紹介しています。運営元 : Macromill ジャスミン冷静沈着をこころがけているはずがいつも何かしら抜けている永遠の28歳。実年齢は… トコナ

2018年1月23日GT-Agencyフィードバック数:0モバイル

クリエイターアンケートで振り返る2017年スマホゲーム業界Vol.1【年末企画】

››› クリエイターアンケートで振り返る2017年スマホゲーム業界Vol.1【年末企画】 クリエイターアンケートで振り返る2017年スマホゲーム業界Vol.1【年末企画】AppBankの2017年の年末特別企画として、スマホゲームのクリエイターの方々に2017年を振り返るアンケートを行いました!あの人気作を手がけるクリエイターのみなさんは、どんなことに心を動かされたのか? そして、2018年をどんな年にしようとしているのか?読者のみなさんも、ご自身が2017年に気になったゲームを思い浮かべながら

QRコード決済・モバイル決済の利用実態と今後の利用意向に関する調査

「QRコード決済・モバイル決済の利用実態と今後の利用意向に関する調査」の発表10~30代のQRコード決済利用経験者のうち9割超が「満足」 有限責任監査法人トーマツは、10~30代のスマートフォン保有者かつスマートフォンアプリ利用経験者1,800名を対象とした「QRコード決済・モバイル決済の利用実態と今後の利用意向に関する調査」について発表します。 10~30代のQRコード決済利用経験者のうち9割超が「満足」10~30代のQRコード決済非利用経験者のうち半数が「利用したいと思う」「現金やカー

スマホの普及が若年男性の買い物意欲を後押し

市場調査・マーケティングリサーチなら株式会社R&D(リサーチ・アンド・ディベロプメント) 調査レポートスマホの普及が若年男性の買い物意欲を後押し平成 29 年 12月 14日株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメントスマホの普及が若年男性の買い物意欲を後押し - 『R&D CORE(生活者総合ライフスタイル調査システム)』より -株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント(所在地:東京都新宿区、代表取締役:松田 武久)は、首都圏在住の18~79歳の男女3,000人を対象に実施した自主調査を用

電子マネーの利用実態調査

電子マネー「週に1回以上利用」は8割以上、年代別でも特徴あり[調査結果のポイント]・普段利用している電子マネーの種類は、代は「交通系(%)」、代は「(0%)」、代は「(%)」、代は「交通系・(ともに%)」、代以上は「交通系(%)」の利用率が高く、年代別で特徴がある。・電子マネーの2種類以上の保有率は割を超え、生活スタイルや場所、業態によって使い分けをしていることが伺える。利用場所は、「コンビニエンスストア」が%でもっとも多く、「スーパー(%)」、「ドラッグストア(%)」、「ファミリーレストラン(

2018年1月18日MM総研フィードバック数:0モバイル

国内MVNO市場規模の推移(2017年9月末)

国内MVNO市場規模の推移(2017年9月末)独自サービス型SIMの回線契約数は934.4万に増加 2017年12月14日■ 独自サービス型SIMの回線契約数は前年比42.1%増の934.4万回線■ 携帯電話(3GおよびLTE)契約数に占める独自サービス型SIMの契約数比率は5.7%■ 事業者別シェアはインターネットイニシアティブが13.9%で1位 ■ 個人向けでは楽天がシェア1位■ 大手キャリアの新プランやY!mobileの攻勢により、MVNOへの顧客流入数が大幅減■ 18年3月末の回線契約数

2018年1月17日MMDLaboフィードバック数:0モバイル

2in1タブレット 導入企業・導入検討企業調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 2in1タブレット導入企業は「建設業」がトップ、導入理由5位に「働き方改革推進」がランクイン 2in1タブレット導入企業は「建設業」がトップ、導入理由5位に「働き方改革推進」がランクイン MMD研究所は、2017年10月19日~10月24日の期間で「2in1タブレット 導入企業・導入検討企業調査」を実施いたしました。事前調査では、全国20

2018年1月17日携帯市場フィードバック数:0モバイル

2017年、中古ガラケー年間ランキングトップ20

Homeプレスリリース 携帯市場のプレスリリース携帯市場、2017 年、中古ガラケー年間ランキングトップ 20 を発表!販売トップは P-01H、買取は P-01F買取最高額は、シャープ製(2016 年発売)の「SH-01J」2018 年は、「中古らくらくホン」がトレンドの兆し中古ガラケー・フィーチャーフォン取り扱い実績 130 万台を誇る、携帯電話全般の買取・販売を行う株式会社携帯市場(本社:東京都千代田区、代表取締役:粟津浜一)は、2017 年度中古ガラケー・フィーチャーフォンの販売・買取ラ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ