調査のチカラ TOP > 分類一覧 > セキュリティ/ネットワーク

セキュリティ/ネットワーク | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2018年5月26日ベリタス★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

データプライバシーに関する消費者調査

製品 ソリューションソリューションベリタスのソリューションが追及するのは情報です。インフラではありません。マルチクラウドデータ管理に対する包括的な 360 度アプローチによって、情報がどこに移動しようとあらゆる場所で保護、可用性、洞察を提供します。 マルチクラウドベリタスのマルチクラウドデータ管理は、クラウドへの移行だけでなく、クラウドから、そしてクラウド間の移動も支援できます。データ管理に関するベリタスの包括的なアプローチは、マルチクラウドに対応できるように作成されており、デジタルビジネス

2018年5月24日Nuixフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

THE BLACK REPORT 2018

Decoding the Minds of HackersThe second annual Nuix Black Report gets into the mind of hackers to help organizations anticipate, detect, and prepare for cybersecurity threats. 調査でわかったのは...今回は、セキュリティの脅威の情勢を把握するためプロのハッカー、侵入テスター、インシデント対応者を調査対象としまし

2018年5月22日トレンドマイクロ★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

EU一般データ保護規則(GDPR)対応に関する実態調査

03-5334-3601(月曜~金曜の9時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 03-5334-3601(月曜~金曜の9時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 電話での製品検討に関するご相談TEL:03-5334-3601(9時~18時。土日祝祭日を除く) プレスリリース EU一般データ保護規則(GDPR)対応に関する実態調査を発表 EU一般データ保護規則(GDPR)対応に関する実態調査を発表~施行開始を目前に控え、6

2018年5月11日マカフィー★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバーセキュリティ人材の不足が深刻化するなか、ゲーマーの採用が解決策に

マカフィーの最新の調査結果で、「自動化」と「ゲーミフィケーションの活用」が サイバーセキュリティの脅威対策の鍵であることが明らかに 2018年4月26日 - サイバーセキュリティ人材の不足が深刻化するなか、ゲーマーの採用が解決策に※当資料は、2018年4月4日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です。アンケートに回答したセキュリティ専門家のうち46%が、今後1年以内に、増加および複雑化する脅威に対抗することが困難、あるいは不可能になると憂慮していることが判明サイバーセキュリティの 脅威に適切

2018年5月8日ServiceNow Japanフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティに関する国際調査 日本企業の半数以上がセキュリティレスポンスの自動化の採用や強化を検討

ServiceNow:情報セキュリティに関する国際調査 日本企業の半数以上がセキュリティレスポンスの自動化の採用や強化を検討 2018年4月20日 - ​ServiceNow Japan株式会社(本社:東京都港区、社長:村瀬 将思 以下、ServiceNow)は本日、米国Ponemon Instituteとの共同調査レポート「脆弱性対策の現状:パッチ適用への高まる関心」を発表しました。本調査により、企業の情報セキュリティにおける脅威の高まりに対応するうえで、スプレッドシートや電子メールによる手

2018年4月27日JETRO★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

中国コンテンツ市場調査 2017年版(2018年3月)

ジェトロの海外ネットワークを通じて収集した最新のビジネスニュース・レポートなどをお届けしています。 各国・地域の基礎情報や制度をご覧になりたい場合は「国・地域別情報」をご覧ください。 各種サービスメニューを取り揃えて日本企業の皆様の海外ビジネス展開を支援します。 海外ビジネスの目的にあわせてご利用いただける、ジェトロのビジネス情報とサービスをご案内します。 中国コンテンツ市場調査 2017年版(2018年3月) 本レポートは、ジェト

2018年4月20日KASPERSKY labフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2人のデジタル王国: オンライン情報を安全に共有するには

2人のデジタル王国: オンライン情報を安全に共有するには ジョンとエイミーの物語主な調査結果恋愛/夫婦関係にある人の82%が交際中の相手とデバイスを共有し、77%は銀行、ショッピング、SNSなど何らかのオンラインアカウントを共有すると回答しました。回答者の62%は、デバイスやインターネットを通じてコミュニケーションをとることで、互いをより理解できるように感じると回答しました。パートナーと何らかのアカウントを共有している人の半数以上(53%)は、オンラインでのアクティビティをパートナーと共有するこ

2018年4月17日EMCジャパン★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年に顕著となるサイバー犯罪は?

2018年に顕著となるサイバー犯罪は? 米RSAは、オンラインで提供される様々なサービスとその顧客を標的にしたサイバー犯罪の傾向から、今後、顕著になると予測した事象をホワイトペーパー「2018年のサイバー犯罪の現状」にまとめました。 2年前にClickable economy(クリック経済:インターネットによる経済活動)と表現した前回の調査から、現在はスワイプ経済ともいえるほど、バンキングサービスやEコマースの中心はモバイルチャネルに移行しつつあります。サービス提供者は技術革新を取り入れ、使

2018年4月16日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

IoT製品・サービス開発者のセキュリティ対策と意識の調査結果などを公開

IoT製品・サービス開発者のセキュリティ対策と意識の調査結果などを公開最終更新日:2018年3月22日 独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 セキュリティセンターIPAは、「情報システム等の脆弱性情報の取扱いに関する研究会」における2017年度の活動成果としてとりまとめたIoT製品・サービス開発者のセキュリティ対策と意識を調査した報告書や、IoT製品・サービス脆弱性対応ガイドなどを公開しました。  IPAでは、「情報システム等の脆弱性情報の取扱いに関する研究会(以降、研究会)」(座長:土居 範

2018年4月13日BBソフトサービスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネット詐欺リポート(2018年1月度)

インターネット詐欺リポート(2018年1月度)2018年02月28日 このリポートについてこのリポートは、日本のインターネット利用者が直面するネット詐欺の脅威に対する注意喚起を目的として、BBソフトサービス(BBSS)の「Internet SagiWall™(インターネットサギウォール)」で検知・収集した危険性の高い詐欺サイトの分析結果を報告するものです。検知状況2018年1月度の検知数は、118万2,596 件で前月比 23.1%減少しました。 Androidでのワンクリック詐欺サイトの検知数

2018年4月11日ウェブルートフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日米セキュリティ専門家400名に聞いたAI・機械学習に関する意識・実態調査・日米比較

【インフォグラフィック公開】日米セキュリティ専門家400名に聞いたAI・機械学習に関する意識・実態調査・日米比較 ~8割以上の企業はAIによる攻撃を懸念~ セキュリティソフトをグローバルで展開し、セキュリティ業界をリードするウェブルート株式会社 (本社:東京都港区、 代表取締役社長:伊藤 誉三、以下 ウェブルート)は、企業のサイバーセキュリティ担当者、日米400名(各国200名)を対象に、人工知能 (AI) サイバーセキュリティについての意識調査を実施いたしました。その調査結果をインフォグラフィ

2018年4月5日ジャストシステムフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

約6割が、AIスピーカー利用による「個人情報漏洩」に危機感

約6割が、AIスピーカー利用による「個人情報漏洩」に危機感 人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2018年2月度)約6割が、AIスピーカー利用による「個人情報漏洩」に危機感過半数が、AIによる利便性向上に「実感なし」調査結果サマリー約6割が、AIスピーカー利用による「個人情報漏洩」に危機感AIスピーカーを知っている人に「AIスピーカー経由による、会話以外の個人情報の漏洩」について聞いたところ、58.4%の人が危機意識を持っていました。また、「クレジットカードなどの購入情報の漏洩による金銭的

2018年3月29日trendmicroフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日本と海外の脅威動向を分析した「2017年年間セキュリティラウンドアップ」

03-5334-3601(月曜~金曜の9時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 03-5334-3601(月曜~金曜の9時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 電話での製品検討に関するご相談TEL:03-5334-3601(9時~18時。土日祝祭日を除く) プレスリリース 日本と海外の脅威動向を分析した「2017年年間セキュリティラウンドアップ」を公開 日本と海外の脅威動向を分析した「2017年年間セキュリティラウンド

2018年3月29日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業あたりの攻撃数が82%増加していることが明らかに、IoTを標的とするスウォーム攻撃が急増

フォーティネットは本日、最新のグローバル脅威レポートの研究結果を発表しました。 2018年3月14日フォーティネットジャパン株式会社フォーティネットの最新脅威レポートで、企業あたりの攻撃数が82%増加していることが明らかに統合型かつ自動型の広範にわたるサイバーセキュリティソリューションの世界的リーダーである、フォーティネット(Fortinet®、NASDAQ:FTNT)は本日、最新のグローバル脅威レポートの研究結果を発表しました。この調査によって、企業あたりの攻撃数が前四半期(2017

2018年3月29日FORTINETフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Swarming IoT Attacks, Cryptojacking, and Ransomware Drive Dramatic Spike in Malware

FortiGuard Labs just released our latest Quarterly Threat Landscape report for Q4 of 2017. As usual, there are a lot of take-aways for CISOs, but a few items stood out. In particular, attacks were up per firm by 82% and swarm cyber attacks targeted t

2018年3月27日A10フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業のサイバー攻撃被害の実態やセキュリティ意識に関する 調査結果

Skip to ContentA10、企業のサイバー攻撃被害の実態やセキュリティ意識に関する 調査結果を発表日本は他国に比べてサイバー攻撃の被害を把握できておらず、 従業員のセキュリティへの関心のなさとポリシーの普及に悩まされていることが浮き彫りに セキュアアプリケーションサービスを提供するA10ネットワークス株式会社(本社:東京都港区、日本法人代表 兼 社長 米国本社ヴァイスプレジデント兼務:川口 亨、以下A10)は、日本を含むグローバルのIT管理者と従業員を対象に実施した、企業のサイバー攻

2018年3月27日securelistフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

OlympicDestroyer is here to trick the industry

A couple of days after the opening ceremony of the Winter Olympics in Pyeongchang, South Korea, we received information from several partners, on the condition of non-disclosure (TLP:Red), about a devastating malware attack on the Olympic infrastruct

2018年2月8日CA Technologiesフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

Integrating Security into the DNA of Your Software Lifecycle(ソフトウェア・ライフサイクルのDNAにセキュリティを統合する)(英語)

Learn best practices from the software security masters.The 24/7 digital economy and ever-increasing customer demands require many organizations to release apps and app updates on a near-continuous basis. When security is left to the end of the app d

2018年2月7日日本マイクロソフト★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

マイクロソフト、オンラインリスクとその影響に関する最新調査を公開 ー Digital Civility Index(DCI)において、多くのネットの不適切行為は交友関係より発生することが判明

This site uses cookies for analytics, personalized content and ads. By continuing to browse this site, you agree to this use. Learn moreマイクロソフト、オンラインリスクとその影響に関する最新調査を公開 ー Digital Civility Index(DCI)において、多くのネットの不適切行為は交友関係より発生することが判明[2018年2月7日]()マイクロソフ

2018年2月5日F5 Networks★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年版 アプリケーションデリバリの状況

ソリューション製品サービスエデュケーション購入方法会社案内リソースLoginSign Up

2017年12月のマルウェア検出レポート

2017年12月のマルウェア検出レポートを公開 ~バンキングマルウェアの感染を狙った攻撃が日本に集中~ キヤノンマーケティングジャパングループのキヤノンITソリューションズ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神森 晶久、以下キヤノンITS)は、2017年12月のマルウェア検出状況に関するレポートを公開しました。 ■2017年12月のマルウェア検出状況に関するレポートをウェブで公開キヤノンITSのマルウェアラボでは、国内で利用されているウイルス対策ソフト「ESETセキュリティ ソフトウェ

2018年1月26日trendmicroフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

トレンドマイクロ、「2017年国内サイバー犯罪動向」速報を発表

03-5334-3601(月曜~金曜の9時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 03-5334-3601(月曜~金曜の9時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 電話での製品検討に関するご相談TEL:03-5334-3601(9時~18時。土日祝祭日を除く) プレスリリース トレンドマイクロ、「2017年国内サイバー犯罪動向」速報を発表 トレンドマイクロ、「2017年国内サイバー犯罪動向」速報を発表~「3つのセキュリティ

グローバル情報セキュリティ調査2017 Vol.3:IoTの可能性を探る サイバーセキュリティ対策はIoTの未来を具現化できるのか?

グローバル情報セキュリティ調査2017 Vol.3:IoTの可能性を探る サイバーセキュリティ対策はIoTの未来を具現化できるのか? 今日、世界のCEOや経営幹部は、サイバーセキュリティやプライバシーへの革新的なアプローチを求めています。多くの先進的な企業では、サイバーセキュリティによってビジネスにおける優位性、信頼、株主価値を生み出すことができることを理解し、これが常識になりつつあります。日本におけるIoTのセキュリティ戦略およびそれに基づく具体的な対策の取り組み状況は、一部の業界や企

2018年1月24日BBソフトサービスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネット詐欺リポート(2017年11月度)

インターネット詐欺リポート(2017年11月度)2017年12月22日 このリポートについてこのリポートは、日本のインターネット利用者が直面するネット詐欺の脅威に対する注意喚起を目的として、BBソフトサービス(BBSS)の「Internet SagiWall™(インターネットサギウォール)」で検知・収集した危険性の高い詐欺サイトの分析結果を報告するものです。検知状況2017年11月度の検知数は、152万7,361 件で前月比 6.7%減少しました。「フィッシング詐欺」の検知が減少していますが、年

2018年1月24日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

数字で振り返る2017年のサイバー脅威

[本リリースは、2017年12月14日にKaspersky Labが発表したプレスリリースに基づき作成したものです]Kaspersky Labのグローバル調査分析チーム(GReAT)は、年次のサイバー脅威動向レポートで、その年の主要なサイバー脅威をまとめています※1。Kaspersky Labのエキスパートと社内検知システムによって毎日発見される新たな悪意あるファイルの数は、2017年に1日あたり36万件に達し、前年比11.5%増となりました。悪意あるファイルの1日あたりの検知数は、2年連続で増

2018年1月23日ベリタスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「2017 Veritas GDPRレポート」第3章

製品 ソリューションソリューションベリタスのソリューションが追及するのは情報です。インフラではありません。マルチクラウドデータ管理に対する包括的な 360 度アプローチによって、情報がどこに移動しようとあらゆる場所で保護、可用性、洞察を提供します。 マルチクラウドベリタスのマルチクラウドデータ管理は、クラウドへの移行だけでなく、クラウドから、そしてクラウド間の移動も支援できます。データ管理に関するベリタスの包括的なアプローチは、マルチクラウドに対応できるように作成されており、デジタルビジネス

2017年11月 マルウェアレポート

ESETが提供するより安全なネット活用のためのセキュリティ情報 MALWARE REPORTマルウェアレポート | 流行したマルウェア 2017.12.20 2017年11月 マルウェアレポートショートレポート「2017年11月マルウェア検出状況」トピック11月の概況についてMicrosoft Office数式エディターの脆弱性を悪用した攻撃の出現Windows Movie Makerを改ざんした偽プログラムの増加 1. 11月の概況について2017年11月1日から11月30日までの間、E

2018年1月18日trendmicroフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年セキュリティ脅威予測

03-5334-3601(月曜~金曜の9時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 03-5334-3601(月曜~金曜の9時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 電話での製品検討に関するご相談TEL:03-5334-3601(9時~18時。土日祝祭日を除く) プレスリリース トレンドマイクロ、2018年の脅威動向を予測したレポートを公開 トレンドマイクロ、2018年の脅威動向を予測したレポートを公開ランサムウェアのビジネ

2018年1月18日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年度情報セキュリティに対する意識調査

「2017年度情報セキュリティに対する意識調査」報告書について 掲載日 2017年12月14日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター インターネット(以後、ネット)を介した便利なサービスやコミュニティなどの存在は、我々の生活に密着し、不可欠なものとなっています。しかし、ネットは便利である一方で、匿名性が高いなどの特徴があります。これにより様々な脅威を生み、容易に繋がれることを悪用した手口など、身近なところに危険が潜んでいることを意識する必要があります。本調査はパソコン(以後、

2018年1月17日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「2017年度 情報セキュリティの脅威に対する意識調査」「2017年度 情報セキュリティの倫理に対する意識調査」

プレス発表 悪意ある投稿経験者 投稿後の心理の最多は「気がすんだ、すっとした」の35.6%~「2017年度 情報セキュリティの脅威に対する意識調査」「2017年度 情報セキュリティの倫理に対する意識調査」を公開~2017年12月14日独立行政法人情報処理推進機構 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田 達夫)は、情報セキュリティに関する対策情報の発信、普及啓発等の活動に役立てることを目的として、インターネット利用者を対象に「2017年度 情報セキュリティの脅威に対する意識調査」「20

2018年1月17日ITRフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

SIEM市場規模推移および予測

2016年度のSIEM市場は前年度比13.7%増と2桁成長サイバー攻撃対策や迅速なインシデント対応への需要が拡大ITRがSIEM市場規模推移および予測を発表 2017年12月12日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内のSIEM(Security Information and Event Management)市場規模推移および予測を発表します。 国内SIEM

2018年1月17日A10フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年のサイバーセキュリティ状況 - 10の予測

Skip to Content2018年のサイバーセキュリティ状況 - 10の予測 1970年代、アメージング・クレスキンは未来が見える不思議な能力で観衆を沸かせました。彼は暗示を用いることで予測をしていたといわれます。クレスキンは自身を超能力者と呼ばず、エンターテイナーとして振る舞いましたが、彼の予測はよく当たりました。 私たちも、できるだけ努力してクレスキンのように、2018年のサイバーセキュリティ状況を予測してみようと思います。私たちの経験と市場への知見を駆使し、来年起こるであろう10項

2018年1月17日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年のセキュリティ事件に関する意識調査

第4回「2017年のセキュリティ事件に関する意識調査」を実施 マカフィー、2017年の10大セキュリティ事件ランキングを発表 2017年12月11日 - 世界中に影響を与えたランサムウェアの被害や、無線LANの脆弱性が上位にランクイン、若年層のサイバー犯罪が目立った一年にマカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山野 修)は本日、日本国内の経営層や情報システム部門などのビジネスパーソンを対象に「2017年のセキュリティ事件に関する意識調査」を実施し、その結果を基にした2017年の

2018年1月17日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年の脅威動向予測

2017年12月11日 - 機械学習によるサイバー攻撃の激化、ランサムウェア、サーバーレス アプリ、コネクテッド ホームの プライバシー、子供が作成するコンテンツのプライバシーに関して予測※当資料は、2017年11月29日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です。McAfee Labsは機械学習によるサイバーセキュリティ ツールの“開発競争”が攻撃者と防御者の間に起こると予測ランサムウェアが、従来のPC上で脅迫するものから、より金銭的なメリットの大きいIoTや富裕層を標的としたものや、企業活動

2018年1月15日Webrootフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

最も危険なランサムウェア トップ10

ウェブルート、最も危険なランサムウェア トップ10を発表 セキュリティソフトをグローバルで展開し、セキュリティ業界をリードするウェブルート株式会社 (本社:東京都港区、 代表取締役社長:伊藤 誉三、以下 ウェブルート)は2017年最も脅威だったランサムウェアを調査し、その結果をランキング形式のインフォグラフィックとして公開いたしました。【最も脅威のランサムウェアは「NotPetya」】ウェブルートのリサーチチームによると調査の結果、 2017年に最も破壊性が高いランサムウェアは、世界中に被

2018年1月15日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年を代表するサイバー脅威

■ 2017年のランサムウェアの傾向(カスペルスキー製品での観測※2)2017年に暗号化型ランサムウェアの攻撃に遭ったユニークユーザー数は約95万人でしたが、2016年は150万人前後でした。数が減少した原因は主に、検知手法の反映によるものです(たとえば、暗号化型マルウェアに関連していることの多いダウンローダーは、現在ヒューリスティック検知によってさらに正確に検出されるようになったため、当社のテレメトリーで収集されるランサムウェア関連の判定と同じ区分には分類されないようになりました)。今年猛威を

2018年1月10日フィードテイラーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

フィードテイラー、国内の全上場企業Webサイトの常時SSL化対応状況を独自に調査

WordPressを静的サイト化する静的化技術のリーディングカンパニー フィードテイラー、国内の全上場企業Webサイトの常時SSL化対応状況を独自に調査した結果を発表〜半数以上の52.8%が未対応、EV証明書はわずか4%〜静的ホスティングサービスの株式会社フィードテイラー(本社:大阪府大阪市、代表取締役:大石裕一)は、全上場企業のWebサイトの常時SSL化対応状況について独自の調査を実施致しました。■ 調査背景昨今、Webサイトの信頼性や安全性を向上させるため、Webサイトの全ページを暗号化

2018年1月10日ベリタスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017 VERITAS GDPR レポート 第3章(日本語版)

2017 VERITAS GDPR レポート 第3章(日本語版)

2018年1月5日EMCジャパンフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年サイバー犯罪者のショッピングリスト~ 流出した個人情報、闇市場ではいくら? ~

2018年サイバー犯罪者のショッピングリスト ~ 流出した個人情報、闇市場ではいくら? ~ 今年も数多く発生した大規模な情報漏洩事件は、個人情報の流出がもたらす広範囲な影響を改めて浮き彫りにしました。サイバー犯罪者は、標的サイトに存在するアカウント情報だけを手中に収めようとしているわけではありません。アカウント情報だけでは金銭的な利益がほとんど、またはすぐに得られない可能性があるからです。サイバー犯罪者は、多くのユーザーが複数のサイトで同じパスワードを使用しているという事実を逆手に取り、そのよう

2018年1月5日IPA★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

悪意ある投稿経験者 投稿後の心理の最多は「気がすんだ、すっとした」の35.6%~「2017年度情報セキュリティに対する意識調査」

「2017年度情報セキュリティに対する意識調査」報告書について 掲載日 2017年12月14日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター インターネット(以後、ネット)を介した便利なサービスやコミュニティなどの存在は、我々の生活に密着し、不可欠なものとなっています。しかし、ネットは便利である一方で、匿名性が高いなどの特徴があります。これにより様々な脅威を生み、容易に繋がれることを悪用した手口など、身近なところに危険が潜んでいることを意識する必要があります。本調査はパソコン(以後、

2017年12月28日ITRフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Web改ざん検知/変更管理市場規模推移および予測

2016年度のWeb改ざん検知/変更管理市場は前年度比17.1%増と2桁成長2017年度もニーズの高まりからさらなる拡大ITRがWeb改ざん検知/変更管理市場規模推移および予測を発表 2017年11月30日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内のWeb改ざん検知/変更管理市場規模推移および予測を発表します。 国内Web改ざん検知/変更管理市場の2016年度の売上

2017年12月28日BBソフトサービスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネット詐欺リポート(2017年10月度)

インターネット詐欺リポート(2017年10月度)2017年11月30日 このリポートについてこのリポートは、日本のインターネット利用者が直面するネット詐欺の脅威に対する注意喚起を目的として、BBソフトサービス(BBSS)の「Internet SagiWall™(インターネットサギウォール)」で検知・収集した危険性の高い詐欺サイトの分析結果を報告するものです。検知状況2017年10月度の検知数は、163万7,079件で前月比 -2.99%減少しました。「マルウエア」「 フィッシング詐欺 」「ボーガ

2017年12月28日trendmicroフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年第3四半期セキュリティラウンドアップ

03-5334-3601(月曜~金曜の9時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 03-5334-3601(月曜~金曜の9時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 電話での製品検討に関するご相談TEL:03-5334-3601(9時~18時。土日祝祭日を除く) プレスリリース 国内外の脅威動向を分析した「2017年第3四半期セキュリティラウンドアップ」を公開 国内外の脅威動向を分析した「2017年第3四半期セキュリティラウ

2017年10月 マルウェアレポート

ESETが提供するより安全なネット活用のためのセキュリティ情報 MALWARE REPORTマルウェアレポート | 流行したマルウェア 2017.11.30 2017年10月 マルウェアレポートショートレポート「2017年10月マルウェア検出状況」トピック10月の概況についてDDEを悪用したダウンローダー新種のランサムウェアの出現マイニングマルウェアの流行 1. 10月の概況について2017年10月1日から10月31日までの間、ESET製品が国内で検出したマルウェアの比率は、以下のとおりで

2017年12月28日KASPERSKY labフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2018年サイバー脅威の予測

2018年サイバー脅威の予測

2017年12月25日Flexera Softwareフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

オープン・ソース・ソフトウェアのリスクレポート

フレクセラ、オープン・ソース・ソフトウェアのリスクレポートを発表 情報漏洩事件「Equifax」と同様のサイバー攻撃に警鐘フレクセラ・ソフトウェア合同会社(本社:東京都港区、以下フレクセラ)は、米信用情報機関大手のEquifaxから1億4300万人の顧客の個人情報(社会保障番号、生年月日、運転免許証、住所、クレジット・カード番号など)流出は、まだまだ氷山の一角にすぎず、このようなインシデントやセキュリティ侵害が今後まだまだ続いていく危険性があることをフレクセラの調査レポートにより発表します。フレ

2017年12月22日Zendesk★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ライブチャットとカスタマーサポートツールの利用状況に関する調査

Zendesk、ライブチャットとカスタマーサポートツールの利用状況に関する調査を実施 〜マルチチャネルでのカスタマーサポート対応がより重要に〜 ​クラウドベースのカスタマーサービスソフトウェアを提供するZendesk株式会社(本社:東京都千代田区、社長:藤本寛、以下「Zendesk」)は、独立系ITコンサルティング・調査会社の株式会アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)と共同で、ライブチャットとカスタマーサポートツールの利用状況に関する調査を実施しました

2017年12月22日BBソフトサービスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

10月度IoTサイバー脅威分析リポート

10月度IoTサイバー脅威分析リポート10月末に上位6カ国のIoT機器からのサイバー攻撃が急増2017年11月20日 このリポートは、横浜国立大学(学長:長谷部 勇一)と、ソフトバンクグループのBBソフトサービス株式会社(本社:東京都中央区、社長:原山 健一、以下「BBSS」)の共同研究におけるIoT機器を狙ったサイバー攻撃の観測結果を報告するものです。2017年10月度 検知状況【1】 アクセスホスト数・攻撃ホスト数日次のアクセスホスト数、攻撃ホスト数の推移です。図1に示す通り、10月期もIo

2017年12月22日ディー・サインフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ワークプレイスサーベイ 統計レポート 2017

「働く環境」における課題の傾向をサーベイ統計データからひも解く、“ワークプレイスサーベイ 統計レポート 2017”リリース! 株式会社ディー・サイン(代表取締役社長:佐藤 浩也)が運営するプレイスマネジメント研究所が、2016年3月~2017年10月に実施したサーベイの集計結果をもとに、仕事環境における課題の傾向・考察をまとめ、「サーベイ結果に見るワークプレイス事情(ワークプレイスサーベイ 統計レポート 2017)」をリリース。オフィスの移転や開設は、多くの手間とコストを要する一大イベントであ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ