調査のチカラ TOP > 分類一覧 > セキュリティ/ネットワーク

セキュリティ/ネットワーク | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2016年8月23日BBソフトサービスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネット詐欺リポート(2016年7月度)

インターネット詐欺、サイバー犯罪対策情報サイト オンラインセキュリティ インターネット詐欺リポート(2016年7月度)インターネット詐欺リポート(2016年7月度)~ 大手企業名をかたる違法な消費者金融サイトを検知 ~ 2016年8月18日このリポートについてBBソフトサービス(BBSS)の「Internet SagiWall™(インターネットサギウォール)」で検知したデータを基にした、2016年7月度のインターネット詐欺リポートです。このリポートは、日本のインターネット利用者が直面する

2016年8月23日野村総合研究所★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業のサイバーセキュリティに関する動向を分析

事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 CSRの取り組みTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「NR

2016年8月20日プルーフポイントフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年第2四半期(2016年4-6月)の脅威レポートサマリー

2016年第2四半期(2016年4-6月)の脅威レポートサマリー

2016年8月18日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

脅威となるサイバーアクティビティがブラジルで増加を見せ、今後数週間は特に警戒するようFortiGuard Labsが注意喚起

フォーティネットは本日、FortiGuard Labsのサイバー脅威動向に関するグローバルレポートの内容を発表しました。 2016年8月10日フォーティネットジャパン株式会社脅威となるサイバーアクティビティがブラジルで増加を見せ、今後数週間は特に警戒するようFortiGuard Labsが注意喚起グローバルなサイバーセキュリティに関する脅威レポートで、高度な脅威テクニックや依然として多く見られるインザワイルド状態のサイバー脅威に関するデータを公表高性能サイバーセキュリティソリューション

2016年8月18日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

6年で100件を超える世界中の標的型攻撃に関するインテリジェンスレポートを提供

[本資料は、2016年7月26日にKaspersky Labが発表したプレスリリースに基づいた抄訳です]~ 85カ国における民間企業や政府機関を標的とした攻撃を追跡・調査 ~Kaspersky Labのグローバル調査分析チーム(GReAT)※1 は、85カ国の民間企業や政府機関を標的とした、100以上のサイバー犯罪組織と悪意のある活動の動向を追跡、調査しています。高度な技術を持つサイバー犯罪者達は積極的に攻撃手段の改良や拡張を進めており、新たな犯罪者達も多数参入するなど、サイバー組織の数と脅威の

2016年8月11日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成28年「情報通信に関する現状報告」(平成28年版情報通信白書)

報道資料平成28年「情報通信に関する現状報告」(平成28年版情報通信白書)の公表総務省は本日、平成28年「情報通信に関する現状報告」(平成28年版情報通信白書)を公表しました。 総務省は、我が国の情報通信の現況及び情報通信政策の動向について国民の理解を得ることを目的として、「情報通信に関する現状報告」(情報通信白書)を毎年作成・公表しています。昭和48年の第1回公表以来、今回で44回目の公表となります(※1)。今回の白書では、特集テーマを「IoT・ビッグデータ・AI 〜ネットワークとデータが創造

2016年8月10日Malwarebytesフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

International Study Finds Nearly 40 Percent of Enterprises Hit By Ransomware in the Last Year

International Study Finds Nearly 40 Percent of Enterprises Hit By Ransomware in the Last YearCrippling threat caused 34 percent of business victims to lose revenue and 20 percent even had to cease operations immediatelyExecutives in the U.S. are disp

2016年8月9日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

デジタル デトックス: オフラインの夏休み(英題:Digital Detox: Unplugging on Summer Vacation)

インテル セキュリティ調査休暇中にオフラインであることが最も苦手なのは日本人!? ~ メール、位置情報、ソーシャルメディアが旅行中のユーザーの安全を脅かす ~2016年8月9日ニュース・ハイライトインテル セキュリティが、夏の休暇シーズンを前に、ユーザーの休暇中におけるデジタル活動について調査を実施自らの意思で旅行中もオフラインにしない人も多く、また、日本の回答者の53%はオフラインの休暇を計画するも実現できずインテル セキュリティ(日本での事業会社:マカフィー株式会社、所在地:東京都渋谷区、

2016年8月9日マーシュフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

音声認識機能/会話機能に関するアンケート調査

マーシュHOMEアンケート結果音声認識機能/会話機能に関するアンケート調査音声認識機能/会話機能に関するアンケート調査総括機能認知者のうち「スマートフォン・携帯電話」での使用経験者は半数超え スマートフォンに搭載されている「Siri」などの音声検索機能や、「Pepper」のように音声を認識して会話が行えるような、『音声認識機能/会話機能』。手での操作ではなく、「声」を用いて検索が行えたり、指示・会話ができる機能が普及しつつある。 このような機能は、「一般消費者へどの程度浸透しているのか」、「どの

2016年8月8日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業におけるランサムウェア実態調査 2016

購入・更新個人のお客さま法人のお客さま:新規の購入法人のお客さま:契約の更新法人のお客さま:購入関連情報トレンドマイクロについて 企業におけるランサムウェア実態調査 2016~ランサムウェアの被害に遭わないと思う理由、45.7%が「自社は大企業または有名企業ではないから」と回答~2016年8月1日トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン、東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、2016年6月に、企業・組織においてITに関する意思決定者および関

2016年8月1日A10フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業のDDoS攻撃対策状況に関するレポート

Skip to ContentA10ネットワークス、企業のDDoS攻撃対策状況に関するレポートを公開 アプリケーションネットワーキングとセキュリティのテクノロジーリーダーであるA10 Networks™(NYSE:ATEN 以下、A10)は、IDG Connectへの委託による DDoS攻撃に関するレポート"DDoS: A Clear and Ever Present Danger (DDoS: 絶えず存在する明確な危険)" を公開しました。本レポートは大企業においてITに関する決定権を持つ12

2016年7月31日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内通信事業者向けネットワーク機器市場実績および予測

国内通信事業者向けネットワーク機器市場実績および予測を発表 2015年は、LTEサービス展開の終息と通信事業者の設備投資抑制が強く影響し、大幅なマイナス成長 2016年以降、5Gサービス向け投資を軸に、2015年~2020年の年間平均成長率11.0%で再びプラス成長に 厳しい2015年の市場環境の中で、シスコシステムズとアラクサラネットワークスがシェアを伸ばす IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹

2016年7月30日東京商工リサーチフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内112銀行(2016年3月期単独決算ベース) 「リスク管理債権状況」調査

国内112銀行(2016年3月期単独決算ベース) 「リスク管理債権状況」調査 公開日付:2016.07.19 国内112銀行の2016年3月期決算が公表された。金融機関の不良債権を表す「リスク管理債権合計」は8兆412億円で、前年同期より8.0%減少し、3年連続で前年同期を下回った。また、3月期としては調査を開始した2008年3月期以降では最小額となった。業態別では、大手行が7行のうち5行、地方銀行が64行のうち57行、第二地銀が41行のうち33行で前年同期を下回り、リスク管理債権額は大手行(前

2015年度 情報セキュリティ市場調査報告書

2015年度 情報セキュリティ市場調査報告書 (セキュリティ市場調査ワーキンググループ) 情報セキュリティ市場調査について2004NPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)では、年度以来継続して、日本国内の情報セキュリティ市場の調査を実施している。このうち、2009年度までは経済産業省委託事業として、以降はJNSA独自の事業として行っている。2015年度調査では、従来方式を一部簡略化し、個別推計調査、ワーキンググループメンバによる議論を踏まえて全体集計・推計作業を行い、2016年6月にと

2016年7月21日ICT総研フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年度 ブロードバンドサービスの市場動向調査

ICTマーケティング・コンサルティング・市場調査はICT総研にお任せ下さい。 HOME ≫ レポート ≫ 2016年度 ブロードバンドサービスの市場動向調査2016年度 ブロードバンドサービスの市場動向調査 ■ 2015年度末の固定ブロードバンドサービスは3,782万件で前年比3%の増加■ 2016年度末のFTTH加入者数は2,907万件に成長、 2017年度には3,000万件突破へ■ セット割引サービス利用者は全体の30%、NTTコラボ光のセット割引利用者は8%■ 利用者満足度はソフトバンク

LUMINOSITYLINKリモート アクセス型トロイの木馬の設定を調べる

LuminosityLinkリモート アクセス型 トロイの木馬の設定を調べるこの数週間、私はLuminosityLinkリモート アクセス型トロイの木馬(RAT)に埋め込まれている設定を調査するのに時間を割いていました。ご存じない読者のために説明しますと、LuminosityLinkは価格40ドルのマルウェア ファミリですがシステム管理ユーティリティだと銘打っています。しかしこのマルウェアを実行した場合、他の悪意ある多数の機能とともに、極めて攻撃的なキーロガーが活用されます。そしてこれらの機能を

2016年7月13日IDC★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内法人ネットワークサービス利用動向調査

~クラウド導入がWAN見直しの契機に~国内法人ネットワークサービス利用動向調査結果を発表 クラウド導入に伴いWANの見直しを行った企業は66.9% パブリッククラウド接続では「インターネットを多く利用する」が6割。閉域網利用を大幅に上回る 企業のIT管理者は、第3のプラットフォームで協業するベンダーに「セキュリティ」「プラットフォーム」「インテグレーション」の能力を期待。システムが複雑かつ相互接続されるとの認識が背景 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社

2016年7月9日ITRフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内SIEM市場規模推移および予測

2015年度のSIEM市場の売上金額は33億5,000万円、前年度比16.7%増と高成長、CAGR(2015~2020年度)は13.0%を予測 ITRが国内SIEM市場規模推移および予測を発表 2016年7月5日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内のSIEM(Security Information and Event Management)市場規模推移および予測

2016年7月7日プルーフポイントフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

QUARTERLY THREAT SUMMARY: 2016年1-3月

Quarterly Threat Summary: 2016年1-3月Proofpoint Quarterly Threat Summaryは、プルーフポイントのお客様ベース及び一般のセキュリティマーケットから得られる情報をまとめたものです。プルーフポイントは毎日、10億通以上の電子メールメッセージ、数億件のソーシャルメディアへの書き込み、1億5千万個以上のマルウェアサンプルを解析しており、先進的脅威からユーザー、データそしてブランドを守っています。これらの脅威が四半期毎にどのように変化している

CSIRT 構築および運用における実態調査

日本シーサート協議会 CSIRT 構築および運用における実態調査日本シーサート協議会では、一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンターと共に、CSIRT 構築および運用における実態調査を実施しました。 国内の様々な組織における CSIRT 活動の実態をまとめ、新たに CSIRT 構築しようとしている組織、既に CSIRT を運用している組織の取り組みレベルの向上に資するデータを提供する。 日本シーサート協議会 (NCA) 会員の CSIRT 設置企業 (2015 年 12 月時点の加

2016年7月7日アイティメディアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業の認証セキュリティに関する調査レポート

TechTargetジャパンは2016年4月、TechTargetジャパン会員を対象に「企業の認証セキュリティに関する読者調査」を実施した。調査結果から、企業の認証セキュリティ状況や認証製品/サービスの導入、検討状況、利用状況が明らかになった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したレポートは、文末のリンクから会員限定で閲覧可能)。調査概要目的:TechTargetジャパン会員でIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に、エンドポイント端末における「認証セキュリティ製品・サービスの導

2016年7月4日JPCERT/CCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インシデント調査のための攻撃ツール等の実行痕跡調査に関する報告書

安全・安心なIT社会のための、国内・国際連携を支援する Home > 公開資料 > 研究・調査レポート > インシデント調査のための攻撃ツール等の実行痕跡調査に関する報告書 インシデント調査のための攻撃ツール等の実行痕跡調査に関する報告書 近年のサイバー攻撃では、マルウエアに感染したマシンを侵入の起点として、他のマシンへの感染拡大や、内部サーバへの侵入など、組織内の至るところを侵害する事例が多く確認されています。こうした事案においては調査対象ポイントが多数になるので、それらを重大な事象を見落と

2016年7月4日verizonフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

Verizon 2016 Data Breach Investigations Report

FULL REPORTSecurity should be a driving force for enterprises, not an afterthought. The Verizon 2016 Data Breach Investigations Report shows you the top threats affecting different industries, based on an analysis of more than 100,000 security incide

2016年7月4日securelistフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

KSN Report: Ransomware in 2014-2016

Executive summary and main findingsRansomware is a type of malware that, upon infecting a device, blocks access to it or to some or all of the information stored on it. In order to unlock either the device or the data, the user is required to pay a r

2016年6月30日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内通信事業者のネットワーク設備投資市場予測

国内通信事業者のネットワーク設備投資市場予測を発表 国内通信事業者のネットワーク設備投資市場は2018年以降増加に転じる 2015年~2020年の年間平均成長率は0.1%、2020年市場規模は1兆150億円と予測 2019年以降、次世代通信技術「5G」投資が始まる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内通信事業者のネットワーク設備投資(注) 市場

2016年6月30日MM総研フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2015年度 国内PCサーバー出荷概況

2016年06月23日■出荷台数は5.5%減の47万8,446台と2年連続の減少 ■出荷金額は6年連続の増加、前年度比4.9%増の2,590億円 ■データセンター新設一巡で台数減も仮想化進展で金額は過去最高を更新  MM総研(東京都港区 所長・中島洋)は、2015年度(15年4月~16年3月)のPCサーバー国内出荷実績をまとめた。それによると、わが国のPCサーバー市場は、前年度比5.5%減の47万8,446台を出荷した(表1)。半期別に見ると、上半期は前年同期比2.3%減の23万802台。下半

2016年6月29日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年第1四半期 国内サーバー市場動向

2016年第1四半期 国内サーバー市場動向を発表 2016年第1四半期の市場規模は、前年同期比9.5%減の1,341億円、出荷台数は同15.1%減の13万8,000台 x86サーバーの出荷額は、出荷台数減の影響を受け前年同期割れ ベンダー別出荷額では富士通が1位、以下NEC、日本ヒューレット・パッカードの順 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、20

2016年6月27日サンブリッジ★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

会社で獲得した名刺の個人管理の実態調査レポート

2016/06/21 【調査レポート】名刺の個人管理の実態調査実施 企業での名刺管理導入はわずか10%。個人のツール管理では、名刺情報共有型サービスの利用率が最も高く企業コンプライアンスの点において懸念も。この度、株式会社サンブリッジ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小野 裕之、以下サンブリッジ)は、「会社で獲得した名刺の個人管理の実態」をテーマに、アンケート調査を実施しました。調査により、企業での名刺管理導入は回答者2万人中10%と低く、企業で名刺管理を導入していないと回答したグループの

2016年6月26日ITR★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ITR Market View:情報漏洩対策市場2016

ITR Market View:情報漏洩対策市場2016本レポートは、ディスク暗号化、IRM(Information Rights Management)、メール誤送信防止、データベース監査・保護、データベース暗号化、統合ログ管理、SIEM(Security Information and Event Management)、ネットワーク・フォレンジクス、EDR(Endpoint Detection and Response)の全9分野を対象に市場動向と分析をまとめた市場調査レポートです。本レポ

2016年6月23日エフセキュア★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「脅威レポート」: マルウェア、THE DUKES、システムはどのようにして侵害されるか

「脅威レポート」: マルウェア、The Dukes、システムはどのようにして侵害されるかエフセキュアラボの2015年版「脅威レポート」。昨年一年間のセキュリティ脅威のハイライトや、主要なセキュリティ関連事件を紐解くことで、新しいセキュリティ分析ツールとして現代のサイバー脅威がどれほどセキュリティを侵害しているかを理解するための一助としたい。ビジネスセキュリティニュース, Top // 2016-06-21*リンク先は、英文のみの閲覧となりますF-Secure Labs*は、2015年の「脅威レポ

2016年6月22日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年第1四半期の脅威レポート

インテル セキュリティ、 2016年第1四半期の脅威レポートを発表 ソフトウェアの更新プログラムの適用が遅れることで、サイバー犯罪者がモバイル アプリを悪用可能にさまざまな悪意のある攻撃を実行可能な“共謀”のためのコードを備えた21種類5,000バージョン以上の消費者向けモバイルアプリを特定トロイの木馬であるPinkslipbotの最新バージョンでは、分析回避と多層型の暗号化の機能を新たに搭載2016年第1四半期の新たなランサムウェアの数は、前四半期比で24%増加2016年第1四半期の新たなモ

2016年6月21日IBM★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報漏えいコストが増大、インシデント1件あたり400万ドルに

IBMとPonemon Instituteによる調査:情報漏えいコストが増大、インシデント1件あたり400万ドルに TOKYO - 17 6 2016:2016年6月17日 情報漏えい時の対応は「時は金なり」 ― 調査結果から浮き彫りにインシデント対応チームによってコストの大幅削減が可能 [米国ニューヨーク州アーモンク - 2016年6月15日(現地時間)発]IBMセキュリティー(NYSE: IBM)は本日(現地時間)、情報漏えいが企業の最終損益に与える財務的影響を分析したグローバル調査の結果を

2016年6月20日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

侵害検知機能に自信過剰な金融サービス業界のITプロフェッショナル

Tripwire 調査:侵害検知機能に自信過剰な金融サービス業界の IT プロフェッショナル エンドポイントにおけるサイバー攻撃の検知に必要な 7 つの重要なセキュリティコントロールに関する自信度を業界リーダーが評価 オレゴン州ポートランド、2016 年 5 月 11 日 – エンドポイント検知/対応、セキュリティ、コンプライアンスソリューションの主要なグローバルプロバイダであるTripwire, Inc. は、Tripwire の依頼により Dimensional Research 社が実施し

2016年6月19日MM総研★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内MVNO市場規模の推移(2016年3月末)

国内MVNO市場規模の推移(2016年3月末)――独自サービス型SIMの回線契約数は539.4万に増加 2016年06月15日■ 独自サービス型SIMの回線契約数は前年比65.5%増の539.4万回線 ■ 独自サービス型SIMの事業者別シェアは、NTTコミュニケーションズが20.6%で1位 ■ 個人向けの独自サービス型SIMではインターネットイニシアティブがシェア1位 ■ 楽天、ケイ・オプティコム等の新勢力が台頭 ■ 2018年3月末の独自サービス型SIMの回線契約数は、2016年3月末の2倍以

2016年6月19日IBMフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

IBM & Ponemon Institute Study: Data Breach Costs Rising, Now $4 million per Incident

IBM & Ponemon Institute Study: Data Breach Costs Rising, Now $4 million per Incident - Results Show “Time is Money” When Responding to a Data Breach;- Incident Response Teams Can Lead to Significant Cost Savings ARMONK, N.Y. - 15 Jun 2016:IBM Securit

2016年6月17日ITR★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内脆弱性診断市場規模推移および予測

2015年度の脆弱性診断の売上金額は11億円、前年度比19.6%増と大きな伸び、 ITRが国内脆弱性診断市場規模推移および予測を発表 2016年6月15日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内の脆弱性診断市場規模推移および予測を発表しました。 国内脆弱性診断市場の2015年度の売上金額は11億円とまだ小さいものの、前年度比19.6%増の伸びを示しました。脆弱性診断

2016年6月16日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内セキュリティ市場予測

2015年のセキュリティ製品市場規模は前年比5.5%増の2,699億円。2015年~2020年の年間平均成長率は4.7%、2020年には3,403億円と予測 2015年のセキュリティサービス市場規模は6,811億円、前年比成長率5.5%。2015年~2020年の年間平均成長率は5.2%、2020年には8,757億円と予測 オンプレミスのセキュリティシステムとクラウド型セキュリティゲートウェイソリューションを組み合わせたハイブリッドソリューションの訴求が重要 IT専門調査

2016年6月16日JCN Newswireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

大部分の組織はデータ漏洩後のデータ保護能力に自信がないことが明らかに

AMSTERDAM, Jun, 08 2016 - (JCN Newswire) -データ漏洩件数が増加傾向にあり、2013年以来、世界中で紛失もしくは盗難に遭ったデータが39億件を超えるにもかかわらず、組織は境界線防御がデータ漏洩対策として効果的であると確信し続けています。これは、デジタルセキュリティの世界的なリーダーであるジェムアルト(ユーロネクスト NL0000400653 GTO)が本日発表した「第3回年次データセキュリティ信頼感指数」で明らかになった調査結果の1つです。調査対象となった

2016年6月15日シスコシステムズフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

Cisco Visual Networking Index Predicts Near-Tripling of IP Traffic by 2020

The NetworkWe welcome the re-use, republication, and distribution of "The Network" content. Please credit us with the following information: Used with the permission of

2016年6月14日日本法規情報フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「相談さぽーと通信 相談者実態調査」SNSでは7割以上が「個人情報に気をつけている」という回答。一方でトラブルに巻き込まれたとの回答も6人に1人に

[日本法規情報株式会社] ,インターネット SNS パソコン タブレット アプリケーション Twitter Facebook LINE スマートフォン ソーシャルネットワークサービス

【情報・通信業界】他社牽制力ランキング2015トップ3はNTT、NTTドコモ、Ericsson

【情報・通信業界】他社牽制力ランキング2015トップ3はNTT、NTTドコモ、Ericsson 弊社はこのほど、独自に分類した情報・通信業界の企業を対象に、2015年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された件数を企業別に集計した「情報・通信業界 他社牽制力ランキング2015」をまとめました。この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。 集計の結果、2015年に最も引用された企業は、NTT

2016年6月2日IDC★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内企業向けネットワーク機器市場動向

国内企業向けネットワーク機器市場動向を発表 2015年 国内企業向けネットワーク機器市場は前年比成長率5.6%、2,131億円 シスコシステムズが3つの製品分野すべてで首位 大きな成長は見込みにくいが安定した市場。2015年~2020年の年間平均成長率0.7% IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、企業向けルーター、企業向けイーサネットスイッチ、企業

2016年6月2日インプレス★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

有料の動画配信サービス利用率は9.2%、利用経験者は14.2%に『動画配信ビジネス調査報告書2016』

有料の動画配信サービス利用率は9.2%、利用経験者は14.2%に 『動画配信ビジネス調査報告書2016』6月2日発行Amazon・Netflixにより加速したVOD市場、多様化する企業のビジネス戦略と今後を探る インプレスグループでIT関連出版メディア事業、及びパートナー出版事業、デジタルメディア&サービス事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:関本彰大)のシンクタンク部門であるインプレス総合研究所は、新産業調査レポート『動画配信ビジネス調査報告書2016[ Am

グローバルICTインディケーターによる情報通信技術の世界的な普及の分析

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2016年5月26日ICT普及、100年以上かかった先進国の水準に遅れていたアフリカでも15年で到達 -グローバルICTインディケーターによる情報通信技術の世界的な普及の分析-(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:眞藤 務)は、情報通信(以下、ICT)技術の世界的な普及と変遷を分析するために、篠﨑彰彦・九州大学教授監修のもと、グローバルICTインディケーターを作

大型連休中のサイバー攻撃に関する調査

[株式会社サイバーセキュリティクラウド] ,Web改ざん WAF 攻撃遮断くん サイバーセキュリティクラウド サーバーセキュリティ DDoS対策 攻撃見えるくん クラウドWAF WAFセキュリティ サイバーセキュリティレポート

2016年5月30日JPCERT/CCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネット定点観測レポート(2016年 1~3月)

安全・安心なIT社会のための、国内・国際連携を支援する インターネット定点観測レポート(2016年 1~3月) 1 概況 JPCERT/CCでは、インターネット上に複数の観測用センサーを分散配置し、不特定多数に向けて発信されるパケットを継続的に収集し、宛先ポート番号や送信元地域ごとに分類して、これを脆弱性情報、マルウエアや攻撃ツールの情報などと対比して分析することで、攻撃活動や準備活動の捕捉に努めています。なお、本レポートでは、本四半期に観測された日本宛のパケットを中心に分析した結果について述べ

2016年5月30日アイティメディアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

メール誤送信防止システムの導入状況(2016年)・前編

メール誤送信防止システムの導入状況(2016年)・前編  キーマンズネットでは、2016年3月2日〜25日にかけて「メール誤送信防止システムの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:373、うちSIer:198名)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門で主に導入・検討や運用に関わる立場が全体の33.5%、一般部門で主にユーザとして利用するだけでなく導入・検討も行う立場が13.4%、一般部門で主にユーザとして利用する立場が53.1%という構成比であった。今回は、メール誤送信対策防止シス

2016年5月30日内閣府★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成27年度インターネットによるバリアフリー化に関する意識調査報告書

平成27年度インターネットによるバリアフリー化に関する意識調査報告書(PDF形式) 〒100-8914 東京都千代田区永田町1-6-1 電話番号 03-5253-2111(大代表)Copyright©2014 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ