調査のチカラ TOP > 分類一覧 > セキュリティ/ネットワーク

セキュリティ/ネットワーク | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2017年2月26日Accentureフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Accenture Security Index: A Majority of Global Organizations Struggle to Identify and Fully Protect Mission Critical Assets from Cyberattacks

Accenture Security Index: A Majority of Global Organizations Struggle to Identify and Fully Protect Mission Critical Assets from CyberattacksIndex shows poor performance in critical cybersecurity capabilities across 15 countries and 12 industriesNEW

2017年2月25日akamaiフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年第4四半期 「インターネットの現状/セキュリティレポート」

2016年第4四半期 「インターネットの現状/セキュリティレポート」

2017年2月24日経済協力開発機構★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

OECD broadband statistics update

OECD broadband statistics update‌2 February 2017 - Mobile broadband penetration at 95% in OECD areaHigh-speed Internet use continues to grow in OECD countries with mobile broadband penetration reaching 95 subscriptions per 100 inhabitants in June 201

2017年2月24日価格.comフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ネット回線満足度ランキング2017

ネット回線の見直しはこちら!キャンペーンを加味した最安事業者が探せます! 北海道・東北関東・甲信越東海近畿・北陸中国・四国九州・沖縄「ドコモ光」が総合満足度1位。項目別では「月々の支払料金」1位、「回線事業者に対する信頼性」2位、「通信速度」3位、「サポート」4位。料金は戸建ての場合5,000円〜6,000円、マンションの場合4,000円〜6,000円の割合が多い。満足度 月々の料金(戸建て) 月々の料金(マンション) 料金が安いプランがあり、適切にサポートしてくれている。男性 50代スマホと

2017年2月23日KPMGフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

消費者プライバシーデータに関するグローバル意識調査2017

消費者プライバシーの境界線を越えないために - 消費者プライバシーデータに関するグローバル意識調査 消費者プライバシーの境界線を越えないために 企業は10年前や20年前には考えられなかったほど多くの顧客情報を収集し、消費者は生活とITとの密接さから恩恵を受けています。 コンピューター上であれ、スマートフォン上であれ、コネクテッド・カー(インターネットとの接続によりサービスを受ける機能を有した自動車)であれ、テクノロジーを利用する際は、往々にして「生活をより便利に、より豊かに、そして時にはより

ランサムウェアに関する理解度に関する 実態についての調査

アクロニス、ランサムウェアに関する理解度に関する実態について...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース TOP > プレスリリース一覧 > アクロニス、ランサムウェアに関する理解度に関する 実態についての調査結果を発...アクロニス、ランサムウェアに関する理解度に関する 実態についての調査結果を発表71%以上の人が、所有するデータの安全性に 懸念を抱いていると回答ランサムウェアに万が一感染しても、 データ復元をできない回答者は56% 次世代データ保護におけるグローバルリ

2017年2月20日ぴかまろフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「インターネット回線」に関するアンケート調査

コンテンツへスキップインターネット回線のお悩み調査!乗り換えのお悩みNo.1は?今回、当サイトでは、全国の男女100名に「インターネット回線」に関するアンケート調査を実施しました。「わかりづらくて面倒…」というイメージがあるインターネット回線の乗り換えや開通について、ユーザーの皆さんの本音をお聞きしました。■調査概要—————————————————————————–調査方法 : インターネットによるリサーチ調査地域 : 日本全国調査対象 : ご自身でインターネット回線の契約をされたことがある方

2017年2月18日JPCERT/CCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネット定点観測レポート(2016年 10~12月)

安全・安心なIT社会のための、国内・国際連携を支援する インターネット定点観測レポート(2016年 10~12月) 1 概況 JPCERT/CCでは、インターネット上に複数の観測用センサーを分散配置し、不特定多数に向けて発信されるパケットを継続的に収集し、宛先ポート番号や送信元地域ごとに分類して、これを脆弱性情報、マルウエアや攻撃ツールの情報などと対比して分析することで、攻撃活動や準備活動の捕捉に努めています。なお、本レポートでは、本四半期に観測された日本宛のパケットを中心に分析した結果について

2017年2月18日Intralinksフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

年次M&A情報漏えいレポート

Press Release | Intralinks™イントラリンクス、M&Aディール情報の漏えいに関する最新調査レポートを発表: 日本では全ディール情報の3.1%が公表前に漏えい 規制の強化に関わらず、2015年の全世界のディール情報漏えい率は約9%で、2014年の6%から増加の傾向 地域別では北米のディール情報漏えい率が7年ぶりの高さを記録したほか、中南米を除くすべての地域で増加。業種別では不動産、医療、エネルギー&電力セクターのディール情報漏えい率が最も高い 調査の結果、情報漏え

2017年2月16日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内パブリッククラウド接続用途WANサービス市場予測

国内パブリッククラウド接続用途WANサービス市場予測を発表 パブリッククラウドと企業拠点/データセンターを接続する目的で導入されるWANサービスの2016年 国内市場規模は53億円、前年比成長率は72.1% 同市場は今後急拡大、2016年~2021年の年間平均成長率35.8%、2021年の市場規模は246億円と予測 大手コンテンツ事業者などのパブリッククラウド接続需要は一巡、今後は一般企業が増加 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田

2017年2月16日シマンテック★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ノートン サイバーセキュリティ インサイト レポート

保護者の多くが子どもは公園よりもインターネットでいじめに遭いやすいと懸念 ネットいじめに関する保護者の認識や不安をまとめた「ノートン サイバーセキュリティ インサイト レポート」を公開 セキュリティソフトブランド「ノートン」は、本日、世界21カ国で実施している意識調査「ノートン サイバーセキュリティ インサイト レポート」の中から、ネットいじめに関する保護者の認識や不安、ならびに子どもがインターネットを利用するにあたって保護者が講じている予防対策に関する調査結果を発表しました。同調査によると

2017年2月15日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内産業用ネットワーク機器市場動向に関する分析結果

国内産業用ネットワーク機器市場動向に関する分析結果を発表 産業用IoT(Internet of Things)への注目と共に、基盤である産業用ネットワーク機器に対する需要も増加 産業用ネットワーク機器は、1.5倍から2倍でビジネスが拡大している成長領域 すでに実績のあるITネットワークの技術を活用して、産業用ネットワークの高度化、効率化を進めるべき IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Te

2017年2月14日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

米国版2016年ランサムウェア実態調査

米国版2016年ランサムウェア実態調査、半数以上の法人ユーザがランサムウェアの被害に 2016年はランサムウェアが世界中で猛威を振るい、個人・法人を問わず多くのユーザがその脅威にさらされました。トレンドマイクロでは、国内の法人組織におけるランサムウェアの被害状況を把握するべく、2016年6月に国内法人ユーザを対象とした「企業におけるランサムウェア実態調査 2016」を実施し、その結果、「自組織がランサムウェアの攻撃に遭ったことがある」と回答した割合が 25.1%にのぼるなど、その深刻な実状が浮

2017年2月13日ジャストシステムフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

チャットボットに関する実態調査

「チャットボット」を活用した商品購入に、4割以上が肯定的 『チャットボットに関する実態調査』「チャットボット」を活用した商品購入に、4割以上が肯定的「チャットボット」で利用したいアプリは「LINE」で、約半数が支持調査結果サマリー「チャットボット」を活用した商品購入に、4割以上が肯定的チャットボットを活用した対話形式の商品購入について、「主流になってほしい」(19.5%)、「できれば主流になってほしい」(25.5%)で、合計すると45.0%がチャットボットによる商品購入を導入してほしいと望んでい

2017年2月13日トレンドマイクロ★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業におけるECサイトのセキュリティ実態調査 2016

購入・更新個人のお客さま法人のお客さま:新規の購入法人のお客さま:契約の更新法人のお客さま:購入関連情報トレンドマイクロについて 企業におけるECサイトのセキュリティ実態調査 2016~49.1%が、ECサイトへのサイバー攻撃を受けた経験「あり」と回答 攻撃を受けた7割以上が「情報漏洩」などの実害に繋がっている事実が明らかに ~2017年2月1日トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン、東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、企業・組織におけ

2017年2月12日AV-Comparativesフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Security Survey 2017 Report

Security Survey 2017 Report

2017年2月12日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティ10大脅威 2017

情報セキュリティ10大脅威 2017 最終更新日:2017年1月31日「情報セキュリティ10大脅威 2017」の順位を発表「情報セキュリティ10大脅威 2017」は、2016年に発生した社会的に影響が大きかったと考えられる情報セキュリティにおける事案から、IPAが脅威候補を選出し、情報セキュリティ分野の研究者、企業の実務担当者など約100名のメンバーからなる「10大脅威選考会」が脅威候補に対して審議・投票を行い、決定したものです。2017年も昨年同様に「個人」と「組織」という異なる視点で10大脅

2017年2月12日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年度 企業の情報セキュリティリスク調査-2

ホーム カスペルスキーについて ニュース マルウェア 2017 <2016年度 企業の情報セキュリティリスク調査-2> セキュリティインシデントにおける日本企業の懸念は、従業員の不注意と知識不足。実際に情報セキュリティの問題を引き起こす原因でも2番目に

2017年2月11日IPA★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティ10大脅威 2017

プレス発表 「情報セキュリティ10大脅威 2017」を決定~個人と組織でIoT機器の脅威が初めてランクイン~2017年1月31日独立行政法人情報処理推進機構 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田 達夫)は、情報セキュリティにおける脅威のうち、2016年に社会的影響が大きかったトピックなどを「10大脅威選考会」の投票によりトップ10を選出し、「情報セキュリティ10大脅威2017」として順位を決定し、公表しました。  「情報セキュリティ10大脅威 2017」は、2016年に発生した社会

2017年2月8日GfK★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

パーソナルデータの共有に関するグローバル意識調査

本ウェブサイトのすべての機能を使用するためには、ブラウザーのJavaScriptを有効にする必要があります「パーソナルデータの共有に関するグローバル意識調査」 GfKは17カ国、22,000人のインターネットユーザーに対しパーソナルデータの共有に関する意識調査を実施し、その結果を発表しました。 【概要】・グローバルでみると、メリットがあればパーソナルデータの共有に積極的な人の方が消極的な人より多い。・日本では、パーソナルデータの共有に積極的な人は僅か8%にとどまる。  割引やパーソナルサー

2017年2月8日blancco technology groupフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Delayed Threat Detection & Breach Notifications Intensify Regulatory Challenges of Data Protection

SolutionsWe’ve been certified, approved and recommended by 18 national and international governing bodies. No other security firm can boast this level of compliance. Delayed Threat Detection & Breach Notifications Intensify Regulatory Challenges of

2017年2月8日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

「インターネットに接続された世界の新たな家族のカタチ」(英名:New Family Dynamics in a Connected World)

インテル セキュリティ調査 家庭内でのインターネット接続デバイス普及とともに、新たな課題が明らかに ~ インターネット上のリスクについて子供と話したことがある保護者の割合が調査対象14カ国で日本が最下位、家庭内でのセキュリティ意識の向上が課題 ~2017年1月30日ニュース・ハイライト日本を含む調査対象国14か国で約8割の保護者が、子供がインターネット接続デバイスを寝室に持ち込むことを容認子供のインターネット上での行動を監視するソフトウェアを導入している保護者はわずか23%、特に日本は調査対象

2017年2月7日KASPERSKY labフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

<Kaspersky Security Bulletin-Part5:2016年のサイバー脅威の概要>進化する脅威

<Kaspersky Security Bulletin-Part5:2016年のサイバー脅威の概要>進化する脅威

2017年2月6日Arbor Networksフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

第12版年次ワールドワイド・インフラストラクチャ・セキュリティ・レポート

アーバーネットワークス 「第12版年次ワールドワイド・インフラストラクチャ・セキュリティ・レポート」 攻撃者のイノベーションとIoTの悪用がDDoS攻撃を後押ししていることが明らかにIoTデバイスの武器化により攻撃規模が60%拡大 攻撃規模は、2015年度の500Gbpsに対し、2016年度は800Gbpsに NETSCOUT(NASDAQ: NTCT)のセキュリティ部門であるArbor Networks Inc.(以下、アーバーネットワークス)は、本日、「第12版年次ワールドワイド・インフラス

2017年2月6日JPCERT/CCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況[2016年第4四半期(10月~12月)]

ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況[2016年第4四半期(10月~12月)]

2017年2月6日BBソフトサービス★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネット詐欺リポート(2016年12月度)

インターネット詐欺、サイバー犯罪対策情報サイト オンラインセキュリティ インターネット詐欺リポート(2016年12月度)インターネット詐欺リポート(2016年12月度)~ ついに定年退職や還暦のお祝いまでも詐欺サイトの商品に ~ 2017年1月25日このリポートについてBBソフトサービス(BBSS)の「Internet SagiWall™(インターネットサギウォール)」で検知したデータを基にした、2016年12月度のインターネット詐欺リポートです。このリポートは、日本のインターネット利用

企業のリスク・クライシスマネジメント実態調査

「企業のリスク・クライシスマネジメント実態調査」2016年版の結果を公表最も優先すべきリスク・クライシスは、国内は「地震・風水害等、災害の発生」(37%)、海外は「法令遵守違反」(18%)が最多 日本の上場企業におけるリスク・クライシスの認識や、その準備・対応策の現状把握を目的にアンケートを実施し、435社から回答を得た。 ・最も優先すべきリスク・クライシスは、国内は「地震・風水害等、災害の発生」(37%)、海外は「法令遵守違反」(18%)が最多・マネジメントプランの策定は国内本社で8割弱

2017年2月2日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

脆弱性対策情報データベースJVN iPediaの登録状況 [2016年第4四半期(10月~12月)]

脆弱性対策情報データベースJVN iPediaの登録状況 [2016年第4四半期(10月~12月)] 独立行政法人情報処理推進機構 最終更新日:2017年1月24日以下は、「脆弱性対策情報データベース JVN iPediaに関する活動報告レポート」1章の抜粋です。2章以降は 活動報告レポート(PDF) をご参照ください。1. 2016年第4四半期 脆弱性対策情報データベース JVN iPediaの登録状況 脆弱性対策情報データベース「JVN iPedia()」は、ソフトウェア製品に関する脆弱性対

2016年度 国内情報セキュリティ市場調査(速報値)

2016年度 国内情報セキュリティ市場調査(速報値) (セキュリティ市場調査ワーキンググループ) 情報セキュリティ市場調査について2004年以来継続実施している市場調査の2016年度版の速報値です。市場調査WGでの検討ポイント、2015,2016,2017年度の推定実績〜見込み、前回調査結果(「2015年度情報セキュリティ市場調査報告書」はこちら)からの変化等について、速報ベースで解説します。 2016年度調査報告書作成メンバー 木城 武康 (株式会社日立システムズ)菅野泰彦(アルプスシステムイ

2017年2月2日イードフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「WEBアプリケーション脆弱性診断サービス」に関する利用実態調査

News 2017年1月24日 「WEBアプリケーション脆弱性診断サービス」に関する利用実態調査について 約3分の1が「価格に見合った技術力」を重視し選択 市場需要は診断結果から「いかに改善するか」のフェーズへ 株式会社イード(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮川 洋、以下 イード)が運営する情報セキュリティ専門メディア「ScanNetSecurity」は、NHN テコラス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:加藤 雅樹、以下 NHN テコラス)と共同で「WEBアプリケーション脆弱性診断

2017年2月2日カスペルスキー★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

<Kaspersky Labレポート:ソーシャルメディアが人々に及ぼす影響-3>ソーシャルメディアの利用が親子関係にも影響、21%の親が子供に気まずい投稿を見られて関係が悪化と回答

ドイツのヴュルツブルク大学のメディア心理学者、アストリッド・カロルス博士は次のように述べています。「調査の結果、デジタルコミュニケーションが実際のコミュニケーションを補っていることが明らかになりました。パートナーや家族と離れて暮らすこともあります。このような物理的な隔たりをデジタルコミュニケーションは埋めてくれます。しかし、デジタルコミュニケーションは直接的なコミュニケーションにはかないません。デジタルコミュニケーションは感覚的な部分が欠如しているので、感覚面で物足りなさを感じてしまうのです。」

2017年1月29日Mozillaフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネット・ヘルスレポート

Mozilla、Firefox、Firefox OS、Thunderbird の最新情報をお伝えします個別記事アーカイブ本日 (米国時間 1/19)、米国 Mozilla より、"Internet Health Report" という報告書の最初のバージョン (v_0.1) が世界に向けてリリースされました。Mozilla は、オープンソースソフトウェアの開発や ウェブリテラシー教育、セキュリティやプライバシーの啓発活動など、さまざまな分野でインターネットが全ての人にオープンで有益なリソースとな

2017年1月28日カスペルスキー★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Kaspersky Labレポート:ソーシャルメディアが人々に及ぼす影響-2

~「いいね」欲しさに他人の秘密を投稿すると回答した男性は女性の2倍以上~[本リリースは、2017年1月12日にKaspersky Labが発表したプレスリリースに基づいた抄訳です]Kaspersky Labが、日本を含む世界18カ国16,750人の男女を対象に実施したソーシャルメディアに対する調査※1 の結果、12%が「いいね」の数を増やすため、投稿内容を脚色したり誇張したりすると回答しました。総体的に、男性の方が女性よりも「いいね」の数に敏感であり、「いいね」数を稼ぐためであれば、他人の秘密や

2017年1月26日Gemaltoフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016 Data Breaches and Customer Loyalty(データ漏えいと顧客ロイヤルティ 2016)

2016 Data Breaches and Customer Loyalty(データ漏えいと顧客ロイヤルティ 2016)

2017年1月26日デジタルアーツフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

第2回勤務先における標的型攻撃の意識・実態調査

HOME> デジタルアーツについて> プレスリリース> 2017年> ≪第2回勤務先における標的型攻撃の意識・実態調査≫従業員の45.3%が、勤務先が標的型攻撃の対象になると認識、情報システム管理者の75.0%が更にセキュリティ対策強化を希望2017年01月18日デジタルアーツ株式会社第2回勤務先における標的型攻撃の意識・実態調査 ~全国の情報システム管理者・従業員を対象に調査~従業員の45.3%が、勤務先が標的型攻撃の対象になると認識 情報システム管理者の75.0%が更にセキュリティ対策強化を

2017年1月24日Radwareフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバー攻撃における最大の懸念はデータ損失であることが、ラドウェアの調査により判明

サイバー攻撃における最大の懸念はデータ損失であることが、ラドウェアの調査により判明ラドウェアのグローバルアプリケーション&ネットワークセキュリティレポート2016-2017年によると、サイバー攻撃の最大の動機が身代金目的であり、最も頻発している攻撃形態はマルウェアによるもの、またIoTボットネットに対する懸念も増大している2017.01.17(本リリースは、Radware Ltd. が 2017年1月10日に米国にて発表したプレスリリースの日本語訳です)2017年1月10日 ニュージャージー州、

2017年1月24日Keeper Securityフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

What the Most Common Passwords of 2016 List Reveals

What the Most Common Passwords of 2016 List Reveals [Research Study]Looking at the list of 2016’s most common passwords, we couldn’t stop shaking our heads. Nearlyof people are safeguarding their accounts with “123456.” What really perplexed us is th

2017年1月17日デジタルアーツフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

教育現場でのICT活用についてのアンケート

HOME> デジタルアーツについて> プレスリリース> 2017年> ≪学習資料をダウンロードした教育関係者に教育現場でのICT活用についてのアンケートを実施≫プログラミング・タブレットの導入について47.9%が「自主的に学び、問題解決する力が身につくことを期待」2017年01月12日デジタルアーツ株式会社学習資料をダウンロードした教育関係者に教育現場でのICT活用についてのアンケートを実施プログラミング・タブレットの導入について47.9%が 「自主的に学び、問題解決する力が身につくことを期待」

2017年1月16日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内ユニファイドデバイスマネジメント成熟度に関するユーザー調査

国内ユニファイドデバイスマネジメント成熟度に関するユーザー調査結果を発表 国内ユーザー企業のデバイス管理/戦略に対する取り組み成熟度は低く、約半数が成熟度ステージ1および2にとどまる デバイス戦略を策定し、一定のビジネス効果を創出している「成熟度ステージ4/5」の割合は26.9% 事業価値を創出し、ITの生産性を向上させるためのデバイス活用が重要 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel

2017年1月15日アイティメディアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業の暗号化に関する調査レポート

TechTargetジャパンは2016年9〜10月、TechTargetジャパン会員を対象に「企業の暗号化に関するアンケート調査」を実施した。調査結果から、企業の暗号化の利用状況や検討状況が明らかになった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したレポートは、文末のリンクから会員限定で閲覧可能)。調査概要目的:TechTargetジャパン会員でIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に、「企業の暗号化の利用状況」について調査するため方法:Webによるアンケート調査対象:TechTarg

2017年1月15日トレンドマイクロ★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年個人と法人の三大脅威:日本におけるサイバー脅迫元年

2016年個人と法人の三大脅威:日本におけるサイバー脅迫元年 個人利用者においても法人利用者においても、PC やインターネットの利用はなくてはならないものになっています。それと同時に、さまざまな「サイバー脅威」の被害に遭う可能性も高まっています。昨今のサイバー脅威はそのほとんどが金銭利益を最終目的とした「サイバー犯罪」となっています。その大半は、金銭につながる個人情報やクレジットカードなどの決済情報を窃取・詐取するための攻撃、もしくは、利用者の持つ金銭を直接巻き上げるための攻撃です。2016年

2017年1月13日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内情報セキュリティ製品市場予測

2016年の国内情報セキュリティ製品市場規模は前年比4.0%増の2,807億円と推定。その内ソフトウェア市場は前年比4.2%増の2,339億円、アプライアンス市場は前年比3.2%増の468億円 2017年以降は、サイバー攻撃対策と個人情報保護対策への需要が拡大。2015年~2020年の年間平均成長率は4.5%、2020年には3,359億円と予測 ランサムウェアの増加で、ITリソース全体に対するセキュリティ対策が求められる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(

2017年1月13日Cylanceフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Total Economic Impact

Try CYLANCEPROTECT®Convinced that the next generation of endpoint security is right for your organization? Contact a Cylance expert to get started!× « プレスへ戻るサイランス、経営層向け製品導入の投資効果に関する実例報告書を公開 セキュリティリスクの大幅な軽減とを達成 万米ドルの費用に対し将来万ドルの利用価値が見込まれ、正味現在価値()は万3千ドル

2017年1月9日Avast Softwareフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

Avast Android Performance & Trend Report(2016年7月~9月版)

Avast Android Performance & Trend Report(2016年7月~9月版)

2017年の日本のサイバーセキュリティ予測

2017年日本のサイバーセキュリティ予測2020年の東京五輪に向けて 中小企業のサイバーレジリエンスに 取り組む日本本投稿は、米本社で連載されている「短期的展望」と「長期的展望」で探る2017年のサイバーセキュリティ予測シリーズの一部です。本記事は英語版でもご確認いただけます。日本では2020年に東京で開催される夏季オリンピックが大きな話題になっており、この機会に新たなビジネスチャンスの創出が期待されています。また一方で、サイバー攻撃による東京五輪大会運営の妨害や、国家安全保障に関わる秘密や企業

2017年1月3日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Kaspersky Security Bulletin:数字で振り返る2016年のサイバー脅威

■ カスペルスキー製品での観測ユーザーのコンピューターの31.9%で、年間1回以上Webベースの攻撃を検知しました。全世界のユーザーの端末で検知されたオンラインリソースからの攻撃は、758,044,650件に上ります。約2億6100万(261,774,932)のURL(重複を除く)が、Webアンチウイルスコンポーネントによって悪意あるURLと判定されました。Webアンチウイルスコンポーネントで検知された、悪意あるオブジェクトの種類は、69,277,289です。カスペルスキー製品によって無害化され

2016年12月29日東京商工リサーチフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内112銀行(2016年9月中間期単独決算ベース) 「リスク管理債権状況」調査

国内112銀行(2016年9月中間期単独決算ベース) 「リスク管理債権状況」調査 公開日付:2016.12.20 国内112銀行の2016年9月中間期決算の「リスク管理債権合計」は7兆6,448億円だった。前年同期に比べ7.7%減少し、9月中間期としては4年連続で前年同期を下回り、調査を始めた2008年以降では最低を記録した。政府の資金繰り支援策の倒産抑制効果が大きいとみられる。「リスク管理債権」は、大手行で7行のうち5行、地方銀行は64行のうち57行、第二地銀は41行のうち31行で前年同期を下

データ復旧業界の市場規模への調査結果(2015年)

2015年 データ復旧業界の市場規模についての調査結果を発表2016/12/20クラウド市場の成長やスマートフォンの普及を背景に、フラッシュストレージの採用は急速に伸びるもハードディスクのデータ復旧は今後、徐々に減少傾向と予測日本データ復旧協会、昨年に引続き、2015年(1-12月)のデータ復旧市場規模について統計データを発表HDDの復旧依頼件数は85,700台と微増データ復旧の業界団体である日本データ復旧協会(住所:東京都港区 以下、日本データ復旧協会)は、昨年(2014年(1月-12月)統計

2016年12月29日IPA★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年度情報セキュリティに対する意識調査

「2016年度情報セキュリティに対する意識調査」報告書について 掲載日 2016年12月20日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター インターネットサービスの拡充、普及に伴い、一般利用者はネットで容易に繋がり、交流することが可能になり、ネットは日常生活に不可欠な存在となっています。その一方で、現実社会のトラブルはネットに潜行し、被害者の低年齢化や脅威、トラブルが可視化されにくい状況を生み出しています。本調査は2005年から毎年、パソコンおよびスマートデバイス(SD)利用者を対

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
 

お知らせ