調査のチカラ TOP > 分類一覧 > セキュリティ/ネットワーク

セキュリティ/ネットワーク | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2016年5月24日ニワンゴフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

月例ネット世論調査2016年5月

月例ネット世論調査月例ネット世論調査2016年5月2016年5月の月例ネット世論調査です。今回は5月19日21:45に実施しました。 トピックス内閣支持率、「支持する」47.2% 「支持しない」24.1% 前月比の増減は「支持する」0.4P減 「支持しない」0.3P増 いま、あなたは安倍内閣を支持しますか、支持しませんか。 安倍内閣の支持率は、前月より0.4ポイント減の47.2%となりました。一方不支持率は、前月より0.3ポイント増の24.1%となりました。年代別で見ると、前月最も支持率の高

Mobility, Performance and Engagement

Global investigation shows CIOs how to create higher levels of productivity, creativity, satisfaction, and loyalty through properly executed mobile strategies "We need to offer as diverse a choice as possible. You want it to be personal; to be mo

2016年5月20日IDC★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内IoT市場 テクノロジー別予測

国内IoT市場における、ソフトウェア/サービス向け支出の割合は2020年に6割に達する ソフトウェア/サービスの支出割合増加の背景には、IoTクラウドプラットフォーム、アナリティクスソフトウェア、および付随するサービスへのニーズの急速な拡大が寄与している ITベンダーは特定の産業分野に精通するパートナーとの連携を強め、企業に対してITとOT(オペレーションテクノロジー)の両面から、IoTの提案を行うことが必須になる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地

2016年5月19日ITRフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ITR Market View:アイデンティティ/アクセス管理市場2016

ITR Market View:アイデンティティ/アクセス管理市場2016本レポートは、IDM/IAM市場(パッケージ、SaaS)、SSO市場、フェデレーション市場、特権ID管理市場、操作画面監視市場の全5分野を対象に、国内31ベンダーへの調査に基に市場動向と分析をまとめた市場調査レポートです。本レポートの主なトピックは以下の通りです。特権ID管理市場は2015年度に前年度比12.9%増に2016年度の同市場は12.5%増と、引き続き2015年度レベルの成長を予測2019年度に同市場は50億円規

2016年5月17日Verizonフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

データ漏洩・侵害調査報告書(DBIR)

More insightful than ever.For the ninth time, the 2016 Data Breach Investigations Report (DBIR) lifts the lid on what'€™s really happening in cybersecurity. The 2016 dataset is bigger than ever, examining over 100,000 incidents, including 2,260 confi

2016年5月17日アイティメディアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

無線LANの導入状況(2016年)・前編

キーマンズネットでは、2016年2月25日〜3月8日にかけて「無線LANの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:358)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門で主に導入・検討や運用に関わる立場が全体の45.0%、一般部門で主にユーザとして利用する立場が55.0%という構成比であった。今回は、無線LANの導入状況について聞いた調査結果を前・後編の2回にわたってお届けする。前編で取り上げるのは、「無線LANの導入状況」と「満足度」「無線LANを導入した目的」「導入した際に重視したポイント

2016年5月16日GfKフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

GfK Connected Consumer Index

最も“コネクテッド”化が進む地域は、香港、北米、アラブ首長国連邦 GfKは消費者がどのくらいインターネットを通じて人々やコンテンツと関わっているかを示すGfK Connected Consumer Indexを発表しました。本インデックスでは、11の機器(スマートフォン、タブレット、ノートPC、デスクトップPC、ウェアラブル、スマートTV、TVセットトップボックス、ゲーム機、電子書籍リーダー、コネクテッド・カー、スマートホーム)の使用状況などから、78の地域における消費者の“コネクテッド”度を比

ESET 日本版ネット常識力レポート2016

日本のサイバーセキュリティ意識の実態調査の結果 2016年1月にESETは、日本におけるセキュリティ意識を把握しようと調査を行いました。日本のインターネットユーザーがサイバーセキュリティに対してどのような受け止め方をしているのか、その知識や理解などの実態を明らかにしようとしました。この記事は、ESETが第三者調査機関に委託した調査の報告書「Japan Cyber-Savviness Report 2016」を基に、日本向けの解説を加えて編集したものです。 ESETはこのたび、日本におけるI

2016年5月12日MMDLabo★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

定額制サービスの利用実態調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > 定額制サービスの利用経験「動画」が22.1%、「音楽」が24.6%、「電子書籍」は15.3% 定額制サービスの利用経験「動画」が22.1%、「音楽」が24.6%、「電子書籍」は15.3% MMDLabo株式会社は、同社が運営するMMD研究所と株式会社コロプラが提供するスマートフォン向けインターネットリサーチサービス「スマートアンサー」にて

2016年5月10日MM総研フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

SIMフリースマートフォンの購入実態・満足度調査(2015年12月)

SIMフリースマートフォンの購入実態・満足度調査(2015年12月)SIMフリースマートフォンに挿入するSIMカードはMVNO 54.0%、大手キャリア SIM 38.9% SIMフリースマートフォンの平均購入価格は32,418円 SIMフリースマートフォンの総合満足度は61.1%。他人への推奨度は52.3% SIMフリースマートフォン出荷台数比率5%から今後は更なる拡大が予測される MM総研(東京都・港区、所長・中島 洋)は4月26日、SIMロックフリースマートフォン(以下SIMフリースマート

2016年5月4日MMDLaboフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年中古端末に関する購買動向調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 MMD研究所は15歳以上の男女2,213人を対象に「2016年中古端末に関する購買動向調査」を実施致しました。【 調査結果サマリー(※一部抜粋)】■ 中古端末の利用率は2.7%■ 以前利用していた端末「そのまま持っている」が約6割、下取りプランの利用は16.9%■ 中古端末への抵抗感、8割弱が「抵抗あり」、男女では異なる結果に■ 中古端末の購入意向は

2016年5月2日ミック経済研究所フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

データセンターの設備インフラ市場の現状と展望【2016年版】

データセンターの設備インフラ市場の 現状と展望【2016年版】 (第2版) ※価格は消費税を含みません。※コピー製本資料はコピー厳禁。CD-ROM(Excel及びWordデータ)は、社内用途であればコピー、編集可(社内には子会社・関連会社は含まない)。PDFには変換いたしません。※お申し込みいただいた際、資料/CD-ROMにご請求書を同封してご郵送致しますので内容をご確認の上、弊社指定銀行にお振込みいただきます様、お願い申し上げます。■現物の閲覧等のご要望がございましたら御一報ください。【問い

2016年5月2日Webrootフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ウェブルート脅威レポート2016

個人のお客さま 法人のお客様 販売パートナー サポート ウェブルート、次世代のサイバー脅威の様相と標的型攻撃の傾向を探る「ウェブルート脅威レポート2016」を発表ポリモーフィック型マルウェアの台頭、不正なIPアドレスの増加で日本は3位にランクイン、PUAの急増によって従来型のサイバーセキュリティ防御が無力化 2016年4月19日 – 東京– ウェブルート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:伊藤誉三、以下ウェブルート)は「ウェブルート脅威レポート2016」を発表しました。ウェブルートが毎

2016年5月2日シマンテックフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネットセキュリティ脅威レポート 第21号

高度な知識をもつ攻撃者によって価値の高い脆弱性を悪用、収集、再販する中、2015年は平均で前年比2倍にあたる毎週1件のゼロデイ脆弱性を検出 シマンテック、「インターネットセキュリティ脅威レポート 第21号」を発表 株式会社シマンテック(本社:東京都港区赤坂、代表取締役社長:日隈 寛和、以下シマンテック)は、本日、「インターネットセキュリティ脅威レポート第 21号(ISTR: Internet Security Threat Report, Volume 21)」を発表しました。サイバー犯罪組

2016年4月27日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年 国内ストレージ需要動向調査

2016年 国内ストレージ需要動向調査結果を発表 ユーザー部門が独自のストレージ予算を持つ割合は大企業では54.1%を占める 独自のストレージ予算はオンプレミス環境への支出が多いが、クラウドへの支出も増加 大企業の60.6%がユーザー部門の独自予算が今後も増加すると考えている IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内ストレージ需要動向調査の結果を発

2016年4月26日BBソフトサービスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネット詐欺リポート(2016年3月度)

インターネット詐欺、サイバー犯罪対策情報サイト オンラインセキュリティ インターネット詐欺リポート(2016年3月度)インターネット詐欺リポート(2016年3月度)~ 新生活セールやこどもの日関連の偽販売サイトを検知 ~ 2016年4月15日このリポートについてBBソフトサービス(BBSS)の「Internet SagiWall™(インターネットサギウォール)」で検知したデータを基にした、2016年3月度のインターネット詐欺リポートです。このリポートは、日本のインターネット利用者が直面す

2016年4月26日川崎市フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「情報化施策」についてのWebアンケート

川崎市の「情報化施策」についてのWebアンケート結果についてツイッターへのリンクは別ウィンドウで開きます2016年4月15日 川崎市の「情報化施策」についてのWebアンケート結果について 本市では、新たな総合計画の策定にあわせた新たな情報化計画の策定に向けて、市民の皆様の情報化の現状と、本市の情報化施策に対するニーズを調査するWebアンケートを、平成27年10月30日(金)から平成27年11月30日(月)の期間で実施したところです。 このたび新たな情報化計画として「川崎市情報化推進プラン」を策定

低年齢層の子どものネット利用実態と、その保護者の 意識実態調査アンケート報告

低年齢層の子どものネット利用実態と、その保護者の 意識実態調査アンケート報告について2016年4月14日 スマートフォンやタブレット端末等に、幼児や小学校低学年の児童が接する機会が増えており、学習教材として活用されるケースの他、親の端末を借りて動画視聴やゲーム等を長時間行う子どももいます。このような時事課題を受け、幼児・児童および保護者のネット利用の実態を把握し、低年齢層に向けての啓発手法・テーマ等を検討するために安心ネットづくり促進協議会では低年齢層の幼児、児童のネット利用実態把握、低年齢層の

2016年4月20日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年 国内企業の情報セキュリティ対策実態調査

2016年 国内企業の情報セキュリティ対策実態調査結果を発表 2016年度の情報セキュリティ投資は2015年度に続き増加傾向だが、6割超の企業でセキュリティ投資額に変化はみられない 外部脅威対策に比べ内部脅威対策の導入が遅れていることが判明、また業種や従業員規模によってセキュリティ対策導入が進んでいる企業と遅れている企業とに二極化 経営者へのセキュリティに関する報告は、半数近くの企業が少なくとも四半期に1回は実施、一方で2割の企業はセキュリティに関する報告をしていない実態が判明 サイバー保

クライアント端末遠隔サポートツール (リモートコントロール) 市場を調査

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングクライアント端末遠隔サポートツール (リモートコントロール) 市場を調査 クライアント端末遠隔サポートツール (リモートコントロール) を扱う主要5社を調査◆ 2015年のクライアント端末遠隔サポートツール (リモートコントロール)市場は31億円 (オンプレミス型12.7億円、クラウド型18.3億円)◆ オンプレミス型の上位企業は「オーシャンブリッジ」 「インターコム」◆ クラウド型の上位企業は 「アールサポート」 「オプティム」 市場調査・コンサ

2016年4月16日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

McAfee Labs 2015年第4四半期脅威レポート

McAfee Labs 2015年第4四半期脅威レポート:数値データは何を意味しているのか McAfee Labsは、四半期ごとに脅威レポートを発表し、マルウェアおよびサイバーセキュリティの最新の傾向を詳細に紹介しています。この「サイバーセキュリティに関する一般教書」ともいえる脅威レポートには、多くの優れた洞察が盛り込まれていますが、セキュリティ業界の関係者以外の読者にとっては、少し過剰に思えるかもしれません。しかし現在、情報セキュリティが実質的にすべての人に影響を与える時代になっています。そこ

2016年4月15日IDC★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内エンタープライズストレージ市場 2015年の実績

国内エンタープライズストレージ市場 2015年の実績を発表 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、2015 年の国内エンタープライズストレージシステムの売上額実績を発表しました。これによると、2015年の国内エンタープライズストレージシステム売上額(Value)は2,720億2,300万円で前年比7.0%増となりました。IDCではエンタープライズストレージシステムとして外付型

2016年4月14日DELLフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

Dell Data Security Survey

Data Security Trends: Shifting perceptions on data security Business and IT decision makers are finally carrying the banner of data security, recognizing not only the safety it brings, but also the opportunity.Off the backburner and into the boardroo

2016年4月12日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ランサムウェア感染からのリカバリ能力に自信があるセキュリティプロフェッショナルはわずか38%

【Tripwire 】ホーム > プレスリリース > TripwireによるRSAカンファレンスにおける調査: ランサムウェア感染からのリカバリ能力に自信があるセキュリティプロフェッショナルはわずか38% TripwireによるRSAカンファレンスにおける調査:ランサムウェア感染からのリカバリ能力に自信があるセキュリティプロフェッショナルはわずか38%米オレゴン州ポートランド — 2016 年 3 月 24 日 — 高度な脅威、セキュリティ、コンプライアンスの主要なグローバルプロバイダであるTr

2016年4月12日かみあぷ速報フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

あなたのインターネットデビューはいつ?

【読者アンケート】あなたのインターネットデビューはいつ?ツイート2230592016.04.032016-04-03 15:00:40特集記事yumiこんにちは、yumiです。先日KDDIが、携帯電話の歴史30年を振り返る「おもいでタイムライン」を公開しましたが、今回はYahoo!JAPANがサイト開設20周年を記念して、「History of the Internet ~インターネットの歴史~」を公開しました。ということで今回は、読者のみなさんのインターネットデビューはいつ?というアンケートを

2016年4月11日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

McAfee Labs 2015年第4四半期脅威レポート: サイバー脅威インテリジェンスの共有などについて考察

2016年4月 1日 更新McAfee Labs 2015年第4四半期脅威レポート: サイバー脅威インテリジェンスの共有などについて考察 3月初旬に開催されたRSAカンファレンス2016の基調講演にて、インテル セキュリティのクリス・ヤング(Chris Young)、パロアルトネットワークス社のマーク・マクローリン(Mark McLaughlin)氏、およびシマンテック社のマイケル・ブラウン(Michael Brown)氏が、サイバー脅威インテリジェンス(CTI)の共有の必要性について議論しまし

2016年4月11日Yahoo!フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

History of the Internet ~インターネットの歴史~

正式表記ではない名称も含まれております。あらかじめご了承ください。 正式表記ではない名称も含まれております。あらかじめご了承ください。(C) Yahoo Japan

2016年4月11日アイティメディアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業の情報漏えい対策に関する調査レポート

TechTargetジャパンは2016年2月1日から2月29日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に「企業の情報漏えい対策に関する読者調査」を実施した。企業のセキュリティ製品/サービス導入に関与する会員を対象に調査。その結果からは、企業が情報漏えい対策を進める上での課題、導入中または検討中のIT製品などが明らかになった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したレポートは、文末のリンクから会員限定で閲覧可能)。調査概要目的: TechTargetジャパン会員で情報セキュリティ

2016年4月9日ACLUフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

This Map Shows How the Apple-FBI Fight Was About Much More Than One Phone

Do you know your rights? These easy-to-use resources were created by the ACLU so you can have your rights at your fingertips. The ACLU works tirelessly in courts, legislatures, and communities to defend and preserve the Constitution’s promise of lib

データ保護に関する意識調査

メディア関係者連絡先: アクロニス・ジャパン電子メール:アクロニス、World Backup Dayに合わせ データ保護に関する意識調査を実施-3人に1人がデータ喪失を経験、11%が500ドル以上を支払って失ったデータを取り戻している実態が明らかに。世帯あたりのデバイス数が増加し、ハードウェアよりもデータが重要に-次世代データ保護におけるグローバルリーダーであるAcronis®(アクロニス、本社:米国マサチューセッツ州、CEO:セルゲイ ベロウゾフ)は本日、毎年3月31日に世界的に実施されている

2016年4月8日Webroot★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ミレニアル世代のセキュリティ意識調査

個人のお客さま 法人のお客様 販売パートナー サポート 「ウェブルート ミレニアル世代のセキュリティ意識調査」で、ミレニアル世代の4割以上が「自分はセキュリティ意識が高い方だと思う」と回答しながら、セキュリティ対策をとってない回答者は5割以上~個人情報の漏えいリスクを感じていない傾向があることが明らかに~ 2016年3月30日 – 次世代のエンドポイント セキュリティとクラウドベースの総合脅威インテリジェンスの市場リーダーであるウェブルート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:伊藤誉三、

2016年4月7日IDC★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

SDNおよびNFVに関する国内市場予測

現実的な導入への歩みを始めた2015年の国内SDN市場は、200億円規模に 先行するデータセンターSDN市場は、商用環境への導入が進み2015年は122億円、2020年にかけても高い成長を続けると予測 通信事業者の次世代ネットワーク実現には、NFVやSDN技術が必須。通信事業者ネットワークの仮想化の動きは不可避な状況に IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は

2016年4月7日シマンテックフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

金融機関に対する脅威 2015年版

金融機関に対する脅威 2015年版

2016年3月19日ITR★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業IT利活用動向調査2016

サイバー攻撃の認知率とリスク重視度が上昇 マイナンバー制度対応は前進するも、多くの企業は道半ば JIPDECとITRが「企業IT利活用動向調査2016」の速報結果を発表 2016年3月17日一般財団法人日本情報経済社会推進協会株式会社アイ・ティ・アール 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC、会長 牧野 力)と株式会社アイ・ティ・アール(ITR、代表取締役 内山悟志)は本日、国内企業672社のIT/情報セキュリティ責任者を対象に共同で実施した「企業IT利活用動向調査2016」の一

社外取締役のクライシスに関する意識調査

社外取締役のクライシスに関する意識調査結果を公表クライシスの脅威に対する社外取締役の認識と対処への備えに大幅なギャップ デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(デロイト グローバル)は、2016年2月18日、社外取締役のクライシスに関する意識調査「A crisis of confidence」の結果を公表しました。各国の社外取締役は、自社がクライシスに陥った際の組織的対応力に自信を持っています(76%)。しかし、クライシスに最適な対処をするために必要な機能やプロセスを有していると回答した社

2015年度 情報セキュリティ市場調査報告書(速報版)

2015年度 情報セキュリティ市場調査報告書(速報版) (セキュリティ市場調査ワーキンググループ) 情報セキュリティ市場調査についてNPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)では、2004年度以来継続して、日本国内の情報セキュリティ市場の調査を実施している。このうち、2009年度までは経済産業省委託事業として、以降はJNSA独自の事業として実施している。2014年度調査からは、従来方式を一部簡略化し、個別推計調査、ワーキンググループメンバによる議論を踏まえて全体集計・推計作業を行っている

2016年3月14日ボーメトリックフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Vormetric 2016 Data Threat Report 日本版

データセキュリティの調査レポート「Vormetric 2016 Data Threat Report 日本版」を公開日本企業の93%がデータ脅威に対して脆弱であると感じており、39%がデータ漏洩の被害を経験データセキュリティソリューションを提供する米Vormetric(ボーメトリック)社は、世界の売上規模5,000万ドル~20億ドル規模の企業および政府機関など団体のITエグゼクティブ / 担当者1,114名(内 日本100名以上)を対象にデータセキュリティに関する調査を実施し、日本からの回答にフ

2016年3月11日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2015年度 中小企業における情報セキュリティ対策に関する実態調査

「2015年度 中小企業における情報セキュリティ対策に関する実態調査」報告書について最終更新日:2016年3月8日 独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 セキュリティセンター報告書の概要 近年、インターネットバンキングの不正送金(*1)や特定企業の情報資産を狙った標的型サイバー攻撃、内部の不正行為による情報漏えいなどが企業にとって脅威となっています。こうした攻撃は政府機関や大企業だけでなく、中小企業にも向けられおり、直接の被害だけでなく、取引先を標的とした攻撃の踏み台にされる場合もあります。そ

2016年3月9日MobileIron Inc.フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2015年第4四半期モバイルセキュリティ&リスク報告

50%以上のエンタープライズは不適合なモバイルデバイスを抱えている 2016年2月23日MobileIron 50%以上のエンタープライズは不適合なモバイルデバイスを抱えている 50%以上のエンタープライズは不適合なモバイルデバイスを抱えているAsiaNet 63479 (0216)【マウンテンビュー(米カリフォルニア州)2016年2月23日PR Newswire=共同通信JBN】 *MobileIron Security Labsが初のMobile Security and Risk Rev

2016年3月9日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「営業秘密管理・保護システムに関するセキュリティ要件調査」報告書

「営業秘密管理・保護システムに関するセキュリティ要件調査」報告書について 掲載日 2016年3月4日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター 近年、企業の技術情報や顧客情報等、営業上重要な情報である営業秘密(*1)の漏えいが後を絶たず、事業に深刻な影響を及ぼすことも多いため、企業にとって、競争力の源泉である営業秘密の保護・活用は重要な課題です。このような状況の中、経済産業省が定める営業秘密管理指針(*2)では、企業が営業秘密の不正な持ち出し等による被害にあった場合の法的保護を受

2016年3月8日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「内部不正による情報セキュリティインシデント実態調査」報告書

プレス発表 「内部不正による情報セキュリティインシデント実態調査」報告書の公開~情報持ち出し手段の最多はUSBメモリ、効果的な抑止策は罰則規定・監視体制の強化~2016年3月3日独立行政法人情報処理推進機構 IPA(独立行政法人情報処理推進機構、理事長:富田 達夫)は、内部不正の発生、およびその対策の実施状況等を把握し、内部不正の防止に向けた環境整備を促すため、「内部不正による情報セキュリティインシデント実態調査」を実施し、その報告書を2016年3月3日(木)に公開しました。  近年、組織内部

2016年3月8日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「内部不正による情報セキュリティインシデント実態調査」報告書

「内部不正による情報セキュリティインシデント実態調査」報告書について 掲載日 2016年3月3日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター近年、組織内部から漏えいした情報により引き起こされるインシデントに関する報道が相次いでいます。例えば内部不正(*1)はその被害額が外部からの攻撃によるものよりも高額な傾向があり(*2)、組織は内部不正を未然に防ぐ必要に迫られています。しかしながら、内部不正は、職務上与えられた権限を使い行われるため、その対策は容易ではありません。IPAでは、20

Flipping the Economics of Attacks (攻撃の経済的価値の反転)

サイバー攻撃者視点での 調査結果発表 2日侵入を防げば攻撃者は思いとどまる次世代セキュリティ企業であるPalo Alto Networks (NYSE: PANW) は、独立調査機関であるPonemon Instituteが実施したサイバー攻撃者の経済的価値を研究するための調査の結果を公開しました。本調査はPalo Alto Networksが後援したものとなります。「Flipping the Economics of Attacks (攻撃の経済的価値の反転)」と題されたレポート(英語・ダウン

2016年3月7日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業ネットワーク上を往来する、これまで検出されなかったサイバー脅威の蔓延を明らかに

フォーティネットは本日、フォーティネットのセキュリティ診断プログラム(CTAP: Cyber Threat Assessment Program)のデータ分析に基づき、企業ネットワークのセキュリティとパフォーマンスに重大な影響を与える、これまで検出されなかったサイバー脅威とボトルネックについて発表しました。 2016年3月2日フォーティネットジャパン株式会社フォーティネット、企業ネットワーク上を往来する、これまで検出されなかったサイバー脅威の蔓延を明らかにフォーティネットがグローバルに

2016年3月2日CA Technologiesフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Application Economy Index 2016(アプリケーション・エコノミー・インデックス、以下AEI)に関する第一回調査

CA Technologiesの調査で、市場とのかい離への対応の遅れによって リーダー企業も競争力を失う恐れがあることが明らかに~今日のアプリケーション・エコノミーでディスラプターに位置づけられる日本は市場潜在力指標の評価では最下位に~(2016年2月24日、東京発)CA Technologies (東京都千代田区、社長:ポール・フォルケンシュタイン)は本日、アジア・パシフィック&ジャパン地域(APJ)のApplication Economy Index 2016(アプリケーション・エコノミー・

2016年3月2日IBMフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2015年下半期Tokyo SOCレポート

最新の「2015 Securing the C-Suite(2015 IBMセキュリティー・スタディー)」および「Tokyo SOCレポート」を発表 コグニティブ、クラウド、コラボレーションを軸に、セキュリティー事業を展開 TOKYO - 29 2 2016:2016年2月29日日本IBMは、「2015 Securing the C-Suite(2015 IBMセキュリティー・スタディー)」および「2015年下半期Tokyo SOC情報分析レポート」を発表しました。「2015 IBMセキュリティ

2016年3月2日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Trend Labs 2015年 年間セキュリティラウンドアップ

購入・更新個人のお客さま法人のお客さま:新規の購入法人のお客さま:契約の更新法人のお客さま:購入関連情報情報と金銭を狙ったサイバー犯罪の矛先が法人に Trend Labs 2015年 年間セキュリティラウンドアップ2015年の最新脅威動向をまとめたレポートを以下よりダウンロードいただけます。目次(抜粋)日本セキュリティラウンドアップ気づけない標的型サイバー攻撃、4社に1社は侵入済み、発覚までに5か月以上日本を狙う「正規サイト汚染」、気づけない不正広告が7000サイト以上に影響脆弱性を利用した「自

2016年3月2日Lookoutフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「モバイル端末からの機密データ漏えいにおける経済的リスク」に係る調査

「Global 2000」の企業のモバイルセキュリティ状況を徹底解剖マルウェア感染端末一台あたり約100万円もの損失額モバイルセキュリティ分野で最先端を行くLookout, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO:ジム・ドルチェ、日本法人:ルックアウト・ジャパン株式会社、執行役社長:大須賀雅憲)は、プライバシー、データ保護や情報セキュリティに関する調査を得意とするPonemon Instituteと協力し、本日、調査報告書「モバイル端末からの機密データ漏えいにおける経済的リスク」を発表しま

2016年3月2日IBMフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

経営層を守る、サイバー・セキュリティーに関する経営層の見解(Securing the C-Suite, Cybersecurity Perspectives from the Boardroom and C-Suite)

IBMスタディー、サイバー犯罪対策に関して経営層とCISOの認識の相違が判明最新のセキュリティー情勢では、経営層が権限を委譲するための教育やエンゲージメントが必要 TOKYO - 29 2 2016:2016年2月29日[米国ニューヨーク州アーモンク - 2016年2月17日(現地時間)発]IBM(NYSE:IBM)セキュリティー事業およびIBM Institute for Business Value(IBV)は本日(現地時間)、700人以上のCxOと呼ばれる経営層を対象に実施した調査結果を発

2016年2月29日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

The Worldwide Wearables Market Leaps 126.9% in the Fourth Quarter and 171.6% in 2015, According to IDC

23 Feb 2016FRAMINGHAM, Mass. February 23, 2016 – The worldwide wearable device market took a big step forward in the fourth quarter of 2015 (4Q15), fueled by the growing popularity of fitness trackers and the Apple Watch. According to the Internation

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ