調査のチカラ TOP > 分類一覧 > セキュリティ/ネットワーク > 生活者と事業者を対象としたIDに関する実態調査

会員登録についての利用者・事業者それぞれの調査です。

生活者と事業者を対象としたIDに関する実態調査

利用者登録する商品・サービスを選別する傾向が強まった生活者と 顧客情報の鮮度維持を望む事業者 ~生活者と事業者を対象としたIDに関する実態調査~2012年2月8日株式会社野村総合研究所株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:嶋本 正、以下「NRI」)は、このほど国内の生活者には「利用者登録」に関して、また消費者向けのビジネス(以下「B to Cビジネス」)を営む事業者には「顧客情報の活用」をテーマに、それぞれアンケート調査を実施しました。生活者については、2008年度に実施

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

この調査データの評判(Twitter)

Afcffac8b570079e1bfe5c349e4e7be1_normal

利用者登録する商品・サービスを選別する傾向が強まった生活者と顧客情報の鮮度維持を望む事業者 ~生活者と事業者を対象としたIDに関する実態調査~ 野村総合研究所 http://t.co/wldPUIw1

1_normal

ネットサービス利用時に「確実に記憶することができる」と思っているIDとパスワードの組合せの数は、平均3.1個。2012/2/8の野村総合研究所のリリースから。http://t.co/cR3kz29G

Canyouinc_normal

野村総合研究所 生活者と事業者を対象としたIDに関する実態調査 http://t.co/uZsNk84J 確実に記憶することができると思っているログインIDとパスワードの組合せの数は平均3.1個程度

Logotip_normal

NRI - 利用者登録する商品·サービスを選別する傾向が強まった生活者と 顧客情報の鮮度維持を望む事業者 http://t.co/QYYIxC02 and http://t.co/rpfDrMoD

Fuzicha_normal

"生活者は商品・サービスの購入時に、事業者に個人情報を登録することに関して、商品・サービスによってその是非を選別する傾向が強くなっています。" http://t.co/YlKKnEq0

Image_normal

[NRI] 利用者登録する商品・サービスを選別する傾向が強まった生活者と顧客情報の鮮度維持を望む事業者 http://t.co/noAeFy6a

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ