調査のチカラ TOP > 分類一覧 > セキュリティ/ネットワーク > 2017年を代表するサイバー脅威

2017年を代表するサイバー脅威

■ 2017年のランサムウェアの傾向(カスペルスキー製品での観測※2)2017年に暗号化型ランサムウェアの攻撃に遭ったユニークユーザー数は約95万人でしたが、2016年は150万人前後でした。数が減少した原因は主に、検知手法の反映によるものです(たとえば、暗号化型マルウェアに関連していることの多いダウンローダーは、現在ヒューリスティック検知によってさらに正確に検出されるようになったため、当社のテレメトリーで収集されるランサムウェア関連の判定と同じ区分には分類されないようになりました)。今年猛威を

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ