調査のチカラ TOP > 分類一覧 > セキュリティ/ネットワーク

セキュリティ/ネットワーク | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む

2017年の日本のサイバーセキュリティ予測

2017年日本のサイバーセキュリティ予測2020年の東京五輪に向けて 中小企業のサイバーレジリエンスに 取り組む日本 本投稿は、米本社で連載されている「短期的展望」と「長期的展望」で探る2017年のサイバーセキュリティ予測シリーズの一部です。本記事は英語版でもご確認いただけます。日本では2020年に東京で開催される夏季オリンピックが大きな話題になっており、この機会に新たなビジネスチャンスの創出が期待されています。また一方で、サイバー攻撃による東京五輪大会運営の妨害や、国家安全保障に関わる秘密

2017年1月3日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Kaspersky Security Bulletin:数字で振り返る2016年のサイバー脅威

■ カスペルスキー製品での観測ユーザーのコンピューターの31.9%で、年間1回以上Webベースの攻撃を検知しました。全世界のユーザーの端末で検知されたオンラインリソースからの攻撃は、758,044,650件に上ります。約2億6100万(261,774,932)のURL(重複を除く)が、Webアンチウイルスコンポーネントによって悪意あるURLと判定されました。Webアンチウイルスコンポーネントで検知された、悪意あるオブジェクトの種類は、69,277,289です。カスペルスキー製品によって無害化され

2016年12月29日IPA★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年度情報セキュリティに対する意識調査

「2016年度情報セキュリティに対する意識調査」報告書について 掲載日 2016年12月20日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター インターネットサービスの拡充、普及に伴い、一般利用者はネットで容易に繋がり、交流することが可能になり、ネットは日常生活に不可欠な存在となっています。その一方で、現実社会のトラブルはネットに潜行し、被害者の低年齢化や脅威、トラブルが可視化されにくい状況を生み出しています。本調査は2005年から毎年、パソコンおよびスマートデバイス(SD)利用者を対

2016年12月29日東京商工リサーチフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内112銀行(2016年9月中間期単独決算ベース) 「リスク管理債権状況」調査

国内112銀行(2016年9月中間期単独決算ベース) 「リスク管理債権状況」調査 公開日付:2016.12.20 国内112銀行の2016年9月中間期決算の「リスク管理債権合計」は7兆6,448億円だった。前年同期に比べ7.7%減少し、9月中間期としては4年連続で前年同期を下回り、調査を始めた2008年以降では最低を記録した。政府の資金繰り支援策の倒産抑制効果が大きいとみられる。「リスク管理債権」は、大手行で7行のうち5行、地方銀行は64行のうち57行、第二地銀は41行のうち31行で前年同期を下

2016年12月29日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年第3四半期の脅威レポート

インテル セキュリティ、2016年第3四半期の脅威レポートを発表 企業のセキュリティ オペレーション センター(SOC)を対象に行われた調査では、回答者の93%が潜在的な脅威すべての優先度を判断することは不可能と認める組織はセキュリティに関するアラートの平均25%を十分に調査できていないことが明らかに回答者の67%が、セキュリティ インシデントが増加したと回答回答者の26%が、事前対策型のセキュリティ運用プランがあるにも関わらず、事後対応型の運用を行っていると回答2016年初め以降、ランサムウ

データ復旧業界の市場規模への調査結果(2015年)

2015年 データ復旧業界の市場規模についての調査結果を発表2016/12/20クラウド市場の成長やスマートフォンの普及を背景に、フラッシュストレージの採用は急速に伸びるもハードディスクのデータ復旧は今後、徐々に減少傾向と予測日本データ復旧協会、昨年に引続き、2015年(1-12月)のデータ復旧市場規模について統計データを発表HDDの復旧依頼件数は85,700台と微増データ復旧の業界団体である日本データ復旧協会(住所:東京都港区 以下、日本データ復旧協会)は、昨年(2014年(1月-12月)統計

2016年12月29日Webrootフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ウェブルート四半期脅威情報アップデート

個人のお客さま 法人のお客様 販売パートナー サポート 「ウェブルート四半期脅威情報アップデート」(2016年12月発行版):フィッシングサイトの84%は、存続期間が24時間未満 フィッシング攻撃がさらに蔓延し、巧妙化していることが明らかに 2016年12月12日―ウェブルート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:伊藤 誉三、以下 ウェブルート)は、フィッシングサイトの84%は24時間未満しか存続せず、平均的なライフサイクルは15時間未満であることを、最新の「ウェブルート四半期脅

2016年12月28日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Tripwire 2016 セキュリティ課題に関する調査 - 深刻化するデータ侵害

ホームページ » Tripwire 2016 セキュリティ課題に関する調査 – 深刻化するデータ侵害 Tripwire 2016 セキュリティ課題に関する調査 – 深刻化するデータ侵害Tripwire の依頼により Dimensional Research 社が実施した本調査では、組織のサイバーセキュリティおよびコンプライアンスプログラムを最適化するために、組織が対処する必要のある主な課題を評価しました。調査では、500 名超のITセキュリティのプロが回答しました。「セキュリティ要員のスキル不足

InfoCom ICT経済報告 2016年7-9月期

情報通信総合研究所(ICR - InfoCom Research,Inc)は情報通信専門のシンクタンクです。 2016年12月15日ICT財生産は4四半期ぶりに増加(株)情報通信総合研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:眞藤 務)は、情報通信(以下、ICT)産業が日本経済に与える影響を把握するために、九州大学篠﨑彰彦氏、神奈川大学飯塚信夫氏監修のもと作成した「ICT関連経済指標」を用いた分析を「InfoCom ICT経済報告」として四半期ごとに公表しております。本日、ICT経済概況につい

2016年12月23日MS&AD基礎研究所フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

セキュリティ被害の実態

2016.12.14セキュリティ被害の実態<アンケート調査>2016年11月、セキュリティ上の脅威を経験した全国の1,000人を対象に、「セキュリティ被害の実態」をテーマとする調査を実施しました。MS&AD基礎研究所株式会社(社長 深澤 良彦)は、2016年11月に、事前調査で何らかのセキュリティ上の脅威を経験した全国の1,000人(男性500人、女性500人)を対象に、「セキュリティ被害の実態」をテーマとする調査を実施しました。本レポートでは、セキュリティ被害の種類と、その時とった行動、金銭被

2016年12月22日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

カスペルスキーセキュリティ意識調査

[株式会社カスペルスキー] ,セキュリティ ウイルス マルウェア カスペルスキー 断捨離 Kaspersky ソフトウェアアップデート

2016年12月20日IDC★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内通信事業者のネットワーク設備投資市場予測

国内通信事業者のネットワーク設備投資市場予測を発表 国内通信事業者の2016年上半期ネットワーク設備投資は、前年同期比18.1%減。2016年通年の市場規模は前年比7.8%減の9,334億円と予測 移動体通信事業者は、異業種企業と連携し、5G通信網を活用したサービスの実証実験を加速 ネットワーク機器ベンダーは、新たな収益の柱として、市場拡大が見込まれるIoT向け通信関連ソリューション開発に積極的 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田

2016年12月18日Shred Gearフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

機密書類の取り扱いに関する調査報告書

機密書類の取り扱いに関する調査報告書

2016年12月18日Shred Gearフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

機密書類の入った鞄の置き忘れに関する調査レポート

機密書類の入った鞄の置き忘れに関する調査レポート

2016年12月12日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年と今後4年間のサイバー脅威予測

インテル セキュリティ、2017年と今後4年間のサイバー脅威予測を発表 ~ 脅威予測を通じて2017年以降のクラウドとIoTのセキュリティに関する知見を提供 ~~ サイバーセキュリティ業界として対応しなければならない6項目の課題を提起 ~2016年12月1日McAfee Labsが2017年の14項目のセキュリティ動向を予測今後4年間に予想されるクラウドの脅威11項目、法規制上の課題3項目、セキュリティ ベンダーが取るべき対応策10項目を指摘今後4年間のIoTに関するセキュリティ上の脅威、法規

2017年サイバー・セキュリティ動向予測

Menu 製品およびサービスに関する お問い合わせ(日本) >> チェック・ポイント、2017年サイバー・セキュリティ動向予測を発表 Check Point Press Releasesチェック・ポイント、2017年サイバー・セキュリティ動向予測を発表標的がモバイル、IoT、重要インフラ、クラウドなどへ深化拡大の傾向2016年11月30日ゲートウェイからエンドポイントまでの包括的セキュリティを提供するチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:ピータ

セキュリティ対策に関する意識調査

93%が自社のセキュリティ対策に不安と回答!?セキュアDBが...| メディアで多数の記事になった注目のプレスリリース 93%が自社のセキュリティ対策に不安と回答!? セキュアDBが意識調査結果を発表~入口対策は当たり前!今後は内部対策、出口対策こそが肝心という声多数~ データベース暗号化ソフトのリーディングベンダーである、セキュア・ディー・ビー・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:岩下 敏、以下 セキュアDB)は、2016年10月下旬に開催された「第6回 情報セキュリテ

2016年12月1日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年サイバー脅威の予測

[本リリースは、2016年11 月16日にKaspersky Labが発表したプレスリリースに基づいた抄訳です]Kaspersky Labのグローバル調査分析チーム(GReAT)は、年次のサイバー脅威動向レポートで、2017年のサイバー脅威の傾向と予測を次の通りまとめました。※1■ サイバー脅威の傾向IOCの信頼性が低下 脅威存在痕跡(Indicators of Compromise :IOC)はこれまで、マルウェアの特徴を共有し感染を検知する有効な手段でしたが、今年、GReATが標的型攻撃を行

グローバル情報セキュリティ調査2017(日本版)

PwC Japan、「グローバル情報セキュリティ調査2017(日本版)」を発表 ‐日本企業は、規制対応を優先し、個人データの利活用には消極的‐世界全体では人材不足を補うテクノロジーを積極的に活用 2016年11月18日PwCコンサルティング合同会社PwCサイバーサービス合同会社PwCあらた有限責任監査法人 PwCコンサルティング合同会社(東京都千代田区、代表執行役CEO:足立 晋)、PwCサイバーサービス合同会社(東京都中央区、代表執行役:足立 晋)、PwCあらた有限責任監査法人(東京都中央区

2016年11月28日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Kaspersky Labレポート:デジタル健忘症

ホーム カスペルスキーについて ニュース マルウェア 2016 <Kaspersky Labレポート:デジタル健忘症>日本のネット利用者の7割以上が「デジタルデバイスへの依存により昔に比べ記憶しなくなった」と回答、その傾向は30代未満でさらに強く

チェック・ポイント・セキュリティ・レポート2016年版

Menu 製品およびサービスに関する お問い合わせ(日本) >> 企業を狙った未知のマルウェアが前年比9倍に増加、従業員による新種マルウェアのダウンロードは4秒に1回発生 ― チェック・ポイント・セキュリティ・レポート2016年版を発表 ― Check Point Press Releases 企業を狙った未知のマルウェアが前年比9倍に増加、従業員による新種マルウェアのダウンロードは4秒に1回発生 ― チェック・ポイント・セキュリティ・レポート2016年版を発表 ― 調査対象企業の80%でフィ

2016年11月25日シマンテックフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ノートン サイバーセキュリティ インサイト レポート2016

ニュースルームシマンテックの最新ニュース Cyber Attacks on International Banks Show Links to Hackers Who Hit SonyCybersecurity specialists have found evidence suggesting that recent attacks on institutions in Poland are part of an international hacking effort targeting f

2016年11月25日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Kasperskyサイバー脅威レポート:2016年7月~9月

~日本は2四半期連続で暗号化型ランサムウェアの標的になった国のトップに ~[本リリースは、2016年11月3日にKaspersky Labが発表したリリースに基づいた抄訳です]Kaspersky Labがまとめた2016年第3四半期(7月~9月)のサイバー脅威レポートによると、暗号化型ランサムウェアに遭遇したユーザー数が821,865人にのぼり、2016年第2四半期(4月~6月)比2.6倍となりました。暗号化型ランサムウェアは、感染したデバイス上のファイルを暗号化して、復号と引き替えに金銭を要求

2016年11月25日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年第3四半期 セキュリティラウンドアップ

購入・更新個人のお客さま法人のお客さま:新規の購入法人のお客さま:契約の更新法人のお客さま:購入関連情報 2016年第3四半期 セキュリティラウンドアップ Trend Labs 2016年第3四半期 セキュリティラウンドアップ ダウンロード2016年7月~9月の最新脅威動向をまとめたレポートを以下よりダウンロードいただけます。目次(抜粋)日本セキュリティラウンドアップメール経由での不正プログラム拡散が激化し、検出台数は5倍に拡大前年同期比24.4倍、過去最大規模の拡大が続くランサムウェア国内ネッ

2016年11月25日akamaiフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年第3四半期の「インターネットの現状 - セキュリティレポート」

ウェブパフォーマンスウェブサイトの高速化による収益機会の拡大とビジネスの世界展開 - どこにいても、どんなデバイスでもアクセス可能に メディアデリバリー高品質メディアの大規模な配信、ワークフローの簡素化、視聴者に関する知見を得ることが可能に クラウドセキュリティウェブサイトとデータセンターのセキュリティを確保してダウンタイムとデータ窃盗のリスクを低減 ネットワーク事業者ネットワークトラフィックの最適化、新たな収益源の確保、コストの管理 クラウドネットワーキングエンタープライズネッ

2016年11月24日JPCERT/CCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

制御システムセキュリティに関するアセットオーナ実態調査

安全・安心なIT社会のための、国内・国際連携を支援する 制御システムセキュリティに関する報告書・資料 2016-11-15制御システムセキュリティに関するアセットオーナ実態調査2009-11-24制御システムセキュリティガイドライン、標準、及び認証への取り組みに関する分析2008-06-25「制御系プロトコルに関する調査研究」報告書2008-06-25国内の制御システム、制御系プロトコルに関する調査報告書 以下の各文書で紹介しているソフトウェア、バージョン、URL等は、各文書の発行時点のものであ

2016年11月24日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Tripwire調査:スマートグリッドに欠如するサイバーセキュリティプロテクション

Tripwire 調査:スマートグリッドに欠如するサイバーセキュリティプロテクションIT のプロの 98%がスマートシティに対するサイバー攻撃のリスクを懸念オレゴン州ポートランド、2016 年 10 月 18 日 –セキュリティ、コンプライアンスソリューションの主要なグローバルプロバイダである Tripwire, Inc. は、Tripwire の依頼により Dimensional Research 社が実施した調査の結果を発表しました。6月に実施された調査では、スマートシティテクノロジに関連す

2016年11月22日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

第3回「2016年のセキュリティ事件に関する意識調査」

第3回「2016年のセキュリティ事件に関する意識調査」を実施 インテル セキュリティ、2016年の10大セキュリティ事件ランキングを発表 ~ ランサムウェアや大規模な情報流出など、個人や企業への攻撃が顕著に デジタル経済を保護するサイバーセキュリティへの取り組みが必要な時代に ~2016年11月10日インテル セキュリティ(日本での事業会社:マカフィー株式会社、所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:山野 修)は本日、日本国内の経営層や情報システム部門などのビジネスパーソンを対象に「2016年の

HTMLメールの受信環境をまとめた調査レポート

ニュース - 2016年エクスペリアンジャパンおよびエクスペリアンに関するニュースやプレスリリースをご紹介します エクスペリアンジャパン HTMLメールの受信環境をまとめた調査レポートを発行~60.5%のユーザーはメールを10秒以上読んでいることを実証~このたび、エクスペリアンジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 CEO:有田道生、以下エクスペリアンジャパン)は、「BtoC市場におけるメールマガジン受信デバイスの利用実態レポート~2016年版 エクスペリアンジャパン開封エ

2016年11月12日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

SSL/TLSアプライアンス製品の暗号設定方法等の調査報告書

「SSL/TLSアプライアンス製品の暗号設定方法等の調査報告書」の公開 掲載日 2016年11月8日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター2015年5月、独立行政法人情報処理推進機構(以下、「IPA」という。)では、暗号技術評価プロジェクトCRYPTREC の活動を通じ、オンラインショッピング、インターネットバンキング、ネットトレードなどのサービスで使用するSSL(Secure Socket Layer)/TLS(Transport Layer Security)プロトコルの

2016年11月11日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

TRIPWIRE 2016 セキュリティ課題に関する調査 ー スキルのギャップ

ホームページ » TRIPWIRE 2016 セキュリティ課題に関する調査 ー スキルのギャップ TRIPWIRE 2016 セキュリティ課題に関する調査 ー スキルのギャップ今回のセキュリティ課題に関する調査では、500 名を超えるITセキュリティのプロフェッショナルに回答をいただいております。「サイバーセキュリティは非雇用者にとって成長産業であり、需要に対し供給が追いついていない状態です。賢い企業は、情報の保護に関し従業員を教育し、能力開発を行う効果的なプログラムを確立しなければなりません。

2016年11月8日IDC★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内ネットワーク機器市場 企業ユーザー動向調査

国内ネットワーク機器市場 企業ユーザー動向調査結果を発表 SD-WANの認知度は大企業でも50%に満たないが、導入意向は高く期待は大きい LANやデータセンターへのSDN技術導入は足踏み状態。一部にでも導入している企業の割合は、45%から48%へと前年からわずかな増加 「INSネット ディジタル通信モード」サービス終了は、大企業でも半数以上が認知していない。業界全体でのさらなる周知努力が必要 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九

2016年11月8日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Tripwire 2016 セキュリティ課題に関する調査 ? エンドポイントの増加

Tripwire 2016 セキュリティ課題に関する調査 – エンドポイントの増加調査に対し500名を超えるITセキュリティプロフェッショナルが回答「セキュリティアップデートの随時適用は、どの組織においてもリスクを低減するための最も効果的な方法です。しかし、いまだに多くの企業の課題となっています。導入されるデバイスの多様化が進むにつれ、アップデートの入手や管理はさらに難しくなります。組織はインシデントが発生する前の今こそ、戦略導入の必要があるのです。」 ティム・アーリン Tripwire IT

2016年11月7日ノークリサーチフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年中堅・中小企業におけるグループウェアの導入社数シェアと今後のニーズ

2016年中堅・中小企業におけるグループウェアの導入社数シェアと今後のニーズ

2016年11月7日ラックフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

JSOC INSIGHT vol.13

情報を守り、未来を創造するパイオニアとしての信頼と自信で、もっと先へ最高峰のセキュリティサービスと、ITトータルソリューションを提供します。 ご相談は予約不要、24時間対応緊急対応窓口:サイバー救急センター®セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。 緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。 ご相談は予約不要、24時間対応緊急対応窓口:サイバー救急センター® セキュリティ事故発生時はすぐにご連絡ください ラック、

2016年11月7日ノークリサーチフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年中堅・中小企業におけるバックアップ製品/サービスの導入社数シェアと今後のニーズ

2016年中堅・中小企業におけるバックアップ製品/サービスの導入社数シェアと今後のニーズ

2016年11月3日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

TRIPWIRE 2016 スマートシティ調査ーサイバーリスク

TRIPWIRE 2016 スマートシティ調査ーサイバーリスク6 月に実施された調査では、スマートシティ・テクノロジに関連するサイバーセキュリティの課題について評価を行いました。調査の回答者には、連邦政府および地方自治体で働く 203名の IT プロフェッショナルが含まれていました。「スマートシティは市民に優れた効率性をもたらします。しかしながら、そのような効率化の実現に用いられるインターネット接続がひとたび悪意を持った者に悪用されると、インフラストラクチャに損害を与えたり、人命すら奪われる可能

2016年11月3日JPCERT/CCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ソフトウェア等の脆弱性関連情報の取扱いに関する届出状況[2016年第3四半期(7月~9月)]

ソフトウェア等の脆弱性関連情報の取扱いに関する届出状況[2016年第3四半期(7月~9月)]

2016年11月2日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内企業向けモバイルセキュリティ市場予測

国内企業向けモバイルセキュリティ市場予測を発表 2015年の国内モバイルエンタープライズセキュリティ市場規模は前年比21.3%増の56億円。2015年~2020年の年間平均成長率は16.1%、2020年には118億円に拡大と予測 モバイルデバイスの利活用が浸透することで、オンプレミスとクラウド環境が混在するハイブリッド環境が拡大し、クラウド型セキュリティゲートウェイへのニーズが高まる 企業が許可していないモバイルデバイスやクラウドサービスなど「シャドーIT」環境を考慮したモバイルセキュリテ

2016年11月1日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内アプリケーションデプロイメント/構造化データ管理ソフトウェア市場予測

国内アプリケーションデプロイメント/構造化データ管理ソフトウェア市場予測を発表 2015年の国内アプリケーションデプロイメント/構造化データ管理ソフトウェア市場規模は4,113億円、前年比成長率5.0% 企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)へのニーズを取り込むことで市場は中期的に高成長。2015年~2020年の年間平均成長率は5.3%、2020年の市場規模は5,325億円と予測 ITサプライヤーは自身のビジネス体制をDX時代に適合したものに変化していく必要がある

2016年10月31日アドビ システムズ★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Adobe Digital Insights: スマホの利用増加に伴い、電子メールの利用時間が増加

Blog Post:※本ブログは、2016年9月26日に米国で公開されたCMO.com記事の抄訳版です。 【2016年10月21日】 「Adobe Digital Insights(ADI)」の新たな調査によると、消費者のモバイルへの移行により、米国では電子メールの利用が増加していることが明らかになりました。また、電子メールが進化しつつあり、インスタントメッセージや絵文字の利用が進み、スマートフォンで電子メールを利用する人が増えていることから、電子メールはフォーマルな通信手段ではなくなりつつあ

2016年10月26日ノークリサーチフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年中堅・中小企業におけるERP活用の実態と今後のニーズに関する調査

2016年中堅・中小企業におけるERP活用の実態と今後のニーズに関する調査

2016年10月26日ノークリサーチフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年中堅・中小企業向けセキュリティ製品/サービスの導入社数シェアとユーザ評価

2016年中堅・中小企業向けセキュリティ製品/サービスの導入社数シェアとユーザ評価

2016年10月25日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内情報セキュリティ成熟度に関するユーザー調査

国内情報セキュリティ成熟度に関するユーザー調査結果を発表 国内企業の半数以上が「限定的導入(ステージ2)」もしくは「標準基盤化(ステージ3)」の成熟度にとどまり、ITリソース全体に対するリスク管理を考慮した情報セキュリティ対策に取り組んでいない 国内企業の情報セキュリティへの取り組みは「標準基盤化(ステージ3)」より上のステージへの移行が米国企業と比較して遅れている 企業の経営者は情報セキュリティ責任者やセキュリティ担当幹部を取締役レベルに置き、情報セキュリティ責任者のリーダーシップの強化

2016年10月24日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

McAfee Labs脅威レポート 2016年第2四半期

『McAfee Labs脅威レポート 2016年第2四半期』 、医療機関に対するランサムウェア攻撃の危険性を調査 情報への迅速なアクセスを可能とするサービスを、途切れることなく提供するのは、決して簡単ではありません。古いシステム、まとまりの無い組織、一貫性に欠けたセキュリティのもとでこれを行うとしたら、それは途方もない作業になります。残念ながら、多くの医療機関はこのような状態で、犯罪者の不正侵入を招いています。ランサムウェアの攻撃対象は、個人ユーザーから、情報システムに大きく依存しながらセキュリ

2016年10月20日J.D. Powerフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年日本法人向けネットワークサービス顧客満足度調査

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さいX ネットワーク環境における今後の取り組み課題として「セキュリティ向上」が依然として最も多い。 市場では中部テレコミュニケーション(CTC)が11年連続で 報道用資料2016年日本法人向けネットワークサービス顧客満足度調査<当資料の要約>ネットワーク環境における今後の取り組み課題として「セキュリティ向上」が依然として最も

2016年10月20日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

攻撃の増加に反し、サイバーセキュリティ能力に自信過剰なエネルギー業界のITプロフェッショナル

メールマガジン製品に関する情報や、ホワイトペーパーの ご案内などをお送りいたします。 変更検知のデファクトスタンダードTripwireTripwire社の製品は、現在Fortune 500社の50%以上を含む、9,000社以上のお客様にご利用いただいております。 脆弱性管理ソリューションも新たに追加し、お客様のセキュリティ・リスク管理、コンプライアンスの実現をサポートします。

2016年10月20日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内データセンターネットワーク機器市場動向

国内データセンターネットワーク機器市場動向を発表 2015年の国内データセンターネットワーク機器市場は、前年比成長率10.4%で拡大 今後もクラウド、モバイル活用進展を原動力に成長が続き、2015年~2020年の年間平均成長率は2.8%と予測 データセンター向けイーサネットスイッチ市場では、シスコシステムズ、ブロケード、アリスタネットワークスが市場拡大をけん引。特にアリスタネットワークスが躍進 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区

2016年10月19日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内SD-WAN 企業ニーズ調査

SD-WAN導入に大きなメリットがあると回答した企業は、国内拠点については48.6%、海外拠点については59.5%にのぼる 一方、WANの課題解決策としてのSD-WANのマインドシェアは低い SD-WANの望ましい導入形態では、ベンダー製品の導入(83.7%)が、通信事業者の回線に組み込まれたサービスの利用(14.4%)を圧倒的に上回る IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-35

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ