調査のチカラ TOP > 分類一覧 > セキュリティ/ネットワーク

セキュリティ/ネットワーク | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2017年6月20日NTTドコモフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.8

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.8シニアの買い物事情 2割強がネットショッピング・宅配サービスを利用高齢者の買い物弱者が社会的課題として顕在化してきた中で、モバイル社会研究所ではシニアの買い物事情の実態を調査した。その結果、以下の事項が判明した。実店舗以外(宅配・ネット・TV)の買い物をおこなっているシニアは45%。「交通の便」「商品の充実」がお店を選ぶ理由として高い。 若い世代と比較すると「付加価値」が高く、「価格の安さ」は低い傾向(下記図参照)。ネットショッピング利用者と関係が

2017年6月18日矢野経済研究所★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

デジタルサイネージ市場に関する調査を実施(2017年)

2017年06月06日 デジタルサイネージ市場に関する調査を実施(2017年) ~スマートフォン連携、IoT活用等、コミュニケーションツールとしての需要が拡大~ 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のデジタルサイネージ市場の調査を実施した。1.調査期間:2017年2月~5月2.調査対象:デジタルサイネージシステム関連事業者、広告会社、ハウスエージェンシー、媒体社等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用<デジタルサイネージと

2017年6月18日IDC★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内企業向けネットワーク機器市場動向

国内企業向けネットワーク機器市場動向を発表 2016年の国内企業向けネットワーク機器市場は4.6%減。市場規模は2,053億円。 シスコシステムズが3つの製品分野すべてで2016年も首位。市場全体の2位、3位はアライドテレシス、ヤマハで、前年の混戦状態から一歩抜け出す。 企業向けネットワーク機器市場の2016年~2021年の年間平均成長率は、マイナス0.2%と予測。大きな成長は見込めないが安定した市場。 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京

2017年6月16日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内セキュリティ市場規模予測

2016年のセキュリティ製品市場規模は前年比5.1%増の2,839億円。2016年~2021年のCAGR(年間平均成長率)は4.1%で、2021年には3,477億円と予測 2016年のセキュリティサービス市場規模は7,190億円、前年比成長率5.1%。2016年~2021年のCAGRは5.6%で、2021年には9,434億円と予測 脅威インテリジェンスのデータフィードサービスや脅威インテリジェンス共有基盤の製品、サービスの提供を推進することが必要 IT専門調査会社 ID

2017年6月13日LINE★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

セキュリティリテラシー実態把握調査

LINE、6月9日の「サイバー防災の日」を前に 「セキュリティリテラシー実態把握調査」を実施2017.06.01All 全体の約割が“自分/周囲の人が乗っ取り被害経験あり”と回答パスワードを使いまわさない対策について意識しているのは全体の僅か割LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、「サイバー防災の日」として登録した6月9日*を前に、「セキュリティリテラシー実態把握調査」を実施いたしましたので、その結果をお知らせいたします。:詳細に関してはプレスリリース( https

2017年6月13日Dimension Dataフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年、IoTデバイスのセキュリティ不足に起因するDoS・DDoS攻撃が倍増

[] 2017年5月25日 ディメンションデータ シンガポール発 ー 2016年、DoS・DDoS攻撃が3%から6%へと倍増していたことが明らかになりました。原因は、インターネットに接続されたIoTデバイス[1]に十分なセキュリティが施されていなかったためです。IoT攻撃元の割合は、60%がアジア、21%がヨーロッパ・中東・アフリカ地域、19%が北南米でした。アジア発の攻撃が多くの割合を占めるのは、この地域のテクノロジーが昔から脆弱で、乗っ取られたインフラがさらに悪質な活動を実行するために再利用

2017年6月施行の中国サイバーセキュリティ法への対応状況に関する緊急調査

2017年6月施行の中国サイバーセキュリティ法への対応状況に関する緊急調査9割超が中国サイバーセキュリティ法の内容を知らないと回答 「中国サイバーセキュリティ法」に対する日本企業の対応状況関する調査を2017年4月21日~4月28日に実施し、106社から回答を得ました。 9割超が中国サイバーセキュリティ法の内容を知らないと回答対策を検討中および情報収集中の企業が5割と様子見の姿勢 2017年6月1日デロイト トーマツ リスクサービス株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長 丸山満彦)は

2017年6月9日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年第1四半期セキュリティラウンドアップ

03-5334-3601(月曜~金曜の9時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 03-5334-3601(月曜~金曜の9時~18時)ただし祝祭日および、その振替日を除きます 2017年第1四半期セキュリティラウンドアップ Trend Labs 2017年第1四半期 セキュリティラウンドアップ ダウンロード 2017年1月~3月の最新脅威動向をまとめたレポートを以下よりダウンロードいただけます。 日本セキュリティラウンドアップ・重大脆弱性

2017年6月6日IDC★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション(UC&C)市場予測

国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション(UC&C)市場予測を発表 2016年 国内UC&C市場規模は、前年比成長率2.9%増、2,502億円9,400万円。企業音声インフラのリプレイス需要は一巡、コラボレーションのクラウド移行が活発 2017年以降はクラウド型コラボレーション/Web会議サービスなどの成長により、2016年~2021年の年間平均成長率は2.4%、2021年市場規模は 2,818億1,500万円と予測 ITサプライヤーは、UC&C機能のクラウド提供を一層推進し、

2017年6月2日LINE★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

セキュリティリテラシー実態把握調査

【コーポレート】LINE、6月9日を「サイバー防災の日」記念日として登録2017.05.23Corporate Announcement インターネット上のトラブルから身を守る“サイバー防災訓練” 初実施LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、スマートフォンを筆頭にデジタルデバイスが普及した昨今、SNSアカウントの乗っ取りやハッキング、サービスの不正利用などインターネット上のトラブルが増加している背景をふまえ、毎年6月9日を「サイバー防災の日」として一般社団法人日本記

2017年6月2日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内法人ネットワークサービス利用動向の調査

~クラウド導入でWAN構築/運用管理負担が増加~ 国内法人ネットワークサービス利用動向の調査結果を発表 クラウドなどの新技術導入によって、過半数の企業で、WAN構築/運用負担が増加 負担の増加は、工数面よりスキル面で大きい 負担増加の対策として、約2割の企業がアウトソーシングを拡大したいと回答。アウトソーシングが徐々に増加する可能性が高まる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:

2017年6月2日デルフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

中堅企業向けバックアップ関連動向調査 デル

デル、バックアップに特化した中堅企業向け追跡調査結果を発表 ―ひとり情シスを支援するバックアップソリューションを提供開始― デル株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:平手智行、以下デル、URL:)は、中堅企業IT関連動向調査(2016年12月~2017年1月)の追跡調査として、「中堅企業向けバックアップ関連動向調査」を2017年4月~5月にかけて実施しました。秘匿性が高いことから、従来あまり公表されていなかったバックアップに関する動向や意識を分析した結果を受け、デルテクノロジーズ全体の

2017年5月31日akamaiフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017 年第 1 四半期の「インターネットの現状/セキュリティレポート」

ウェブパフォーマンスウェブサイトの高速化による収益機会の拡大とビジネスの世界展開 - どこにいても、どんなデバイスでもアクセス可能に メディアデリバリー高品質メディアの大規模な配信、ワークフローの簡素化、視聴者に関する知見を得ることが可能に クラウドセキュリティウェブサイトとデータセンターのセキュリティを確保してダウンタイムとデータ窃盗のリスクを低減 ネットワーク事業者ネットワークトラフィックの最適化、新たな収益源の確保、コストの管理 クラウドネットワーキングエンタープライズネッ

新しいITセキュリティ アーキテクチャへのニーズに関するグローバル調査(原題:The Need for a New IT Security Architecture: Global Study)

シトリックス、新しいITセキュリティ アーキテクチャへのニーズ について日本を含むグローバル調査の結果を発表 多くの日本人回答者が「ビジネスとIT運用管理の複雑さ(87%)」、「データ資産の増加(83%)」、「知識と資格を持ったセキュリティスタッフの不足(98%)」、「ステルス攻撃/サイバー攻撃の巧妙化(94%)」などをITセキュリティリスクとして認識 日本人回答者の72%が「セキュリティに対するマインドの向上やリスクの軽減には新しいITセキュリティのフレームワークが必要である。」と回

2017年5月22日総務省★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成28年度電波の利用状況調査の調査

総務省トップ > 広報・報道 > 報道資料一覧 > 「平成28年度電波の利用状況調査の調査結果」の公表及び「平成28年度電波の利用状況調査の評価結果(案)」に対する意見募集 報道資料「平成28年度電波の利用状況調査の調査結果」の公表及び「平成28年度電波の利用状況調査の評価結果(案)」に対する意見募集 総務省は、平成28年度電波の利用状況調査の調査結果を取りまとめましたので公表します。また、その結果を踏まえた電波の利用状況調査の評価結果(案)を作成しましたので、平成29年5月13日(土)から同年

2017年5月22日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

パスワードに関する各国でのアンケート調査

サイバーセキュリティに関する さまざまな課題解決のために NEW近年のサイバー攻撃の高度化・巧妙化への対策として、脅威情報の共有とその情報をもとに自動的に対処してい… 運営会社情報 マカフィーは世界最大規模の独立系サイバーセキュリティ企業です。業界、製品、組織、そして個人の垣根を超えて共に力を合わせることで実現する、より安全な世界を目指し、企業そして個人向けのセキュリティソリューションを提供しています。 セキュリティレポートサイバーセキュリティのギャップを埋める方法 戦略国際問題研究所が主

2017年5月19日マイボイスコムフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

外出先でのインターネット利用に関するアンケート調査に関するアンケート調査

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 外出先でのインターネット利用に関するアンケート調査 】に関するアンケート調査直近1年間に外出先でネット接続した人のうち、無料の公衆無線LAN利用者は5割弱。利用場所は「ホテル、宿泊施設」「駅構内、駅ホーム」が各4割 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『外出先でのインターネット利用に関するアンケート調査』に関するインターネット調査を2017年4月1日〜5日に実施し、10,975件の回答を集め

2017年5月19日NTTドコモフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.1

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.1シニアの9割がICT端末を所有 〜シニア=ICTから遠い存在という概念を払拭シニア(高齢者)がどのような組み合わせでICT端末を所有しているか分析した結果、「ケータイのみ」と「ケータイとパソコンの両方」を所有しているが、合わせて約6割を占めた。また「スマートフォンとパソコン」を所有しているが14%であった。さらに、「3つの端末どれも所有していない」が10%いるのに対し、「3つとも所有している」も10%存在し、シニアのICT所有状況は、個人によって大

2017年5月19日NTTドコモフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.2

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.2シニアのICT利用は多様化 〜使ってみたいサービス、キーワードは「健康」「安心」「家」シニア(高齢者)の約9割がICT端末を所有・利用しているが、ではどんなサービスを利用しているか12の例を挙げて尋ねた。その結果、「メール」が最も高く約6割が利用していた。次いで「情報の検索」「災害情報」「品物の注文」の順で利用が高く、3割を超えていた。その一方、「健康アドバイス」「安否確認」「ホームサービス」といったサービスはほとんど利用者がいなかった。しかしなが

2017年5月19日NTTドコモフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.4

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.4連絡手段 60代「ケータイ」70代「固定電話」〜年代で分かれた連絡手段、その理由を時代背景で読み解くシニア(高齢者)がICTを利用すると、どれ程人と人とのつながりを豊かにするか、その可能性を今回の調査を分析する中で探っていく。調査結果に基づき、シニア(高齢者)をグループ分けし、その傾向を明らかにした。その結果、シニアを4つのグループに分けることができた。約半数は人間関係が広がった・深くなった・広がり深くなった(双方型)のグループに属し、肯定的な見解

2017年5月19日NTTドコモフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.7

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.7シニアのICT利活用の伸びしろ「カルチャースクール」に可能性が!モバイル社会研究所では、シニアの日々の活動の実態を把握するため、「社会活動への参加」「カルチャースクールへの参加」「人との交流」それぞれ2つずつの質問を回答してもらうことで全体像の実態を掴むこととした。その結果、外部との接点が多い「地域で活躍」「教室でいきいき」と外部との接点が少ない「仲間・家族中心」「消極派」の4つのグループにシニアを分けることができた。 外部への接点が多いが、ICT

2017年5月19日NTTドコモフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.6

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.6シニアのフィーチャーフォン利用者でもスマホに強い関心を示す層が存在シニアの約3割がスマホを所有している状況の中で、スマホに対して一体どのようなイメージを持っているのか。今回、モバイル社会研究所では、シニアに対しスマホを持っている・持っていない両方の人に、ほぼ同じ質問でスマホに対するイメージ調査を行った。その結果、興味深い状況が浮き彫りとなった。スマホを持っている人の中には「積極派」から「消極派」まで存在した。一方、スマホを持っていない人でも、スマホ

2017年5月19日NTTドコモフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.5

アクティブシニアのICT利活用生活の検討No.53割のシニアがSNSを使い自ら情報発信する事に関心あり〜趣味との深い関係「写真」「美術」が鍵SNSを使い、自ら情報を発信しているシニアはいったいどれ程いるであろうか。また、今はおこなっていなくても、興味がある人はどれくらいいるのか。 シニアを対象とした調査の結果、現在発信をおこなっているのは約1割、今は使っていないが、今後使ってみたいと意向を表したシニアは2割弱存在し、合わせて3割弱が関心を持っていることが判明した。男女別にみると利用している割合に

2017年5月16日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内データセンター建設投資予測

2017年 国内事業者データセンターの新設/増設投資は799億円、前年比47.3%減の見込み。投資増減サイクルの減少期にあたるため 2018年は、東京都内や大阪府内を中心に大規模センターが新設されることから増加に転じる。新設/増設投資は1,288億円に 建設価格は緩やかに低下。データセンター建設投資に追い風となる IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1‐13‐5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内

2017年5月16日トレンドマイクロ★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内標的型サイバー攻撃分析レポート 2017年版

国内標的型サイバー攻撃の分析:巧妙化と高度化を続ける「気づけない攻撃」 トレンドマイクロでは、2016年に確認した日本国内における「標的型サイバー攻撃」に関しての分析を行いました。この分析では標的型サイバー攻撃を「初期潜入」、「端末制御」までの「侵入時活動」と、「情報探索」から「情報送出」に至るまでの「内部活動」の2段階にわけて分析を行っていますが、表面上は落ち着いているかに見える攻撃は、その内容を巧妙化、高度化させて継続している様が浮かび上がってきました。● 「初期潜入」の傾向「初期潜入」時

2017年5月11日マイボイスコムフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

マイボイスコム 外出先でのインターネット利用

インターネット調査・ネットリサーチなら、マイボイスコムへ【 外出先でのインターネット利用に関するアンケート調査 】に関するアンケート調査直近1年間に外出先でネット接続した人のうち、無料の公衆無線LAN利用者は5割弱。利用場所は「ホテル、宿泊施設」「駅構内、駅ホーム」が各4割 マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『外出先でのインターネット利用に関するアンケート調査』に関するインターネット調査を2017年4月1日〜5日に実施し、10,975件の回答を集め

2017年5月8日BROCADE★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

グローバル・デジタル・トランスフォメーション・スキル調査

ブロケードのグローバル調査で、ITスタッフの半数以上が今後12か月の業務に必要な「適切な」スキルの不足に悩んでいることが判明デジタル変革スキル競争ではドイツと米国の対応が早く、英国は立ち遅れブロケード(NASDAQ: BRCD)は本日、新しいグローバルデジタル変革スキル調査結果を発表しました。この調査の目的は、世界各国のITリーダーが、自分たちやチームについて、現在および将来の業務ニーズへの対応に適した人材と考えているかどうかを明らかにすることです。調査対象の6つの市場の中で、ドイツがもっともデ

2017年5月7日BBソフトサービスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネット詐欺リポート(2017年3月度)

インターネット詐欺、サイバー犯罪対策情報サイト オンラインセキュリティ インターネット詐欺リポート(2017年3月度)インターネット詐欺リポート(2017年3月度)~ 「あなたの家の家紋を作成します」新しい手口の偽販売サイトを検知 ~ 2017年4月27日このリポートについてBBソフトサービス(BBSS)の「Internet SagiWall™(インターネットサギウォール)」で検知したデータを基にした、2017年3月度のインターネット詐欺リポートです。このリポートは、日本のインターネット

2017年5月7日ベリタス★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

GDPRレポート 2017

GDPRレポート 2017

2017年5月5日ミック経済研究所フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場の現状と展望 2017年度版

情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場の現状と展望 2017年度版情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場の現状と展望 2017年度版【発 刊】2017年3月24日 【資料体裁・価格】[1]A4版500頁(ハードコピー版) 価格190,000円[2]ハードコピー版+PDF版 価格230,000円[3]CD-ROM版 価格380,000円[4]セット版(CD-ROM+製本) 価格540,000円※価格は消費税を含みません。※コピー製本資料はコピー厳禁。CD-ROM

企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2017

「企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2017」報告書について2017.04.24省庁・団体名独立行政法人情報処理推進機構内容 2015年12月、経済産業省とIPAが共同で策定した「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」が公開されました(*1)。またこれを受け、IPAではCISO等を想定読者に「サイバーセキュリティ経営ガイドライン解説書」を昨年12月8日に公開しています。同ガイドラインにはサイバーセキュリティ経営の3原則(*2)があり、うち1つに経営者がサイバーセキュリティリスクを認識し、

2017年5月5日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2017年 国内企業の情報セキュリティ対策実態調査

2017年 国内企業の情報セキュリティ対策実態調査結果を発表  2017年度の情報セキュリティ投資は2016年度に続き増加傾向。投資を増やす企業では、アイデンティティ/アクセス管理を投資重点項目に上げる企業が多い  外部脅威対策の導入は進んでいるが内部脅威対策の導入は遅れている。一方、クラウド環境では内部脅威対策であるアイデンティティ/アクセス管理の導入が進んでいる  重大なセキュリティ被害に遭った企業が増加し、さらに復旧や賠償金などにかかった費用も増えた。また、ランサムウェア被害に遭った

2017年4月26日矢野経済研究所フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

危機管理(事業継続/防災/情報セキュリティ)ソリューション市場に関する調査を実施(2017年)

プレスリリース危機管理(事業継続/防災/情報セキュリティ)ソリューション市場に関する調査を実施(2017年)2017年04月18日 危機管理(事業継続/防災/情報セキュリティ)ソリューション市場に関する調査を実施(2017年) ~東京オリンピック・パラリンピックを控え、サイバーテロ攻撃対策強化がさらに進むと予測~ 調査要綱 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内の危機管理ソリューション市場に関する調査を実施した。1.調査期間:2017年1月~3月2.調査対象:危機管理ソリューション提供事業者(

2017年4月26日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報保護対策製品の国内市場予測

2016年の国内DLP(Data Loss Prevention)市場規模は前年比1.1%増の56億円。2016年~2021年の年間平均成長率は3.9%で、2021年には68億円と予測 2016年の国内暗号化/鍵管理市場規模は前年比3.4%増の129億円。2016年~2021年の年間平均成長率は3.5%で、2021年には153億円と予測 国内の法規制だけでなく、海外の法規制への理解を深めて、情報保護対策を進める必要がある IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(

2017年4月25日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年第4四半期の脅威レポート

レポートMcAfee Labs脅威レポート2017年4月Miraiボットネットは、セキュリティ対策が不十分なIoTデバイスを攻撃し、過去最大規模の分散型サービス拒否攻撃を実行しました。McAfee Labs についてはじめにMcAfee Labs は世界で最先端の脅威研究機関で、脅威情報やサイバーセキュリティに関する最新の情報を提供しています。世界各地に配備した数百万台のセンサーからデータを収集し、ファイル、Web、メール、ネットワークなどに対する脅威を研究・調査し、脆弱性の報告を行っています。

2017年4月24日総務省★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

熊本地震における情報通信の在り方に関する調査

報道資料熊本地震における情報通信の在り方に関する調査結果 総務省は、(株)三菱総合研究所に委託し、熊本地震の発災時から平成28年5月末頃までにおける被災者の方々の情報行動やICTの活用状況についてアンケート及びインタビュー調査を実施し、その結果を取りまとめましたので、公表します。今後、この調査結果の内容を平成29年版情報通信白書に盛り込むとともに、災害時における情報通信の在り方に関する政策検討の基礎資料とすることとしています。1 調査の概要 (1)調査対象地域熊本県熊本市、益城町、宇城市、西原村

2017年4月23日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2017

「企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2017」報告書について掲載日 2017年4月13日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター 2015年12月、経済産業省とIPAが共同で策定した「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」が公開されました(*1)。またこれを受け、IPAではCISO等を想定読者に「サイバーセキュリティ経営ガイドライン解説書」を昨年12月8日に公開しています。同ガイドラインにはサイバーセキュリティ経営の3原則(*2)があり、うち1つに経営者がサイバーセキュ

大手企業のビジネスチャットツール導入実態調査

ニュースプレスリリース大手企業のビジネスチャットツール導入実態調査を実施チャットツールの企業導入は約3割2017年4月13日 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(代表取締役社長:菊地 哲、本社:東京都千代田区、以下:CTC)は、2017年2月に、売上規模100億円以上、従業員数200名以上の企業に勤務する役職者(有効回答412名)を対象として、「大手企業のビジネスチャットツール導入実態調査」を実施しました。主な調査結果チャットツール、ビジネスチャットツール

2017年4月19日ラックフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

JSOC INSIGHT vol.15

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した ITトータルソリューションで、未来をきり拓く 情報を守り、未来を創造するパイオニアとしての信頼と自信で、もっと先へ最高峰のセキュリティサービスと、ITトータルソリューションを提供します。 ご相談は予約不要、24時間対応緊急対応窓口:サイバー救急センター®セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。 緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。 ご相談は予約不要、24時間対応緊急対応

2017年4月14日野村総合研究所フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業における情報セキュリティ実態調査 2017

 事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 サステナビリティTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「

2017年4月14日東京商工リサーチフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年度「コンプライアンス違反」倒産動向

公開日付:2017.04.07 2016年度(2016年4月-2017年3月)に業法・法令違反や脱税、粉飾決算、偽装など「コンプライアンス違反」が一因になった倒産は178件(前年度191件)発生、2年連続で前年度を下回った。企業にコンプライアンス順守の意識が浸透すると同時に、全体の企業倒産が各種支援策に支えられて低水準をたどり、コンプライアンス違反が一因となった経営破綻が表面化しにくい状況も影響しているとみられる。2016年度の違反内容別では、明らかな業法・法令違反、脱税・滞納など「税金」関連が

2017年4月14日Avast Softwareフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

オンライン上のアカウント情報に対する価値の認識と実際に講じられている保護策に関する調査

オンライン上のアカウント情報に対する価値の認識と実際に講じられている保護策に関する調査

2017年4月11日NRIセキュアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業における情報セキュリティ実態調査 グローバル編

ホーム › お知らせ › 「企業における情報セキュリティ実態調査 グローバル編」を公開〜米国とシンガポール企業との国際比較調査を実施〜お知らせ「企業における情報セキュリティ実態調査 グローバル編」を公開 〜米国とシンガポール企業との国際比較調査を実施〜2017年3月31日 NRIセキュアテクノロジーズ株式会社NRIセキュアテクノロジーズ株式会社(以下「NRIセキュア」)は、米国とシンガポールにある企業の情報セキュリティに対する取り組みについてアンケートを行い、その結果を分析し、報告書「NRI S

バックアップに関する調査

メディア関係者連絡先: アクロニス・ジャパン電子メール:アクロニス、3月31日のWORLD BACKUP DAYに合わせ、バックアップに関する調査結果を発表セキュリティリスクとデータ保護に対する備えに、深刻なギャップがあることが明らかに次世代データ保護におけるグローバルリーダであるアクロニス・ ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 大岩憲三、以下アクロニス)は、本日、アクロニスが実施したバックアップに関する調査結果を発表いたしました。深刻なマルウェアの脅威であるランサムウェアの2017

2017年4月9日エムオーテックスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

セキュリティ教育の実態調査

~NO MORE 情報漏えいプロジェクト~全国47都道府県のビジネスパーソン1,410名&情報システム部門担当100名に聞いた「セキュリティ教育の実態調査」エムオーテックス株式会社(本社:大阪市淀川区、代表取締役社長:河之口達也、以下MOTEX)は、社会的問題である「情報漏えい」の解決、防止に貢献していく“NO MORE 情報漏えいプロジェクト”を2014年10月に発足しました。同プロジェクトでは、セキュリティの原理原則をまとめたセキュリティブック『7つの習慣・20の事例』の提供を2017年2月

2017年4月9日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

情報セキュリティに関するサプライチェーンリスクマネジメント調査

HOME情報セキュリティ「情報セキュリティに関するサプライチェーンリスクマネジメント調査」報告書について 「情報セキュリティに関するサプライチェーンリスクマネジメント調査」報告書について 掲載日 2017年3月30日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター 今日、ITシステムや提供する製品・サービスにおいて設計・開発・製造、及び運用・保守・廃棄に至るまでのプロセスの一部を外部委託することは一般的となっています。国内において企業内における情報セキュリティマネジメントへの取組みは浸

2017年4月9日IBMフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年は漏えいした記録と発見された脆弱性が歴史的な件数に達したことが判明

IBM X-Force調査:2016年は漏えいした記録と発見された脆弱性が歴史的な件数に達したことが判明 サイバー犯罪者は非構造化データを収集、スパムはランサムウェアの広がりに伴って400%急増 TOKYO - 30 3 2017:2017年3月30日 [米国マサチューセッツ州ケンブリッジ - 2017年3月29日(現地時間)発]IBMセキュリティーは本日(現地時間)、2017年の「IBM® X-Force脅威インテリジェンス指標」の結果を発表しました。この指標により、漏えいした記録の件数が、2

2017年4月6日経済産業省★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成28年情報通信業基本調査

平成28年情報通信業基本調査の結果を取りまとめました 経済産業省及び総務省は、我が国の情報通信業全体を包括的に把握するための調査として「情報通信業基本調査」の第7回調査結果(平成27年度実績)を取りまとめました。 1.結果概要 (1)情報通信業の概要 (1)情報通信業(※1)を営む企業(少しでも情報通信業を営んでいる企業をいう)の数は5,474社、情報通信業に係る平成27年度売上高は48兆504億円(前年度比3.3%増)(情報通信業以外の分野も含めた売上高は71兆9,513億円)でした。 情報

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ