調査のチカラ TOP > 分類一覧 > セキュリティ/ネットワーク

セキュリティ/ネットワーク | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2016年11月8日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Tripwire 2016 セキュリティ課題に関する調査 ? エンドポイントの増加

Tripwire 2016 セキュリティ課題に関する調査 – エンドポイントの増加調査に対し500名を超えるITセキュリティプロフェッショナルが回答「セキュリティアップデートの随時適用は、どの組織においてもリスクを低減するための最も効果的な方法です。しかし、いまだに多くの企業の課題となっています。導入されるデバイスの多様化が進むにつれ、アップデートの入手や管理はさらに難しくなります。組織はインシデントが発生する前の今こそ、戦略導入の必要があるのです。」 ティム・アーリン Tripwire IT

2016年11月8日IDC★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内ネットワーク機器市場 企業ユーザー動向調査

国内ネットワーク機器市場 企業ユーザー動向調査結果を発表 SD-WANの認知度は大企業でも50%に満たないが、導入意向は高く期待は大きい LANやデータセンターへのSDN技術導入は足踏み状態。一部にでも導入している企業の割合は、45%から48%へと前年からわずかな増加 「INSネット ディジタル通信モード」サービス終了は、大企業でも半数以上が認知していない。業界全体でのさらなる周知努力が必要 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九

2016年11月7日ラックフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

JSOC INSIGHT vol.13

トップレベルのセキュリティ技術を駆使した ITトータルソリューションで、未来をきり拓く 情報を守り、未来を創造するパイオニアとしての信頼と自信で、もっと先へ最高峰のセキュリティサービスと、ITトータルソリューションを提供します。 ご相談は予約不要、24時間対応緊急対応窓口:サイバー救急センター®セキュリティに係るお客様の緊急事態に際し迅速にお客様をご支援する緊急対応サービスです。 緊急事態が発生したら今すぐ「サイバー救急センター」にご相談ください。 ご相談は予約不要、24時間対応緊急対応

2016年11月7日ノークリサーチフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年中堅・中小企業におけるグループウェアの導入社数シェアと今後のニーズ

2016年中堅・中小企業におけるグループウェアの導入社数シェアと今後のニーズ

2016年11月7日ノークリサーチフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年中堅・中小企業におけるバックアップ製品/サービスの導入社数シェアと今後のニーズ

2016年中堅・中小企業におけるバックアップ製品/サービスの導入社数シェアと今後のニーズPRESS RELEASE(報道関係者各位)2016年10月21日2016年中堅・中小企業におけるバックアップ製品/サービスの導入社数シェアと今後のニーズ調査設計/分析/執筆: 岩上由高ノークリサーチ(本社〒120-0034 東京都足立区千住1-4-1東京芸術センター1705:代表:伊嶋謙ニ TEL:03-5244-6691URL:http//www.norkresearch.co.jp)は2016年の国内中

2016年11月3日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

TRIPWIRE 2016 スマートシティ調査ーサイバーリスク

TRIPWIRE 2016 スマートシティ調査ーサイバーリスク6 月に実施された調査では、スマートシティ・テクノロジに関連するサイバーセキュリティの課題について評価を行いました。調査の回答者には、連邦政府および地方自治体で働く 203名の IT プロフェッショナルが含まれていました。「スマートシティは市民に優れた効率性をもたらします。しかしながら、そのような効率化の実現に用いられるインターネット接続がひとたび悪意を持った者に悪用されると、インフラストラクチャに損害を与えたり、人命すら奪われる可能

2016年11月3日JPCERT/CCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ソフトウェア等の脆弱性関連情報の取扱いに関する届出状況[2016年第3四半期(7月~9月)]

ソフトウェア等の脆弱性関連情報の取扱いに関する届出状況[2016年第3四半期(7月~9月)]

2016年11月2日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内企業向けモバイルセキュリティ市場予測

国内企業向けモバイルセキュリティ市場予測を発表 2015年の国内モバイルエンタープライズセキュリティ市場規模は前年比21.3%増の56億円。2015年~2020年の年間平均成長率は16.1%、2020年には118億円に拡大と予測 モバイルデバイスの利活用が浸透することで、オンプレミスとクラウド環境が混在するハイブリッド環境が拡大し、クラウド型セキュリティゲートウェイへのニーズが高まる 企業が許可していないモバイルデバイスやクラウドサービスなど「シャドーIT」環境を考慮したモバイルセキュリテ

2016年11月1日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内アプリケーションデプロイメント/構造化データ管理ソフトウェア市場予測

国内アプリケーションデプロイメント/構造化データ管理ソフトウェア市場予測を発表 2015年の国内アプリケーションデプロイメント/構造化データ管理ソフトウェア市場規模は4,113億円、前年比成長率5.0% 企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)へのニーズを取り込むことで市場は中期的に高成長。2015年~2020年の年間平均成長率は5.3%、2020年の市場規模は5,325億円と予測 ITサプライヤーは自身のビジネス体制をDX時代に適合したものに変化していく必要がある

2016年10月31日アドビ システムズ★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Adobe Digital Insights: スマホの利用増加に伴い、電子メールの利用時間が増加

Blog Post:「Adobe Digital Insights(ADI)」の新たな調査によると、消費者のモバイルへの移行により、米国では電子メールの利用が増加していることが明らかになりました。また、電子メールが進化しつつあり、インスタントメッセージや絵文字の利用が進み、スマートフォンで電子メールを利用する人が増えていることから、電子メールはフォーマルな通信手段ではなくなりつつあります。 1,000人以上のホワイトカラーの米国人を対象とした調査「Adobe Email Survey 2016(

2016年10月26日ノークリサーチフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年中堅・中小企業向けセキュリティ製品/サービスの導入社数シェアとユーザ評価

2016年中堅・中小企業向けセキュリティ製品/サービスの導入社数シェアとユーザ評価

2016年10月26日ノークリサーチフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年中堅・中小企業におけるERP活用の実態と今後のニーズに関する調査

2016年中堅・中小企業におけるERP活用の実態と今後のニーズに関する調査

2016年10月24日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

McAfee Labs脅威レポート 2016年第2四半期

サイバーセキュリティに関する さまざまな課題解決のために NEW近年のサイバー攻撃の高度化・巧妙化への対策として、脅威情報の共有とその情報をもとに自動的に対処してい… 運営会社情報 マカフィーは世界最大規模の独立系サイバーセキュリティ企業です。業界、製品、組織、そして個人の垣根を超えて共に力を合わせることで実現する、より安全な世界を目指し、企業そして個人向けのセキュリティソリューションを提供しています。 セキュリティレポートサイバーセキュリティのギャップを埋める方法 戦略国際問題研究所が主

2016年10月20日J.D. Powerフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年日本法人向けネットワークサービス顧客満足度調査

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さいX ネットワーク環境における今後の取り組み課題として「セキュリティ向上」が依然として最も多い。 市場では中部テレコミュニケーション(CTC)が11年連続で 報道用資料2016年日本法人向けネットワークサービス顧客満足度調査<当資料の要約>ネットワーク環境における今後の取り組み課題として「セキュリティ向上」が依然として最も

2016年10月20日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

攻撃の増加に反し、サイバーセキュリティ能力に自信過剰なエネルギー業界のITプロフェッショナル

メールマガジン製品に関する情報や、ホワイトペーパーの ご案内などをお送りいたします。 変更検知のデファクトスタンダードTripwireTripwire社の製品は、現在Fortune 500社の50%以上を含む、9,000社以上のお客様にご利用いただいております。 脆弱性管理ソリューションも新たに追加し、お客様のセキュリティ・リスク管理、コンプライアンスの実現をサポートします。

2016年10月14日J.D. Powerフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年法人向けテクニカルサポートコールセンター満足度調査

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さいX リコージャパン、NECフィールディング、富士ゼロックス、大塚商会が各製品部門において第1位 2016年法人向けテクニカルサポートコールセンター満足度調査 報道用資料リコージャパン、NECフィールディング、富士ゼロックス、大塚商会が各製品部門において第1位。 調査対象とした4つの製品別にみると、テクニカ

2016年10月12日日本産業協会フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年7月の迷惑メールの傾向

モニター機の受信数が2カ月連続で大幅に増加し、情報提供受付分の2倍以上の受信数となりました。海外発の発信国別受信割合は、シンガポール、アメリカともに受信数の増加が続いています。日本語メールについては、ワースト10のすべての国で9割を超え、バングラデシュ、カンボジアは100%となっています。 モニター機で受信した海外発メールの分析です。特定商取引法の調査のため国内に設置していることから、海外発メールについても日本語率が高いのが特徴です。2011年に入ってからは、英文メールが中心だった

2016年10月11日ITRフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

セキュリティ関連製品および施策のユーザー動向調査

セキュリティ対策を運用するうえでの最大の課題は「人材の確保と育成」ITRが、セキュリティ関連製品および施策のユーザー動向調査結果を発表 2016年10月4日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、セキュリティ関連の製品および施策についてのユーザー動向について調査を行い、本日、調査結果の中からセキュリティ対策を運用するうえでの現在の課題について発表いたします。 ■セキュリテ

2016年10月9日アイティメディア★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

身代金ウイルス「ランサムウェア」対策に関する調査レポート

TechTargetジャパンは2016年6月20日から7月15日にかけて、TechTargetジャパン会員を対象に身代金要求型不正プログラム「ランサムウェア」に関するアンケート調査を実施した。その結果からは、ランサムウェア被害の有無や、企業がランサムウェア対策を進める上での課題、危機意識などが明らかになった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したレポートは、文末のリンクから会員限定で閲覧可能)。調査概要目的: TechTargetジャパン会員を対象に、ランサムウェアについて調査するた

2016年10月9日矢野経済研究所★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ビル管理市場に関する調査を実施(2016年)

2016年10月03日 ビル管理市場に関する調査を実施(2016年) 調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のビル管理市場の調査を実施した。1.調査期間:2016年6月~9月2.調査対象:ビル管理事業者3.調査方法:当社専門研究員による直接取材、及び電話アンケート調査、文献調査併用<ビル管理市場とは>本調査におけるビル管理市場とは、ビルの清掃、設備管理、警備業務等の受託サービスを対象とし、市場規模は元請金額ベースにて算出した。なお、ビル管理事業者が請け負う修繕工事、改修工事、リニューア

2016年10月5日KASPERSKY labフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

年齢とセキュリティ知識は比例するか?

年齢とセキュリティ知識は比例するか?

2016年10月3日シマンテックフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

DDoS 攻撃が広がる IoT デバイス

DDoS 攻撃が広がる IoT デバイス

2016年9月26日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年第2四半期の脅威レポート

インテル セキュリティ、2016年第2四半期の脅威レポートを発表 1億2,100万米ドル(約121億円*)規模のランサムウェア ネットワークでの取引を調査した結果、特定のビットコイン アカウント経由で病院を標的とした攻撃の身代金として、10万米ドル(約1,000万円*)支払われたことが明らかに情報漏えいに関する調査で、業界別では医療業界および製造業の情報漏えい対策が最も遅れており、調査対象企業の25%以上が従業員や顧客のデータ共有やアクセスを監視していないことが明らかにユーザーの操作やUSBな

2016年9月25日KASPERSKY labフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年度 企業の情報セキュリティリスク調査

企業における情報セキュリティの経済的影響:エグゼクティブサマリー 概要2016年、Kaspersky LabはB2B International社と共同で、世界25か国の4,000社を超える企業を対象に、情報セキュリティ予算、インフラの複雑さ、セキュリティ脅威とセキュリティソリューションに対する姿勢、データ侵害による実際のコスト、セキュリティインシデントの経験について調査を実施しました。本レポートは、自社を保護するために企業がかけるコスト、サイバーセキュリティインシデントからの復旧にかかるコスト

2016年9月25日IDC★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内標的型サイバー攻撃対策市場予測

国内標的型サイバー攻撃対策市場予測を発表 2015年の標的型サーバー攻撃向け特化型脅威対策製品市場は前年比77.9%増の92億円。2015年~2020年の年間平均成長率は22.1%、2020年には251億円と予測 2015年の標的型サイバー攻撃向けセキュリティサービス市場は前年比7.6%増の3,666億円。2015年~2020年の年間平均成長率は7.6%、2020年には5,290億円と予測 サイバーセキュリティソリューションを提供するベンダーは、産業特化型標的型サイバー攻撃向け対策ソリュー

2016年9月22日ITR★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内のユーザー間ファイル転送市場規模推移および予測

ユーザー間ファイル転送市場の2020年度売上金額は2015年度から倍増ITRがユーザー間ファイル転送市場規模推移および予測を発表 2016年9月15日株式会社アイ・ティ・アール 独立系ITコンサルティング・調査会社である株式会社アイ・ティ・アール(所在地:東京都新宿区、代表取締役:内山悟志、以下「ITR」)は、国内のユーザー間ファイル転送市場規模推移および予測を発表しました。ユーザー間ファイル転送市場は2015年度に前年度比19.2%増に2016年度のユーザー間ファイル転送市場は2番手以下の

2016年9月21日Tripwireフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Tripwire Black Hat 2016 調査: ランサムウェアとフィッシング詐欺

Tripwire Black Hat 2016 調査: ランサムウェアとフィッシング詐欺Black Hat USA 2016 に参加した 220 人超の情報セキュリティプロフェッショナルが、Tripwireが行った調査に参加しました。ランサムウェア感染からのリカバリについては、データの復旧手順から身代金の支払いまで、しっかりと文書化されています。 企業はデータの復旧に関連するコストについて理解し、ランサムウェアの感染に備えることが重要です。データのコピー 3 セットを、2 つの異なるタイプのメデ

2016年9月21日住友生命保険フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「ビジネスパーソンと”ネットワーク”」アンケート

「ビジネスパーソンと”ネットワーク”」アンケート

2016年9月21日FFRIフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Monthly Research 「Black Hat USA 2016 サーベイレポート」

世界トップレベルのセキュリティ・リサーチ・チームを作り、 コンピュータ社会の健全な運営に寄与します。 Monthly Research 「Black Hat USA 2016 サーベイレポート」 Black Hat USA は世界最大級のセキュリティカンファレンスです。その発表内容は高度で新規性が高い脅威実証や防御技術が中心でした。多くの研究発表の中からFFRIリサーチャーが注目した研究発表を紹介します。FFRIリサーチャーが注目した研究発表CANSPY: A Platform For Audi

2016年9月19日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

法人組織におけるセキュリティ対策 実態調査 2016年版

トレンドマイクロについて 法人組織におけるセキュリティ対策 実態調査 2016年版を発表~約4割が情報漏えいなどの「深刻なセキュリティインシデント」を経験年間被害総額は平均2億1,050万円と前年比約1.6倍の大幅な増加 ~2016年9月12日トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン、東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、官公庁自治体および民間企業における情報セキュリティ対策の意思決定者および意思決定関与者1,375名を対象に、セキュリティ

2016年9月16日シマンテック★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ノートン オンラインセキュリティ消費者意識調査

ニュースルームシマンテックの最新ニュース シマンテック、日本のセキュリティオペレーションセンターを拡大株式会社シマンテック(本社:東京都港区赤坂、以下シマンテック)は、東京セキュリティオペレーションセンター(SOC)を拡大することを発表しました。SOCの強化により、日本企業はクラウドとオンプレミスの両方で攻撃検知から対応までの時間短縮と運用コスト削減を図れるほか、サイバー攻撃に先回りして備えることができます。 詳細はこちら > 消費者のフリーWi-Fiへの依存が明らかに 「フリーWi-Fiは安

2016年9月15日IBMフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年上半期Tokyo SOC情報分析レポート

Share this pageVisit us on FacebookVisit us on GoogleVisit u videos LinkedinVisit us on Twitter

2016年9月12日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Hacking the Skills Shortage(人材不足の解消)

インテル セキュリティ調査 サイバー セキュリティの人材不足による民間/国家組織の脆弱性が明らかに ~ IT専門家の82%がサイバー セキュリティの人材不足を認識 日本では組織幹部がサイバー セキュリティを重視していると回答した割合が調査8カ国中で最低 ~2016年9月6日ニュース・ハイライトインテル セキュリティと米国のシンクタンクである戦略国際問題研究所(CSIS)が新たに発表した調査レポートで、日本、オーストラリア、フランス、ドイツ、イスラエル、メキシコ、アメリカ、イギリスにおけるサイバ

2016年9月8日IDCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

国内エッジコンピューティング市場分析

~IoTで再び注目~国内エッジコンピューティング市場分析結果を発表 エッジコンピューティングは、クラウドコンピューティングと並ぶ重要概念 IoT時代のエッジコンピューティングはアナリティクス志向 エッジコンピューティングは、将来、データ流通基盤に発展 IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社(所在地:東京都千代田区九段北1-13-5、代表取締役:竹内正人、Tel代表:03-3556-4760)は、国内エッジコンピューティング市場の分析結果を発表しました。広域

2016年9月7日securelistフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Kasperskyサイバー脅威レポート:2016年4月~6月

All the statistics used in this report were obtained using Kaspersky Security Network (KSN), a distributed antivirus network that works with various anti-malware protection components. The data was collected from KSN users who agreed to provide it. M

2016年9月7日J.D. Powerフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年日本法人向けIP電話・直収電話サービス顧客満足度調査

このサイトはCookieを使用しています。サイトを引き続きご覧になる場合はCookieの使用を許可して下さい。詳しくは“Cookie ポリシー”をご覧下さいX 2016年日本法人向けIP電話・直収電話サービス顧客満足度調査同一サービスを長期利用する企業が年々増加 同一サービスを長期利用する企業が年々増加。CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関である株式会社J.D. パワー アジア・パシフィック(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木郁、略称:J.D. パワー)は

2016年9月4日野村総合研究所フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

サイバーセキュリティ傾向分析レポート 2016

 事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 サステナビリティTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「

2016年9月1日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年上半期 セキュリティラウンドアップ

購入・更新個人のお客さま法人のお客さま:新規の購入法人のお客さま:契約の更新法人のお客さま:購入関連情報Trend Labs 2016年上半期 セキュリティラウンドアップ ダウンロード2016年1月~6月の最新脅威動向をまとめたレポートを以下よりダウンロードいただけます。目次(抜粋)日本セキュリティラウンドアップ日本国内で過去最大のランサムウェア被害水面下で継続する標的型サイバー攻撃マルウェアスパムによる金銭目的脅威の拡散が顕著ネットバンキングを狙う脅威も拡大、検出台数は2倍公開サーバ上の情報を

2016年8月23日野村総合研究所★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業のサイバーセキュリティに関する動向を分析

事業・サービスTOP »「コンサルティング」「金融ITソリューション」「産業ITソリューション」「IT基盤サービス」の4つの事業を通して、社会の仕組みづくり、お客様のビジネス、人々の快適な暮らしを支えています。 NRIオピニオンTOP »NRIの調査・研究成果を集めたナレッジデータベースをご覧いただけます。 ニュースNRIが発信する最新のニュースリリースやお知らせ情報などをご覧いただけます。 サステナビリティTOP »NRIグループは、「攻めのCSR」「守りのCSR」「NR

2016年8月23日BBソフトサービスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネット詐欺リポート(2016年7月度)

インターネット詐欺、サイバー犯罪対策情報サイト オンラインセキュリティ インターネット詐欺リポート(2016年7月度)インターネット詐欺リポート(2016年7月度)~ 大手企業名をかたる違法な消費者金融サイトを検知 ~ 2016年8月18日このリポートについてBBソフトサービス(BBSS)の「Internet SagiWall™(インターネットサギウォール)」で検知したデータを基にした、2016年7月度のインターネット詐欺リポートです。このリポートは、日本のインターネット利用者が直面する

2016年8月20日プルーフポイントフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2016年第2四半期(2016年4-6月)の脅威レポートサマリー

2016年第2四半期(2016年4-6月)の脅威レポートサマリー

2016年8月18日フォーティネットフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

脅威となるサイバーアクティビティがブラジルで増加を見せ、今後数週間は特に警戒するようFortiGuard Labsが注意喚起

フォーティネットは本日、FortiGuard Labsのサイバー脅威動向に関するグローバルレポートの内容を発表しました。 2016年8月10日フォーティネットジャパン株式会社脅威となるサイバーアクティビティがブラジルで増加を見せ、今後数週間は特に警戒するようFortiGuard Labsが注意喚起グローバルなサイバーセキュリティに関する脅威レポートで、高度な脅威テクニックや依然として多く見られるインザワイルド状態のサイバー脅威に関するデータを公表高性能サイバーセキュリティソリューション

2016年8月18日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

6年で100件を超える世界中の標的型攻撃に関するインテリジェンスレポートを提供

[本資料は、2016年7月26日にKaspersky Labが発表したプレスリリースに基づいた抄訳です]~ 85カ国における民間企業や政府機関を標的とした攻撃を追跡・調査 ~Kaspersky Labのグローバル調査分析チーム(GReAT)※1 は、85カ国の民間企業や政府機関を標的とした、100以上のサイバー犯罪組織と悪意のある活動の動向を追跡、調査しています。高度な技術を持つサイバー犯罪者達は積極的に攻撃手段の改良や拡張を進めており、新たな犯罪者達も多数参入するなど、サイバー組織の数と脅威の

2016年8月11日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成28年「情報通信に関する現状報告」(平成28年版情報通信白書)

報道資料平成28年「情報通信に関する現状報告」(平成28年版情報通信白書)の公表総務省は本日、平成28年「情報通信に関する現状報告」(平成28年版情報通信白書)を公表しました。 総務省は、我が国の情報通信の現況及び情報通信政策の動向について国民の理解を得ることを目的として、「情報通信に関する現状報告」(情報通信白書)を毎年作成・公表しています。昭和48年の第1回公表以来、今回で44回目の公表となります(※1)。今回の白書では、特集テーマを「IoT・ビッグデータ・AI 〜ネットワークとデータが創造

2016年8月10日Malwarebytesフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

International Study Finds Nearly 40 Percent of Enterprises Hit By Ransomware in the Last Year

International Study Finds Nearly 40 Percent of Enterprises Hit By Ransomware in the Last YearCrippling threat caused 34 percent of business victims to lose revenue and 20 percent even had to cease operations immediatelyExecutives in the U.S. are disp

2016年8月9日マーシュフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

音声認識機能/会話機能に関するアンケート調査

音声認識機能/会話機能に関するアンケート調査総括機能認知者のうち「スマートフォン・携帯電話」での使用経験者は半数超え スマートフォンに搭載されている「Siri」などの音声検索機能や、「Pepper」のように音声を認識して会話が行えるような、『音声認識機能/会話機能』。手での操作ではなく、「声」を用いて検索が行えたり、指示・会話ができる機能が普及しつつある。 このような機能は、「一般消費者へどの程度浸透しているのか」、「どの程度受容されているのか」、「今後の使用意向はどの程度あるのか」を調べるため

2016年8月9日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

デジタル デトックス: オフラインの夏休み(英題:Digital Detox: Unplugging on Summer Vacation)

インテル セキュリティ調査休暇中にオフラインであることが最も苦手なのは日本人!? ~ メール、位置情報、ソーシャルメディアが旅行中のユーザーの安全を脅かす ~2016年8月9日ニュース・ハイライトインテル セキュリティが、夏の休暇シーズンを前に、ユーザーの休暇中におけるデジタル活動について調査を実施自らの意思で旅行中もオフラインにしない人も多く、また、日本の回答者の53%はオフラインの休暇を計画するも実現できずインテル セキュリティ(日本での事業会社:マカフィー株式会社、所在地:東京都渋谷区、

2016年8月8日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業におけるランサムウェア実態調査 2016

トレンドマイクロについて 企業におけるランサムウェア実態調査 2016~ランサムウェアの被害に遭わないと思う理由、45.7%が「自社は大企業または有名企業ではないから」と回答~2016年8月1日トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン、東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、2016年6月に、企業・組織においてITに関する意思決定者および関与者534名を対象に「企業におけるランサムウェア実態調査 2016」を実施しました。本調査の調査結果は以

2016年8月2日akamaiフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

First Quarter, 2016 State Of The Internet Report

Global Connection Speeds and Broadband Adoption Trending Upward According to Akamai ‘First Quarter, 2016 State of the Internet Report’ Global average Internet connection speed increases 23% year over year Cambridge, MA |June 29, 2016 Akamai Technol

2016年8月1日A10フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業のDDoS攻撃対策状況に関するレポート

Skip to ContentA10ネットワークス、企業のDDoS攻撃対策状況に関するレポートを公開 アプリケーションネットワーキングとセキュリティのテクノロジーリーダーであるA10 Networks™(NYSE:ATEN 以下、A10)は、IDG Connectへの委託による DDoS攻撃に関するレポート"DDoS: A Clear and Ever Present Danger (DDoS: 絶えず存在する明確な危険)" を公開しました。本レポートは大企業においてITに関する決定権を持つ12

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ