調査のチカラ TOP > 分類一覧 > セキュリティ/ネットワーク

セキュリティ/ネットワーク | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2013年7月26日カスペルスキーフィードバック数:3セキュリティ/ネットワーク

世界の約半数の企業が集中管理ツールの重要性を理解していない

本リリースは、2013年 6 月 5 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。多くの企業、特に小規模企業にとって、ワークステーションの導入や管理、モバイルデバイスの保護を行う事は容易な仕事ではありません。この問題に対して解決を手助けするのが、集中管理ツールです。しかし、この度 Kaspersky Labとビジネス調査を専門にするグローバル調査会社B2B International が共同で実施した調査により、その有効性を理解する企業はわずか半数であるということが判明しました

2013年6月マルウェアランキング(日本)

ウイルス定義データベース 最新バージョン10114 (2014/07/18 06:44) マルウェアランキング(日本のランキング)このトロイの木馬は、悪意のあるソフトウェアのサイトに誘導する特定のURLにブラウザーをリダイレクトします。プログラムコードは通常、HTMLページに埋め込まれています。 このトロイの木馬は、悪意のあるソフトウェアのサイトに誘導する特定のURLにブラウザーをリダイレクトします。 このトロイの木馬は、パスワードなどの個人情報を盗み出してリモートのコンピューターに送信しよう

2013年第1四半期版「インターネットの現状」

2013年7月23日 - アカマイ、2013年第 1 四半期「インターネットの現状」レポートを発表Akamai Intelligent Platform に接続したユニーク IP アドレスの数は 7 億 3300 万超インドネシアを発生源とする攻撃トラフィックの急増を観測世界全体における平均ピーク接続速度は前年比で 36% 向上マサチューセッツ州ケンブリッジ - 2013年7月23日 - 場所を問わず、あらゆるデバイスに対して安全かつ高パフォーマンスのユーザー体験を提供できる、優れたクラウドプラ

2013年7月24日リクルートフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

身の回りに、情報漏洩で処分された人がいる、と答えた人は何%?

身の回りに、情報漏洩で処分された人がいる、と答えた人は何%? もうすぐ夏休み!今年はどっち?今年の夏休みの過ごし方について尋ねたところ「国内/海外旅行」と答えた人は38%、「近場でゆっくり過ごす」と答えた人は62%という結果になった。「国内/海外旅行」派には、夏休み時期に高騰する宿泊費や航空機代をものともせず、日頃の疲れを癒すために旅行を敢行するという人が多いよう。ただしそれはもちろん、まとまった休暇が撮れる場合。また「国内/海外旅行」派は、独身または子育てが一段落したという人が多いよう。そし

2013年7月24日ITRフィードバック数:1セキュリティ/ネットワーク

ITR Market View:ネットワーク・アプライアンス市場2013

レポート概要ITR Market View:ネットワーク・アプライアンス市場2013 企業向けルータ市場企業向けスイッチ市場レイヤ4-7スイッチ市場WAN高速最適化機器市場企業向け無線LAN市場VPNルータ市場 市場規模実績(2011〜2012年度)および予測(2013〜2017年度) マーケットシェア(2011〜2013年度予測):ベンダー別、業種別市場分析ベンダー各社のプロファイル:【調査項目】会社概要、製品情報、当該分野売上高、売上金額・台数推移、主要パートナー、チャネル別シェア、業種

2013年7月24日カスペルスキーフィードバック数:1セキュリティ/ネットワーク

子供にとって最も危険なオンライン上の“遊び場”であるソーシャルネットワークに注意

~保護者の許可なく子供がソーシャルネットワークへアクセスを試みた回数は過去 1 か月間で5,200 万回~本リリースは、2013年 6 月 3 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。夏休みが始まりましたが、Kaspersky Lab から保護者の皆様にお願いがあります。夏休みは子供たちの外出が増えると同時に、インターネットを使用する時間も増える期間です。学校の授業中は有用な情報や知識の宝庫だったはずのWebも、制約が解かれた途端、小さな子供たちにとって大変危険な環境に変わ

2013年7月23日総務省★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

コンジョイント分析事例です。

サイバーセキュリティ法政策についての我が国での受容性に関する調査結果概要

サイバーセキュリティ法政策についての 我が国での受容性に関する調査結果概要平成25年7月 総務省情報通信政策研究所 調査研究部調査の背景・目的• 近年、世界各国においてマルウェアやDDoS攻撃などのサイバー攻撃が 増加し、攻撃対象も個人から社会インフラ等まで拡大してきている。 • これらの攻撃に対処するため官民共同での取組みが進められてきている が、より深刻化するリスクを回避するには、プライバシーや通信の秘密な どの保護に配慮しつつも、さらにその取組みを強化していくことが必要と 考えられる。 •

2013年7月23日総務省フィードバック数:2セキュリティ/ネットワーク

コンジョイント方式によるプライバシー分析-携帯電話電子マネーの位置情報の認知の実証的検証を例に-

コンジョイント方式によるプライバシー分析 -携帯電話電子マネーの位置情報の認知の実証的検証を例に-岡田仁志1 高橋郁夫21. 問題の所在現在、携帯電話において ICT 技術をもちいて、日常の細かな利用の代金を決済するサー ビスが実用化されつつある3。 今後、このようなサービスに関する情報が、決済にかかる利用者の情報、具体的な利用 の情報と相まって種々の観点から分析されるようになるとき、それらの情報はきわめて有 意義なものとして利用される可能性がある。特に、膨大なデータが瞬時にしてきめ細かく 分析

2013年7月23日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日本のブロードバンドユーザーの利活用の特徴

日本のブロードバンドユーザー の利活用の特徴平成23年7月3日 佐野貴子(総務省情報通信政策研究所) 秋吉美都(専修大学准教授) 土屋大洋(慶應義塾大学教授)11. 調査研究の概要(1)① 目的・日本においては、光ファイバ等のインフラ整備が進み、世界でも最も安価な サービス利用が可能・ブロードバンド利用については、OECD加盟国中16位。利用が進んでいる とは言えない。21. 調査研究の概要(2)ブロードバンド環境を享受する中、日本のブロードバンドユー ザーは、どのような利活用をしているのだろう

2013年7月22日IPAフィードバック数:5セキュリティ/ネットワーク

ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況[2013年第2四半期(4月~6月)]

ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況[2013年第2四半期(4月~6月)] 掲載日 2013年7月22日 独立行政法人情報処理推進機構 技術本部 セキュリティセンター以下は、「ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する活動報告レポート」1章の抜粋です。1. 2013年第2四半期 ソフトウェア等の脆弱性関連情報に関する届出状況1.1 脆弱性関連情報の届出状況 ~脆弱性の届出件数の累計が8,671件になりました~ 「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップ(*1)」(以降、本制度)における届出

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:2セキュリティ/ネットワーク

平成23年度我が国情報経済社会における基盤整備(経済産業分野を対象とする個人情報保護ガイドライン等の見直し及び普及啓発に係る調査研究)最終報告書

平成23年度我が国情報経済社会における基盤整備(経済産業分野を対象とする個人情報保護ガイドライン等の 見直し及び普及啓発に係る調査研究)最終報告書平成 24 年 3 月 株式会社 野村総合研究所1目次I. 本調査研究の背景・目的 ................................................................................ 4 II. ガイドライン等の見直し ....................................

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:4セキュリティ/ネットワーク

平成23年度我が国情報経済社会における基盤整備(インターネット上の違法・有害情報対策及びフィルタリングの動向と普及促進に関する調査研究(機器ごとのインターネット利用状況調査))報告書

平成 23 年度我が国情報経済社会における基盤整備(インターネット上の違法・有害情報対策及び フィルタリングの動向と普及促進に関する調査研究 (機器ごとのインターネット利用状況調査)) ≪報告書≫2012 年 2 月 三菱 UFJ リサーチ&コンサルティング株式会社◇◇第1章目次◇◇調査の概要 ......................................................................................................

2013年7月19日IPAフィードバック数:8セキュリティ/ネットワーク

脆弱性対策情報データベースJVN iPediaの登録状況 [2013年第2四半期(4月~6月)]

脆弱性対策情報データベースJVN iPediaの登録状況 [2013年第2四半期(4月~6月)] 独立行政法人情報処理推進機構最終更新日:2013年7月19日1. 2013年 第2四半期 脆弱性対策情報データベース JVN iPediaの登録状況 脆弱性対策情報データベース「JVN iPedia( )」は、国内外で使用されているソフトウェアの脆弱性対策情報を収集・公開することにより、脆弱性関連情報を容易に利用可能とすることを目指しています。1)国内のソフトウェア開発者が公開した脆弱性対策情報、2

2013年7月18日IPAフィードバック数:8セキュリティ/ネットワーク

コンピュータウイルス・不正アクセス届出状況および相談受付状況[2013年第2四半期(4月~6月)]

HOME情報セキュリティコンピュータウイルス・不正アクセス届出状況および相談受付状況[2013年第2四半期(4月~6月)] コンピュータウイルス・不正アクセス届出状況および相談受付状況[2013年第2四半期(4月~6月)] 第13-28-296号掲載日:2013年7月18日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター (PDFはこちら)1. コンピュータウイルス届出状況1-1. 四半期総括2013年第2四半期のウイルス届出件数(*1)状況は、2013年第1四半期から減少での推移とな

2013年7月18日Sofosフィードバック数:1セキュリティ/ネットワーク

スパム送信国ワースト12

法人向けセキュリティ・アンド・データプロテクションのソフォス株式会社(日本法人本社:東京都港区、 代表取締役社長:堀昭一)は、2013年4月~6月の「スパム送信国ワースト 12」を発表しました。米国がワースト 1 位を維持しておりますが、ベラルーシが第 2 位へと大きく順位を上げました。新しくランクインした 3 カ国は、ウクライナ、カザフスタンとアルゼンチンでした。今回フランス、ペルー、韓国はワースト 12 にランクインしませんでした。新たな統計視点を提供、人口比率で見たスパム配信国ワースト 1

2013年7月16日IDCフィードバック数:4セキュリティ/ネットワーク

国内セキュアコンテンツ/脅威管理市場予測

国内セキュアコンテンツ/脅威管理市場予測を発表 2012年のセキュアコンテンツ/脅威管理製品市場は1,402億円、前年比成長率4.6%。2012年~2017年の年間平均成長率は3.6%で、2017年には1,671億円と予測 コンシューマー向けエンドポイントセキュリティ市場は、2012年の市場規模が前年比3.7%増の443億円。2012年~2017年の年間平均成長率は3.1%で、2017年には517億円と予測 企業向けエンドポイントセキュリティ市場は、2012年の市場規模が前年比9.5%増の

2013年7月10日マカフィー★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「ビッグセキュリティデータ」についての調査です。インフォグラフィックもあります。

ビッグデータとセキュリティに関する調査

マカフィー、ビッグデータとセキュリティに関する調査結果を発表 多くのIT 担当者が脅威の把握に自信を見せる一方、セキュリティ侵害をすばやく検出できる企業は全体の35%に留まる2013年7月9日セキュリティ・テクノロジ専業のリーディングカンパニー、McAfee, Inc.(以下、マカフィー)は、世界中の企業がビッグデータの力をセキュリティ目的で活用できていないという調査結果を発表しました。調査結果を元に作成された「Needle in a Datastack:The Rise of Big Secu

2013年7月10日カスペルスキーフィードバック数:4セキュリティ/ネットワーク

57%の企業が社員の利用するアプリケーションをコントロールできず

本リリースは、2013年 5 月 15 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。サードパーティ製のアプリケーションの起動を制限することは、企業のワークステーションのセキュリティを向上させ、従業員の業務効率を高めることに繋がります。しかし、Kaspersky Labとビジネス調査を専門にするグローバル調査会社B2B International が共同で実施した調査によれば、企業の 57% がアプリケーションコントロールのためのツールを使用していないことが分かりました。サイバー

2013年7月9日リクルート★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

キーマンズが生体認証についての調査結果を公表しました。

生体認証の導入状況

キーマンズネットでは、2013年5月15日〜2013年5月22日にかけて「生体認証の導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:363)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の45.5%、一般部門が54.5%という構成比であった。今回、お聞きしたのは導入・検討している生体認証の「導入状況」「導入目的・導入シーン」「重視ポイント」「満足度」「導入しない理由」など、生体認証の導入状況を把握するための質問。その結果、全体の導入率は18.2%と低いものの、導入している企業の7割以上は満足して

MOBILE THREATS REPORT

ジュニパーネットワークス、モバイルのセキュリティ動向に関する年次レポート「Mobile Threats Report」を発表 ジュニパーネットワークス エデルマン・ジャパン株式会社(広報代理) 岡田、安達、中田 TEL:03-6858-7711 japan-media@juniper.net ジュニパーネットワークス、モバイルのセキュリティ動向に関する年次レポート「Mobile Threats Report」を発表―より戦略的なモバイルセキュリティ攻撃手法で、攻撃者はより大きな収益を獲得―

2013年7月7日総務省★フィードバック数:2セキュリティ/ネットワーク

利用状況と依存状況を聞いています。

青少年のインターネット利用と依存傾向に関する調査

青少年のインターネット利用と依存傾向に関する調査調査結果報告書平成25年6月 総 務 省 情報通信政策研究所1調査実施概要調査の背景・目的ソーシャルメディアの進展やスマートフォンの急速な普及により、利便性が向上する一方で、 ネットの長時間利用により実生活に悪影響が出る、いわゆる「ネット依存」と呼ばれる事例が一 部で問題となっている。 総務省情報通信政策研究所では、東京大学大学院情報学環 橋元良明教授ほか※の協力を 得て、若年層のインターネットの利用やネット依存につながる傾向への影響を把握するため

2013年7月5日BBソフトサービスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネット詐欺リポート(2013年6月度) スマホでの買い物に対する意識調査

インターネット詐欺リポート(2013年6月度) 2013年2013年7月5日BBソフトサービス株式会社インターネット詐欺リポート(2013年6月度)スマホでの買い物に対する意識調査 ~スマホにセキュリティーアプリを入れないで買い物をしている人は、半数以上の63.9%~ソフトバンクグループのBBソフトサービス株式会社(本社:東京都港区、社長:溝口 泰雄、以下「BBソフトサービス」)は、2013年6月度のインターネット詐欺リポートを発表します。このリポートは、BBソフトサービスの「Internet

2013年7月5日カスペルスキーフィードバック数:1セキュリティ/ネットワーク

世界の企業の30%がクライアント管理ツールを使用せず

本リリースは、2013年 4 月 24 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。Kaspersky Labとビジネス調査を専門にするグローバル調査会社B2B International が共同で実施した調査により、世界の企業の 30 % が最新の自動クライアント管理ツールを導入していないことが分かりました。今でも多くの企業は専用ソリューションを使わずに、ソフトウェアやハードウェアの資産管理やソフトウェアのライセンス管理、OSやアプリケーションのアップデートなどの作業を行って

2013年7月3日日本生産性本部フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「サイバー空間の脅威とその防御を考える」調査報告

インターネットの普及は我々の生活を豊かにした反面、サイバー攻撃やDDos攻撃、なりすましや金銭詐取などの事件が増えている。そこで、国民や企業が安心安全にネット利用できる環境作りについて検討し、それぞれの立場ごとに強く望まれる取組みについて取りまとめた。

2013年7月3日TeamViewerフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ビジネスにおけるリモートアクセスとオンライン会議の利用増加に関する意識調査

ビジネスにおけるリモートアクセスとオンライン会議の利用増加に関する意識調査~ビジネスパーソンを対象にリモートアクセスの利用シーンとオンライン会議のニーズに関する意識調査を実施~ コンピューター・デバイスが爆発的に増え、ビジネスシーンでの利用が増える中、遠隔地からコンピューターを操作できるリモートコントロールによる在宅勤務や遠隔地とのコミュニケーションをスムーズに行うことのできるオンライン会議への注目が高まっています。そこで、リモートコントロールとオンラインミーティングソフトウェアのスペシャリスト

2013年7月3日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2013年6月のサイバー脅威の状況

Sidebar関連情報月間感染ウイルスTOP10マンスリー ウイルスレポート ※企業や個人にとって、より充実したセキュリティ情報を提供するため、ウイルス月報は2014年3月度分より一旦発行を停止しております。お問い合わせ マカフィー、6月のサイバー脅威の状況を発表〜ドライブ・バイ・ダウンロード攻撃を実行する脅威が急増〜セキュリティ・テクノロジ専業のリーディングカンパニー、McAfee, Inc.の日本法人マカフィー株式会社(本社:東京都渋谷区)より2013年6月のサイバー脅威の状況を発表します。

保護者対象の調査です。

ママ・パパ・子どものプライベートメール実態調査2013

「ママ・パパ・子どものプライベートメール実態調査2013」発表2013年06月28日更新親の半数以上が「子どものメールを見たことがある」子どものメール利用について決め事がある家庭は42.86%「ママ・パパ・子どものプライベートメール実態調査2013」発表 メール教育の専門企業であるアイ・コミュニケーション(代表取締役:平野友朗、本社:東京都千代田区)は2013年6月28日(金曜日)に、0歳から18歳までの子どもを持つ保護者のプライベートメール利用実態とその課題を調査した「ママ・パパ・子ど

2013年7月1日マカフィーフィードバック数:2セキュリティ/ネットワーク

青少年のオンライン活動実態に関する調査

マカフィー、青少年のオンライン活動実態に関する調査結果を発表 10-12 歳の子どもの85%で本来許可されていないFacebook を使用、親は子どものオンライン活動を把握できておらず、世代間のデジタル断絶が鮮明に2013年7月1日 セキュリティ・テクノロジ専業のリーディングカンパニー、McAfee, Inc.(以下、マカフィー) は、「2013 年デジタル世界の知られざる真相:親と子のオンラインの断絶を徹底解明(2013 Digital Deception: Exploring the Onl

NISCによるレポートです。

政府機関における情報セキュリティに係る年次報告(平成24年度)

政府機関における情報セキュリティに係る年次報告(平成24年度)

2013年6月28日シマンテックフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク要登録

2013年 情報漏えいのコストに関する調査: 日本版

シマンテック、Ponemon 社とレポート「2013年 情報漏えいのコストに関する調査:日本版」を発表 情報漏えいにかかるコストが上昇し、 情報漏えいの根本原因が、データの悪用または窃盗であると回答する企業が 42%と最も多いことが明らかに 2013 年 6 月 26 日【報道関係者各位】株式会社シマンテック(本社:東京都港区赤坂、代表取締役社長:河村 浩明、以下シマンテック)は本日、「2013 年情報漏えいのコストに関する調査: 日本版」を発表しました。同調査において、日本に拠点を置く企業

2013年6月27日総務省★フィードバック数:9セキュリティ/ネットワーク

東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、デュッセルドルフ、ストックホルム、ソウルの比較です。

電気通信サービスに係る内外価格差調査

報道資料平成25年6月26日電気通信サービスに係る内外価格差調査 総務省は、電気通信サービスの料金に関する状況を適切に把握する目的で、毎年度、電気通信サービスに係る内外価格差について調査を行っています。この度、平成24年度の調査結果を取りまとめましたので、公表します。1 調査対象東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、デュッセルドルフ、ストックホルム、ソウルの7都市における、ブロードバンド、固定電話、携帯電話等の各サービスについて調査を行いました。 2 調査時期基本的に、平成24年12月末時点の料

2013年6月27日総務省フィードバック数:13セキュリティ/ネットワーク

電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(平成24年度第4四半期(3月末))

報道資料平成25年6月27日電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(平成24年度第4四半期(3月末)) 総務省では、電気通信事業報告規則(昭和63年郵政省令第46号)の規定による電気通信事業者からの報告等に基づき、平成24年度第4四半期(3月末)の電気通信サービスの契約数及びシェアについて、別紙のとおり取りまとめましたので公表します※。なお、本年2月に電気通信事業報告規則を改正し、移動系データ通信サービスに係る報告事項の追加等を行ったことを踏まえ、今期より、データ通信サービ

2013年6月27日総務省フィードバック数:6セキュリティ/ネットワーク

平成24年度末における固定端末系伝送路設備の設置状況

報道資料平成25年6月27日平成24年度末における固定端末系伝送路設備の設置状況―加入者回線数に占めるNTT東日本及びNTT西日本のシェア―総務省は、電気通信事業報告規則(昭和63年郵政省令第46号)第3条第1項に基づき、平成24年度末(平成25年3月末)時点の固定端末系伝送路設備※の設置状況について電気通信事業者から報告を受けましたので、その集計結果を公表します。 ※ 固定端末系伝送路設備: 電話線等の伝送路設備の一端が特定の場所に設置される利用者の電気通信設備に接続される伝送路設備1 趣旨総

2013年6月27日カスペルスキーフィードバック数:2セキュリティ/ネットワーク

企業の41%がデータ漏えいの防止を優先タスクに

本リリースは、2013 年 4 月 2 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。機密データの漏えいは、偶発的なもの・悪意によるものに関わらす、すべての企業に深刻な影響をもたらします。最悪の場合、企業の倒産の原因となる可能性さえあります。2012 年 12 月に IDCが行った調査によると、企業の多くはこの問題の重大さを認識していることが分かりました。全体の41 %の企業 がデータ漏えいの可能性について考え、その防止対策を最優先事項としています。IDC は、データ保護において

2013年6月26日Dimension Dataフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2013年版「ネットワークバロメーターレポート」

Media Releaseネットワークにかかる費用 ネットワークにかかる費用は今後 にかかる費用は今後 5 年間で半分以下 年間で半分以下に 以下に世界中のユーザーはBYOD 環境対応を希望2013年 6 月 25 日、東京発 日、東京発 – 将来、ネットワークのコストは、従来の約半分になると予想されます。展開のために 必要な資本投資は少なくなります、また、管理が容易になり、ユニファイドアクセスが提供され、必要な電力と冷却も 少なくなるため、運用コストも低くなるでしょう。現在、企業キャンパスネッ

2013年6月25日カスペルスキーフィードバック数:2セキュリティ/ネットワーク

41%の企業がセキュリティソリューションの複雑化を大きな問題として認識

本リリースは、2013 年 3 月 27 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。企業にとって必要とされるセキュリティソリューションは、日々ますます複雑化しています。IDC の調査によると、41% に上る企業が、2013 年にこの複雑化が大きな問題になる可能性があると考えているようです。サイバー脅威は目まぐるしく変化しており、犯罪者たちは攻撃の拡散を狙って攻撃ツールの配備を着々と進めています。さらに今では、モバイルを含むあらゆるデバイスが重要なシステムへの「入り口」として使

2013年6月25日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2013年第1四半期の脅威レポート

McAfee セキュリティ研究レポートMcAfee Labsによる様々なレポートをPDFにて、提供しています。 McAfee脅威レポート:2013年第1四半期−2013年1月から3月のセキュリティ脅威の調査結果を報告− このレポートでは、世界各地のMcAfee Labs研究員が調査を行った、サイバー金融詐欺、モバイル、マルウェア、ランサムウェア、ネットワーク攻撃、データベース、フィッシング、スパム、ボットネット、サイバー犯罪、ハクティビズムといった各トピックの最新の統計情報と分析結果をお知らせし

2013年6月23日シマンテックフィードバック数:3セキュリティ/ネットワーク

グローバルにおける中小規模企業のITに対する信頼感指数

シマンテック、中小規模企業の IT信頼感指数に関するグローバル調査結果を発表、日本の中小規模企業からは総じて低い信頼感指数を算出 2013 年 6 月 21 日【報道関係者各位】*本リリースは米国太平洋標準時間 6月 18日(日本時間 6月 19日)に発表されたプレスリリースの翻訳版です。シマンテックコーポレーション(Nasdaq:SYMC、本社:米国カリフォルニア州マウンテンビュー市、代表:スティーブ・ベネット社長兼 CEO、以下、シマンテック)は本日、「グローバルにおける中小規模企業の I

2013年6月21日経済産業省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成24年度情報セキュリティ対策推進事業(電子署名・認証業務利用促進事業(電子署名及び認証業務に関する調査研究))実施報告書

平成24年度情報セキュリティ対策推進事業 電子署名・認証業務利用促進事業 電子署名及び認証業務に関する調査研究 調査報告書デロイトトーマツコンサルティング平成 25 年 2 月 28 日第1章. 調査の背景電子申請や電子商取引において、 その情報の信憑性やなりすましなどの対策として公開鍵暗号に 基づく電子認証・電子署名が利用されている。その利用が高まるのにあわせ、電子認証・電子署名 の円滑な利用をもって、 情報の流通及び情報処理の促進を図り、国民生活の向上及び国民経済の健 全な発展に寄与すること

2013年6月21日経済産業省フィードバック数:4セキュリティ/ネットワーク

平成24年度情報セキュリティ対策推進事業(新世代情報セキュリティ研究開発事業(情報セキュリティ研究開発に係る包括的調査研究))実施報告書

経済産業省 商務情報政策局 情報セキュリティ政策室 御中平成24年度 新世代情報セキュリティ研究開発事業(情報セキュリティ研究開発に係る包括的調査研究)事業実施報告書平成25年3月 みずほ情報総研株式会社― はじめに ―本報告書は、「平成 24 年度 新世代情報セキュリティ研究開発事業」の実施内容について報告 するものである。 本報告書の第 1 章においては、新世代情報セキュリティ研究開発事業の概要として、事業目的、 推進委員会の位置づけ、平成 24 年度研究開発テーマなどについて概説する。 第

2013年6月21日経済産業省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成24年度情報セキュリティ対策推進事業(電子署名・認証業務利用促進事業(電子署名及び認証業務に関する調査研究))実施報告書

経済産業省委託平成24年度情報セキュリティ対策推進事業(電子署名・認証業務利用促進事業 (特定認証業務に関する相談業務等) )事業実施報告書平成25年3月 一般財団法人日本情報経済社会推進協会はじめに 電子署名及び認証業務に関する法律(平成 12 年法律第 102 号、以下「電子署名法」という。 ) は、安全かつ信頼性のある電子商取引を促進するため、電子署名が手書きの署名や押印と同等の 効力のあることを規定した法律として、平成 13 年 4 月に施行された。 電子署名及び認証業務に係る技術及びそ

セキュリティにフォーカスしています。

企業IT利活用動向調査

■標的型攻撃に対するセキュリティ対策が重要な経営課題の1つに。 ■事業継続性に影響を与えるセキュリティ対策強化のため、人材育成に投資を!■スマートデバイスの安全な業務活用のためにセキュリティ対策を! 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC、会長 牧野力)は、株式会社アイ・ティ・アール(ITR、代表取締役 内山悟志)と共同で実施した「企業IT利活用動向調査」の一部結果を本日発表いたします。本調査は、ITユーザ企業におけるIT利用環境の現況を把握するため、2010年度よりJIPDE

2013年6月20日野村総合研究所★フィードバック数:1セキュリティ/ネットワーク

周波数オークションを意識したレポートです。

我が国における周波数の価値の算定

我が国における周波数の価値の算定

2013年6月19日ガートナーフィードバック数:102セキュリティ/ネットワーク海外

Gartner Says Worldwide Security Market to Grow 8.7 Percent in 2013

Gartner Says Worldwide Security Market to Grow 8.7 Percent in 2013Analysts Discuss Security Market Trends at Gartner Security & Risk Management Summit 2013, June 10-13 in National Harbor, MD.As companies continue to expand the technologies they use t

2013年6月18日矢野経済研究所フィードバック数:4セキュリティ/ネットワーク

世界のネットワークカメラ市場に関する調査結果2013

調査分析からソリューション提供まで。実力と実績のトータル・マーケティングファーム 世界のネットワークカメラ市場に関する調査結果 2013~アジア・中東圏で高成長、2015年575万台のネットワークカメラ世界市場を予測~調査要綱矢野経済研究所では、次の調査要綱にて世界のネットワークカメラ(IPカメラ)市場の調査を実施した。1.調査期間:2012年12月~2013年5月2.調査対象:国内・海外の主要ネットワークカメラメーカ、SIer等3.調査方法:当社専門研究員による直接面談及び、電話・e-mail

2013年6月17日ラックフィードバック数:9セキュリティ/ネットワーク要登録

侵入傾向分析レポート Vol.19

侵入傾向分析レポート Vol.192013年06月14日 JSOCのセキュリティ監視サービスにおいて蓄積されたIDS、IPS、ファイアウォールのログに基づいて、攻撃者の侵入傾向を分析したレポートです。2012年1月~12月にわたり集計したネットワークセキュリティ動向のサマリーです。世界的なトレンドだけではなく、日本のユーザが直面している実際の脅威を把握することができる内容となっております。貴社セキュリティ対策をご検討される際の情報としてご活用いただければ幸いです。 はじめに エグゼクティブサマリ

2013年6月17日カスペルスキーフィードバック数:4セキュリティ/ネットワーク

脅威に対して本当に効果的な技術を採用している企業は5社中2社にとどまる

本リリースは、2013年 3 月 20 日にロシア モスクワにて発表されたニュースリリースの抄訳です。不要な通信やマルウェアに対する保護対策の必要性は今やほとんどの企業で認識されています。Kaspersky Lab とビジネス調査を専門にするグローバル調査会社B2B International が 共同で実施した調査では、世界の 82% の企業がマルウェア対策製品を導入し、80% がスパム対策技術を使用しているとの結果が出ています。しかし、情報を盗むサイバー犯罪者たちのテクニックがますます高度に

2013年6月16日総務省★★★フィードバック数:40セキュリティ/ネットワーク

通信機器やインターネットの利用についてのまとまった調査です。

平成24年通信利用動向調査

報道資料平成25年6月14日平成24年通信利用動向調査の結果総務省では、この度、平成24年末の世帯及び企業における情報通信サービスの利用状況等について調査した通信利用動向調査の結果を取りまとめました。今回の調査結果のポイントは、別添1のとおりであり、また、概要は別添2のとおりです。なお、調査結果の詳細は、情報通信統計データベースに掲載するとともに、掲載データについては、機械判読に適したデータ形式(形式)により公開する予定です。(URL:)【調査概要】通信利用動向調査は、世帯(全体・構成員)及び企

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2014年7月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ