調査のチカラ TOP > 分類一覧 > セキュリティ/ネットワーク

セキュリティ/ネットワーク | 調査のチカラ

任意の項目でデータを絞り込む
2015年1月27日IPAフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

脆弱性対策情報データベースJVN iPediaの登録状況 [2014年第4四半期(10月~12月)]

脆弱性対策情報データベースJVN iPediaの登録状況 [2014年第4四半期(10月~12月)] 独立行政法人情報処理推進機構 最終更新日:2015年1月27日1. 2014年第4四半期 脆弱性対策情報データベース JVN iPediaの登録状況 脆弱性対策情報データベース「JVN iPedia()」は、ソフトウェア製品に関する脆弱性対策情報を2007年4月25日から日本語で公開しているものです。システム管理者が迅速に脆弱性対策を行えるよう、1)国内のソフトウェア開発者が公開した脆弱性対策情

2015年1月27日NRIセキュア★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

動きのあるレポートです。

企業における情報セキュリティ実態調査 2014

企業における 情報セキュリティ実態調査 特設サイトNRIセキュアテクノロジーズが毎年実施している、企業における情報セキュリティ実態調査の結果のサマリー版をWEBで公開中です。 PDF版ダウンロード PDF版の報告書全編はこちらからダウンロード頂けます。 調査概要について 本調査は、3000社を対象とした今回で13回目になるアンケート調査分析です。 IT関連投資額の増減方針 IT関連投資額(情報セキュリティ関連投資額を含む)を増やす企業は、過去三年間でわずかに増加傾向Q.IT関連投資額

2015年1月27日JPCERT/CCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネット定点観測レポート(2014年 10~12月)

安全・安心なIT社会のための、国内・国際連携を支援する インターネット定点観測レポート(2014年 10~12月) 1 概況 JPCERT/CCでは、インターネット上に複数の観測用センサーを分散配置し、不特定多数に向けて発信されるパケットを継続的に収集し、宛先ポート番号や送信元地域ごとに分類して、これを脆弱性情報、マルウエアや攻撃ツールの情報などと対比して分析することで、攻撃活動や準備活動の捕捉に努めています。なお、本レポートでは、本四半期に観測された日本宛のパケットを中心に分析した結果について

2015年1月27日アイティメディア★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

キーマンズの調査結果です。

遠隔会議システムの導入状況(2014年)

キーマンズネットでは、2014年10月22日〜2014年11月4日にかけて「遠隔会議システムの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:332)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の41.9%、一般部門が58.1%という構成比であった。今回お聞きしたのは、遠隔会議システムの「導入状況」「導入目的」「重視ポイント」「満足度」「導入しない理由」など、遠隔会議システムの導入状況を把握するための質問。その結果、全体の導入率は65.0%で、導入している企業の7割は満足していることが明らかに

2015年1月27日矢野経済研究所フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

コールセンター(テレマーケティング)市場・コンタクトセンター/CRMソリューション市場に関する調査結果 2014

調査結果サマリー ※プレスリリースに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。 お問い合わせ プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。商品に関するお問い合わせはこちらまでお願いいたします。 無断転載禁止

2015年1月26日日本銀行★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

日銀のレポートです。

(論文)業務継続体制の整備状況に関するアンケート(2014年9月)調査

ENGLISH業務継続体制の整備状況に関するアンケート(2014年9月)調査結果 2015年1月23日 日本銀行金融機構局はじめに本稿は、2014年8月〜9月に実施した「業務継続体制の整備状況に関するアンケート調査」(第7回)の結果を取りまとめたものである。本アンケート調査は、日銀ネットにおける取引金額シェアの高い先を対象に、2002年以来隔年で実施してきたが、前回アンケートでは、より多くの金融機関における整備状況を確認し、情報を共有することを目的に、全ての地域銀行を調査先とする形に拡充したほか

2015年1月26日IPA★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

年間のまとめです。

コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況および相談状況 [2014年年間]

コンピュータウイルス・不正アクセスの届出状況および相談状況 [2014年年間] 第15-01-327号掲載日:2015年 1月26日 独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター (PDFはこちら)1. コンピュータウイルス届出状況1-1. 2014年総括 2014年に寄せられたウイルスの検出数は、2013年の195,550個より112,522個(約58%)少ない83,028個でした。 また、2014年の不正プログラム検出数は2013年の233,341個から147,284個(約63

2015年1月23日アイティメディア★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

パスワードなどの認証についての調査です。

企業における業務用PCとユーザー認証についての実態調査

ITmedia エンタープライズと富士通はこのたび、企業における業務用PCとユーザー認証方法についての読者調査を実施した。調査によると、懸念されるセキュリティ課題のうち「端末の紛失と盗難」と「内部関係者による情報の持ち出し」への対策が懸念とする回答がそれぞれ6割に達するという結果となった。調査概要目的:企業における業務用PCとユーザー認証に関する実態の分析、考察調査方法:Webによるアンケート調査期間:2014年12月22日〜2015年1月7日有効回答数:427件 「パスワードの管理をユーザーに

2015年1月23日ベリサインフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ドメイン名業界概要報告 第11号 - 第4刊 - 2015年1月

ドメイン名業界概要報告 第11号 - 第4刊 - 2015年1月

市場データです。

2014年度 上半期(4-9月)通信機器 生産・輸出入概況

一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)は、この度、2014年度 上半期(4-9月) 通信機器生産・輸出入の概況をまとめました。2014年度の日本経済は、政府による経済政策や金融政策により緩やかな景気回復基調にあるものの、消費税率引き上げに伴う反動減が長引き、先日発表の実質GDP見通しがマイナスに転じました。国内通信機器市場は、円安の影響から輸出が好調であるものの、生産が海外へシフトしているため国内生産は大幅に減少し輸入が引き続き高位を維持する状況にあります。加えて、国内市場に海外

2015年1月22日Netcraftフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

January 2015 Web Server Survey

Fair Use: Please note that use of the Netcraft site is subject to our Fair Use and Copyright policies. For more information, please visit , or email info@netcraft.com. January 2015 Web Server SurveyIn the January 2015 survey we received responses fro

2015年1月22日ESET★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

危険なパスワードランキングです。

Weakest, common passwords of 2014 revealed

A study of more than 3.3 million passwords leaked in 2014 has been released, exposing the most overused, predictable passwords.SplashData released the annual top 25 most common passwords, which represent 2.2% of the 3.3 million leaked passwords studi

2015年1月22日エフセキュアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

隠すものがなければ、 恐れることは何もない?

隠すものがなければ、 恐れることは何もない?

2015年1月20日カスペルスキーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2014年にサイバー脅威の標的となった企業は、2013年の2倍以上に

[本リリースは、2014年12月9日にKaspersky Labが発表したプレスリリースの抄訳です]Kaspersky Lab のグローバル調査分析チーム(GReAT)※1は、2014年の脅威の状況を特徴づける主な出来事を総括しました。昨年もさまざまなセキュリティインシデントが発生しましたが、特にその規模および企業、政府、公的/私的機関に対する影響の面で、標的型攻撃と悪意のある攻撃が際立っていました。GReATが過去12か月間に発見、報告した7件のAPT攻撃においては、標的となった企業は少なくと

2015年1月15日IPA★★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

IPAのレポートです。

「2014年度情報セキュリティ事象被害状況調査」報告書

「2014年度情報セキュリティ事象被害状況調査」報告書について掲載日 2015年1月15日独立行政法人情報処理推進機構技術本部 セキュリティセンター 2014年は、IPAに寄せられた標的型サイバー攻撃(*1)の件数が2013年に比べ5.2倍に増加したり、コンピュータウイルスの感染によるインターネットバンキングの不正送金の被害(*2)が法人で急増したりするなど、組織が保有する機密情報や金融資産を狙ったサイバー攻撃が発生しました。また、その手口は外部から組織を狙うものに限らず、内部者による不正行為の

2015年1月15日アイティメディアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2014年 記事ランキング(セキュリティ編)

関連キーワードNSA(米国家安全保障局) | Mac | Internet Explorer(IE) | ソーシャル | 脆弱性

2015年1月15日BBソフトサービスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネット詐欺リポート(2014年12月度)

インターネット詐欺、サイバー犯罪対策情報サイト オンラインセキュリティ インターネット詐欺リポート(2014年12月度)インターネット詐欺リポート(2014年12月度)~ 動画共有サイトでのネット詐欺の検知が増加 ~ 2015年1月15日このリポートについてBBソフトサービスの「Internet SagiWall™(インターネットサギウォール)」で検知したデータを基にした、2014年12月度のインターネット詐欺リポートです。このリポートは、日本のインターネット利用者が直面するネット詐欺の

2015年1月15日カスペルスキー★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

カスペルスキーのレポートです。

数字で振り返る2014年のサイバー脅威:悪意ある攻撃は10億件増加

[本リリースは、2014年12月8日にKaspersky Labが発表したプレスリリースの抄訳です]Kaspersky Lab のグローバル調査分析チーム(Global Research and Analysis Team:GReAT)※1が、2014年のサイバー脅威の状況を総括した結果によると、2014年はユーザーのコンピューターやモバイルデバイスに対する悪意のある攻撃が大幅に増加しただけでなく、金融関連のマルウェアがさらに進化しました。Web攻撃のベクトルには変化がみられ、2013年はWeb

2014年 セキュリティレポート - 可視性の無効化

製品・ソリューションセキュリティラボ(英語)Blue Coat Labs ブルーコートのラボの特長は、高度で執拗な脅威、マルウェア、サンドボックス、セキュアWebゲートウェイなど、さまざまなエリアの専門家のセキュリティの視点が取り入れられている点です。 Global Intelligence Networkブルーコートのこのプロプライエタリ・ネットワークは、ブルーコートの製品や顧客から得られる情報を活用して、今日の高度な脅威に対する強力でより完全な保護を提供しています。 Labs Blogsブル

2015年1月14日JPCERT/CCフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2014年10月~12月の「インシデント報告対応レポート」

2014年10月~12月の「インシデント報告対応レポート」

2015年1月14日シマンテック★★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

シマンテックのレポートです。

ノートン モバイルアプリ調査

ノートン モバイルアプリ調査

2015年1月14日エムオーテックス★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

Webサービスのパスワードについての調査です。

Webサービス×パスワード管理 利用実態調査

パスワード情報漏えい“パス漏れ”に要注意!!3人に1人が同じパスワードで複数のWebサービスを利用! パスワード情報漏えい“パス漏れ”に要注意!!3人に1人が同じパスワードで複数のWebサービスを利用!20代~60代の男女150名に聞いた! Webサービス×パスワード管理 利用実態調査インターネットの普及により、昨今さまざまなWebサービスが登場し便利になる一方で、サービスの拡大とその利用に伴う、パスワード管理の煩雑化と情報漏えいのリスクが存在します。このような背景から、“NO MORE 情報

2015年1月13日ICT総研★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

ドコモ光も取り上げられています。

モバイル・固定ブロードバンドサービスのセット割引ニーズ調査

ICTマーケティング・コンサルティング・市場調査はICT総研にお任せ下さい。 HOME ≫ レポート ≫ 2015年1月 モバイル・固定ブロードバンドサービスのセット割引ニーズ調査2015年1月 モバイル・固定ブロードバンドサービスのセット割引ニーズ調査 ■ スマホ利用者、固定BBサービス利用者に占めるセット割引利用者は現時点で18%■ ドコモ光パック利用希望者は26%、全体の6割がセット割引の利用意向あり■ セット割引利用者の価格満足度は51ポイント、非利用者は40ポイントにとどまる■ 20

2014年第3四半期「インターネットの現状」レポート

コンテンツ・デリバリー・ネットワーク(CDN)サービスのリーディングプロバイダーとして、Akamai® は、インターネットを高速、安全、信頼できるものとしてお客様がご利用いただけるようにします。 Akamai のソリューションの中核となるのは Akamai Intelligent Platform™ であり、次世代の CDN とクラウドサービスを組み合わせることによって、幅広いリーチ、比類なき信頼性とセキュリティ、可視性、専門知識を提供します。 Akamai は、ウェブ高速化、モバイル最適化、ア

2015年1月6日アイティメディア★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク要登録

TechTargetの調査です。

Webサイトセキュリティ対策に関する調査リポート

TechTargetジャパンは2014年10、11月、TechTargetジャパン会員を対象に「Webサイトセキュリティ対策に関する読者調査」を実施した。調査対象としたのは、顧客や取引先といった社外向けに公開するWebサイトのセキュリティ対策だ。調査結果からは、読者の勤務先がWebサイトのセキュリティ対策を進める上での課題、導入中または検討中のセキュリティ製品などが明らかになった。本稿では、その一部を紹介する(全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員限定で閲覧可能)。調査概要目的:T

10大ニュースです。

2014セキュリティ十大ニュース

2015年12月25日セキュリティ十大ニュース選考委員会委員長 大木 榮二郎 今年の十大ニュースから、セキュリティ対策の取り組みの格差、セキュリティデバイドが広がっているのではないかとの強い危機感を感じる。 今年のトップニュースは日本年金機構の漏えい事件だが、特筆すべきはさまざまな角度からの検証が、年金機構、NISC、そして厚生労働省によって行われ、詳細な報告書が公表されて多方面でさまざまに生かされたことにある。新たなサイバーセキュリティ戦略の策定や、CSIRTの取り組みの活発化など、今年のニュ

日本ネットワークセキュリティ協会の調査です。

2013年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書

2015年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【速報版】 (セキュリティ被害調査ワーキンググループ) JNSA セキュリティ被害調査ワーキンググループでは、2015年に新聞やインターネットニュースなどで報道された個人情報漏えいインシデントの情報を集計し、分析を行ってまいりました。 その結果、一部ではありますが、漏えいした組織の業種、漏えい人数、漏えい原因、漏えい経路などの情報の分類、JOモデル(JNSA Damage Operation Model for Individual In

ビデオ会議/Web会議/音声会議のビジネス利用実態と非導入企業の導入意向調査

市場調査とコンサルティングのシード・プランニングビデオ会議/Web会議/音声会議のビジネス利用実態と非導入企業の導入意向調査 調査結果 ■ コミュニケーションツールの認知度と導入率は、✓ 認知度は、①スカイプ(Skype)、②グーグル+(プラス)ハングアウト、③FaceTime(アップル)。✓ 導入率NO1はLync(マイクロソフト)。■ ビデオ会議/Web会議/音声会議導入企業は、✓ 業種は、「製造」 「情報通信」 「卸・小売」 「金融・保険」が多い。✓ 従業員数は、300人以上が70%強を占

データ復旧業界の市場規模への調査(2013年)

2013年 データ復旧業界の市場規模についての調査結果を発表2014/12/122013年 データ復旧業界の市場規模についての調査結果を発表XP サポート終了の一時的需要増の後、タブレットやスマホの普及により、復旧依頼数、復旧台数ともに微減2013 年(1-12 月)のデータ復旧市場規模について、昨年に引続き発表HDD の復旧依頼件数は73,000 台、復旧件数は58,400 台余データ復旧の業界団体である日本データ復旧協会(住所:東京都港区 理事長:濱田兼幸、以下、日本データ復旧協会)は、昨年

2014年12月24日大和総研フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

求められるサイバーセキュリティの人材育成

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 環境・社会・ガバナンス(ESG) ESGレポート 求められるサイバーセキュリティの人材育成 ◆サイバー攻撃は、攻撃意図や対象が多様化するとともに手法も複雑化しており、特に経済・生活基盤への攻撃は被害が甚大になることもある。近年では国を越えたサイバー攻撃の例も見られるため、その脅威は世界中で警戒されている。◆日本では2014年11月にサイバーセキュリティ基本法が成立した。国においてサイバーセキュリティ

2014年12月24日トレンドマイクロフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業におけるサーバ脆弱性対策に関する実態調査 2014

購入・更新個人のお客さま法人のお客さま:新規の購入法人のお客さま:契約の更新法人のお客さま:購入関連情報トレンドマイクロについて 企業におけるサーバ脆弱性対策に関する実態調査 2014脆弱性のある全サーバに更新プログラムを適用している企業は約半数~約15%が更新プログラムの適用の遅れや未適用が原因によるサイバー攻撃を経験~2014年12月24日トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン、東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、2014年12月に

2014年12月24日アイティメディアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2014年 検索キーワードランキング(セキュリティ編)

関連キーワードMDM(モバイルデバイス管理) | パスワード | リスクマネジメント | セキュリティリスク | セキュリティ対策

2014年12月21日Pew Researchフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク海外

The Future of Privacy

The Future of PrivacyThe terms of citizenship and social life are rapidly changing in the digital age. No issue highlights this any better than privacy, always a fluid and context-situated concept and more so now as the boundary between being private

2014年12月19日KPMGフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

新たなITリスクに立ち向かう 連載シリーズ 第10回 事業継続マネジメント(BCM)サーベイ2014

skipToContentインサイトKPMG Insight 監査、税務、アドバイザリー分野のプロフェッショナルが、それぞれの専門知識やスキル、グローバルネットワークを活用しながら、国内外の会計・監査・税務・経営に関する知識や最新動向等を解説します。 インダストリーエネルギー グローバルな市場と競争環境の中で大型投資や設備操業、地域社会へのサービスに従事する企業に対し、KPMGジャパングループ一丸となってさまざまなサービスを提供します。 金融 金融機関のグローバルな金融規制への対応や

2014年12月17日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成25年度電波利用料の事務の実施状況等の公表

報道資料平成26年12月17日平成25年度電波利用料の事務の実施状況等の公表 総務省は、平成25年度における電波利用料の事務の実施状況及び支出状況について取りまとめましたので、公表します。1 背景電波利用料制度は、電波監視等の無線局全体の受益を直接の目的として行う行政事務(電波利用共益事務)の処理に要する費用について、その受益者である無線局免許人等に公平に負担していただく制度です。現在、電波利用共益事務は電波法(昭和25年法律第131号)第103条の2第4項において限定列挙されていますが、電波利

2014年12月17日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(平成26年度第2四半期(9月末))

報道資料電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(平成26年度第2四半期(9月末)) 総務省は、電気通信事業報告規則(昭和63年郵政省令第46号)の規定による電気通信事業者からの報告等に基づき、平成26年度第2四半期(9月末)の電気通信サービスの契約数及びシェアについて、別紙のとおり取りまとめましたので公表します※。主なポイント1 移動系通信携帯電話・PHS・BWA(MVNOを含む。)の契約数は1億6,335万(前期比+2.6%、前年同期比+8.2%)であり、このうち、携帯電

Global Bandwidth Index

404: ページが見つかりませんアクセスしようとしているページ、サービス、ドキュメント、または映像は利用できません。 ご不便をおかけし申し訳ございません。Web ページを読み込んでいた場合は、一時的なエラーが発生した可能性があります。その場合、数分後に再試行すると正常に戻ります。ドキュメントまたは映像を検索していた場合は、検索対象が期限切れで、入手できなくなっている可能性があります。早急に技術サポートが必要な場合は、サポートの要求にアクセスしてお問い合わせ情報をご確認ください。その他の役に立つリ

2014年12月15日BBソフトサービスフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネット詐欺リポート(2014年11月度)

インターネット詐欺、サイバー犯罪対策情報サイト オンラインセキュリティ インターネット詐欺リポート(2014年11月度)インターネット詐欺リポート(2014年11月度)~ クリスマスプレゼントに便乗した詐欺サイトを検知 ~ 2014年12月15日このリポートについてBBソフトサービスの「Internet SagiWall™(インターネットサギウォール)」で検知したデータを基にした、2014年11月度のインターネット詐欺リポートです。このリポートは、日本のインターネット利用者が直面するネッ

2014年12月15日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

迷惑電話・詐欺電話に関する意識調査

一ヶ月で約40億円、被害が拡大する迷惑電話を防ぐには 警察庁の発表によると、電話を含む振り込め詐欺の2014年10月の1カ月間での総被害額は約37億円に上っています。1〜10月末では、約300億円。実に中堅企業の年間売上高と同額に達しているのです*。振り込め詐欺の手口「オレオレ詐欺」が「母さん助けて詐欺」に名前が変わりました。些細なことに見えますがわざわざ名前を変えたのは、被害者の目線に近い表現で注意を促し、被害を拡大させないためです。しかし、ユーザー側は迷惑電話・詐欺電話に「気をつける」ことし

2014年12月12日MMDLabo★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

スマートフォンのセキュリティ対策についての調査です。

スマートフォンのセキュリティに対する意識調査

MMD研究所はスマートフォン、タブレットを中心とした消費者動向や市場調査を無料で公開する日本最大のモバイル専門のマーケティングリサーチ機関です。 > > スマートフォンのセキュリティ対策、「パスワードや指紋認証などによる画面ロックの設定」は46.2% 「無料セキュリティアプリのインストール」は22.6% スマートフォンのセキュリティ対策、「パスワードや指紋認証などによる画面ロックの設定」は46.2% 「無料セキュリティアプリのインストール」は22.6% MMD研究所(モバイルマーケティング

ネットワークのトレンドに関するアンケート調査

製品&サービススイッチブロケードのデータセンターVDXスイッチは、設定と管理を最大限に簡素化します。 データセンター・ファブ... ブロケードのキャンパス・ネットワーク・スイッチ すべてのネットワークを対象としたサービスを単一のキャリア・イーサネット・プラットフォーム上で統合します... ストレージ・ネットワーキングブロケードのファイバーチャネル・テクノロジを基盤とするバックボーンとスイッチを利用することで、キャンパ... ブロケードのIPストレージ・ネットワークを導入すると、イ

市場データです。

通信機器中期需要予測(2014-2019年度)

一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会(以下、CIAJ)は、この度、我が国の通信機器市場(輸出を含む)に関する中期需要予測[2014年度~2019年度]を取りまとめ発刊致しました。本年もCIAJで実施する受注・出荷の統計情報や国内通信キャリア、国内外の主要ベンターとのヒアリング情報に基づき、国内通信機器市場を5年先の2019年度まで予測致しました。また、海外主要地域の通信機器市場予測や国内の運用サービス・アプリケーション市場を調査し分かり易く解説致しました。1.概要 日本経済は、2014年度

PwCのレポートです。

グローバル情報セキュリティ調査 2015

「グローバル情報セキュリティ調査」は、PwCが「CIO Magazine」、「CSO Magazine」両誌と共同で毎年世界的に実施している、情報セキュリティに関するオンライン調査です。 世界のCEOは「過剰な規制」、「地政学的な不確実性」、「為替相場の乱高下に対する懸念」を企業の成長見通しへの最大の脅威と捉えており、サイバーセキュリティに対しても61%のCEOが懸念を抱き、国益と商業的利益の両方にとって脅威となっています(※)。事実、サイバー攻撃による大量の情報漏洩により、株価やブランドイメー

2014年12月10日マカフィーフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2014年第3四半期の脅威レポートならびに 2015年の脅威予測

マカフィー、2014年第3四半期の脅威レポートならびに 2015年の脅威予測を発表 2014年第3四半期には、長年築かれてきたインターネットの信用性を揺るがす攻撃が発生2014年第3四半期には、毎分307個以上(毎秒5個以上)の新たな脅威を検出、マルウェア総数は前年同期比で76%増と急激に増加2015年には、IoTを対象とした攻撃の増加、ランサムウェアのクラウドへの本格進出、POS端末を対象とした脅威の増加を予測将来的に、コンピューティングのあらゆるレイヤー、あらゆるデバイスにシームレスに統合

2014年12月10日IBMフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

最高情報セキュリティー責任者調査(CISO Study)

IBM調査:多くの組織が高度なサイバー攻撃からの防御に苦戦 TOKYO - 10 12 2014:2014年12月10日IBM調査:多くの組織が高度なサイバー攻撃からの防御に苦戦セキュリティー・リーダーの60%近くは攻撃者が自組織のサイバー・セキュリティー機能を超えたと考えている[米国ニューヨーク州アーモンク - 2014年12月9日(現地時間)発]IBM(NYSE:IBM)が本日(現地時間)公開した調査結果によると、セキュリティー・リーダーの80%以上が外部の脅威に起因する課題が増加していると

2014年12月9日アイティメディア★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

キーマンズがバックアップツールについての調査結果を公表しました。

バックアップツールの導入状況(2014年)

キーマンズネットでは、2014年9月10日〜9月24日にかけて「バックアップツール」に関するアンケートを実施した(有効回答数:315)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の44.1%、一般部門が55.9%という構成比であった。今回、お聞きしたのは「バックアップツールの導入状況」「満足度」「導入時期」「導入目的」「バックアップ形式」など、バックアップツールの導入状況を把握するための質問。その結果、バックアップツール導入済み企業は59.7%と、約6割の企業で導入されていることが明らかとなった。

2014年12月8日日経BP★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

製品分野ごとの利用ベンダーがわかります。

企業ネット/ICT利用実態調査 2014

出典:日経コミュニケーション 2014年10月号pp.46-49(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)  日経コミュニケーションが実施した「企業ネット/ICT利用実態調査 2014」により、スマートデバイスやセキュリティ、クラウドサービスのベンダー別の最新利用動向が分かった。調査は2014年7月から8月にかけて実施した。対象は上場企業3200社である。スマートフォンやタブレット端末、BYOD(Bring Your Own Devices)、セキュリティ、クラウド、WA

2014年12月5日総務省フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

平成26年10月「通信・放送産業動態調査」

報道資料平成26年10月「通信・放送産業動態調査」の結果 総務省は、このたび、平成26年10月に実施した「通信・放送産業動態調査」(一般統計)の結果(速報)を取りまとめました。今回の調査結果の概要は、以下のとおりであり、また、詳細は別紙のとおりです。なお、平成26年12月下旬に売上高を含む確定値をインターネット(情報通信統計データベース)(【調査結果の概要】○ 通信・放送産業の売上高見通し指数*1、資金繰り見通し指数*2、業況見通し指数*3はともに、平成26年度第4四半期で「プラス」となった。○

2014年12月5日エリクソン★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

都市ランキングです。

2014年版 Networked Society City Index

エリクソン、ICT成熟度の観点で都市をランキングした2014年版Networked Society City Indexをリリース2014年版のNetworked Society City Indexレポートでは新たに9都市を追加ICTの成熟度が低い都市は上位に比べて成熟度の向上が早いキャッチアップ効果を示し、先進的なモバイル・テクノロジーに直接移行して一気に他都市を追い越す可能性も都市の将来を、スマート市民の増加、再定義されたGDP、コラボレーションの力という3つの観点から予測エリクソン (N

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ