輸出の動向

今週の指標 No.1020 輸出の動向ポイント2012年1月23日輸出数量指数(季節調整済、対世界)は、東日本大震災(以下、震災)による減少後、持ち直しの動きが続いていたが、10月から3か月移動平均で減少に転じている(図1)。本稿では、いかなる要因でこのような輸出の鈍化が生じているのかを検討・整理する。まず、輸出数量全体の動きを概観すると、欧州金融不安の影響を受けたEU向けの急激な減少、中国における市況の悪化による中国向けの減少、円高の影響、タイの洪水被害の影響によるASEAN向けの減少が大きく

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

この調査データの評判(Twitter)

2075474_normal

輸出の動向:今週の指標 No.1020 (内閣府)http://t.co/R6q9xeSA

Db143afee230cd7293a96f36a91f2c78_normal

世界経済の減速を主な背景として、いずれの地域向けについても、輸出数量が鈍化してきている 今週の指標 No.1020 - 内閣府 http://t.co/klNQd2bk

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ