調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > アメリカ:消費は緩慢な伸びが続く可能性

アメリカ:消費は緩慢な伸びが続く可能性

今週の指標 No.1025 アメリカ:消費は緩慢な伸びが続く可能性ポイント2012年03月05日アメリカのGDPの7割を占める消費の動向をみると、11年前半は、雇用回復の遅れやガソリン価格の高騰、東日本大震災の発生に伴うサプライチェーンの混乱等を背景に伸びが大きく鈍化したが、年後半に入りこうした影響が徐々に緩和されると、再び回復の勢いを強めてきた。しかし、12年に入りガソリン価格が再び上昇しており、マインドへの影響はまだみられないものの、こうした状況が長引けば消費を下押しするおそれがある(第2図

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ