調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > 米国住宅着工の見通し

米国住宅着工の見通し

No.2012-1392013年1月16日http://www.jri.co.jp米国住宅着工の見通し―適正水準は年率120万件、当面は過剰な空室の残存により下振れ―(1)米国の住宅着工は、足許で回復が明確化。そこで、世帯数の増加ペースなどから住宅着工件数の適正水準を試算すると、年率120万件程度に(図表1)。人口動態の観点から、世帯数の伸びが趨勢として鈍化しており、住宅バブル前の年率150万件を下回るものの、足許の年率90万件と比較すると、30万件程度の上積み余地があると判断。(2)今後数年間

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ