調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > アメリカ:最近の物価動向

アメリカ:最近の物価動向

今週の指標 No.1060 アメリカ:最近の物価動向ポイント2013年3月4日 FRBが物価の尺度として使用しているPCE(個人消費支出)デフレーター(総合指数)の前年同月比の値をみると、12年半ば以降上昇していたが、10月以降は伸び幅を縮小させている(図1)。為替レートや原油価格など物価に影響を及ぼすいくつかの項目を取り上げ、インフレ率低下の要因を探ることとする。 為替レートは、輸入物価を通じてPCEデフレーターに影響を及ぼすと考えられる。昨年10月以降、ドルの名目実効為替レートはおおむね横

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

この調査データの評判(Twitter)

070321_006_normal

[経済][米国] / “今週の指標 No.1060 アメリカ:最近の物価動向 - 内閣府” http://t.co/aiHhIIvOou

Db143afee230cd7293a96f36a91f2c78_normal

今週の指標 No.1060 アメリカ:最近の物価動向 - 内閣府 http://t.co/eUSatxso9F

Images_normal

RT @mark_brownblog: “今週の指標 No.1060 アメリカ:最近の物価動向 - 内閣府” http://t.co/pKy91SYyjx

Runeharst_ver-noa_normal

今週の指標 No.1060 アメリカ:最近の物価動向 - 内閣府 http://t.co/IhpfJOWk2k

Image03_normal

“今週の指標 No.1060 アメリカ:最近の物価動向 - 内閣府” http://t.co/2emW9WLmZX

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ