調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > 円安はどこまで進むのか~産業平均均衡レートから得られる示唆~

円安はどこまで進むのか~産業平均均衡レートから得られる示唆~

みずほインサイト日本経済2013 年 3 月 22 日円安はどこまで進むのか経済調査部エコノミスト産業平均均衡レートから得られる示唆03-3591-1418風間春香haruka.kazama@mizuho-ri.co.jp○ 日米の販売物価を基準にした購買力平価と日米の生産コストをベースとした均衡為替レートは、日本がデフレに陥った1990年代終盤以降、大きく乖離した。○ 両者の乖離の背景には、デフレ下における低価格競争の中で、日本企業が利益マージンの圧縮により対応してきた(あるいはそうせざるを得

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

この調査データの評判(Twitter)

Sq_200x200_normal

円安はどこまで進むのか~産業平均均衡レートから得られる示唆~ http://t.co/6DvkfFCvO1

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ