調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > 豪準備銀は利下げに含みを残すも、その時期は後ろ倒し ~景気の不透明要因は多いが、豪ドル相場は強含みしやすい展開~

豪準備銀は利下げに含みを残すも、その時期は後ろ倒し ~景気の不透明要因は多いが、豪ドル相場は強含みしやすい展開~

1/3Asia Trendsマクロ経済分析レポート豪準備銀は利下げに含みを残すも、その時期は後ろ倒し~景気の不透明要因は多いが、豪ドル相場は強含みしやすい展開~発表日:2013年4月2日(火)第一生命経済研究所 経済調査部担当 主任エコノミスト 西濵徹(03-5221-4522)(要旨) 2日、豪州準備銀は定例の金融政策委員会において3回連続で政策金利を3.00%に据え置いた。世界経済に回復の兆候が出ている上、同国経済にも過去の利下げ効果が窺える中、現行の緩和スタンス維持による様子見姿勢を続け

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ