調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > 都内の大規模集合住宅における孤立死の取り組みに関する調査研究

集合住宅と孤立死についてのレポートです。

都内の大規模集合住宅における孤立死の取り組みに関する調査研究

平成24年度厚生労働省社会福祉推進事業 『都内の大規模集合住宅における孤立死の取り組みに関する調査研究事業』【本調査研究の社会的背景と事業の目的】 戦後の高度成長期に、金の卵と呼ばれた地方の若者の集団就職などによる都市部への大量の人口移動があった。その住宅需要に応じるため大規模集合住宅が建設され、団地という新しい地域社会が形成されていった。しかし2DK、3DKの間取りは、2世帯住宅とはならず、子ども世代は独立して団地を出て行き、残された親世代だけとなった団地は、高齢化が急速に進んでおり、限界集落

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

この調査データの評判(Twitter)

2009-09-22________1_2_-3_normal

メモ。 「都内の大規模集合住宅における孤立死の取り組みに関する調査研究事業 報告書」 全国介護者支援協議会 http://t.co/y8wid5LfLj

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ