調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > ドイツのマネーフローから見たEU経済

ドイツのマネーフローから見たEU経済

○ドイツは欧州連合(EU)の盟主的存在であり、その経済もまたEUの中心である。既往の債務問題のなかでもドイツの長期金利は低水準で推移したが、その主な背景には同国の貯蓄超過(経常黒字)体質があるといわれる。本稿の主な問題関心は、そうしたドイツのマネーフロー(国際収支)の観点から、EU経済の構造的な特徴を考察することにある。○1990年代のドイツの経常収支は、東西再統一の影響などから慢性的な赤字であったが、2000年代以降は黒字が続いている。貿易収支や所得収支の黒字幅が拡大したことや、サービス収支の

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ