調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > 超高齢日本の30年展望

今後30年の予測です。

超高齢日本の30年展望

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 超高齢日本の30年展望持続可能な社会保障システムを目指し挑戦する日本―未来への責任 ◆日本を長期展望すると、実質GDP成長率は2010年代1.5%、2020年代1.5%、2030年代1.0%と見込まれる。これはマンアワー生産性が2010年代1.7%、2020年代1.8%、2030年代2.0%の経済。先行き約30年間を均すと、名目賃金は2.5%程度、消費者物価は1.5%程度で上昇しよう。経常収支対GDP

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

この調査データの評判(Twitter)

Imgp0072_normal

超高齢日本の30年展望~持続可能な社会保障システムを目指し挑戦する日本―未来への責任(DIR)超高齢化問題の取扱いを誤れば国民生活が破綻へ向かうリスクがあることを、緊張感をもって再認識すべきhttp://t.co/PADtUmleUh 145ページの大作

Torashishiza_logo_normal

『超高齢日本の30年展望 持続可能な社会保障システムを目指し挑戦する日本―未来への責任』(大和総研) http://t.co/cKcw4iNM0R 今後の超高齢社会における社会保障のすべてを政府が担えないと指摘、「民間部門の役割を高めるようないわば“超”改革シナリオ」が必要と。

F2c6deddad67a6197db9822a977e91bb_normal

超高齢日本の30年展望 http://t.co/8eUW6qvTcY 【大和総研】

Pf_normal

団塊の世代が高齢者となってきて高齢者人口比率がますます高まる日本。経済の長期的な展望は? 超高齢日本の30年展望 | リサーチ | 大和総研グループ | 武藤 敏郎 | 調査本部 http://t.co/wS7P4bMJCz

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ