調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > 米国におけるTPP論議

米国におけるTPP論議

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 米国におけるTPP論議輸出増加とアジア重視の外交政策のためにTPPは必須 2013年5月14日ニューヨークリサーチセンター シニアエコノミスト 土屋 貴裕上野 まな美◆オバマ政権はアジア重視策によりTPP(環太平洋連携協定)を推し進めてきた。だが、オバマ政権は貿易交渉促進権限(TPA)を持たず、米国通商代表部(USTR)は対日交渉での要求事項に関する意見公募を開始した。日本の交渉参加が決まったとは言え

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

この調査データの評判(Twitter)

Dsc01078_resize_normal

第三者の視点でTPPを見たレポート。色眼鏡少ない視点は重要ですな。 「米国におけるTPP論議 | リサーチ | 大和総研グループ | 土屋 貴裕」 http://t.co/jjC4I6ThK5

0d3744584ad5d6fe3ef97666a6d9c6fc_normal

米国におけるTPP論議 | リサーチ | 大和総研グループ | 土屋 貴裕 http://t.co/kePxWSiswv

Imgp0072_normal

米国におけるTPP論議~輸出増加とアジア重視の外交政策のためにTPPは必須(DIR)2007年に失効しているTPAの議会による早期更新も求められるhttp://t.co/hlJSYn6svr

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ