調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > 茨城県南部の西高東低から人口減少時代の都市開発を考える

茨城県南部の西高東低から人口減少時代の都市開発を考える

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 茨城県南部の西高東低から人口減少時代の都市開発を考える 茨城県の主要都市といえば、北部には水戸徳川家の城下町であり、現在の県庁所在地である水戸市が挙げられる。南部には、土浦藩の城下町であり、水陸交通の要地として栄えてきた土浦市や、国の試験研究機関や大学等が整備された筑波研究学園都市を擁するつくば市がある。筑波研究学園都市は科学技術振興と高等教育の充実という目的に加え、東京の過密対策(首都圏既成市街地へ

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

この調査データの評判(Twitter)

2009-09-22________1_2_-3_normal

TXの開通後、近隣駅の乗車員数は減少傾向にある、なるほど、興味深い。 「茨城県南部の西高東低から人口減少時代の都市開発を考える」 大和総研 http://t.co/i0KRtAx7HD

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ