調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > 経済調査における売上高の欠測値補定方法について ~多重代入法による精度の評価~

経済調査における売上高の欠測値補定方法について ~多重代入法による精度の評価~

ここから本文です。統計研究彙報 第70号 No.2概要タイトル 経済調査における売上高の欠測値補定方法について〜多重代入法による精度の評価〜著者 高橋 将宜、伊藤 孝之刊行年月 2013年3月要旨 企業の売上高といった経理項目を対象とする経済調査では、回答ユニットの形態が多岐にわたること もあり、データの広がりが大きく、かつ、記入漏れや記入誤りが生じやすい。その結果、調査から得られる情報だけでは、経済の実態を正しく反映できないものとなるおそれがある。そこで、独立行政 法人統計センター(以下、「統

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

この調査データの評判(Twitter)

Imgp0072_normal

経済調査における売上高の欠測値補定方法について~多重代入法による精度の評価(統計局)フリーソフトウェアRの汎用多重代入法パッケージAmeliaを利用して、多重代入法による欠測値補定の精度評価を行うhttp://t.co/yeM9cl16I5丁寧な解説

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ