調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > アメリカのティックサイズ拡大議論

アメリカのティックサイズ拡大議論

要としており、とりわけ低流動性銘柄の取引においては、リスクをカバーし市場機能を維持するためにも、あるやすく、取引コストが削減できることになるが、市場ディーラーは収益確保のために一定の売買スプレッドを必を意味している。理屈の上では、投資家にとっては、ティックサイズが小さいほど売買スプレッドも小さくなり売買スプレッドの大小は、基本的に投資家と市場ディーラー︵マーケット・メーカー︶との間の取り分の配分っているとするものである。ティブが失われる。そのため、小型銘柄はIPO後の取引がふるわず、小規模IPO

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ