調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > 日米の長期金利の乖離はどこまで続くか

日米の長期金利の乖離はどこまで続くか

リサーチ TODAY2013 年 8 月 23 日日米の長期金利の乖離はどこまで続くか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創1カ月前のTODAYで足元の状況は日本版「ペギング(釘付け)」状態との問題意識を改めて示した1。下記の図表は、今年の日米の長期金利の推移である。日本の長期金利は5月に0.8%台に上昇したあと、再び0.7%台まで低下し、さながら1%以下でペギング状態に入ったように見える。日銀が大量の長期国債購入をコミットするなか、市場金利の安定を志向するとの認識が市場に共有されたことで、

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ