調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > リーマンショック以降の米国の設備投資~財政・金融問題の軟着陸が先行きの増勢のカギに~

リーマンショック以降の米国の設備投資~財政・金融問題の軟着陸が先行きの増勢のカギに~

リーマンショック以降の米国の設備投資~財政・金融問題の軟着陸が先行きの増勢のカギに~ ○米国では景気の新たな推進力として設備投資に注目が集まっている。設備投資がフォーカスされている理由の1つに、新興国において事業を行うことに対する「総コスト」の高まりがある。もう1つは「シェール革命」の存在である。国際原油価格が高水準で推移する中で、頁岩(シェール)層から安価な天然ガスやオイルを生産する技術が米国で発展している。シェールガスやオイルの増産が進めば、将来的にはエネルギーコストの低下という福音が経済全

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ