調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > 税制改正大綱で真に重要なものを見落としてないか

税制改正大綱で真に重要なものを見落としてないか

リサーチ TODAY2013 年 12 月 19 日税制改正大綱で真に重要なものを見落としてないか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創年末の政治経済歳時記の一つが税制改正大綱である。自民、公明両党は12月12日、2014年度税制改正大綱を決定した。今回の注目点は、政治的には消費増税の家計への影響を和らげる軽減税率の導入にあったが、その導入時期は曖昧な表現にとどまった。一方、脱デフレに向けた企業活性化を重視して復興特別法人税の廃止や大企業の交際費の50%を非課税にする措置が盛り込まれたが、法

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ