調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > 親子間相続による預貯金の動きについて

親子間相続による預貯金の動きについて

〈レポート〉農漁協・森組親子間相続による預貯金の動きについて主任研究員 重頭ユカリ1  はじめにして、全国展開している業態の割合が営業エ国立社会保障・人口問題研究所の将来人口リアの限定される地域金融機関よりも高かっ推計によれば、65歳以上の人口増加とともに、たが、地域金融機関のなかではJAバンクが死亡者数も2013年の125.8万人から、ピークを51.6%と最も高かった。迎える39年には166.9万人へと増加することが3  相続人の居住地が大きな影響見込まれている(死亡中位仮定)。本稿では、親が

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ