調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > 投資環境レポート 2014年6月

投資環境レポート 2014年6月

Vol.19320146米国長期金利低位安定の謎○年初の悪天候による景気落ち込みを受けて低下した米国の長期金利は、その後景気再加速が見えても低位安定で推移している。○①グローバル化に伴う労働分配率低下とデフレ圧力、②生産年齢人口の伸び鈍化による潜在成長率低下、③財政赤字の縮小などが低位安定の要因として指摘できる。しかし、これらが年初からさらに強まったとの解釈には無理がある。○今後の長期金利動向を考えるうえでは、政策金利がどの程度引き上げられるかがカギとなろう。米連邦準備制度理事会(FRB)内では

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ