調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > 株式決済のT+2は世界標準になるか

株式決済のT+2は世界標準になるか

大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2014年7月8日金融調査部 兼 パブリック・ポリシー・チーム 研究員 太田 珠美日本では株式の受渡日は“T+3(約定日から起算して4営業日目に受渡しを行う)”である。受渡日は取引所によって異なり、例えばフランクフルト証券取引所や、香港取引所、韓国取引所などは“T+2(約定日から起算して3営業日目に受渡しを行う)”を採用している。現状、株式の受渡日は世界的に“T+3”が主流であるが、欧州を中心に、近年

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ