調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > スタグフレーションの可能性 ~需要不足の日本では所得の海外流出によるデフレリスクの方が高い~

スタグフレーションの可能性 ~需要不足の日本では所得の海外流出によるデフレリスクの方が高い~

Economic Trendsマクロ経済分析レポートテーマ:スタグフレーションの可能性2014年9月16日(火)~需要不足の日本では所得の海外流出によるデフレリスクの方が高い~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 永濱 利廣(03-5221-4531)(要旨)● 原油入着価格が過去最高値圏にある。背景には度重なる地政学リスクがあり、運賃や為替も最高値をもたらす要因となっている。原油入着価格が上がればガソリン、軽油や重油等が連動する。LNGを通じて電気ガス料金も値上がりを余儀なくされる。

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ