調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > インタラクティブ・フクシマ・プロジェクト

インタラクティブ・フクシマ・プロジェクト

インタラクティブ・フクシマ・プロジェクトについて2011年3月の福島第一原発事故から4年が経ちました。復興庁の調べでは現在でも約23万人(2015年1月時点)の東日本大震災による避難者、汚染水問題、廃炉問題など、原発事故をとりまく状況は依然険しいままです。しかし、明らかにこれらの原発事故問題は風化の一途をたどっています。なぜこんなにも急激に風化しているのでしょうか。 その原因の一つが、この問題を「理解することの難しさ」です。事故後の報道では原子力発電所の施設や機能についても難しい用語が飛び交い、

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ