調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > バブル崩壊以降の国債累増・国債保有構造と国内銀行の国債保有

バブル崩壊以降の国債累増・国債保有構造と国内銀行の国債保有

出版物・研究成果等当研究所の出版物の購入を希望される方は、「刊行物購入について」をご覧下さい。証券経済研究 第89号(2015年3月)バブル崩壊以降の国債累増・国債保有構造と国内銀行の国債保有(広島修道大学准教授)〔要 旨〕本稿では,バブル崩壊以降の国債累増過程と国債保有構造の変化を確認した上で,国内銀行の国債保有状況を比較検討した。まず,バブル崩壊以降の国債累増過程を概観した。2005年度から2007年度までの期間を除き,基本的に新規国債発行額は増加傾向にあり,国債残高は累増している。次に,バ

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ