調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > 福島の避難者に対する効果的な福祉支援のあり方に関する調査研究事業

避難者と支援についての調査です。

福島の避難者に対する効果的な福祉支援のあり方に関する調査研究事業

平成26年度厚生労働省社会福祉推進事業『福島の避難者に対する効果的な福祉支援のあり方に関する調査研究事業』【本調査研究の事業目的】 福島県の被災者は原発事故によって、いまも約12万人が住み慣れた地域から全国各地に避難を余儀なくされている。また、避難地域がある市町村のうち、富岡町、大熊町、双葉町、浪江町、楢葉町、葛尾村、飯舘村の7町村は、全住民が避難している。特に除染廃棄物の中間貯蔵施設建設が決まった大熊町と双葉町では、その大半の土地が「帰還困難区域」でいまも帰還の目途は立っていない。放射能の汚染

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ