調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > 【投資環境レポート5月号】 投資の視点:米欧金融政策格差と投資環境

【投資環境レポート5月号】 投資の視点:米欧金融政策格差と投資環境

Vol.20420155米欧金融政策格差と投資環境○米欧の金融政策格差が鮮明になっている。米欧の金融政策が方向性の異なる動きをすることは、過去20年程度ではあまり例がない。○為替市場では、米国経済が利上げを示唆できるほどに堅調であることで、米ドルの独歩高が進んだ。債券市場では、欧州中央銀行(ECB)の量的緩和で欧州債券利回りが大幅に低下し、同時に米国債券利回りの上昇を抑えている。○債券利回りが低位に抑えられていること、日欧の中央銀行が市場流動性を供給し続けていることから、株式市場の好調も続いてい

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ