調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > 米国はドル高に不満でも「達磨さんが転んだ」にならず

米国はドル高に不満でも「達磨さんが転んだ」にならず

リサーチ TODAY2015 年 5 月 19 日米国はドル高に不満でも「達磨さんが転んだ」にならず常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創昨日のTODAYで米国が世界の金融市場での「浮き輪」となった結果、米国に運用難民の運用資金が流入しドル高になりやすいとした1。米国は一極集中のドル高になることへ不満の一面を示しつつある。4月16~17日に開催されたG20財務大臣・中央銀行総裁会議の声明文には、米金融政策の成否を左右しうる重要な一文が加わっている。それは、「金融市場の変動を監視し、必要な行動

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ