調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > 付加価値貿易分析 発展途上国への展開??原産地規則への応用可能性

付加価値貿易分析 発展途上国への展開??原産地規則への応用可能性

付加価値貿易分析 発展途上国への展開——原産地規則への応用可能性 製品の原産地を特定するうえで、当該国で発生した付加価値がその製品にどれほど含まれているかを基準とする方法がある。 国際産業連関表を用いることにより、製品価額に対する各国の付加価値源泉比率を求めることができる。 この国際産業連関表は各国の公式統計をベースとして作成されるので、原産地規則の適用に対する極めて客観的な参照値を提供することができる。 付加価値貿易研究が始まって既に10年以上が経つ。しかし、これまではもっぱら概念

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ