調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > 残存季節性で歪む米国の成長率~1~3月期はマイナス成長ではなかった可能性も~

残存季節性で歪む米国の成長率~1~3月期はマイナス成長ではなかった可能性も~

みずほインサイト米 州2015 年 6 月 8 日残存季節性で歪む米国の成長率欧米調査部エコノミスト1~3 月期はマイナス成長ではなかった可能性も03-3591-1289山崎亮ryo.yamasaki@mizuho-ri.co.jp○ サンフランシスコ連銀の分析によれば、マイナスとなった米国2015年1~3月期実質GDP成長率は、季節調整で除去し切れなかった季節変動の影響で、実勢よりも低く出ている可能性がある。○ 本稿の試算によれば、こうした「残存季節性」の問題は需要項目の段階で発生している。個

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ