調査のチカラ TOP > 分類一覧 > 社会/政治 > ヨーロッパ・中央アジアで進む高齢化-制御不能の憂慮すべき事態か、それとも黄金時代の到来か

世界銀行のレポートです。

ヨーロッパ・中央アジアで進む高齢化-制御不能の憂慮すべき事態か、それとも黄金時代の到来か

ヨーロッパ・中央アジアで進む高齢化-制御不能の憂慮すべき事態か、それとも黄金時代の到来か 世界銀行の新報告書が高齢化の課題と機会の両面を検証ウィーン、2015年6月17日 – ヨーロッパ・中央アジア地域では広く社会の高齢化が進んでいるが、個人のレベルで見ると、寿命が伸びているというよりも、出生率の低下が、この人口動態上の傾向の大きな要因となっている、と世界銀行グループの新報告書「ヨーロッパ・中央アジアの高齢化:健康で活発かつ裕福な黄金の老齢期」は指摘している。本日オーストリア財務省

この調査データを開く
 ・ 他にもたくさんのデータがあります。 ≫キーワード検索

Facebookコメント

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ