「いざなぎ景気」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2017年10月27日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2016年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査

...2017/10/102016年度 コンプライアンス違反企業の倒産動向調査コンプラ違反倒産、過去2番目の高水準〜粉飾決算や悪質な不払い目立つ〜はじめに内閣府における9月の月例経済報告では、景気回復期間の長さがいざなぎ景気を超えたとの見解が示されるなど、国内全体で見れば好況下にある。しかし、ヒト・モノ・カネが活発に動くことで、行き過ぎたコンプライアンス違反の事象も起こりやすいと考えられる。現に、2015年度調査では、前年度を大きく上回るコンプラ違反倒産が確認されている。また、コン...

2016年12月18日東京商工リサーチ★★フィードバック数:0ビジネス

2017年に「周年記念を迎える企業」調査

...企業は、長年の各業界で築いた実績、培われた技術力と顧客基盤などを備え、資金力に長けた有力メーカーが多い。 本調査は、東京商工リサーチの企業データベースから、創業年より2017年で50年、100年、200年、300年を迎える企業を抽出し、分析した。 2017年に創業50周年を迎える企業は2万3,514社だった。創業年の1967年(昭和42年)は、いざなぎ景気による高度成長を果たしていた時期だ。創業100周年企業は1,118社だった。ヨーロッパが主戦地の第一次世界大戦(1914-1918年)を経緯に、日本...

ESPフォーキャスト5月調査「15年1-3月期実質成長は1.84%に―15年度消費者物価は0.33%に下方修正」

...「円高」の両雄は変わらず戦後2番目に長い「いざなぎ景気」に並んだ可能性があるといわれ、9月短観では企業規模を問わず景況感の改善が示された。こうした好調な景気を反転させるようなリスクはあるだろうか。半年から1年先にかけて景気上昇を抑える(景気を反転させる)可能性のある要因をフォーキャスターに挙げてもらった(図表1)。「中国景気の悪化」と「円高」は、前回の8月調査と比べて減少したものの上位であることは変わらなかった。前回から大きく変化したものとして、「国際関係の緊張や軍事衝突」と「IT部門の悪化」があ...

ESPフォーキャスト2014年9月調査

...見通しの下方修正は続いている。米国の利上げは今年の12月に続いて、来年は2回とみるフォーキャスターが最も多かった。�@先行きリスク3位に「国際関係の緊張や軍事衝突」――「中国景気」と「円高」の両雄は変わらず戦後2番目に長い「いざなぎ景気」に並んだ可能性があるといわれ、9月短観では企業規模を問わず景況感の改善が示された。こうした好調な景気を反転させるようなリスクはあるだろうか。半年から1年先にかけて景気上昇を抑える(景気を反転させる)可能性のある要因をフォーキャスターに挙げてもらった(図表1)。「中国景気の悪化」と「円高」は...

ESPフォーキャスト2014年12月調査

...見通しの下方修正は続いている。米国の利上げは今年の12月に続いて、来年は2回とみるフォーキャスターが最も多かった。�@先行きリスク3位に「国際関係の緊張や軍事衝突」――「中国景気」と「円高」の両雄は変わらず戦後2番目に長い「いざなぎ景気」に並んだ可能性があるといわれ、9月短観では企業規模を問わず景況感の改善が示された。こうした好調な景気を反転させるようなリスクはあるだろうか。半年から1年先にかけて景気上昇を抑える(景気を反転させる)可能性のある要因をフォーキャスターに挙げてもらった(図表1)。「中国景気の悪化」と「円高」は...

2015年12月11日東京商工リサーチフィードバック数:0ビジネス

“申年”生まれ法人 全国に15万5,705社

...、1968年は『いざなぎ景気』半ば、1980年は第二次石油危機による不況だったが、日本経済の高い成長率と日本企業の実力が評価され株価が上昇した。2016年は“丙申(ひのえさる)”。「丙」は事業が積極的に進展する年とも言われ、景気が回復し希望が持てる年とされる。現在、為替相場は円安基調で推移し、大手の輸出企業を中心に好業績が維持されている。しかし、円安によるコスト上昇、人材不足、人件費上昇など、中小企業を取り巻いている様々なリスクは解消できていない。政策支援で企業倒産は抑制されているが、企業...

ESPフォーキャスト調査 2014年4月調査

...見通しの下方修正は続いている。米国の利上げは今年の12月に続いて、来年は2回とみるフォーキャスターが最も多かった。�@先行きリスク3位に「国際関係の緊張や軍事衝突」――「中国景気」と「円高」の両雄は変わらず戦後2番目に長い「いざなぎ景気」に並んだ可能性があるといわれ、9月短観では企業規模を問わず景況感の改善が示された。こうした好調な景気を反転させるようなリスクはあるだろうか。半年から1年先にかけて景気上昇を抑える(景気を反転させる)可能性のある要因をフォーキャスターに挙げてもらった(図表1)。「中国景気の悪化」と「円高」は...

ESPフォーキャスト2015年1月調査

...見通しの下方修正は続いている。米国の利上げは今年の12月に続いて、来年は2回とみるフォーキャスターが最も多かった。�@先行きリスク3位に「国際関係の緊張や軍事衝突」――「中国景気」と「円高」の両雄は変わらず戦後2番目に長い「いざなぎ景気」に並んだ可能性があるといわれ、9月短観では企業規模を問わず景況感の改善が示された。こうした好調な景気を反転させるようなリスクはあるだろうか。半年から1年先にかけて景気上昇を抑える(景気を反転させる)可能性のある要因をフォーキャスターに挙げてもらった(図表1)。「中国景気の悪化」と「円高」は...

2017年3月7日リスクモンスターフィードバック数:0ビジネス

第4回「10年間高格付を維持している優良企業」調査

...国の経済は大規模企業が支えているものと思いがちですが、実態はそれらの企業に加えて、モノづくりを中心とした事業基盤を背景に、大都市のみならず地方都市にも根を張り、中小規模ながらに安定した経営を続けている企業が下支えしていることが、今回の調査結果から読み取れます。10 年前の 2006 年度は、高度成長期の「いざなぎ景気(4年 10 ヵ月)」を超える戦後最長の景気拡大期(いわゆる、「いざなみ景気」)の最中であり、これを期に経営状態を安定化した企業が、その状態を維持できたため、前回集計時に比べ、2倍近くもの企業が 10 年間...

2015年1月4日茨城労働局フィードバック数:0キャリアとスキル

県内の雇用情勢について(平成26年11月内容)

...) 季節調整法はセンサス局法Ⅱ(X-12-ARIMA)による。なお、平成25年12月以前の数値は、平成26年1月分公表時に新季節指数により改訂されている。 (注2)平成26年1月分公表時に新季節指数により改訂となった有効求人倍率は下線で示している。-12-オリンピック景気(S37年11月~39年10月)いざなぎ景気(S40年11月~45年7月)第2次オイルショック(S55年2月)半導体景気(S58年3月~60年6月)バブル崩壊(H3年2月)第1次平成不況(H5年10月)阪神淡路大震災(H7年1月)震災...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ