「その他アジア」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年3月28日矢野経済研究所フィードバック数:0エンタテインメント

世界ゴルフ用品小売市場に関する調査結果 2014

...規模を推計した。(その他北南米、その他欧州、アフリカ、オセアニア市場)ゴルフ・データテック社が担当し、有力ゴルフ関連企業へのインタビューベースで市場規模を推計した。(日本市場)弊社刊「2014 年版ゴルフ産業白書」のゴルフ用品国内出荷市場規模データをベースに、小売市場規模に換算した。(その他アジア市場)矢野経済研究所が担当し、主要ゴルフ用品メーカーへの国別出荷量調査及び現地有力ゴルフ関連企業への面接取材をベースに、市場規模を推計した。<ゴルフ用品小売市場とは>本調査におけるゴルフ用品とは、ゴルフクラブ(ウッド、ハイ...

2014年7月1日国土交通省フィードバック数:0ビジネス

平成25年度 全国輸出入コンテナ貨物流動調査結果

...内容 調査範囲:国際海上コンテナ貨物の以下の流動実態 (輸出)国内の生産地から海外の仕向国までの流動実態 (輸入)海外の原産国から国内の消費地までの流動実態 調査期間:平成25年11月1日から30日までの1ヶ月間 調査対象:上記期間中に通関申告が行われる海上コンテナ貨物全量(ただし、空コンテナの流動は含まない)4.調査結果の概要 (1)前回5年前の調査と比較して、貨物量は大幅に増加。 (2)コンテナ貨物をやりとりする相手地域ごとにみると、輸出、輸入とも、東アジア州※1、その他アジア州、北ア...

2017年4月12日矢野経済研究所★フィードバック数:0エンタテインメント

世界ゴルフ用品小売市場に関する調査を実施(2016年)

...規模を推計した。(その他北南米、その他欧州、アフリカ、オセアニア市場)ゴルフ・データテック社が担当し、有力ゴルフ関連企業へのインタビューベースで市場規模を推計した。(日本市場)弊社刊「2016年版ゴルフ産業白書」のゴルフ用品国内出荷市場規模データをベースに、小売市場規模に換算した。(その他アジア市場)矢野経済研究所が担当し、主要ゴルフ用品メーカーへの国別出荷量調査及び現地有力ゴルフ関連企業への面接取材をベースに、市場規模を推計した。<ゴルフ用品小売市場とは>本調査におけるゴルフ用品とは、ゴルフクラブ(ウッド、ハイ...

2014年9月28日総務省★フィードバック数:0マーケティング

コンテンツ輸出についての調査です。

放送コンテンツの海外展開に関する日韓比較

...) p202 表4-7-34等をもとに作成日本と韓国の番組放送権の輸出先比較韓国の番組放送権の輸出先日本の番組放送権の輸出先(2012年)(2012年度)中南米ヨーロッパ 0.1%その他中南米1.9%2.7%6アジア合計57.1%1.2%その他0.2%アジア合計91.5%北米7.0%ヨーロッパ16.2%その他アジア39.6%北米22.1%その他アジア29.1%日本(全体の62.4%)韓国(全体の17.5%)出典:総務省情報通信政策研究所「放送コンテンツの海外展開に関する現状分析」(2014.4) p8出典...

2014年4月4日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成24年度貿易保険制度の見直しに関する調査に係る委託事業報告書

...国企業の地域別現地法人企業数、従業者数、売上高の推移(2001年~2010年度)【全産業】現地企業数(単位:社)(地域別)  北米中南米中国その他アジア欧州その他合計現地従業者数 北米(常用雇用)中南米(単位:人)中国その他アジア欧州その他合計現地売上高北米(単位:兆円) 中南米中国その他アジア欧州その他合計2001年度 02年度03年度04年度05年度06年度07年度08年度09年度10年度2,5962,6632,6302,7432,8252,8302,8262,8652,8722...

インドネシア、マレーシアからのインバウンドです。

現地ムスリムに対する訪日旅行に関する意向調査

...で、「日本食を食べる」も興味が示されているものの、刺身、カニ等の個々の海産物の値は、比較的低い状況にある。『日本およびその他アジアの国・地域(非イスラム圏)において、優れていると思われるもの』について、日本が優れていると評価されたものは、「気軽に雪が見られる」、「魅力的な観光地が多い」、「旅行者に対するおもてなしが優れている」、「現地ならではの食事に興味がある」であり、一方、評価の比較的低いものは、「ハラールレストランが充実している」、「言葉が通じやすい」、「旅行費用が安い」等である。本結...

2016年1月18日東京商工会議所フィードバック数:0マーケティング

外国人買い物客実態調査

...人買い物客の国籍は、「欧米系」71.4%、「中国系」68.5%、「韓国系」39.9%、「その他アジア」37.9%。最近増加している外国人買い物客は、「中国系」が56.3%と最も多く、観光客を中心として、中国系の買い物客の来店が増加傾向にある。 〇外国人買い物客が使用している言語は、「英語」76.4%、「日本語」51.7%、「中国語」31.5%。外国人観光客比率が高い下北沢駅周辺エリアでは、「日本語(32.0%)」よりも「英語(89.3%)」「中国語(41.3%)」の比率が高くなっており、外国...

2013年11月13日日本在外企業協会★フィードバック数:0ライフスタイル

海外での子供の教育についての調査です。

「海外・帰国子女教育に関するアンケート」調査(2013年)

...たりの海外派遣者数は引き続き増加している。赴任先の割合では「その他アジア」の比率が大きく増加した一方、今回「中国」は減少となった。「北米」と「欧州」は引き続き減少している(図2、表1~2参照)。・1社当たりの海外子女数は前回調査時の微減から今回は増加に転じた。家族帯同者数も増加したが、海外子女数と家族帯同者数は、海外派遣者数の伸びほどには増加していない(図2)。・家族帯同者数の年代別構成では 30 才代の比率が増加の傾向、帯同海外子女の内訳では幼稚園児、未就学児童の比率が増加している(図3~4)。・グロ...

2014年5月30日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

九州経済の現状「平成26年春版」

...%H156.9%10%20%30%17.0%40%17.5%50%3.5%60%3.4%70%80%25.1%90%100%19.1%7.6%H2011.7%22.7%12.3%10.7%14.1%11.4%17.0%H20 4.7% 12.2%11.7% 3.8% 2.1%21.6%41.1%2.8%H2513.2%21.1%14.2%10.7%13.6%6.9%H25 4.9%20.3%中国ASEAN13.4% 3.8% 2.4%アジア 36.0%アジア 59.2%韓国13.9%その他アジア...

インド・インドネシア・中国が有望投資先候補の上位3カ国に-アセアンの人気は依然続く、中小企業の海外展開への政府・自治体・関係諸機関によるサポートの一層の充実も期待

...点については、まさに企業の命運をかけて海外に進出するわが国中小企業の現地での成功を支援するため、上記法務・会計・税務の現地所在の専門家によるサービスフィー(相談料等)の一定部分を支援する公的制度の創設などのサポートが有用と考えられる。1 中小企業の海外子会社の地域分布は、中国44.6%、その他アジア34.4%とアジア地域計が79%と太宗を占めている(中小企業庁『中小企業白書(2014年版)』による)。 保険研究部兼 経済研究部 主席研究員 アジア部長 General Manager for Asia...

2015年1月30日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【QE予測シリーズ No.2014-7】2014年10~12月期GDP統計予測

...や経済対策により高水準が続くなか一時的に減少。人手不足などボトルネックが影響している可能性も。⑤外需(前期比年率寄与度+1.2%ポイント、前期比寄与度+0.3%ポイント)輸出は、景気の低迷を背景にEU向けで減少が続いたものの、米国のほか中国やその他アジア向けが伸び、全体では増勢が加速。一方、輸入は消費増税に伴う駆け込み需要の反動減から国内需要が緩やかに持ち直していることを受けて、小幅な伸びに。以上を踏まえると、GDP寄与度は3四半期連続のプラスとなり、景気を押し上げる見込み。(2)2015年1~3月期を展望すると、消費...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

平成23年度中小企業支援調査,石油・石炭等の利用に関する税制調査報告書

...については、石油・石炭製品関連とその関連産業を中心に、表 1-4 に示す 20 産業に分類を行った。表 1-3略称JPNKORTWNSGPASN地域分類日本韓国台湾シンガポールその他ASEAN本調査における地域分類略称6 CHN7 ASA8 USA9 GBR10 GER地域分類中国その他アジア米国英独71112131415略称FRAITAOEUCHEROW地域分類仏伊その他EUスイス世界その他地域表 1-4略称産業分類本調査における産業分類GTAP分類番号1~14GTAP分類内容Paddy rice...

2014年9月28日総務省フィードバック数:0マーケティング

放送コンテンツの海外展開に関する現状分析‐クールジャパン戦略と英国クリエイティブ産業政策の再検証‐

...)(2012年度)中南米ヨーロッパ 0.1%その他中南米1.9%2.7%7アジア合計57.1%1.2%その他0.2%アジア合計91.5%北米7.0%ヨーロッパ16.2%その他アジア39.6%北米22.1%その他アジア29.1%日本(全体の62.4%)韓国(全体の17.5%)出典:総務省情報通信政策研究所「放送コンテンツの海外展開に関する現状分析」(2014.4) p8出典:韓国文化体育観光部「2013コンテンツ産業統計(2012年データ)」(2013.12) p201表4-7-32をもとに作成73-4...

JPEC NEWS 2013年9月号

... News2.前提条件(1)需要想定等(表 2.1 ~ 2.2)LP モデルでの試算の前提条件とした世界の GDP 成長率を表 2.1 に示します。 表 2.1 世界の GDP 成長率(%)年北米2010201120122012-152015-253.21.91.73.02.64.2中南米5.64.13.64.9ヨーロッパ2.01.80.52.02.0旧ソ連圏4.54.64.34.24.1アフリカ4.60.95.15.34.5北東アジア6.53.14.54.84.2その他アジア及び大洋州7.05.05...

2012年9月14日内閣府★フィードバック数:3社会/政治

海外生産シフト/空洞化の影響についてのレポートです。

日本企業の海外生産シフトの雇用等への影響について

.../2003 年版』、『 電子機器年鑑 2011年版』による)。5図5自動車の世界販売台数ブラジル14.9 韓国インドその他アジア14.3  8.9 0.0 日本59.6 2000年中国20.9 日本46.1 2009年米国178.1 中国136.3 ドイツ36.9 10%20%30%40%ドイツ40.5 ブラジル31.4 50%全世界計5,380万台その他地域178.3 米国106.0 インド22.6 韓国 その他アジア13.9 20.6 0%フランス その他欧州26.1 0.0 60%その他欧州97...

2014年3月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

ロシアの次の一手 ~ウクライナ向け天然ガス供給停止時の余波~

...ルランドスペイン英国オランダフランスイタリアベルギー欧州全体ドイツその他欧州オーストリアチェコトルコギリシャハンガリーポーランドスロバキアフィンランドベラルーシウクライナ0%注:LNGの輸入額は含めず出所:BP資料より第一生命経済研究所が作成(図表2)旧ソビエト連邦諸国からの原油輸入割合(2012年、%)欧州その他世界中国世界計米国アフリカその他アジアシンガポール日本オーストラリア中南米インドカナダメキシコ01020304050出所:BP資料より第一生命経済研究所が作成本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一...

2014年10月2日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

内外経済の中期見通しと人口・地域の課題~みずほ総研が描く2020年の世界~

...GDPウェートは中国が世界第1位の米国に近付く一方、ユーロ圏や日本は低下傾向・ 日本はドル高傾向と相対的な成長率の低さから経済規模でみると世界における存在感が低下――― 経済規模以外で世界の中で如何に存在感を示していくかが日本の課題【 主要国・地域の名目GDP予測推移 】25【 2020年の名目GDPウェート予測 】(%)(兆ドル)22.0米国2016.819.615中国ユーロ圏その他アジア109.2日本55.44.90201320142015201620172018(注) その他アジアはNIEs...

2015年3月15日経済産業省フィードバック数:0キャリアとスキル

平成26年度アジア産業基盤強化等事業(新事業創出に向けた親日人材・組織等の連携によるプラットフォームの展開可能性に関する調査)調査報告書

...も高い経済成長が見込まれるASEAN地域への進出を検討していること、②親日・知日人材が豊富な国を検討していること、③これから市場獲得を狙っていること、④会社規模が大きくなく、潜在ニー ズや事業機会を自社のみで把握することが難しいこと、の4点に該当する企業です。企業の進出(検討)地域その他アジアアフリカ中南米その他企業の進出(検討)国親日人材が豊富な国企業の検討ステー タス未検討(*)市場獲得検討中市場獲得済(*)企業の規模大企業中企業小企業ベンチャー:コミュニティ最優先ター ゲット:コミュニティター ゲット:コミ...

2014年12月16日経済産業省フィードバック数:0社会/政治

九州経済の現状 2014年秋

...%17.5%50%3.5%60%3.4%70%80%25.1%90%100%19.1%7.6%H2011.7%22.7%12.3%10.7%14.1%11.4%17.0%H20 4.7% 12.2%11.7% 3.8% 2.1%21.6%41.1%2.8%H2513.2%21.1%14.2%10.7%13.6%6.9%H25 4.9%20.3%中国ASEAN13.4% 3.8% 2.4%アジア 36.0%アジア 59.2%韓国13.9%その他アジアアメリカ合衆国EUその他韓国12中国ASEAN27...

2014年6月20日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国の景気減速によるアジア諸国の輸出への影響

...ジアラビア640.9イタリア530.3 フィリピン1385.5 南アフリカ340.9 ドイツ460.1フランス440.2 米国1130.1 ドイツ270.1 タイ361.0スイス280.4 シンガポール792.8 インド270.1 シンガポール271.0イギリス280.1 ベトナム634.0 ロシア260.1 ロシア260.1シンガポール250.9 コスタリカ5111.3 カザフスタン251.2 イラン240.6(注)1. GDP比は名目ベース。2. 台湾の輸出額は「その他アジア(Other Asia...

Weekly金融市場 2014年12月12日号

...回復もあり、総じて堅調な内容になるだろう。例年のように、大企業ではやや下方修正、中小企業では大幅上方修正、と予想する。(南)∼予測の詳細は Weekly 金融市場 12 月 5 日号をご参照ください∼11 月の貿易統計【12 月 17 日(水)8:50】<当社予測>通関貿易収支:原系列 ▲1兆100億円 (10月:▲7,363億円)季調済 ▲1兆400億円 (10月:▲9,775億円)最近の輸出は、中国向けに低(%前年比)通関貿易の動向(2005年=100)2,00060調さがみられるが、米国向けやその他アジア...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0ビジネス

平成23年度総合調査研究「アジア大の産業構造を踏まえた日本経済の将来動向に関する調査研究」,報告書

...降に入ると、中国向けの輸出シェアが急激に大きくなっており、2009 年には米国を抜いてわが国の最大の貿易相手国となった。輸出額が急激に増加する中で中国、NIES、ASEAN 向けの輸出額が増加しているというのが近年の傾向であるといえよう。8相手国別輸出額のシェア45(%)403530EUASEAN25NIEs中国その他アジア20米国その他世界15105080 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 00 01 02 03 04 05...

2014年5月15日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

2014年1-3月期四半期別GDP速報(1次速報値) ~設備投資上振れで、予想以上の高成長。実態としてのGDPは前期比年率+4%台後半?~

...出入を作成すれば、当然、出てくる結果にも断層が生じる。結果として、1-3月期の実質輸出、実質輸入とも急増した。輸出入とも、実態と比べて大幅な過大推計と考えられる。ここで、筆者が一定の仮定4を置いて試算したところ、この断層の影響を除去した場合の輸出は前期比▲0.3%、輸入は前期比+2.3%となった。実態としての輸出は前期比で横ばい圏だった可能性が高く、1-3月期も引き続き停滞していたとの評価が妥当だろう。地域別では(貿易統計からの判断)、米国向け、欧州向けは増加したものの、中国向けやその他アジア...

2014年3月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

クリミア住民投票後の展開 ~経済戦争を回避できるか、ロシアの次の一手が鍵~

...市場の動揺も鎮静化に向かうのが今のところのメインシナリオだ。(図表2)欧州主要国の天然ガスの輸入元割合(2012年)100%90%80%70%60%その他50%アフリカ40%欧州30%ロシア20%10%アイルランドスペイン英国オランダフランスイタリアベルギー欧州全体ドイツその他欧州オーストリアチェコトルコギリシャハンガリーポーランドスロバキアフィンランドベラルーシウクライナ0%注:LNGの輸入額は含めず出所:BP資料より第一生命経済研究所が作成(図表3)旧ソビエト連邦諸国からの原油輸入割合(2012年、%)欧州その他世界中国世界計米国アフリカその他アジア...

2015年2月25日経済産業研究所★フィードバック数:0ビジネス

セミナー資料です。

アウトソーシングの国際経済学について

...えばコールセンターの業務自体が機械化されコンピュータで回答を選ぶということになれば、そういった機械やシステムのあるところへアウトソーシングすることになります。それによって、アウトソーシングされる業務がさらに拡大することも考えられます。国境を越える国際貿易や国際分業、また企業の境界を越えるアウトソーシングは複雑に絡み合っており、無視できないかたちで広がってきています。これは、企業単位で何かを考える際は注意を要する動きといえるでしょう。 質疑応答モデレータ:アウトソース先として、中国、ASEAN、その他アジアで全体の7割を占めているわけですが、地域...

2015年6月16日みずほ銀行★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

みずほのレポートです。

需給動向レポート(2015年6月)(7)エレクトロニクス ~スマートフォンの成長の中心はシフト、部品では自動車・産業向けも拡大~

...金額の対前年比は前年割れが続く2014 年の世界タブレット市場は、出荷台数 2.3 億台(前年比+5.4%)、出荷金額 506 億ドル(同▲3.7%)となった。2010 年以降、急速に成長を続けてきたタブレット市場であるが、2014年には早くも金額ベースで前年比マイナスに転じた。2015 年は出荷台数 2.4 億台(前年比+4.3%)、出荷金額 479 億ドル(同▲5.4%)を見込む(【図表 4】)。2014 年の急減速の要因の一つであった中国の出荷台数の落ち込みは 2015 年も継続し、その他アジア...

2015年3月8日関西生産性本部フィードバック数:0ビジネス

「第27回KPC定期調査」 結果発表(調査トピックス:アベノミクス成長戦略におけるクールジャパン戦略 )

...投資先としてどこの国(地域)が有望とお考えですか。以下から3つ以内でお選びください。中国台湾韓国タイマレーシアシンガポールベトナムミャンマーインドインドネシアフィリピンオーストラリアニュージーランド米国カナダロシアブラジルトルコEU諸国アフリカ諸国その他アジア諸国その他中東諸国その他中・南米諸国その他経営13%1%0%24%7%4%36%29%40%42%6%4%0%11%0%1%11%5%2%2%1%11%2%13%労組15%4%0%15%17%7%41%39%24%33%2%4%0%7%0%9%17%4%4%17...

2012年9月14日内閣府フィードバック数:0社会/政治

月例経済報告(平成24年9月)

...出はおおむね横ばいとなっている。アジア地域については、中国では、景気の拡大テンポがやや鈍化している。先行きについては、各種政策効果もあり、緩やかな拡大傾向となることが見込まれる。ただし、輸出や不動産価格の動向に留意する必要がある。インドでは、景気の拡大テンポは弱まっている。先行きについては、当面、低めの成長となることが見込まれる。また、物価上昇によるリスクに留意する必要がある。その他アジア地域では、景気は足踏み状態となっている。先行きについては、当面、足踏み状態が続くと見込まれる。また、輸出の動向に留意する必要がある。中国...

2012年10月12日内閣府フィードバック数:5社会/政治

月例経済報告(平成24年10月)

...上昇によるリスクに留意する必要がある。その他アジア地域では、景気は足踏み状態となっている。先行きについては、当面、足踏み状態が続くと見込まれる。また、輸出の動向に留意する必要がある。中国では、景気の拡大テンポがやや鈍化している。2012年4-6月期のGDP成長率は、前年同期比7.6%増となった。消費は堅調に増加しているが、伸びがおおむね横ばいとなっている。固定資産投資は緩やかな伸びとなっている。輸出は伸びが引き続き鈍化傾向にある。生産は伸びがおおむね横ばいとなっている。消費者物価上昇率は低下傾向にある。インドでは、景気...

2012年5月18日内閣府フィードバック数:2社会/政治

月例経済報告(平成24年5月)

...ア地域については、中国では、景気は内需を中心に拡大しているが、拡大テンポが緩やかになっている。先行きについては、テンポは緩やかになるものの拡大傾向が続くと見込まれる。ただし、輸出、不動産価格や物価の動向に留意する必要がある。インドでは、景気の拡大テンポは鈍化している。先行きについては、拡大テンポの鈍化が続くと見込まれる。また、物価上昇によるリスクに留意する必要がある。その他アジア地域では、景気は一部に持ち直しの動きもみられるが、足踏み状態となっている。先行きについては、当面、足踏み状態が続くと見込まれる。また、輸出...

2012年4月13日内閣府フィードバック数:4社会/政治

月例経済報告(平成24年4月)

...上昇によるリスクに留意する必要がある。その他アジア地域では、景気は一部に持ち直しの動きもみられるが、足踏み状態となっている。先行きについては、当面、足踏み状態が続くと見込まれる。また、輸出の動向に留意する必要がある。中国では、景気は内需を中心に拡大しているが、拡大テンポがやや緩やかになっている。2011年10-12月期のGDP成長率は、前年同期比8.9%増となった。消費は堅調に増加しているが、このところ伸びが低下している。固定資産投資は高い伸びが続いているものの、やや鈍化している。輸出は伸びが鈍化している。生産...

2012年6月25日内閣府フィードバック数:1社会/政治

月例経済報告(平成24年6月)

...の拡大テンポは緩やかになっている。先行きについては、当面、テンポは緩やかになるものの、各種政策効果もあり、拡大傾向が続くと見込まれる。ただし、輸出、不動産価格や物価の動向に留意する必要がある。インドでは、景気の拡大テンポは弱まっている。先行きについては、当面、低めの成長となることが見込まれる。また、物価上昇によるリスクに留意する必要がある。その他アジア地域では、景気は一部に持ち直しの動きもみられるが、足踏み状態となっている。先行きについては、当面、足踏み状態が続くと見込まれる。また、輸出の動向に留意する必要がある。中国では、内需...

2013年8月6日日本政策投資銀行フィードバック数:0ビジネス

企業行動に関する意識調査結果 2013年 6月

...14.2インド23.9インドネシア29.1タイ23.1ベトナム4.5ミャンマー6.0フィリピン3.7カンボジア1.5バングラデシュ7.5マレーシア3.7その他アジア0.7中南米3.7その他代替は検討していない37.301020(注) 最大3つまでの複数回答18304050・成長・競争力強化に向けて最も注力している業務領域について、製造業では「新製品・サービスの開発・設計」の比率が最大。非製造業では「販路開拓・拡大」が最大。・昨年度の当行調査と比較すると、製造業・非製造業とも「販路開拓・拡大」の比...

2014年11月13日日本総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

台湾の半導体産業についてのレポートです。

高まる台湾半導体産業の国際競争力-ファウンドリ事業とスマートフォン需要の拡大で勢いを増す

...降急激に台湾の割合が高(図表6)中国の集積回路輸入に占める各国の割合(%)60台湾日本韓国アメリカ【参考】台湾(対世界)まっている(図表6)。集積回路輸出の世界合計に占める台湾の割合と比較しても、40中国における台湾のシェアが急上昇していることが分かる。スマートフォン向け20LSI のみの数字ではないものの、スマートフォン向けの半導体輸出の拡大が少なからず影響していると考えられる。01995200020052010(注)台湾は「その他アジア」の数値を使用。参考値は、集積回路輸出の世界合計に占める台湾の割合(資料)UN...

2013年6月25日リクルート★★フィードバック数:1大型消費/投資

海外旅行についてのまとまった調査です。

エイビーロード海外旅行調査2013

...ム・グアムサイパンサイパンパラオその他ミクロネシア南太平洋諸島・ フィジータヒチその他の島々ニューカレドニアモルディブその他南太平洋・インド洋の島々上海中国(香港・北京マカオを除く)その他中国香港・マカオ 香港マカオ台湾韓国シンガポールプーケット島タイビーチ(プーケット島以外)タイ(ビーチリゾート以外)バリ島インドネシアビーチ(バリ島以外)インドネシア(ビーチリゾート以外)東南アジアマレーシアビーチマレーシア(ビーチリゾート以外)セブ島フィリピンビーチ(セブ島以外)フィリピン(ビーチリゾート以外)ベトナムカンボジアインドその他のモンゴルアジアその他アジア...

2012年11月19日内閣府フィードバック数:5社会/政治

月例経済報告(平成24年11月)

...上昇によるリスクに留意する必要がある。その他アジア地域では、景気は総じて足踏み状態となっている。先行きについては、当面、足踏み状態が続くと見込まれる。また、輸出の動向に留意する必要がある。中国では、景気の拡大テンポがやや鈍化しているものの、このところ安定化の兆しもみられる。2012年7-9月期のGDP成長率は、前年同期比7.4%増となった。消費は堅調に増加しており、伸びがこのところやや上昇している。固定資産投資は緩やかな伸びとなっている。輸出は伸びがこのところ持ち直している。生産は伸びがおおむね横ばいとなっている。消費...

2013年9月4日経済産業省フィードバック数:0ビジネス海外

アフリカビジネスに関する基礎的調査報告書

....002.501950-1970年3.502.001970-1990年3.001.501990-2010年2.501.002010-2030年1950-1970年2030-2050年1970-1990年2.000.50アフリカ1.500.001.00-0.501950-1970年3.011970-1990年3.631990-2010年3.052010-2030年2.642030-2050年2.020.50アジア欧州2.61 1950-1970年0.992.49 1970-1990年0.49アフリカ中南米その他アジア...

2014年10月1日商工中金フィードバック数:0社会/政治

2014・2015年度 経済見通し(2次改訂)

....510/111/112/113/114/1(月次:~14/7)3.010/1-3-11/112/113/114/1-22.国際経済米国景気は拡大。中国経済は力強さに欠けるものの、概ね横ばい。欧州は持ち直しの兆し。2.1 米国個人消費の増勢は鈍化、生産・雇用は増加基調。2.2 中国、アジア 中国は、内需の伸びはやや鈍化したが概ね横ばい。その他アジア諸国は引き続き成長が見込まれる。2.3 欧州欧州では、4-6 月期実質 GDP はゼロ成長と回復のテンポが鈍化している。3.金融・商品市況長期金利は、日銀...

2012年2月17日内閣府フィードバック数:1社会/政治

月例経済報告(平成24年2月)

...資本市場や輸出の動向に留意する必要がある。インドでは、景気の拡大テンポは鈍化している。先行きについては、拡大テンポの鈍化が続くと見込まれる。また、物価上昇によるリスクに加え、金融資本市場の動向に留意する必要がある。その他アジア地域では、景気はこのところ足踏み状態となっている。先行きについては、当面、足踏み状態が続くと見込まれる。また、輸出や金融資本市場の動向に留意する必要がある。中国では、景気は内需を中心に拡大しているが、拡大テンポがやや緩やかになっている。2011年10-12月期のGDP成長率は、前年同期比8.9%増となった。消費...

2013年6月25日商工中金フィードバック数:0社会/政治

2013・2014年度経済見通し(1次改訂)

...にも回復の兆しがみられ、持ち直しつつある。その他アジア諸国も成長が見込まれる。2.3 欧州欧州経済は高債務国を中心に低成長が続き、低迷している。3.金融・商品市況為替は金融緩和の拡大が発表され円高修正が続き、株価は輸出関連銘柄を中心に上昇。長期金利は金融緩和の発表後低下したものの、上昇に転じる。3.1 国内金利TIBOR 等ターム物金利は小幅低下。長期金利は金融緩和の発表で低下したが、その後上昇傾向。金融緩和の拡大により円高修正が継続。円高修正の進行とともに大きく上昇。原油価格は小幅に上下し、総じて高止まりの展開。3.2...

2015年3月29日商工中金フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度 経済見通し

...金額5.0(月次:~15/1)4.511/112/113/114/115/1(月次:~15/1)3.011/1-3-12/113/114/115/1-12.国際経済米国景気は順調に拡大。中国経済は力強さに欠けるものの、概ね横ばい。欧州は持ち直しの兆し。2.1 米国個人消費は堅調、生産・雇用は増加基調。2.2 中国、アジア 中国は、消費は僅かに加速傾向、生産・輸出は緩やかに持ち直し。その他アジア諸国は引き続き成長が見込まれる。2.3 欧州欧州では、10-12 月期実質 GDP は小...

2013年8月15日内閣府フィードバック数:0社会/政治海外

新興国経済の動向 -最近の金融資本市場の変化とその影響-

...)ブラジル中銀より作成。2011年の名目輸出額より作成。その他アジア13%EU21%(備考)ブラジル中銀より作成。2011年の名目輸出額より作成。消費者物価上昇率をみると、12 年 7 月以降干ばつに伴う食料品価格の高騰、また、名目成長率にスライドする最低賃金や高い物流コスト等インフレを助長する経済構造の影響を受けて上昇傾向をたどっていた。物価上昇率が中央銀行の目標 4.5%(±2%)の上限に達するなど物価上昇懸念により、13 年4月以降、計3回政策金利引上げを行っている 3(図 10) 。また...

2013年12月27日商工中金フィードバック数:0社会/政治

2013・2014年度 経済見通し(3次改訂)

.../112/1消費者物価指数(生鮮食品を除く総合)(月次:~13/10)前年比(右目盛)8510/1-1.0953.6-2.010/113/1-3-11/112/113/12.国際経済米国は緩やかに拡大。中国経済は安定した成長。欧州は下げ止まりつつある。2.1 米国個人消費や生産は堅調に推移し、景気は緩やかに拡大している。債務上限問題を巡る政府機関閉鎖の影響は限定的。2.2 中国、アジア 中国は、個人消費が安定した伸びをみせているほか、外需にも回復の兆しがみられる。その他アジア...

2013年10月14日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度国際エネルギー使用合理化等対策事業(各国における省エネルギー管理制度調査事業)報告書

...(アクセス日:2012.2.27)13. NEDO, インド及びその他アジア諸国における ESCO 事業の動向及び事業環境等に関する調査(2010)14. 九州電力, 中国 上海高雅玻璃有限公司(ガラス工場)での省エネコンサルティングについてhttp://www.kyuden.co.jp/press_h080714-1.htmlhttp://www.kyuden.co.jp/library/pdf/press/2008/h080714-2.pdf(アクセス日:2012.2.27)201.3 主要...

2013年3月25日商工中金フィードバック数:0社会/政治

2013・2014年度 経済見通し

....4954.2904.013/10-0.5-1消費者物価指数(生鮮食品を除く総合)前年比(右目盛)10/1(3/1611/112/1-1.5-213/1(月次:~13/1)2.国際経済米国景気は緩やかに回復。欧州は低迷。中国は底入れの兆し。2.1 米国住宅市場は回復しており、個人消費は小幅ながら増加するなど、景気は緩やかに拡大している。2.2 中国、アジア 中国は個人消費が安定した伸びをみせているほか、外需にも回復の兆しがみられ、持ち直しつつある。その他アジア諸国も小幅ながら好転の兆しが窺える。2.3...

2014年7月25日三重銀行フィードバック数:0大型消費/投資

海外からの誘客力強化が期待されるわが国観光~全国・中部・三重の観光産業の現状と今後の課題~

...リピン、ベトナム)からの訪日外国人数も、前年比+50.3%の115万人まで増加しました。東南アジア諸国に対しては、2013年7月に政府によりビザ発給要件の緩和が行われ、タイやマレーシア向けではビザが免除されたほか、インドネシアでは日本での滞2014.7 MIE TOPICS7図表3国籍別訪日外国人数(万人)2012年3002013年250200調査レポート15010050北アメリカヨーロッパその他アジア東南アジア香港台湾中国韓国0(資料)日本政府観光局「訪日外国人旅行者統計」在可...

2013年9月12日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度産業技術調査事業委託費(日本企業の国際競争ポジションの定量的調査事業)

...企業の国際競争力ボジションを洗い出すことを目的とした。・外資系企業に関しては米国系(北米、カナダ)、欧州系(西欧、東欧)、中国(中国、台湾)、韓国、その他(その他アジア、中東、アフリカ、他)の分類で調査を行った。・複数国の資本からなる合弁会社における日系企業、外資企業の定義としては、出資比率が50%を越す企業の国籍 に準じるものとした。・“<B.総括>-Ⅰ.2010年製品市場規模及び各国企業売上高と世界シェア(バブルチャート)、Ⅱ.最終製品セクター ベースでの中間セクター/川上セクターでの相関関係分析"及び“<C.個別製品市場規模>”の表...

2015年4月9日日本総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

韓国電子産業についてのレポートです。

【電子産業からみるアジア経済 No.2】半導体に回帰する韓国電子産業-非メモリ半導体が今後の成長のカギ

...をみると、韓国が日本やシンガポ0ールなどを大きく上回る状態が長く続いている▲4(図表 6)。2007半導体メモリの製造は、かつて日本や米国、89101113 (年)12(注)HSコード854232(記憶素子)の2013年純輸出額(輸出-輸入)上位5カ国。台湾はその他アジアの数値を使用(2008年年以前は同コードのデータなし)。(資料)UN Comtrade韓国、台湾などの多くの企業が参入していた。しかし、シリコン・サイクルと呼ばれる市況変図表7 半導体メモリの市場シェア(2014年10~12月)動を...

2015年3月25日三井住友信託銀行フィードバック数:0社会/政治

調査月報 2015年4月号 No.36

...ビス貿易でも生じている。2006 年から2014 年にかけて、米国から中国・香港向けのサービス輸出は 366 億ドル、その他アジア諸国向けは 542 億ドル増えており、南米向けも 564 億ドル増加したのに対して、日本向けは 78 億ドルの増加に過ぎない。リーマン・ショック以降の新興国・資源国の高成長の果実を米国がサービス輸出という形で得ており、これが足許における米国経常赤字縮小の主な要因の一つになったことが窺える。またそれと同時に、米国が幅広い地域とサービスの貿易を拡大させる中で、日本...

2015年6月26日商工中金フィードバック数:0社会/政治

2015・2016年度 経済見通し(1次改訂)

....011/1-3-12/113/114/115/1-12.国際経済米国景気は順調に拡大。中国経済は緩やかに減速している。欧州は持ち直しの兆し。2.1 米国個人消費は概ね横ばい、雇用環境は緩やかな改善が続く。2.2 中国、アジア 中国は、主要指標で伸び率の鈍化が続き、景気下支えのために、政策金利を引き下げ。その他アジア諸国は引き続き成長が見込まれる。2.3 欧州欧州では、1-3 月期実質 GDP は小幅のプラスと低成長が続く。3.金融・商品市況3.1 国内金利3.2 為替3.3 株価3.4 商品市況60...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
 

お知らせ