「ひな壇」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2015年2月19日トレンダーズフィードバック数:0マーケティング

「ソーシャルメディアでのコミュニケーション」に関する意識・実態調査

...ュニケーションツールが若い世代からも支持を集めていますが、このような“中輪”感覚が人気の理由のひとつと言えるでしょう。◆ やじうま、大喜利、ノリツッコミ…リアルでは体感できない、ソーシャルのコミュニケーションの距離感10~20代の中でも特に、小中学校でゆとり教育を受けた「さとり(ゆとり)世代」(現18~27歳)とその下の世代は、幼少期からテレビなどで「ひな壇芸人」を見て育ったこともあり、ネット上でも「ウケる」「ネタになる」ことを重視する人が多い。また、大スターよりも庶民的な有名人に親しみを抱いてきました。庶民的な有名人は共感性が高く、ソー...

2014年3月10日日経新聞★フィードバック数:0エンタテインメント

日経エンタテインメントの調査です。

全国調査で分かった、「お笑い芸人」の最新人気図

...系)などで披露したトーク力が買われ、最近は全国ネットのバラエティーでもひな壇で活躍する機会が増えている。 全体的には、ネタ番組やお笑いコンテストで結果を残した若手芸人が、「好き」でほとんど上位に入っていない。トーク番組全盛の今は、トークが面白ければ好かれる傾向にあるが、若手芸人はバラエティー番組で長くしゃべるチャンスがなかなか与えられないうえ、常に「若手」という立場でMCに接しなければならず、ツッコミ型の進行役としての役割自体を請け負うことができないためだ。ようやくその役割が与えられるころには30代半...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

お知らせ